東日本大震災 月命日 <鎮魂・復興・希望・記憶>

絆・・・風化させてはいけない。 あの忌まわしい3・11 東日本大震災・大津波からいまだに仮設住宅で暮らす釜石の方々に想いを寄せています。高齢となっている被災者の方々はもう待ったなしの事態です。・・・ ラグビーワールドカップ2019年の日本開催では、ふるさと釜石市でも開催されます・・・その釜石でいまだに更地となっている天神町1-7・磯崎家の跡地利用計画は頓挫したままです。被災地はとんでもないことが未解決のまま。問題解決にほど遠い日々が続いています・・・。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

あるがままのプレーで、ベストスコア

2011-05-30 15:24:47 | ゴルフ&ストレッチ
流石のゴルフ好きの御仁も、今シーズンは3・11地震災害発生以来というもの、コースへの回数が減っているのではないでしょうか。 3月、4月はキャンセルを余儀なくされましたが、5月20日(金)かさまフォレストゴルフクラブで8組のコンペ=スポーツクラブのゴルフ仲間ら=に参加しました。(ことし3度目のコースプレイ) 当日までに、練習場2回、パター・アプローチ500球(目標)。中部銀次郎「もっと深く、もっと楽 . . . 本文を読む
コメント

シンプリファイ

2011-05-29 23:11:25 | ゴルフ&ストレッチ
「なんだ簡単じゃないか!」 これがなかなか気づいていない、間違ったことをしていると気づかされる。 シンプルな人生を送るための方法は、・・・目指すところは「単純さ」。 シンプリファイ。 小さな動機を知り、充実し、成熟の人生へ導くものが、ぎっしりです。(だからあんまり人には教えたくないんじゃが) どこから読み始めても、新しい発見があります。なんだこんなこと、と、目から鱗が心地よい。 飛鳥新社 定価(本 . . . 本文を読む
コメント

内山あきらタウンミーティング・南流山

2011-05-29 15:53:50 | 政治
5月28日(土)午後一時からの講師は、上原春男氏・工学博士。元佐賀大学学長。 (開発したチタン製熱交換は、が福島第一原発で)(3号機の設計者でプレート式冷却装置の開発者) 配布されたレジメには、 現在日本は未曽有の国難に直面している 第一の国難 地震、津波 第二の国難 福島第一原発のメルトダウン 第三の国難 政府のずさんな危機管理とリーダーシップの欠如 まず、この国難を克服することが、最優先事 . . . 本文を読む
コメント

釜石よ、活気再び・・・祖父が愛した「呑ん兵衛横丁」も消失

2011-05-27 12:39:15 | 3.11大震災・釜石
「追悼104歳アスリート下川原孝」千葉千枝子さんの夕刊フジ連載、です。 下川原孝さん 連載のなかで、知ったこと、教えられたことがたくさんありました。 はまゆり・釜石吟詠会 でのエピソードを伺っていましたから。母の元気な明るい表情を思い浮かべながら釜石へ想いを馳せました。 連載の内容は、全編にわたり共感しながら読ませていただきました。 (5)の以下の部分を引用させていただきました。ありがとう . . . 本文を読む
コメント

はまゆり:釜石吟詠会20周年創立記念誌と新日鉄釜石のネクタイ

2011-05-26 12:45:29 | 3.11大震災・釜石
釜石吟詠会の記念誌「はまゆり」 前列真ん中に座す母・咲子の右となりは、104歳アスリート下川原孝さん。皆さん、姿勢がよいですね。 今回改めて一字一字読んだ。 ことば、素晴らしい。(後日になるが、ココに記録し・記憶したい) 紺色のネクタイ、以前いつ何処で買って手に入れた記憶がはっきりしないが、「はまゆり」のデザインが鮮やかで、KAMAISHIの刺繍がしてあります。新日鉄釜石ラグビー部、改 . . . 本文を読む
コメント

釧路新聞にみる“震災支援”記事

2011-05-25 19:17:20 | ニュース:スクラップ
ネットサーフィンしながら、北の大地に想いを馳せながら彷徨っていたら・・・、 災害支援のニュースが。岩手県関連の宮古、釜石、・・・と。全国に広がる支援の輪は、被災した地域とひとびとにとって嬉しくありがたいことです。記事スクラップして、「雑記帳」に記憶しておこう。 釧路新聞 2011年05月25日 岩手から漁船ごと避難/釧路市が受け入れ   東日本大震災で被災した岩手県宮古市の重茂(おもえ)漁協所 . . . 本文を読む
コメント

電子メールで送信:釜石マリンホテルで卒寿のお祝い

2011-05-24 00:05:21 | 3.11大震災・釜石
----このスナップは、昨年の5月に釜石でした。 「母にはサプライズで集まろう」と企画されました・・・    大震災が急襲した今となっては・・・、一年前だけれど、母の卒寿のお祝いを開催しておいてよかった・・・。 そのときのスナップが、タイミングよくメール送信されてきました。 兄弟姉妹とその伴侶と孫・ひ孫らが一同に会した宴。前の晩の楽しい余韻をもった表情で、みんなの笑顔、笑顔のモーニングスナップです . . . 本文を読む
コメント

やっと!完成にこぎつけた東日本大震災のDVD。感謝と合掌と。

2011-05-23 20:40:48 | 3.11大震災・釜石
やっとのおもいで、完成! これもみなさんのお蔭です、本当に感謝申し上げます。というのは、ここにきていざという時に、小生のPCに「ディスクの書き込み不良」が発覚。VAIOカスタマーセンターと2時間連続で電話したが、駄目(終いには、PC再インストール・リカバリーという・・・) これまでに震災地を歩いた記録を、資料にまとめて、記憶にとどめておきたい、という気持ちから始めた作業でした。 (実は、あの震 . . . 本文を読む
コメント

陽だまりの会

2011-05-23 14:42:28 | 東パークハウス
住民同士の手づくりの「陽だまりの会」 今月は、「やさしい介護保険 介護サービスのお話と、コンアニマ・ミニコンサート」    会場の皆さんと一緒に歌った     ♪「ふるさと」♪「見上げてごらん夜の星を」♪ 泣けてきましたねえ♪    ランチを取り損ねたので、ここで、本日のランチ! (バナナ入りのあんみつと、大根あっさり漬け) (華やかに飾られた花も住民の庭から) . . . 本文を読む
コメント

松戸からも大震災支援

2011-05-21 23:05:35 | 3.11大震災・釜石
この日の締めくくりは、地元・松戸で。 12月の市民コン・カルミナブラーナの練習を終えて、駅のそばまで来たところて、バッタリと旧友・悪友と。 どちらからともなく誘って、まず、ホッピィ。そのあと、会津ほまれ、高清水、福島の000酒と”震災地産・日本酒支援”の宴となりました。 彼曰く「イソヤンは、釜石出身と知っていたから、どうしても地震の話がしにくかったんだが、そうだったのか!」こうした・・・、心配りに . . . 本文を読む
コメント

銀座で風鈴・・・地震予知にマンションの部屋に。

2011-05-21 17:10:51 | フォトレポート
銀座の画廊から、いわて銀河ショップへ買い物へ行く途中で。 風鈴売りとであった。近くの交詢社ビルの装いの変貌に、チョッと寄り道をした。 季節の先取りと、時代の変化と、温かな陽気のせいなんでしょうか!居心地のよい銀座散歩を楽しみました。    このあと逢った、新松戸の独身者が言っていた。 今日、風鈴を買ってきた。マンションの部屋に下げておくと、真顔で言う。 地震の揺れを感じた風鈴の音で、身を守る . . . 本文を読む
コメント

久慈市 つりがね洞が、崩落した?!!

2011-05-21 15:52:20 | 3.11大震災・釜石
岩手県久慈市にある名勝・つりがね洞の風景が、このたびの大津波で変形してしまったようです。アーム状の岩が真っ二つに砕かれて崩落してしまった、というお話を伺いました。 まさに個展の作品に、思い出の風景を魅入る。 10号サイズの、淡彩の世界「つりがね洞」を前にして、自然の力をまざまざと見せ付けられる想いに、一瞬震えてしまいました。 . . . 本文を読む
コメント

村上サカシ淡彩の世界

2011-05-21 15:29:18 | 3.11大震災・釜石
   村上サカシ  淡彩の世界!!個展の最終日に銀座へ。 新緑の季節、東北の美しい海岸には若葉が、花が、美しい風景があります。今回は書きためていた作品の個展の準備をしている矢先に大震災が発生した。一時は展示を躊躇ったが、思い出の場面に出あたら幸いです・・・、と開催した。 最終日の午後、わたしはノートパソコンに整理した「大震災・釜石」を、スライドショーで観ていただきました。 (DVDにしてお世 . . . 本文を読む
コメント

釜石の虎舞い

2011-05-19 14:18:34 | 3.11大震災・釜石
被災地・釜石のみんなを元気付けようと”虎舞い”が行われたというニュースをみた。子どもの頃から見聞きし親しんだ、虎の舞いと太鼓・笛・ジャンの音とリズムは、すっかり染み付いて?いる。 尾崎虎舞 浪板虎舞 などが、さっそくにまちに繰り出した。 虎舞いの連中みんなが、それぞれに被災者で、不憫な辛い毎日を送っていることは想像に難くない。 だからこそ、虎舞いを取り巻く人々に元気を与えることになるんでしょう。 . . . 本文を読む
コメント

6.4釜石教会打ち合わせ

2011-05-18 21:45:21 | 3.11大震災・釜石
来月4日教会での打ち合わせのために葛飾区奥戸にいる兄宅へ。 . . . 本文を読む
コメント