箕輪義隆挿絵工房 フィールドノート

見たこと 気になること たまに絵のこと

双眼鏡ホルダーと一脚でフィンスティック

2019年02月05日 | 雑感

ねむろバードランドフェスティバルには企業ブースもありまして、ベルボンで面白いものを教えて頂きました。

雲台に双眼鏡を固定するためのホルダーです。一目見て、フィンスティックに使えるのでは?と思いました。

フィンスティックは、簡単に言えば棒の先に双眼鏡を固定したもので、海鳥観察の便利グッズ。両手を

下げた状態で観察できるので、腕の疲れ方が断然違います。

さっそく一脚の先に双眼鏡を付けてみました。コンパクトで軽いし、なかなか良い感じです。今度船に乗る

時に使ってみます。

 ベルボン双眼鏡ホルダー。オープン価格で1500円前後。

 一脚に装着。双眼鏡はマジックテープで留めます。

こんな感じで観察します。見た目はちょっと変??


観察会のお知らせ 

2019年02月02日 | 情報

2月9日(土)に千葉公園で観察会を行います。綿打池の周りをゆっくり歩きながら、身近な鳥を観察します。

ささやかで大人しい、キンクロハジロの求愛ディスプレイが観察できるかも?

冬鳥観察の楽しみ方 in 千葉公園

日時:平成31年2月9日(土曜日) 10時00分から12時00分
場所:千葉公園「蓮華亭正面入口」
参加費無料 
以下までお申し込みください。
中央・稲毛公園緑地事務所  電話 : 043-251-5103、Fax : 043-254-5834、メール : chuo-inage.URP@city.chiba.lg.jp


落石ネイチャークルーズ2

2019年02月02日 | 観察記録

根室の鳥をもう少しご紹介。落石ネイチャークルーズではカモ類やワシも楽しめました。クロガモとコオリガモは

たまに目の前を飛んで行くので、油断なりません。期待していたチシマウガラスはクルーズでは現れず、納沙布岬で

観察できました。

    


落石ネイチャークルーズ1

2019年02月02日 | 観察記録

イベントが終わった翌日は落石ネイチャークルーズへ。晴天・無風の穏やか過ぎる天候に一抹の不安を抱えつつ

乗船しましたが、港外に出るとウミスズメ類が次々に現れてくれました。もちろん今回一番見たかったウミバトも!

     

ねむろバードランドフェスティバル終了しました

2019年01月30日 | 情報

初めてねむろバードランドフェスティバルに行って参りました。3回の塗り絵教室を行い、各1時間半ひたすら

色鉛筆を握り続けて頂きました。さぞお疲れかと思ったら、中には3回すべて参加した猛者も出現! また、

春国岱ネイチャーセンターでは谷口高司さんの「タマゴ式」鳥絵塾が開催され、塗り絵と掛け持ちされた方も

いたそうです。アート系のイベントとしては根室近郊の小中学生によるイラストコンテストの作品が会場に

ずらり展示されました。


イベント自体は終了しましたが、ネイチャーセンターでは私の作品展が3月3日まで開催中です!