WITCHCRAFT  Tomys Life Blog

鎌倉スローライフ・街・魅力的な人達・感じた事を時々更新・そしてアメリカ大陸横断の旅

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

片瀬 RIVER SIDE CAFE?

2010-05-01 03:53:37 | Weblog

DIEGO

江ノ島を背にして派出所から片瀬川沿いを2,3分歩くとそのお店があります。

木を基調にした外観で、周りの環境にもマッチしてます。

お店の名前はDIEGO.

5月1日オープンで営業時間は11:00AM~10:00PM

お店をプロデュースしたのは、カフェブームの仕掛け人でバワリーキッチンや

ロータスを経営する山本宇一さん。目に映る所だけでなくメニュー構成はもちろん

ですが、人の導線やサービス、空気感などのソフト面をとても重視する方です。

分かりにくいけど、お店全体のセンターにキッチンがあり反対側には広いテラスが

あります。天然素材とほど良いモダンを取り入れている所なんか、さすがです。

ボックスシートも多く、少人数からグループまできっと楽しい時間を過ごせます。

テラスはこんな感じです。什器がまだレイアウトされてないけど、これからの季節は

気持ち良いこと間違いなしです。川沿いなので日が落ちたら周りの建物の灯りが

水面に映り、まったりできそう。夏は正面に江ノ島の花火が。

キッチンスタッフさん達のミーティング風景。

僕が言うのもなんですが、料理もとても美味しいです、軽いものからボリューム系

まで。

こちらはホールスタッフさん達のサービスのシュミレーション風景。

しばらくお邪魔させていただきましたが、オープン前のピリピリ感はなく、みんな

笑顔で楽しそうでした。

あっ、そうそう、こちらのアイスコーヒーは濃くて、とても美味しいですよ。是非!

アメリカ大陸横断の旅

ツーソン

カールズバッドを出発して784㎞走り、フリーウェイ沿いのキャンプ場を発見。

戻ってチェックイン、メインはオートキャンプらしくテントを張っているのは自分だけ。

しかも15ドルもするのに荒れ放題、国立公園のキャンプ料金の2倍から3倍、やめ

ようかと思ったけど星が半端じゃなく綺麗だったので、まーOKでしょう。ランタンの火

を弱めて、酒を飲みながら星を眺める、

んーーこれぞ、キャンプの醍醐味です。

朝も最高に気持ちいい!テントの上の木にとまる鳥の声で目を覚ます、朝から

強い日差しが濃い影をつくり、そこから覗く木漏れ日を浴びながら獲る朝食。

キャンプ場から少し走りツーソンのダウンタウンを少し見てから、オールドツーソン

スタジオに行ってみる。

ここは古き良き時代のツーソンを再現したテーマパークみたいな所。

銀行や酒場、金物店などが忠実に再現されています。

おっ!ファイヤーステーション、渋い!鎌倉ならありかも。

ゴールドラッシュの時代に走っていた機関車?、その後かなぁ?

それにしても凄いなぁ、煙突と下の石避けみたいなの。

日本で言ったら、日光江戸村みたいな感じかなぁ。

ここでも、かなりの映画が撮られたそうです。

ここは、サワロ国立公園。

ここにしか生息しない大きなサボテン。こんな形のサボテンを見て興奮しちゃうの

は子供の頃見ていたアメリカアニメの影響が大きいんだろうなぁ。あとアニメで覚え

てるのはトムとジェリーの小さい穴がいっぱいあいたチーズ。それとポパイのホウレ

ンソウの缶詰めとマッシュルーム。

すごいでしょ、大きいものは10メートル以上になるんだって。

このサボテン内ににキツツキのような鳥が暮らしていました。

この写真を撮るには、セルフタイマーなのでかなり遠くに三脚を立てなくては全体が

入りきれません、シャッターを押した後、猛ダッシュでサボテンの横にクールな顔して

立たなくては格好もつきません、足は言うまでもなく傷だらけのミミズばれ状態です。

独りで何を意識してたんだろう?後でこの写真を見たかったのだろうか。

 

コメント (4)