わたしの癒しTime。

日々のことやお気に入りを綴ります。

平成31年の桜とお気に入りMichael's video♪

2019-04-07 15:18:33 | MJ

昨日は良いお天気で暖かかったので、お買い物のついでに、さらっと桜を鑑賞してきました。

人気の桜の名所には近づけないと思ったので、通りすがりの桜ちゃんを少しずつ見たの。人だかりで具合悪くもならず、静かで落ち着いてて、なかなか良かったです。ミルクティーを飲みながら、のんびり眺めていました。

お写真が撮りにくい場所ばかりだったので、何だかイマイチだけど、平成最後の桜ちゃんなので、載せとく。

ちょうど陰になる場所で、太陽の日差しに煌めく桜ちゃんは撮れなかったけど、これも儚(はかな)い感じで可愛い。

わが県(=島根)は桜の開花後、また寒くなったので、今年はお花が長持ちしそうです。明日以降、機会があったら名所にも行ってみたい☆ 今日はお天気がイマイチだわ。。散りませんように。




さて、私は今、頭がマイケル・ジャクソンでいっぱいなので、毎日彼の情報をチェックしています。

昨日はマイケルの専属ヘアメイクだったカレン・フェイのツイートを読み、何だか彼が可哀想で涙していました。。

カレンの話で、マイケルの並外れた優しさと思いやりと寛大な心、また、それを当然のように利用する人々がいることを改めて知ることになり、何とも言えない気持ちになりました。先日ご紹介したシュライハーさんのお話と似ています。(コチラです)

ネバーランドに来る家族の中には、やはり「良くない人々」もたくさんいて、彼らはマイケル・ジャクソンをATM代わりにしていたようです。その要求が過度になり始めると、マイケルは彼らから離れたの。その中には、あのエヴァン・チャンドラーもいたのです。エヴァンはマイケルに家を建ててくれと言ったそうです。イカれてる。。 (マイケルはこれが原因でエヴァンを避け始めたの。当然の判断だと思うけど)

彼らはマイケルに高価な品を〝おねだり〟し、人の頼みを断ることが苦手なマイケルは、ある程度はその要求を叶えてあげたようです。ブランドのお洋服、ロレックスの時計、カルティエのジュエリー、あるいはクルマなどを。

ネバーランドのマイケルの寝室は、2階建てで途方もなく広く、一般の人が思うような状況(=ベッドで子どもと2人きり)ではありませんでした。子どもたちとその両親は彼らをマイケルの部屋に泊めてほしいと懇願し、マイケルはいつも困惑していたそうです。カレンはこれを何度も目撃したとか。彼女自身もマイケルのベッドで眠ったことが何度もあるそう。(セクシャルな状況ではありません。周囲はきっと〝子どもまみれ〟だったのでしょう)

そういう時、マイケルは別の部屋で寝るか、他の場所で仕事をしていたそうです。


マイケル・ジャクソンの過ちとは何だったのか。

カレンは〝Michael’s only guilty of generosity, kindness, trusting and naivety.〟と言っています。

ただ、人を信じる優しさは彼の長所でもあります。

マイケルの優しさや誠実さを気にも留めず、彼のおカネだけを欲する人々にすべての罪がある。

マイケルに非は一切ありません。




最近はYouTubeでもマイケルの動画ばかり観てしまいます。

その中で見つけた良いモノを、少しだけどご紹介☆

私は完璧主義者なので、ハイクオリティなモノばかり。 (☆印をクリックしてね)


①Michael Jackson's Cutest Moments (From Thriller)・・・

②Michael Jackson - Oprah Interview Outtakes・・・

③Michael Jackson: Outfits For This Is It・・・

④Michael Jackson - The Way You Make Me Feel and Man In The Mirror 30th Annual Grammy 1988・・・

Michael Jackson's 100 Days of 1984・・・

Michael Jackson In The Bad Era HD・・・

Michael Jackson - MTV Special Bad Tour-87 ・・・


①は「Thriller」のメイキング映像みたい。まだ20代半ばの可愛いマイケルがお茶目すぎる。 ジョン・ランディスも若いよね。

②は1993年の「オプラ・ウィンフリー・ショー」の伝説のインタビューの未放送部分らしい。普段のマイケルの表情や仕草など、興味津々。彼がかなり人に気を遣う性格であることが、よく分かります。

③では、幻の公演となった「THIS IS IT」の衣装を見ることができます。スワロフスキー・エレメントをふんだんに使用したゴージャスなお洋服ばかりで、『Billie Jean』用の服のライトアップが素晴らしい☆

④は1988年3月のグラミー賞のパフォーマンス映像です☆ 『The Way You Make Me Feel』と『Man In The Mirror』の2曲。さすが圧巻のステージでございます。グラミー賞の長い歴史の中でも、〝神ステージ〟と称されているそう。

この時はマイクが壊れたりパフォーマンス中に膝を痛めたりして、マイケルとしては散々だったみたい。 膝を強打した時に彼がしばらく声も出せずに苦悶してたら、コーラスのオジちゃんが来て無理やり立たせてた。。(オジちゃんは、その後もマイケルを心配そうに見ていた)

マイケルはこの後、膝を保護するようになったそうです。


*4月8日追加

あと3つ追加しました♪ 1984年と1987年~88年頃のマイケルの映像です。

私が最もカッコイイと思う時期のマイケル☆ 私がリアルタイムで最も記憶している頃のマイケルでもあります。

この頃の彼は、マスコミや一部のファンの行動には悩んでいたものの、本当に深刻な被害を受ける前であり、ファンにとっても最も幸福な時代だったと思います。 観ていると、ホントに切なくなる。。。(当時の日本は黄金時代


MJエステートは、『HIStory』ツアーのDVD化を考えているそうですが、今回のことで、どうなるのか心配。マイケルの人気に陰りは全くないので、発売するかもしれないけど、どうなのかな~~??



平成の桜も、あと少しで見納め。

 

ぽちっとお願いします。 ↓ 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« An Open Letter From the Sch... | トップ | A lie cannot live. »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

MJ」カテゴリの最新記事