わたしの癒しTime。

日々のことやお気に入りを綴ります。

キレイな世界の方が安全☆

2019-11-29 09:24:25 | 日々の出来事

もう、11月も終わり。。。ホントに月日が経つのは早いですねぇ。

こういう時、いつも「日々を大切に過ごさなくては」と思うのだけど、すぐ忘れてしまうんだよね。


最近は色々な事件が起きていますが、何だか物騒なものが多い気が。 まるで「昭和」のような〝ヤ〟のつく職の方々も報道でよく見かけます。今のところ、令和はビンボーなまま、昭和の雰囲気がリバイバルしているように私は感じます。

この秋は災害も多かったけど、その頃、私は昔のある事を思い出し、それを確認して慄然としておりました。

それをキッカケに、バブル以降の大きな事件をチラッと見る機会があったのですが、それを見て私はこう思ったのです。

「キレイな世界は(概ね)安全


昭和の終わりくらいからの凶悪事件の詳細を見ていると、関係者の大多数は、何というか、〝荒んだ世界〟に「所属」している人でした。被害者は〝真っ当な世界〟の人もいたのだけど、やっぱり事件に巻き込まれるキッカケはあったの。ほんの些細なことだけど、夜間にお出かけしていたり。

私の〝ある事〟も夜にお出かけした帰りに起こったのですが、無事で良かったと今、心から思います。

夜間の外出は気をつけなくてはいけませんね。どんなに健全なお出かけ(ディナーやデートなど)でも、思わぬところで危険人物に出会ってしまうかもしれません。(例:タクシーの運転手など)

防犯ブザーや催涙スプレーなどを持ち歩くといいかも。

そして、〝危険人物〟はやっぱり異様な雰囲気を漂わせていると思う。そういう人には注意すべき。(私の〝ある事〟の人もそうだった。当時から気づいていた)


常日頃から〝キレイな世界〟の人とのみ、関わるようにしたいよね。日常のささやかな世界でも、マトモな人とだけ交流するの。

私も思い出すと、お仕事でお客さまだった人に誘われて怪しいエステに行ったり、知人の知人に香港やソウル旅行に誘われて行く気になったり、結構危ないことをしてるかも。。 (家族や上司に反対されたので全て〝未遂〟。香港もソウルも行ってみたかったけど  当時は国家公務員だったので海外旅行は許可が必要だった)

世間知らずなコは気をつけなきゃね。


というわけで、最近見つけたお気に入りのYouTubeチャンネルは、 ↓

*M’s TABLE by Mocomichi Hayami・・・
*Nelco neco /ネルコ ネコ・・・

こういうキレイな世界に親しまなきゃ。

もこみちくんは、お料理してる時がいちばんカッコイイよね☆ イケメンがクッキングしている姿を見てウットリ。

ネルコ ネコさんはプロ並みのハンドメイド作家さんです。作品もオシャレだし、繊細でキレイな世界。。


最近はサブブログばかり更新していましたが、合間にお買い物もしていました。

今は各ショップからクリスマス・コスメがたくさん出ていますが、私はYSLのリップを買いましたよ~。

お星さまのデザインが可愛くて、ホリデー気分を盛り上げてくれます。

この色、シックなベージュなんだけど、なぜかとてもゴージャスな感じなの。なので、すっぴんに塗ると少々妙です。ちゃんとメイクしている時につけた方が良いと思う。

すごぉく良い色で超お気に入り♪

皆さまはクリスマス・コフレを買われましたか?


ぽちっとお願いします。 ↓

コメント

サブ・ブログを作ったよ♪

2019-10-20 14:19:17 | ごあいさつ&お知らせ

大したお知らせではないのですが、新しくサブ・ブログを開設しました。

この「わたしの癒しTime。」には日常のさまざまなことを綴っていますが、サブの方は〝Money 〟に関することを書いています。(マイケル・ジャクソンのおカネにタカる連中のことではありません、念のため)

つい先日も、台風19号で東日本が大変な被害を受けましたし、続いて台風20号、21号も似たようなルートで日本に近づきつつあります。

台風19号でも、大勢の方々が大切な家族を亡くされたり、お家に甚大な被害を受けました。今の日本では、誰もが思いがけない災害に遭う可能性が高いのですね。

私も昨年、大地震に見舞われました。今まで大きな災害がほとんどなかったわが県では、ちょっと大きめの地震でも、建物被害がたくさん出ました。私のお家も、震度5程度の地震でも何度も起これば、ちょっと危なそうな気がします。(コワい 

ある日突然、お家や財産が奪われ、生活に困る日が来るかもしれない。

今回の台風災害ではどうなるのか分かりませんが(救済金の少なさを指摘する報道を見かけた)、今までの自然災害では、行政機関や損害保険は、あまり被災者救済になりませんでした。


なので、昨年から意識してはいましたが、もっとおカネを貯めるモチベーションを上げるため、新ブログを作ったの。

サブ・ブログはコチラ。 ↓

*プチリッチになりたい☆・・・(★印をクリックしてね)

Moneyブログとしては、あっさりした内容です。

私の貯蓄意欲を上げるために作ったブログなので、なるべくオシャレで可愛くて、見てくださる方の参考に少しでもなればいいな~~。。という、ゆるいブログなのです。

それに、私自身が負担に感じない簡単な記事にしています。

今のところは毎日記事をUPしていますが、書くことがない時はお休みします。 (ムリすると続かないから)


今の時代は、できれば何か副業を持ち、少しでも余裕資金をつくることが必要だと思います。

今月から消費税が上がり、アホ政府はアメリカと怪しげな貿易協定を結び、その上に大災害が起こったのですから、景気は大幅に冷え込むはずです。(すでに兆候が出ている。早すぎる)

YouTuberさんみたいにリッチな生活にも憧れるけど、その前に「自衛」が大事。


というわけで、お暇な時、ちょこっと見に来てね。


ぽちっとお願いします。 ↓

コメント

最近のお気に入りコスメ♪

2019-09-20 22:45:12 | 日々の出来事

少し前に、NARSの「ヴォワヤジュール アイシャドーパレット」を買いました。

@cosme限定のカラー、1192番です☆

お写真は少し明るく写っているのですが、深みのあるボルドーやパープル、ブラウン、ゴールドといった色調なので、これからの季節に活躍してくれそう♪

これは2019年春夏の新色だったみたいだけど、すぐに完売したそうで、5月頃に再販されたらしいの。

私はその頃に@cosmeに登録したので、届いたメールで存在を知り、数か月欲しくて悩んでいました。

デパコスにしては価格がお安いのと、色味がとてもツボなので、絶対に使える!。。と確信し、やっと購入したの。お値段は、4500円+税でした。

@cosmeでは、9月末まで1500円以上のお買い物で送料が無料になるキャンペーン中なので、貯まっていたポイントも利用し、定価よりもかなりお安く入手することができました。

こういうチャンスの時に賢くお買い物をしなきゃね☆

リップの12色入り豪華サンプルも頂きました♪ (他にもサンプルを色々貰ったよ☆)

NARSは使ったことがなかったのだけど、今回買ったアイシャドウは見た目よりも薄づきで、どの色にもパールやラメが入っているので、単色でもグラデーションでも使いやすいです。

濃い色は(といっても思ったほど濃くはない)、目尻側から伸ばしてぼかすと、自然なグラデーションになります。私は二重の幅くらいに伸ばし、目を開けた時にあまり目立たないようにしています。

真ん中上下の2色以外は、ブルーベース寄りのお色かな~~と思うわ。


最近は、こういう多色系のパレットが多く出ていますよね。見た目が可愛くて、ときめいてしまいます。

少し前に、ジューシー・クチュール(懐かしい)のアイシャドウパレットを見たのだけど、もう、超可愛い~~~! でも、もうコスメBOXに入らないので、我慢しました。 (最近は必要最小限の数しか持たないことにしています)


やっぱりデパコスは良いよね。

プチプラコスメにも良いものはあるけど、やはり、私たちくらいの年齢になると、合わないことが多い気がします。スキンケアも同じくね。

でも、この洗顔料は別☆ ↓

「ナチュサボン」の洗顔フォーム。

いくらだったかな~~?? たしか500円以下でした。(違った?)

お安いのに、もっちりした濃密な泡がすぐに立ち、洗顔後のツッパリ感もありません。私は顔がつっぱりやすいので、この洗顔料には感動しました。 あと2個くらいストックしておこうかな~~??(私の行きつけのドラッグストアには、なぜか置いてないことがあったので)


お話は変わりますが、YouTubeの閲覧履歴が他人に見られることがあると最近知りました。

私はたまたま非公開にしていたのだけど、もしもご存じない方は、チェックされることをおススメします。「別に見られても構わないわ~」という方はいいのだけど、やっぱり嫌な気がするよね? 変なモノを見ていなくても。

私は時々チェックして、不要なものは削除しています。

 

 

こんな感じで載ってるの。

私は美容系かホビーが多いわね。。


YouTuberって興味ある。今のご時世だから、こういうビジネスも大事かも。

だって今は70代以上でも働かなくては生きていけない時代だもの。(地獄 

若いうちに大金を得る努力をすることが必須の時代。。


ぽちっとお願いします。 ↓

コメント

DAISOの可愛い雑貨たち♪

2019-09-04 22:45:15 | 日々の出来事

昨日、DAISOに封筒などを買いに行ったついでに、ゆっくり見て回りました。こんなにのんびりお買い物をするのって久しぶり。

そしたら可愛い文房具などを見つけたので、思わず買ってしまいました。


買ったモノは、これ。 ↓

少しお写真が暗いのですが、撮った時は薄曇りだったの。。


ノートのアップはいちばん上のお写真で♪

花柄のはB6サイズ(だと思う)で、このホワイトのお花柄の他にネイビーもありました。そして、ミニサイズのスイーツ柄のノート、超可愛い。

私はミントグリーン色にヨワいので、こちらのパンケーキ柄にしました。他に3種類あり、チェリーのカップケーキ、ブルーベリーのカップケーキ、あとは忘れた。。。 どれも可愛かったよ~~~☆


そして、可愛いアニマル&スイーツのフレークシール。

これは多分、新商品だと思います。

ほのぼのしてて、すごぉく可愛い。 私は日記に貼るつもり。


最後はこれ☆ ↓

レザー調クロコ柄がお高い感じ。

これはね、名刺入れなんだって。私、名刺をもらう機会はあまりないのですが、100円とは思えないハイクオリティの外観とパッケージの可愛さに釣られ、思わず買ってしまいました。(お写真を撮る前にパッケージを捨てちゃった。。)

中はこんな感じ。

素材は塩化ビニールだったと思うけど、キレイな作りで100円以上に見えます☆ エナメルレザーっぽい質感とクロコ柄がシックなのに可愛い。

一体、何に使うのか??。。と思ったけど、小さなバッグ用のお財布にしようかな~~と。 お札は折って入れ、小銭はチャック付きの袋に入れればいいよね。カードも数枚なら入る☆

他にダークなグリーンもありましたよ~~♪ 私の雰囲気ではないと思ってベージュにしたけど、グリーンの方も買うかも。すごくキレイだったもの。 これも新製品かな~~??

最近は300円ショップが人気らしいけど、やっぱり100均はすごい。

掘り出し物を見つけると、テンション上がるよね。

他に、お菓子なども買いました。(マレーシア製だった)


今度はSeriaもゆっくり見てみたいわ。


ぽちっとお願いします。 ↓

コメント

We Are The World

2019-08-29 18:21:57 | MJ

*この記事は、前ブログに掲載していたものの再UPです。(2016年10月20日)

 

そろそろ買うモノがなくなってきたかな~~と思っていたマイケル・ジャクソン関連商品。私は大事なモノを忘れていました。

『We Are The World』(1985年)を。良かった、思い出して。

というわけで、昨年出た「30周年記念ステッカー」とやらが入った20周年特別エディションの再販モノを買いました☆ やっぱり新しい方が映像がキレイなのかな~~?。。と思って。(が、実際は大して変わらないらしい) あ、買ったのはCDではなくDVDです。

なぜなら、もちろん曲のビデオ・クリップも大事ですが、特典映像の方にもっともっと興味があったから。

私は何度も言っているように、完全な〝洋楽音痴〟なので、「USA for AFRICA」の超豪華な参加メンバーでさえ、顔と名前しか知らない人が多いのです。映画は大好きなので、俳優の場合は、それなりに詳しいと思うのですけど。

なので、『We Are The World』のドキュメンタリーなどを観て、80年代のアメリカ・ミュージック界の大御所の皆さまを(一応)覚えることができました。

この中で私が前から知っている人といえば、マイケル・ジャクソンとシンディ・ローパー、スティーヴィー・ワンダーくらいなのですからね。(オホホ) その他、ポール・サイモン、ダイアナ・ロス、ビリー・ジョエル、ボブ・ディラン、レイ・チャールズといった〝超大物〟は、顔と名前くらいしか知らず、後の人たちも「名前は何となく聞いたことあるかな~??」という程度なのでした。(失礼しました。。

ダン・エクロイドやベット・ミドラーはコーラスで参加していますが、彼らは俳優なので、もちろん知っています。ハリー・ベラフォンテは映画『プレタポルテ』(1994年)でチラッと見かけました。(べラフォンテが「USA for AFRICA」の企画の発案者なのだそうです☆)

1985年当時、私は当然この曲を知っていました。が、その意義には関心を持っていませんでした。(当時、中学生)

今回、このDVDを購入して良かったと思います。

ビデオ・クリップはあまりにも有名なので触れず、特典映像について少しだけ。

私の最大の関心は、もちろんマイケル・ジャクソンでございます。 DVD自体、マイケルに最も多くの時間を割いているのが明らかで、彼のファンを強く意識しているように感じます。ブックレットの解説(湯川れい子さん、山本さゆりさん)もね。

マイケルは当時、メンバー最年少の26歳☆ ハンサムな顔にスリムでしなやかな体つき、ダークブラウンの瞳はキラキラ輝き、ホントにカッコイイ。。 それに、物静かで控えめな人柄がドキュメンタリー中も丸分かりです。なぜ彼はこんなに大人しいコなのか??(そこが魅力なんだけど)

コーラスにはマイケルの兄弟も参加していました。この頃のランディやマーロンはマイケルにそっくり。ぼさっとして観てたら間違えそう。。ラトーヤも美人だしマイケルに似てる。ジャクソン家の人々は魅力的ですね。 (それに彼らもマイケルみたいに大人しくてお行儀が良い。多分そういう一家なのね)


さて、特典映像のマイケルの〝萌えシーン〟は、

①ガイド・ヴォーカル録音風景・・・天使のような優しい歌声に気が遠くなりそう。。
②コーラス・パート・レコーディング・・・ダイアナ・ロスがマイケルの顎に一瞬手で触れるんだけど、マイケルの心底嬉しそうな笑顔が超可愛い。
③アメリカン・ミュージック・アワード受賞シーン・・・べラフォンテが受賞したのですが、マイケルも度々カメラに映されます。この時はサングラスをかけていないので、キレイなお目々がシッカリ見れます♪
④グラミー賞受賞シーン・・・マイケル&ライオネル・リッチー(作詞作曲)、クインシー・ジョーンズ(作品)が受賞。スピーチは短くも実にマイケルらしい言葉でした。(「子どもたちのことを忘れないで」) 優しい声にメロメロ。アメリカン・ミュージック・アワードの時もだけど、ファンの黄色い声がすごいわ。。(まるでジャニーズ状態)
⑤ソロ・リハーサル風景・・・プリンスが歌うはずだったパートを歌ってるマイケルのカッコイイこと。その後は壁際(?)で静かに佇んでいます。。
⑥マイケル・ジャクソンのソロ・・・①の映像の長いバージョン。珍しくミスしています。洗練された動きに目がクギ付け☆ 終わって頭をかきながら去っていくところが超可愛い。

。。などでしょうか☆ マイケルってホントに魅力的。 私にとって、こういう男は他にいません☆


そして、大スターの皆さまのチャーミングなことといったら、もう。 

シンディ・ローパーは「ブレスレットの音が入っている」と(多分)クインシーに言われ、「あら嫌だ。たくさん着けてるから。。」とか言いながらネックレスやイヤリングを外すのだけど、その仕草や表情が超可愛い。 彼女、歌ってる時と話してる時の声が同じ。すっごくキュートだよね。

それに、先日ノーベル文学賞を受賞したボブ・ディラン☆ コーラスのリハ中、ハリー・ベラフォンテを讃(たた)え、みんなで『バナナ・ボート』を合唱するんだけど、ボブだけが当惑したような顔で可笑しい。 最初の頃は少しは笑ってるんだけどね。彼、大人数の中にいるのが苦手なのかもね。。

あと、ボブもソロ・パートがあるので、その録音風景の映像があるのですが、気難し屋で扱いにくそう。 気さくなスティーヴィーやクインシーの尽力で素晴らしい出来栄えになったようですが(彼らはボブをリラックスさせようとしていた)、ボブはまだ納得していない様子でした。ですが、クインシーが「とても良かった」と言って彼をハグした時、ボブはニッコリしていました。その笑顔の魅力的なこと。 彼の笑顔って珍しいの?? 普段あまり微笑まないような印象だけど。(私よく知らないから)

それにしても、この時の映像はかなり貴重なのではないでしょうか。今ではあり得ないような豪華メンバーが一堂に会し、ゴチャゴチャと議論し、1つの曲を完璧に仕上げていく過程を見ることができるのですから。即興でハモリとかできるんだよね。。(本物の歌手なら誰でもできる??) とにかくスケールが違います。アメリカやイギリスのスターは別格なのね、やっぱり。

関係ないけど、私、この映像を観て思ったのです。マイケルが生涯で本当に恋愛感情を抱いたのは、ダイアナ・ロスだけなんじゃないかな~~??。。。と。

さらに、Disc2の最初に10周年記念ドキュメンタリー「ONE SONG,MANY HANDS」が収録されているのですが、この内容は興味深く、それに衝撃的でした。

最初はマイケルなどスターの姿に興味津々だったので、このドキュメンタリーは最後に観たのですが(スミマセンねぇ)、これを観終わった後は、このことで頭がいっぱいに。

ユニセフなどが行う募金活動には内心懐疑的なワタクシなのですが、「USA for AFRICA」は、『We Are The World』の世界的ヒットで得た莫大な寄付金を、どのように使ったのかを明らかにしているので素晴らしいと思います。彼らは「根本的な解決」を重視しており、一時的な物資の提供で終わらせず、今後アフリカの人々が自ら自給自足できるシステムを伝授する努力をしていました。今はどうなったのか分かりませんが、この頃には一定の成果があったようです。

ただ、今でも「カネくれカネくれ」と連呼するユニセフの広告を度々見かけますので、完全に貧困が去ったとは言えないのでしょう。85年の後も戦争や飢饉は何度も起こり、その度に罪なき国民が被害を受けています。この問題は今しているような先進国の難民受け入れでは絶対に解決しません。それどころか難民の方々は、平和で秩序のある受け入れ先の国を混乱させる恐れがあります(というか、もう混乱している)。彼ら全員が国家国民として自立しようという気持ちにならなければ、今の状況は永遠に続くことでしょう。

そして「USA for AFRICA」は、次に自国であるアメリカに目を向けるのです。(彼らは素晴らしい☆) 80年代のレーガン政権以降、アメリカ政府は緊縮財政・新自由主義路線を強化させ、庶民の生活を厳しくし、貧富の格差は異常に拡大、巨大企業(すでにアメリカ企業ではなくなっている)のお金儲けのためだけに動く国に成り果ててしまいました。

私が衝撃を受けたのは、1985年当時、「USA for AFRICA」はこの事実をすでに指摘していたということです。今に至るアメリカの「1% vs 99%の構図」を当時のセレブたちは理解し、一部の庶民も知っているというのに、アメリカはこの30年間、状況をどんどん悪化させるばかりなのです。

「ONE SONG,MANY HANDS」という運動により、一瞬状況が良くなったかのように思われましたが、実際は逆だったわけです。今アメリカは、劇画チックでバカバカしい大統領選挙の真っ最中ですが、一般庶民は政府の悪政にシッカリ気づいています。ですが、手の施しようがない状態です。

この問題もアフリカの飢餓と同様、「根本的な解決」をしない限り、永遠に続くのでしょう。しかも、この解決は非常に難しいと思われます。

これはアメリカだけの問題ではなく、日本も全く同じ状況になりつつあるのです。(今の日本はアメリカの80年代くらいかな~~??)

こんな時代に、私たちは平穏無事に日常を過ごすことができるのでしょうか??

最も効果があるのは、全ての国民が〝貧困ではない状態〟になることだと思います。(冷淡な政府に対する強力な力になる)

現政権はTPP(=環太平洋戦略的経済連携協定)を強行採決するつもりだそうですが、こういう身勝手な権力者が蔓延(はびこ)っている現状では、庶民が裕福になるのはとても難しいと思います。(TPPが発効すれば、庶民の生活は急激に厳しくなることが確実です)

ただ、リッチになるのは大変でも、生活に余裕を持たせることは、アタマを使って努力すれば何とかできるのではないかと。今のうちに資金を蓄えておき、アホ政権の非情な仕打ちに備えておくべきだと思います。

日本は世界一のお金持ち国家なのですが、なぜか国民は節約に励まなければいけないのです。実に不思議でございます。。

私は80年代の〝煌めきの時代〟を思い出しながら、頑張るつもり。


『We Are The World』、キラキラの素敵なマイケルを見て高揚しながらも、色々と考えさせられる内容でした。

機会があれば、ぜひ観てみてね。


*2019年8月29日追加

上記は2016年当時のもの。トランプ大統領の判断により、アメリカはTPPから抜けています。私を含む国民の皆さまは安堵しましたが、2019年現在、アメリカは自国に有利な条約を結ぶため、わが国のアホ政府を責め立てています。

多分、アメリカの思うとおりになってしまうのでしょう。。。(あらら) 


そして、今日はマイケル・ジャクソンのお誕生日です!

今年はマイケルにとって、とても試練の年になってしまいましたが、正義は必ず勝つと信じるしかありません。

例のドキュメンタリーの製作者、主役の2人には、近い将来、悲劇が待っていることでしょう。

私たちも心が乱れる日々ですが、毎日をHappyに過ごす努力をしなくては。


ぽちっとお願いします。 ↓

 

We Are The World The Story Behind The Song - 20th Anniversary Special Edition (30周年記念ステッカー付) [DVD]
マイケル・ジャクソン,ライオネル・リッチー,スティーヴィー・ワンダー,レイ・チャールズ,ボブ・ディラン
Happinet(SB)(D)
コメント