ORBIS LVMINIS

うーブログ : うーすけによる、映画やゲームやモノのお話。 (旧「TA EIΣ `EAUTON」)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ファイナルファンタジーXII

2006-03-21 | Game : ゲーム
FINAL FANTASY XII

1回目は、限界まで密度の高いストーリー重視プレイを楽しんだので、
2回目の、寄り道プレイをゆっくりと楽しんでいます。
かつてFFXI黎明期に行ったような、いわゆる「とてつよ狩り」も満喫。
ボス戦のギリギリ感、戦略性はさすがに寄り道プレイだと失われていまうのが残念。
それにしても、某台地の風景のキレイさは◎。

噂のあの男(音楽がイイ!)も含め、モブはだいたい狩ったので、
あとは召喚集めをまったりやっていこうと思います。
3月末には完全に終わらせないと……。

ファイナルファンタジーXII

スクウェア・エニックス

このアイテムの詳細を見る
コメント (14)   トラックバック (23)

ファイナルファンタジーXII

2006-03-17 | Game : ゲーム
FINAL FANTASY XII

今朝、無事クリアしました。
ネタバレはありませんので、安心して読んでください。
ラスダン突入前のセーブデータで、33時間弱。
実プレイ時間はそれプラス3時間くらいだと思われますが、
初回プレイでこれはかなり早い方だと思われます。
早速2度目を始めますが、余裕で100時間は楽しめるでしょう。

お話的には、過去のFFのオマージュが大量に埋め込まれ、
FFファン的にニヤリとしてしまう場所がいつもより多め。
最後まで、泣かせるというよりは、カッコイイ話という印象。
あと、パンネロがかなりイイ感じで、ヴァンの声がかなりダメ。

プレイヤーキャラキャラクターは、
過去の作品と比べて、満遍なく使うことができたという印象。
クリア時のレベルが上と下で2しか違いませんでした。
どのキャラクターも非常に魅力的で、かつ性能的に個性も出せる!
FFXのキマリやワッカみたいなことにはなりません。
早解きを狙うなら、3人を集中的に育てる方がいいかも。

ガンビットの具合ですが、中盤以降完全に左手のみの操作でOKでした。
FFXI(オンライン)でパーティを組んで戦闘しているとき、
いかに単純なことしかしていないか……、という点を痛感できますw
辻ケアルや辻プロテスまで再現されていたのには笑いました。


ファイナルファンタジーXII

スクウェア・エニックス

このアイテムの詳細を見る
コメント (2)   トラックバック (16)

ファイナルファンタジーXII

2006-03-15 | Game : ゲーム
FINAL FANTASY XII

プレイ前からある程度分かっていたことですが、文句なしで面白いです。
往年のファンには嬉しいはずの、「あの曲」の復活もあります。
システム面でも、モグシーが移動ストレスを解消してくれたり、
ガンビットのインターフェースが直感的だったり、
細かな部分までケアされている感じがします。
本当に、金がかかった作品です……。


ファイナルファンタジーXII

スクウェア・エニックス

このアイテムの詳細を見る
コメント   トラックバック (18)

ファイナルファンタジーXIIポーション

2006-03-10 | U-blog : 全般
POTION : FINAL FANTASY XII

盛んにCMをやっている割に、都心では手に入りにくいポーション。
100箱買った、いや、200箱買ったという強者が多くいるようですが、
こちらはとりあえずの25箱=2ダース+1箱ゲットであります。
FF12を始めたら、とりあえず1時間半に1本くらい飲みますか。

買うかどうか迷っていて買えなかった人、気に病むことありません。
瓶の飾り栓の部分がプラスチックで、結構シャバいです。
トレカの方はすべてクリアカードで、意外にクオリティが高い感じ。
最近のトレカはどれもこんな感じなんでしょうか?

それにしても27種類あるトレカは、25箱購入では当然コンプできず。
最低でも27箱買わなければならないって、1箱630円なのに……。
ダース買いをしたのが幸いしたのか、ダブりは3種類のみで済みました。
それにしても、誰かダブってるカードを交換してくれないかな……。
コメント (6)

天下人

2006-03-03 | Game : ゲーム
Tenka-Bito

以前にも書きましたが、ゲームのCMは期待を裏切ることが多いです。
PS版『ヴァルキリー・プロファイル』の実写CMのように、
いい意味で期待を裏切ってくれるゲームもたまにはありますが、
近年では、せいぜいFFXが期待通りだったくらいのものです。

今日発売の『天下人』の場合も、多分に漏れずCMとゲームとでは大違い。
CMを観る限りでは、美麗なグラフィックと派手なアクション……といった印象。
実際にプレイしてみると、まぁケースを見た時点で気付きますがアクションではないですし、
武将のモデルなども、CMで使われているものとは違って全然しょぼい感じでした。

ところが、CMでは全然分からなかったゲーム自体が面白かったりします。
3Dモデルのセンスの無さは気になりますが、2Dの原画が表示されるので慣れれば問題なし。
テンポも良くて、最近のゲームにありがちな短調さによるストレスも溜まりません。
グラフィッカーを総取り替えして続編を出せば、かなり売れるんではないでしょうか。

余談ですが、予約特典は美麗原画集といった感じのブックレット。
予約特典にも関わらず、今なら予約しなくても貰えたり、
何故か2冊貰えたりという感じなので、中古を待たずに買いの一本かも知れません。


天下人

セガ

このアイテムの詳細を見る
コメント (1)