ORBIS LVMINIS

うーブログ : うーすけによる、映画やゲームやモノのお話。 (旧「TA EIΣ `EAUTON」)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ファイナルファンタジーXII

2006-03-21 | Game : ゲーム
FINAL FANTASY XII

1回目は、限界まで密度の高いストーリー重視プレイを楽しんだので、
2回目の、寄り道プレイをゆっくりと楽しんでいます。
かつてFFXI黎明期に行ったような、いわゆる「とてつよ狩り」も満喫。
ボス戦のギリギリ感、戦略性はさすがに寄り道プレイだと失われていまうのが残念。
それにしても、某台地の風景のキレイさは◎。

噂のあの男(音楽がイイ!)も含め、モブはだいたい狩ったので、
あとは召喚集めをまったりやっていこうと思います。
3月末には完全に終わらせないと……。

ファイナルファンタジーXII

スクウェア・エニックス

このアイテムの詳細を見る
コメント (14)   トラックバック (23)

ファイナルファンタジーXII

2006-03-17 | Game : ゲーム
FINAL FANTASY XII

今朝、無事クリアしました。
ネタバレはありませんので、安心して読んでください。
ラスダン突入前のセーブデータで、33時間弱。
実プレイ時間はそれプラス3時間くらいだと思われますが、
初回プレイでこれはかなり早い方だと思われます。
早速2度目を始めますが、余裕で100時間は楽しめるでしょう。

お話的には、過去のFFのオマージュが大量に埋め込まれ、
FFファン的にニヤリとしてしまう場所がいつもより多め。
最後まで、泣かせるというよりは、カッコイイ話という印象。
あと、パンネロがかなりイイ感じで、ヴァンの声がかなりダメ。

プレイヤーキャラキャラクターは、
過去の作品と比べて、満遍なく使うことができたという印象。
クリア時のレベルが上と下で2しか違いませんでした。
どのキャラクターも非常に魅力的で、かつ性能的に個性も出せる!
FFXのキマリやワッカみたいなことにはなりません。
早解きを狙うなら、3人を集中的に育てる方がいいかも。

ガンビットの具合ですが、中盤以降完全に左手のみの操作でOKでした。
FFXI(オンライン)でパーティを組んで戦闘しているとき、
いかに単純なことしかしていないか……、という点を痛感できますw
辻ケアルや辻プロテスまで再現されていたのには笑いました。


ファイナルファンタジーXII

スクウェア・エニックス

このアイテムの詳細を見る
コメント (2)   トラックバック (16)

ファイナルファンタジーXII

2006-03-15 | Game : ゲーム
FINAL FANTASY XII

プレイ前からある程度分かっていたことですが、文句なしで面白いです。
往年のファンには嬉しいはずの、「あの曲」の復活もあります。
システム面でも、モグシーが移動ストレスを解消してくれたり、
ガンビットのインターフェースが直感的だったり、
細かな部分までケアされている感じがします。
本当に、金がかかった作品です……。


ファイナルファンタジーXII

スクウェア・エニックス

このアイテムの詳細を見る
コメント   トラックバック (18)

天下人

2006-03-03 | Game : ゲーム
Tenka-Bito

以前にも書きましたが、ゲームのCMは期待を裏切ることが多いです。
PS版『ヴァルキリー・プロファイル』の実写CMのように、
いい意味で期待を裏切ってくれるゲームもたまにはありますが、
近年では、せいぜいFFXが期待通りだったくらいのものです。

今日発売の『天下人』の場合も、多分に漏れずCMとゲームとでは大違い。
CMを観る限りでは、美麗なグラフィックと派手なアクション……といった印象。
実際にプレイしてみると、まぁケースを見た時点で気付きますがアクションではないですし、
武将のモデルなども、CMで使われているものとは違って全然しょぼい感じでした。

ところが、CMでは全然分からなかったゲーム自体が面白かったりします。
3Dモデルのセンスの無さは気になりますが、2Dの原画が表示されるので慣れれば問題なし。
テンポも良くて、最近のゲームにありがちな短調さによるストレスも溜まりません。
グラフィッカーを総取り替えして続編を出せば、かなり売れるんではないでしょうか。

余談ですが、予約特典は美麗原画集といった感じのブックレット。
予約特典にも関わらず、今なら予約しなくても貰えたり、
何故か2冊貰えたりという感じなので、中古を待たずに買いの一本かも知れません。


天下人

セガ

このアイテムの詳細を見る
コメント (1)

ルール・オブ・ローズ

2006-02-24 | Game : ゲーム
Rule of Rose

良ゲー、とまでは言わないまでも、独特の雰囲気を楽しめる作品です。
ゲーム性は無いに等しく、まさに絵本を読む感覚で遊ぶしかありません。

統合性失調症気味とも思える主人公の少女を中心に
鏤められた謎めいたメッセージの数々が何を意味するのか、まだ分かりません。
と言うより、意味があるのか無いのか、それすらも分かりません。
世界観全体を傍観すると、ホッブスの『リヴァイアサン』が思い浮かびます。


RULE of ROSE

ソニー・コンピュータエンタテインメント

このアイテムの詳細を見る
コメント

ファイナルファンタジーXII

2006-02-16 | Game : ゲーム
FINAL FANTASY XII

アーシェの顔が変わった件でこのブログを訪れている方が、
ある時期からかなり増えているみたいです。
そのFFXIIも、気付いてみればあと1ヶ月ジャストで発売ですね。
いつの間にかCM放映も始まっているようです。
予約で既に100万本いってそうな予感。

海外版DQVIII付属の体験版を入手して以来、
例のバトル形式に慣れるために3日に1回はプレイしてます。
やはり、アクティブ・モード時のコントローラ扱いにポイントあり……。
移動しながら回復やアイテムなどの様々な動作を行い、
いかに時間を有効に使っていくかで、クリア時間に差が出そうです。

今回も、標準クリア時間の3分の1くらいでのクリアを目安に頑張ります。
ストーリー重視のRPGは、短時間でクリアするほど感情移入出来て、
エンディングで流す涙の量が変わってきます。
最近途中で放置するゲームが増えているので、
FFに限って中抜け中だるみは避けたいものです。

FF12.com  FINAL FANTASY XII
コメント   トラックバック (21)

ダージュ・オブ・ケルベロス

2006-01-29 | Game : ゲーム
DIRGE OF CERBERUS

もう一つのリユニオン……、ヴィンセントと因縁の深い「あの男」の物語。
「Dirge of Cerberus」は、訳すと「ケルベロスの哀歌」。

なかなかリメイク話の出てこないFFVIIは、もはや神話と化しており、
今回もそれを活用するコンピレーション作品群という印象を強いものに。
ユフィとリーブ(ケット・シー)がよく出てきますし、
クラウドを含めた他のジェノバ戦役の英雄たちも、もちろん登場します。

ゲームパートは実にストレスフルで、少なくとも私は楽しめませんでした。
FFVIIってだけで売れるから、ゲームは適当に作っておけ……的な雰囲気です。
でも、ムービーやらイベントシーンやらを見たくて、進めざるを得ない。

エンディングや一つ一つのセリフの説得力はともかく、
話全体は非常に面白く仕上がっています。
物語がスポイルされてしまったFFX-2に比べると全然良作だと思います。


ダージュ オブ ケルベロス -ファイナルファンタジーVII-

スクウェア・エニックス

このアイテムの詳細を見る
コメント

プロジェクト・ゴッサム・レーシング 3

2006-01-12 | Game : ゲーム
PGR3

世界最高のレースゲーム、PGRが遂にXbox360にやってきた!
……と興奮してしまうくらい期待していたゲームです。
新宿のスクリーンショットやCMで、その美麗さに驚いた方も多いのでは?

しかしながら、このゲームの本来の魅力は画面のキレイさではありません。
まず、フェラーリなどが登場する唯一のレースゲームであるという点が一つ。
そして何より、「kudos(クードス)」という独自のシステムの存在。

ドリフトやオーバーテイクなど、カッコイイ走りをすると貰えるのがクードスで、
このクードスが溜まっていく際の「チキチキ」という音が超気持ちイイのです。
2ではこの気持ちよさが失われ、単なるオンラインレースゲームと化していましたが、
3の挙動は1のそれに限りなく近く、クードスファンとしては喜ばしい限り。

3は2がキレイになった程度だと言うレビュアーを見かけますが、
そういった人は、レースに重きを置いているユーザーだと思われます。
1をやったけど2はあまり楽しめなかったという人は、3なら間違いなく楽しめるはずです。


PGR3-プロジェクト ゴッサム レーシング 3-

マイクロソフト

このアイテムの詳細を見る
コメント   トラックバック (1)

フロントミッション5

2006-01-10 | Game : ゲーム
FRONT MISSION 5 - Scars of the War

シミュレーションRPGの王道を築いてきたフロントミッションの第5作。
リンクなどのシステムに変更が加えられ、前作4よりもさらに硬派な仕上がりです。
ゲームとしては、購買層が望むとおりの形になっていると思われます。
エンディングも、かなり泣ける仕上がりです。
サブタイトルの「scar」とは「傷痕」のこと。

一戦役ではなく、主人公の人生にスポットを当てたシナリオは善しとして、
イベントシーンのオリジナリティの無さは、少し残念な気がします。
製作者の趣向が分かるというか、観ている作品が分かるというか、
むしろそれで笑わせようとしてるのかとすら思えてしまうような……。
あまり笑える要素を求められていない作品だと思うので、少し疑問。

疑問と言えば、スクエニがたまにやることなのですが、
他タイトルの宣伝をメインメニューに置くのはどうなのでしょう?
宣伝するなら、その分ソフトを安くするべきでは?w


FRONT MISSION 5~Scars of the War~

スクウェア・エニックス

このアイテムの詳細を見る
コメント

ゲーマー・タグ

2006-01-02 | Game : ゲーム
Game Tag on Xbox360

Xbox Live!のゲーマー・タグは、リンク先のようにどこにでも表示出来ます。
Xbox360からはゴールド会員、シルバー会員の差異なく出来る模様。
シルバー会員は無料なので、折角なら入会するべきです。

このゲーマー・タグを見ると、遊んだゲームやそのやり込み具合など、
その人のゲームの趣味がたちどころに分かって、恥ずかしいですw
まぁ、オレとしても結構狙っている部分がありますが……。

「G」の部分のポイントは、その人のゲーマー度合いを表します。
一見したところ、市販のゲームに1000ポイント、
ダウンロードゲームに400ポイント程度が割り振られているようで、
プレイヤーが何か条件を満たすごとに、ポイントが付与されます。
例えば『DEAD OR ALIVE 4』なら、全ストーリーモードクリアで30ポイント、
『真・三國無双4 Special』なら、各武将の無双モードクリアごとに20ポイントという具合。
1ソフトで1000ポイントゲットしているなら、廃人なみにやり込んだということです……。

Gamer Tag
コメント

デッドオアアライブ4

2005-12-30 | Game : ゲーム
DEAD OR ALIVE 4

DOA2をやり込んだ時代からはもうかなりの年月が流れていますが、
まさか、ここまで弱くなっているとは思わなかったです。
……と言いたくなるほど、ハード程度のCPUにボコボコにされる始末。
でも、しばらくやると「システムの進化」の意味が分かってきて、
久々に3D格闘ゲームに面白さを感じました。

グラフィックのきめ細かさや美麗さは言うまでもなし。
続編はまた暫く出ませんから、かなりやり込めそうです。
その点で、コスチュームの少なさが少し残念。
追加ダウンロードとかはないのでしょうか。


デッドオアアライブ 4

テクモ

このアイテムの詳細を見る
コメント

ファイナルファンタジーXII

2005-12-22 | Game : ゲーム
FINAL FANTASY XII

結構前のことなのですが、FF12.comが完全リニューアルされています。
数あるFlashサイトの中でも、かなりカッコイイ部類です。
それにしても、アーシェの顔変わったなぁ……。

FF12.com  FINAL FANTASY XII
コメント

龍が如く

2005-12-19 | Game : ゲーム
Like a Dragon

最近ゲームのことしか書いていませんが、まぁ、仕方ないでしょう。
噂の18才以上推奨ゲーム、『龍が如く』をちょっとやってみました。

さすが、あの『ローグ・ギャラクシー』よりもファミ通評価が高いだけあって、
システムに慣れてしまいさえすれば、やり込みがいがありそうな内容。
ベクトルは違いますが、『喧嘩番長』的な面白さがあります。

プレイ時間はゆっくりやって10数時間といったところで、適度なボリューム。
そして、(セガなのに)最後はマジで泣けます!
プレイ中は気になりませんが、異常に豪華な役者陣にも注目。


龍が如く

セガ

このアイテムの詳細を見る
コメント   トラックバック (1)

Xbox360発売

2005-12-10 | Game : ゲーム
Launch

いよいよ発売されました!
32インチHDTV&サラウンドシステムで準備万端なのですが、
ソフトがまだ何もありません……。

とりあえず「Halo2」を起動し、それなりにキレイになっていることを確認。
次に「FFXI」を起動し、さほどキレイになっていないことを確認。
一度PC版をやってしまっているので無理はないかも知れません。
というか、流石にもうMMOで人生を無駄にする精神的余裕はありません(汗)

そう言えば、説明書に「プラズマテレビの焼き付きに注意」とありました。
36インチのブラウン管HDTV持っている人、羨ましいです。

Xbox360
コメント

Xbox360発売前日

2005-12-09 | Game : ゲーム
Get Moving

いよいよ明日発売!
……のはずなんですが、全然盛り上がっていませんねw
主力ソフトがリッジとPDZでは痛すぎます。

近所でフライング発売している店があり、
予約していたワイヤレスコントローラと
プレイ&チャージキットを受け取って来ました。
勿論、これらがあったところで何も出来ません。

世の中は、姉歯氏&ヒューザー、みずほ証券を中心に回っています。
ゲームに関する一番のニュースは「ヴァルキリープロファイル」のこと(リンク参照)かと。

ITmedia Games
コメント   トラックバック (1)