n-zenの葉酸ってなに

ニュースとか趣味とか好き勝手書いてるブログ
ブックマークにある別館は本館の趣味記事と一緒だがそっちのが見やすいかも

プログラム

【完了】トラックバック機能終了について


・n-zenが定期的に書くっぽい話題
隔週月曜 少年ジャンプ+の星の王子さまの感想
火曜 ガンダムビルドダイバーズの感想
木曜 (出荷日であれば)ガンプラHGシリーズの感想や情報
土曜 ウルトラマンR/Bの感想
毎月25日 コミックゼノン(基本原哲夫御大関連のみ)の感想 (1/144ガンプラの付録があれば)ホビージャパンやガンダムエースの感想
毎月第2金曜と第4金曜 北斗の拳 イチゴ味の感想
月末 (発売日であれば)超像可動ジョジョの感想
偶数月15日 ボノロンの感想
その他の日 くだらんニュースについて

ツイッターでたまにつぶやいてます
numeranger_monoai (zakusamansa) on Twitter

無料HP宣伝広告
激安業務用エアコン
 

ノレ/ヽ゜ソ

2018-09-16 18:07:30 | ニュース
「株式会社ルパン」3人組、路上泥酔者狙い窃盗

私だ
繁華街で泥酔者らを狙って盗みを繰り返したとして、
兵庫県警捜査3課と生田署は10日、
奈良市丸山、無職の男(公判中)ら男3人(いずれも24歳)を窃盗容疑で逮捕、
送検して捜査を終えたと発表した。
男らは「株式会社ルパン」を自称しており、
昨年10~12月に、神戸、大阪、京都の3市内で計7件(総額約280万円相当)の被害が裏付けられたという。
発表では、男らは昨年12月30日、神戸市中央区の路上で、
酔って寝込んでいた男性公務員(40)の上着から現金1万7000円や財布を盗むなどした疑い。
3人は大阪府内の中学や高校の同級生で、
無料通話アプリ「LINE(ライン)」でグループ「株式会社ルパン」を結成。
連絡を取り合いながら二人一組で行動し、見張り役と実行役に役割分担しながら、
盗みを重ねていたとされる。
3人は「ギャンブルに使う金が欲しかった」と供述しているという。

ワロタ、バカだなあ
株式会社でもルパン一味でもないだろうなあ
被害者も酒は飲んでも飲まれるな

兵庫「地理・地名・地図」の謎 (じっぴコンパクト新書)
クリエーター情報なし
実業之日本社
コメント

サイレン

2018-09-10 22:17:20 | ニュース
ひょうご防犯ネット

私だ
不審者情報(9月9日・西宮)
9月9日(日)午前10時30分頃、西宮市上大市4丁目付近の路上において、不審者が目撃されました。
徒歩通行中の女子生徒に対して、「警察警察、ピーポーピーポー」と言いながら近づいてきたもので、怖くなった女子生徒が走って逃げると、いずれかに立ち去りました。
不審者は、30歳位、赤っぽい上衣、白色マスク姿、白色ヘッドフォン、色不明の自転車乗車の男です。
【防犯ポイント】
●大声で助けを求める
●すぐ逃げる、すぐに知らせる

警察=パトカーなら「ウーウー」だろ、柳沢慎吾を見習え

実録!? 緊急特番 柳沢警察密着24時!!(DVD付)
クリエーター情報なし
ポニーキャニオン
コメント

サイケなカラーリング

2018-09-09 18:36:00 | ニュース
15世紀のマリア像、ど派手な色で素人が修復=スペイン

私だ
【マドリードAFP時事】スペイン北部アストゥリアス自治州のラニャドイロ村にある小さな教会で最近、
15世紀のマリア像が派手な色彩で修復され、スペイン各紙の話題をさらっている。
修復前は木目がそのままの彫像だったが、今は鮮やかなピンクやスカイブルーで塗られ、
殺到する批判に対し、修復した近所の女性マリア・ルイサ・メネンデスさんは「私はプロではない」と地元紙に反論した。
メネンデスさんは教会の責任者の許可を取って修復した。
「私はこういう作業が好きだし、私のできる範囲で色を塗った。
私にとってはすてきな色だし、近所のみんなも気に入ってくれている」と述べた。
スペインでは2012年にも北東部アラゴン自治州ボルハの教会で、
約100年前の古いキリストのフレスコ画を近所の素人の女性が塗りつぶすような修復を行って騒ぎになった。
スペイン美術保護協会(ACRE)は
「こんなことを繰り返されて誰も気にしないのか。
祖先の遺産を目の前で破壊されるのを傍観して、一体どういう社会なのか」
と怒りの声明を出した。
ボルハの教会は修復で有名になり、観光客が殺到している。(2018/09/09-07:30)

大昔の建物とか仏像とか石像とか元々は意外とド派手な色してたりするからな

るるぶスペイン’19 (るるぶ情報版(海外))
クリエーター情報なし
JTBパブリッシング
コメント

まずくない棒

2018-09-07 22:20:50 | ニュース
ユーモアで難局乗り切れ 銚子電鉄「まずい棒」販売 経営改善「頼みの綱」に 【ちば最前線】

私だ
多くの人々に支えられ、廃線の危機を乗り越えてきた銚子電鉄(銚子市)。
経営難を逆手に取って名付けたユニークなスナック菓子「まずい棒」(1本50円、15本セット600円)が、
販売開始からわずか2日間で初回入荷分1万5千本を完売するほど人気を集めている。
依然として厳しい経営状況が続く中、「ぬれ煎餅」に続く新たな救世主となるか、注目が集まる。
まずい棒は、同電鉄が運行する「お化け屋敷電車」の企画・演出を担当する怪談収集家、寺井広樹さんが考案した。
「経営状態が『まずい』ことに掛けた」というアイデアに、竹本勝紀社長は「それは面白い」と食い付いた。
パッケージのキャラクターは漫画家、日野日出志さんが描画。サクサクとした食感で、味自体は“美味”だ。
逆境を逆手に取った斬新な発想から、さまざまな媒体で取り上げられ人々の関心を呼んだ。
「ハサンイヤイヤ」に掛けて、8月3日午後6(18)時18分から犬吠駅で販売を開始。
大勢の人が詰め掛けて30分で約5千本が売れた上、翌日の午前中には初回入荷分を売り切った。
その後も同月中に3回、2400〜7千本ずつ入荷し駅と直売所に並べたが、いずれも即日完売した。
増産分15万本を用意し、7日から販売を再開する。
1日からネット販売の予約を開始したが、ネット販売以外は駅と直売所のみで取り扱う方針。
これには市内への誘客につなげる狙いもあるという。
まずい棒には、経営改善の役割が期待されている。
同電鉄では昨年度、定期外運賃収入の減少などが響き、鉄道事業で1億円以上の損失が生じた。
副業部門では倒産危機を救ったことで知られる「ぬれ煎餅」の販売などで5千万円近い利益を得たが、
最終損失は3482万円となった。
さらに、本年度からは車両検査に対する国県市の協調補助が受けられない見込みとなっている。
現行ダイヤを維持するために不可欠な検査の実施に向け、市は5月中旬から8月末まで、
ふるさと納税ポータルサイトを通じ1千万円を目標にネットで小口資金を集めるクラウドファンディングを実施したが、
寄付金は200万円以下にとどまった。
市は協調補助で負担予定だった250万円分も独自に補助するか検討中。
こうした中、新たな収入源のまずい棒は、不足分を補う「頼みの綱」となっている。
竹本社長は「批判も覚悟で『面白い鉄道』という方向にかじを切り、
度肝を抜く企画を打ち出してきた」と力を込める。
ミステリースタンプラリーやサバのまちをPRする3843(サバヨミ)号の運行など独自の企画で集客に取り組んできた。
背景にあるのは「鉄道がないとまちは寂れてしまう」という危機感だ。
銚子市では東日本大震災の風評被害で観光客が減少し、その後も低迷。
今年1月末で民間水族館「犬吠埼マリンパーク」が閉館するなど、観光産業は逆風にさらされている。
市中心街から犬吠埼周辺、漁師町の風情が残る外川町をつなぐ全長6・4キロのローカル線の果たす役割は大きい。
「『このまちにあって良かった』と思ってもらえる鉄道にしていきたい」(竹本社長)。
同電鉄は、県立銚子商業高校の生徒たちによる駅舎の美化活動など多くの善意に支えられてきた。
事業の継続には、市民や協力者に愛される鉄道であり続けることが重要だ。
一方で、楽しみながら協力できる仕掛けを作ることは、息の長い支援につながる。
ユーモアあふれる取り組みで、難局を乗り切ることを期待したい。

銚子電鉄の経営がまずいのであって菓子はうまいのかよ

銚子電鉄 銚電のぬれ煎餅<ぬれせん> 5枚
クリエーター情報なし
メーカー情報なし
コメント

矢ガモ

2018-09-05 22:08:30 | ニュース
井の頭公園で矢が刺さったカモ見つかる 台風で保護作業中断

私だ
東京都立「井の頭恩賜(おんし)公園」(三鷹・武蔵野市)で、
人工物の矢状のものが胴体に刺さったカモ1羽が見つかったことが4日、警視庁への取材で分かった。
カモに衰弱した様子はないといい、警視庁と公園側が連携し保護を試みたが、台風の影響もあり中断。
警視庁は鳥獣保護法違反容疑も視野に人為的に刺されたものかどうかなどを調べる。
三鷹署によると、4日午前11時45分ごろ、同園の弁天橋付近で、
通行人から「何かが刺さったカモがいる」と近くの交番に届け出があった。
矢状のものは胴体部分にほぼ垂直に刺さっていた。
現場では同日、公園の関係者や署員らが柄のついた網などで保護を試みたが台風の影響もあり中断し、
5日以降に再開する。
都多摩環境事務所自然環境課によると、同公園内にカモはもともと生息しておらず、
野生のカモが外部から飛来したとみられる。
竹内高広課長は
「クロスボウなどでカモを狙った悪質ないたずらの可能性が高く、早く保護して矢を除去してあげたい」
と話した。
鳥などを標的とした動物虐待では、平成5年1月に都内を流れる石神井川で背中に矢が刺さったカモが発見され、
「矢ガモ」として報道され社会現象化した。27年10~11月には兵庫県伊丹市の昆陽(こや)池公園で、
胸や頭などに矢が刺さった3羽のカモや、頭部が鋭利な刃物で切断されたカラスの死骸が見つかっている。

矢ガモって平成5年の事件かあ
まだ小学生だったわ

井の頭公園100年写真集
クリエーター情報なし
ぶんしん出版
コメント