ピアノを弾こう🎹 国分寺市、小平市の《つぶらピアノ教室》

国分寺市北町のピアノ教室のご案内です。鷹の台駅より徒歩8分、創価小学校より徒歩3分です。

豊かな心

2021-05-13 20:05:00 | ピアノ教室
楽器の演奏のできる人と
できない人。

音楽を聴いている時、
楽器の演奏ができる人の方が
より大きな喜びを感じているんだそうです。

最近の脳科学の研究は
ピアノを弾いている時や、
弾くことのできる人について、
どんな作用があるのか
色々と解明していますね。

ピアノを習うと、より多くの幸せを感じられる✨

そう言っても良いかもしれません。

さて、そのピアノ。
演奏って簡単にはいきません。
日々の練習だって必要だし。

より素敵な演奏をして楽しむには
どんなことが必要でしょうか?

たくさん練習?

もちろん練習はやらないより
やった方が早く上手に弾けるようになります。

でもそれだけじゃないんです。

音楽、文学、美術、演劇、映画など
優れた作品に触れること。

こういうこともとても大切です。

美しいものをたくさん見る、
というのも良いと思います。

今はオンラインレッスンですが
教室に来たら、玄関のちょっと先、
レッスン室の横の絵画のコーナーを
覗いてみてね。

時々絵は入れ替わりますよ。




国分寺市小平市のつぶらピアノ教室
詳細はホームページをご覧下さい。





コメント (2)

美味しいパンとベルトのお話

2021-05-11 23:07:00 | ピアノ教室
世の中はたくさんのもので溢れています。
そのネーミングが面白い🤣

おじさんのダジャレみたいな
商品名もありますね。

痒み止めの薬で
皮膚病なお〜るとか
わかりやすいけど、なにこれ、本当?
と思ってしまうものも…😆

作曲家の名前にちなんだものもありました。

ショパンという名のパン屋さん。

浜松にある美味しいパン屋さんだそうです。

浜松と言えば、ピアノメーカーの工場のある街。

ピアノの詩人と言われたショパンが出てきても
なんとなく納得かも…

そしてシューベルトもありました。

なんとこちらはベルトの名前😅

Amazonで売っていた氷雪転倒防止ベルト💦
写真では、パンプスに装着していました。
確かに靴裏に当たる部分に滑り止めの金具が
あります。

でもシューベルトって…🤣

名前を考える人は、ひらめくんでしょうか?

色々な名前があるものですね😅

コメント

ピアノのはじめの一歩は

2021-05-10 23:27:00 | ピアノ教室
ピアノの入門書として有名なバイエル。

昔はみんなバイエルでしたね。
あとはメドードローズでしょうか?

私は両方やったのですが、
バイエルの中にはいい曲がありますし、
私自身は嫌いではないです。
というか、好きな曲だってあるくらいです✨

でも、生徒ちゃんたちには使っていません。

今はたくさんの導入期の教材があります。

主流となっているのは、
真ん中のドから右手でドレミファソ。
真ん中のドから左手でドシラソファ。

ト音記号とヘ音記号を一緒に学びます。

バイエルだと、最初はト音記号。
右も左もト音記号で書いてあります。

そしてある程度進んだところで
ヘ音記号が出てきます。

いきなり今までと違う高さの基準で読む記号が
出てきてそれまでのト音記号と並んで一緒に読む、
というのは、ハードルが高いそうです。

そうです、というのは、
そうであったかどうか私自身が覚えてないので。

まだ小さかったので、その辺りの記憶はあまりないのです。

そこでつまづかなかったタイプの人は
特に問題を感じないのかもしれません。

でもバイエルを終える前にやめていく人は
昔は結構いたと思います。

その理由のひとつが、
「ヘ音記号が後から出てくる問題」なのです。

ト音記号で読むことに慣れてきて
理解ができたところで、
今度はヘ音記号。

えっ?ドの位置が違うの?
なんで?

その違う読み方を二つ同時に読んでいくの?
そんなの難しくてやりたくない‼️

となってしまうようです💦

真ん中から左右に広げて覚えていくと、
ト音記号は右手、ヘ音記号は左手と
理解します。
そして真ん中より低い音をヘ音記号で、
高い音をト音記号でとわかりやすいです。

もっと進んでくれば、
右手でヘ音記号の音を弾くことも、
左手でト音記号の音を弾くこともあるのですが、
最初はこれで覚えてしまいます。

そして最初から両手奏。

片手で簡単なメロディを弾くより
両手を使ってメロディを弾く方が
弾くのも優しく、また両手で弾くことで
ちょっとかっこいい気分にもなれます。

ピアノを習っていない人は
たいてい片手で弾いていますから、
それとはちょっと違う、と思えます😆

まぁかっこよさは置いておいて、
理解のしやすさという点から
この真ん中ドから両手奏のやり方で
教えています。

プレピアノコースで教えている
どれみフレンズの教材も
この真ん中ドで覚えます。

くまちゃんの可愛いベルを使うのですが
この教材のすごいところは、このベルも
真ん中ドから左右に広がるやり方で学べることです。

良く幼児が使う普通のミュージックベルは、
ドレミファソラシドの音階ができます。

くまちゃんベルも同じように
ドから始まる1オクターブのベルがあります。

でもそれだけじゃないんです。

ドシラソ、があるのです。

真ん中ドから下がってドシラソ。

これはピアノ導入期にそのまま繋がります。

このドシラソのあるくまちゃんベルは
どれみフレンズの教材でしか売っていません。
同じようなベルとはちょっと違うのです。




そしてこのくまちゃんベルを内蔵したピアノベル❣️

ピアノの鍵盤シートの中に
くまちゃんをしのばせています。
まだピアノを弾くには手の発達が追いついていない、
小さな子には、このピアノベルで、
ピアノを弾く鍵盤位置など
先に学べるのです。

なので、導入書に進んだ時、
とっても楽に始められます。



またどれみフレンズの教材はとても自由に使えます。
その子に合わせて、行ったり来たりがやりやすい。

たくさんの子に、これを体験してほしいなぁと
思います。

国分寺市小平市のつぶらピアノ教室
詳細はホームページをご覧ください。






コメント

ピアノのための脳トレ

2021-05-08 21:06:00 | ピアノ教室
ピアノを弾く時、頭の中は何をしているでしょうか?

結構忙しく働いています😆

一瞬前に見た音符を、体を使って今弾いています。
そして弾きながら同時に次の音符を読んでいます。

過去に見たものを覚えて、現在行動に移し、
それと同時に未来を読みます。

ね?すごいでしょう?

ピアノを弾くといっぱい頭を使うんです。
良い脳トレになりますね💕

今日はピアノを弾く時の頭の使い方?
を練習しました。

年長さん、とっても上手にできました✨🎹





国分寺市小平市のつぶらピアノ教室
詳細はホームページをご覧ください。

コメント

こどもの日

2021-05-05 21:19:00 | 日記
5月5日はこどもの日。

こどもの健やかな成長をお祝い。

うちもこどもが小さい頃は
この日は特別でした。

そしてこの日は結婚記念日でもあります😊

なのでうちではこの日は家族全員が主役の日。

小学生の頃までは、この日は朝からお弁当作り。
それを持って昭和記念公園に行くのが恒例でした。
昭和記念公園は、こどもの日はこどもは無料なんです。

朝から出かけて一日中たっぷりと遊びます。

途中でお弁当も食べて、楽しかったなぁ…

夕方に、一旦帰宅。

汗と埃をシャワーで流して
着替えてからまたお出かけ。

今度はお食事に出かけます。

これが毎年の恒例行事でした。

今ではもうこどもも育ってしまったし、
流石に結婚記念日がこの日だったことは
忘れないのですが、なんか盛り上がりに欠けるんです。
こどもの日とセットじゃないと物足りない…

やっぱり小さいうちが一番楽しいのかも✨

今年のGWは色々あって結婚記念日はわかってたけど、
何か考える余裕はなく、今日の日を迎えてしまいました。

でもよーく考えたら、なんと銀婚式だったんです‼️

わー、全然思っていたのと違う。。。

せっかくの銀婚式に、何も考えていなかった💦


そういえば、昔こんな夢を持っていたことを
思い出しました。

銀婚式の年に、オーロラを見に行きたい❣️
北欧に行きたいと思っていました。

まぁコロナ禍では無理ですね。
いつか行ける日が来るのかなぁ。
コロナが収まっていても、我が家の状況では
まとまったお休みを取るのは厳しそう💦


そのうち夢が叶いますように…✨





コメント