世界一面白いミュージカルの作り方

早稲田発小劇場系ミュージカルプロデュースユニットTipTapのブログです。
HP≫www.tiptap.jp

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ほったらかしてた2017年と2018年

2019-01-01 00:28:29 | 作・演出 上田の日記
あけましておめでとうございます。

ものすごく久しぶりに更新してみます。
ブログなんかあったのか?
と思うくらい開いていなかったのですが
久しぶりに大晦日に少しだけ余裕があったもので
ちょっと覗いてみたところ
何と、2016年の暮れから更新していなかったわけです。
ごめんなさい。

ってなわけでザーッと振り返ってみます。
2016年は確か10周年記念公演をやってましたね。
さて、次の2017年はどんな年だったのか。

私的2017年は

1月 お気に召すまま 演出助手
3月 キューティ・ブロンド 演出
5月 グレート・ギャツビー 演出助手
7月 ビューティフル 日本版演出アドバイザー ※ 謎の肩書きですよね。
9月 Play a Life ラジオ放送開始 
10月 レディ・ベス 演出部
11月 Play a Life 青森プレ公演 作・演出

な一年でした。
前半が怒涛でしたね。
あの頃はこんなに忙しいことはないと信じてました。
2ヶ月に一本開けていくってのはなかなか大変でした。
それから、忙しくてTipTapの活動があまりできない年でした。

青森放送さんに頂いたラジオはとても面白くいい経験になりました。
舞台以外での表現の可能性を感じたり。
後半もまあ忙しくて
11月などはレディ・ベスの本番をやりながらPlay a Lifeの
青森公演のリハーサルをやってプレ公演をやったり・・・
なかなかハードでした。確かその合間にニューヨーク〜ヒューストン出張とか。

それなりに忙しい1年でしたね。
とにかく自分の演出作品がクリエにかかるってのはとても感慨深かったです。
30歳の時の目標が35歳までにはクリエで!
だったので達成できてよかった。


さて、そんで今年2018年です。

私的2018年は

1月 Tenth / next to normal 演出
   Play a Life 青森公演
2月 ブロードウェイと銃弾 演出助手
3月 Play a Life 浜松公演 
   Suicide Party
5月 Play a Life 福岡・東京公演
7月 ナイツテイル 演出助手
10月 いまを生きる 演出
12月 オン・ユア・フィート 演出
High Fidelity

どこを切り取ってもめちゃくちゃなスケジュールです。
自分でもびっくりします。
Tipと仕事の共存感がハンパないです。

年始は2作同時に初日。

next は 本当に人生で一番影響を受けた作品。
本当に幸せでした。
こんな作品に携われて最高でした。
その代わり、青森公演には立ち会えず。
Tipの公演で初めて立ち会わない公演となりました。
柴田が無事に開けてくれてよかった。
青森いつか行ってみたいです。

3月は浜松公演と新作の稽古を同時進行・・・
生まれて初めて同時に2つのミュージカルを稽古してました。
神田恭兵くんすごいなあ。

新作のSuicideはいつか向き合ってみたかったテーマ。
賛否両論ありましたが自分なりには意義のある公演になったと。
家族がいる今の自分だから向き合えた作品だった気がします。

そんな折、キューティ・ブロンドで
神田沙也加さんが菊田一夫演劇賞を受賞されました。
とっても嬉しかったです。

5月は九州で初めて公演ができて感慨深かった。
普段見てもらえない九州の方々に作品を届けることができてよかった。
彩吹さん、岸さんと作品を作るのも楽しかったです。

そっから先は怒涛の執筆しながら稽古の日々。
上演台本やら訳詞やらの作業をこなしながら
稽古や打ち合わせをこなす毎日。
今年は本当に書き仕事が多かったです。

「いまを生きる」も人生に多大な影響を与えた映画。
この作品がなかったら今芝居をやっていないかもしれない作品。
奇跡が重なってこの作品を演出できたことはご褒美でした。

「オン・ユア・フィート」はなかなか難易度の高い作品。
日本で上演することが難しい要素てんこ盛りなので
策を沢山講じて臨みました。
なんとか日本のお客様に受け入れてもらえたのかな。

「High Fidelity」もとっても思い入れのある作品。
ずっとやりたかった作品だし。
沢山影響を受けて糧になっている作品。
上演できて本当に楽しかった。
でもね、その稽古と同時にテレビ番組のための稽古と収録もやってたもんで
すごく忙しかったですね。

とにかくハードなスケジュールでした。
11月以降はテレビの台本書いたり
2019年の作品の歌詞を書いたりしながらの稽古で
12月に入るとそこにテレビの稽古やら収録が入ってくる。
今が間違いなく人生で忙しいと思える毎日が続いてました。
昔ほど体力も続かなくなってきてますが
人間、限界を自分で決めてはいけないんだと痛感しました。
やるしかない時は限界の壁が勝手に壊れてできなかった無理をするもんですね。

それから手伝ってくれる仲間に本当に助けられました。
優秀な演出助手の皆様。
演出部、各スタッフの尽力のおかげで
なんとか乗り切ってこれたんだと思います。
本当にありがとうございました。

振り返ってみると2018年は本当に無謀なスケジュールでした。
このスケジュールを計画し、実際に遂行した
妻は超人かもしれません。

2019年の2月は第二子が誕生予定ですが
身重の身体で公演制作、美術、衣装、小道具などなど
子育てもこなしながら作品に臨む姿には頭が下がります。
感性が同じで絶大に信頼できるスタッフを見つけるのは
かなり至難の技ですが一番短にそんな人がいて
作品を一緒に作っていけるのはとても幸せなことです。
まあ、稽古場でも家でも四六時中芝居の話をするってのも
いいんだか悪いんだかわかりませんが
こんな関係も個人的には面白いなあと思っています。

彼女がいなければこんな短期間で公演と番組制作をこなすことは
できなかったと思います。
本当に感謝しております。

ザーッとではありますが振り返ってみました。
久しぶり過ぎてスケジュールの羅列で終わりましたが
まず年始は

「学べるミュージカる」

関東ローカルですがフジテレビ系列で
1月2日の24:40〜放送からです。


お正月のうちに少しでも溜まってる仕事を減らしておきたいと思いますが
久しぶりに家族でただ時間を過ごせる幸せをついつい噛み締めてしまいます。
もう少し3人から4人家族になってしまうので
あと1ヶ月くらいは長女に一人っ子気分を存分に味あわせてやろうと思っています。

さあ、2019年も4月くらいまではノンストップ。

2月 キューティ・ブロンド
4月 笑う男

と続きます。
気を引き締めて臨みます。

2017〜2018年 皆様には大変お世話になりました。

2019年も引き続きどうぞよろしくお願いします。





コメント (1)

2016年を振り返ってみます。

2016-12-31 00:53:06 | 作・演出 上田の日記
気づけばもう大晦日です。
今年も劇場に足を運んでいただいた方々、ありがとうございました。
作品に協力して頂いた方々も本当にありがとうございました。
みなさまのおかげでこうして無事に年を越すことができそうです。

最後のブログ更新はもう半年以上前です。
あの頃は初めての俳優座劇場にワクワクしていた頃でした。

End of the Rainbow
10周年記念公演
キューティー・ブロンド

の三つのお知らせをしてましたね。
そのうちの2つは無事に幕を閉じることができました。
ありがとうございました。

今年はTipTapの活動10周年ということで
2月には劇団時代に縁のある早稲田どらま館で
TipTapとして初めての海外ミュージカル「Marry Me A Little」の上演に挑戦しました。
しかも演出家を変えての2バージョンでの上演。
ソンドハイムの難曲を歌いこなすだけでも大変なのに
それぞれの演出プランに沿ってまったく違う作品ができあがる。
なかなか面白い試みでした。

「The Dish of Life」という作品を劇団時代にどらま館で上演した際、
当時のどらま館史上最大の盆舞台を組んでしまったがために
バラしが時間内に終わらず大学側にお叱りを受け
罰として学生会館のたたき場の釘拾いをしたことが思い出されます。
社会人1年目にまさか学生と共に釘拾いをするとは・・・
今では楽しい思い出です。

その間に「エドウィン・ドルードの謎」「エリザベート」「End of the Rainbow」
と作品に携わってきました。
途中結婚式などもあり、TipTapとしてお世話になった方々に再開できたりもして
充実した時間を過ごせてよかった。

そして11月には記念公演「Play a Life」の上演。
TipTapとしては大きめの劇場での公演。
初演は50席ほどの本当に小さな空間でしたが
今回は160席を超える劇場。
3人の出演者で埋めるにはなかなかの座席数。
そして本当に繊細な作品だったのでどこまでこの空間で届くのか。
色々と試行錯誤しながらですが刷新したセットプランも相まって
お客様にはとても好評だったようで
10周年記念公演にふさわしい公演になりました。

公演期間中に4月に地震で被災した故郷熊本のためにチャリティーライブを行えたのも
みなさまの協力と思いのおかげでした。
10年間の感謝と故郷への思いをお届けすることができて幸せでした。

そして、今は「お気に召すまま」という作品の仕込み中です。
あと5日で初日を迎えます。
こうして振り返ると年始は「ダンス・オブ・ヴァンパイア」から始まったわけで
TipTap10周年の年ではありましたが
TipTap作品は2本だけ。
本当はもっともっと作品を上演したいのですが
個人的にスケジュールが調整できなくてなかなか難しいのが現実です。
これから先、もっとTipTapとして活動できるように
仕事を選べるくらい魅力的な作家・演出家になるべく精進したいと思っております。

まずは来年のキューティー・ブロンド。

今のところ来年は仕事が忙しくてTipTapとしての活動はまだお知らせできる状況にありません。
それでもなんとかねじ込むつもりです。
またみなさまにTipTapとして作品をお届けできるのを楽しみにしております。

活動10年目の年が終わろうとしています。

私が演出した作品「End of the Rainbow」をプロデュースした
CATプロデュースさんが紀伊國屋演劇賞の団体賞を受賞しました。

TipTapも団体としていつか賞を受賞できるように
これからもコツコツと続けていければと思っています。
まずは15年目を目指して。

それでは長ながと書きましたが 良いお年を。
また来年もどうぞよろしくお願いいたします。


上田一豪





コメント

色々とご報告

2016-07-03 01:33:09 | 作・演出 上田の日記
「Marry Me A Little」が終わってから
案の定ぱったりと更新しておりませんでした。
大変申しわけありません。
最後のブログには番外編の高瀬くんと浜平さんについてまた書きますと
宣言していますがその約束を果たさないままあっという間に今に至ります。
二人の紹介はまた改めて。

さて、今年はTipTap結成10周年の年。
11月には「Play a Life」の再演が控えております。

それ以外には・・・

あんまりTipTapとしての活動はないのですが
私個人としては色々とご報告したいことがございます。

まず、来年、2017年、3月。
シアタークリエ公演「キューティ・ブロンド」を演出することが決まりました!
東宝という会社で働き始めて今年で9年になりますが
10年目にしてやっと演出の機会を頂きました。

実は去年の8月、同じ8月生まれの作曲家小澤氏、ヴァイオリンの鮎美ちゃんと共に
31歳の誕生日を祝ってもらった時、
「35歳までにクリエで演出できるようになります!」
と宣言していたのです。
こんなに早く実現するとは・・・
なんだかまだ実感が湧きませんがとにかく素敵な作品に仕上げて
皆様にお届けできるよう心血注いで取り組む所存です。

こうしたチャンスを頂けたのも
これまでTipTapや私の作品を支え、応援してくれた
スタッフ、出演者、お客様のおかげです。
これまでの感謝を胸に初心を忘れずに真摯に作品に向かっていきます。

そして去年の8月に「クリエ」を意識させてくれた、
「End of the Rainbow」の再演が7月9日に初日を迎えます。
純粋に演出家として作品に向かい合う責任と厳しさ、喜びを思い出させてくれた作品です。
1年に満たない間に再演となりましたが
今回は憧れの 俳優座劇場 での上演です。
演出家として着到盤を返すことは今回が初めて。
これまで着到盤のある劇場で演出したことなかったもので・・・
初演と比べて更に濃密な仕上がり。
早く皆様にお届けしたくてうずうずしております。

というわけで、

① 「Play a Life」 11月に再演決定!
② 2017年3月 「キューティ・ブロンド」でシアタークリエ作品 演出決定!
③ 7月9日「End of the Rainbow」開幕!

の3点のご報告でした。
ブログをマメに更新しないためにごちゃっとまとまってしましましたが
どの情報も私にとっては一大イベント。
ぜひとも皆様に劇場に足を運んでいただきそれぞれをご観劇いただきたい!
まずは 俳優座劇場 へお越しくださいませ! 

コメント

とうとう初日です!

2016-02-05 07:53:59 | 作・演出 上田の日記
Marry Me A Little
昨日無事にゲネプロをおえて今日は初日です。

1/20からの二週間の稽古。
小屋入りして2日。
いつものようにあっという間でしたが
今回はいつも以上に試行錯誤した作品でした。

そもそも演出家としていつも「物語」を伝える。
ことしか考えていない人間にとって
物語が見えない作品に取り組むのはとても難しい作業でした。
私が尊敬する演出家デイヴィッド・ルヴォーは常に物語りを届けるんだ!
と熱く語っていたことを思い出します。
物語のないただの曲の羅列をどう演出するか・・・
観て頂ければわかると思います。
僕が見つけた物語を受け取って頂けたら幸いです。

ご観劇の際はプログラムの見開きのページに
「演出ノート」が記載してあります。
それはネタバレになるので終演後に読んで頂くのがおすすめですが
先に物語を理解して観たいという方は先に読んでも楽しめるかもしれません。

そして、とにかく今回痛感したことは
俳優の力。
普段台詞や歌詞を書く人間としては
色んなことを伝えるために「言葉」を届けています。
今回は「言葉」を伝えるだけでは何もわからない作品。
逆に言えば「言葉」と感情が乖離していることばかり。
それでも本当に俳優がその伝えたい「感情」でそこにいることができれば
物語としてきちんと立体化されます。

言葉と行動、感情がそれぞればらばらであっても
ただそこにその感情でいてくれることの強さ。
日常の私達はそれを自然に行っていますが
これを舞台の上で自然に行うことはとても難しい。
それをやってのけてくれた
Bチームの俳優達にはとても感謝しています。

1stの上野聖太さんと木村花代さんのチームは
彼等の生きて来た人生の深さ、繊細な感情の起伏、
必死に生きている人間の美しさと艶が見事に
作品とマッチして舞台上で人生の悲哀を感じさせてくれます。

2ndの染谷洸太さんと真瀬はるかさんは
2人らしいアイディアと勢い、そして感情の力強さが
作品の振れ幅を大きくそして美しく立体化してくれています。

番外編の高瀬君と浜平さんについてはまた今度書きますが
とにかくこの6人と共に作品の物語を探し
作り上げたこの2週間。
とても面白かった。
本当に沢山の方に観て頂きたいです。

当日券もでるらしいので諦めずに劇場にお越し下さい!

上田一豪









コメント

どらま館への行き方

2016-01-24 00:36:10 | tiptap
東西線早稲田駅から《早稲田小劇場どらま館》への行き方

①高田馬場・中野・三鷹方面行き電車でお越しの方は2番出口を出てください。
②西船橋・東葉勝田台方面行き電車でお越しの方は3b番出口を出てください。


①2番出口から出たら左へ。
100円ショップキャンドゥ前の信号[地下鉄早稲田駅前]を〈優ビル歯科医院〉の方へ渡り、左へ。




②3b番出口から出た方は右へ。

ここからは①の方も②の方も同じです!

〈ファミリーマート(早稲田高校前店)〉の前を通り過ぎて、早大生御用達〈キッチンオトボケ〉の前を通り過ぎてすぐの〈おそば三朝庵〉の角を右へ。



レンガの道[早大南門通り]を進みます。



右手に〈油SOBA〉があります。


その先隣の黒いモダンな建物が《早稲田小劇場どらま館》です。




一階に〈TOKYO CREPE GIRL〉というクレープ屋さんがはいってます。
コメント