マッシュで温泉めぐり

マッシュで日本全国温泉めぐり

快適化(トイレに棚の取付け)

2018年10月16日 | キャンピングカー
平成30年10月15日( 月 )
マッシュの快適化!!
マルチルーム( 我が家ではトイレ )に棚の取付け
以前から考えてはいたもののものぐさな私
ようやく重い腰を上げ

こんなものを・・・

 
超強力両面テープを
ペットボトルのキャップに貼り付け

  
これをマルチルームの壁に4ヵ所貼り付け
突っ張り棒とカゴで

  
こんな感じで


完成!!




コメント

3年6ヶ月目の法定6ヶ月点検

2018年09月13日 | キャンピングカー
平成30年9月1日(土)に
マッシュを3年6ヶ月目の定期点検に持って行きました。
いつもの日産プリンス広島販売広店へ

前回から1,240kmしか走っていません
先日の三瓶温泉巡りの際に
メーター内のシフトインジケーターが点灯しないことがあったので
併せてチェックをお願いしました
(エンジンを一度切って、再度かけなおしたら点灯したのですが・・・)
結果は、コンピュータでの診断では異状は見つからなかったとのこと
再度、同様な状態があればバラシて見ますとのこと


費用は10、800円

都合で、9月9日(日)に取りに行きましたが
今回もピカピカに磨いてありました
感謝!! 感謝!!
コメント

三瓶温泉郷巡り( 千原温泉 ・ ミセスロビンフッド )

2018年08月24日 | 温泉
平成30年8月8日(水)
三瓶温泉( 島根県 )巡りの3日目

 
早朝の「西の原」からの眺め

 
午前6時過ぎ
車内21.6℃
外気19.5℃
真夏でも三瓶は快適!!

  
BSでNHKの朝ドラ「 マッサン 」と「 半分青い 」をみて


このBSアンテナは設置も簡単!!
役に立ってます


木陰で朝食後

今日の目的「 千原温泉 」( 島根県美里町 )へ

こっからが狭かった~!!

  
昔は湯治宿だったそうですが
今は日帰り入浴のみ

   
入浴料:大人500円
ここの温泉は足元湧出泉だそうです
古い建物ですが、看板は真新しい感じ

   
男湯の暖簾の奥に狭い脱衣場が
木戸を入ると

  
狭い浴室が

  
浴室の温泉成分表には,
泉質: ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉
   (旧泉質:含二酸化炭素ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉)
泉温:35℃

   
温泉の色は、濁った黄褐色
ぬるいが気持ちが良い
水面の所々に足元から泡がブクブクと
これが身体に当たるとくすぐったく
また気持ちが良い!!


1時間ほどマッタリと

   
温泉の建物から少し河上に
温泉水の汲み場が

 
温泉成分表に
泉質:ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉
  (旧泉質:含二酸化炭素ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉)と
1ℓ100円の看板も

 
水汲み場から温泉施設が見えます

入浴後は、ミセスロビンフッド(島根県飯石郡飯南町)で昼食
  
のどかな田舎にあるこじゃれたレストラン

  
 
地元の旬の野菜の野菜サラダ、スープ、豚肉のソティ、梅味噌の載ったご飯
それに食後のコーヒー


お昼のランチ 税込み1,450円
お水もハーブの香りが
一品ずつ配膳されのんびりと食事ができました
大満足です!!

こんな田舎のしかも幹線道路から外れたところにあるレストランですが
平日にも関わらず多くのお客さんが
人気店なんですね~




コメント

三瓶温泉郷巡り( 三瓶温泉 鶴の湯 )

2018年08月23日 | 温泉
平成30年8月7日(火)
三瓶温泉( 島根県 )巡りの2日目

「 きっ川 」で夕食の後は
  
斜め前にある「 志学薬師 鶴の湯 」に

   
入浴料:大人300円
自動販売機で入浴券を購入
賽銭箱の様な箱に入れ

 
泉質 ナトリウム-塩化物泉( 低張性弱酸性温泉 )
泉温 36.6℃
加温ありと

  
暖簾をくぐると脱衣場が

   
温泉は、泥水の様な真茶色!
洗い場の壺に流れ出ているのが源泉!!
火照った身体を冷ますのにちょうど良い温度でした

 
ここでも記念写真を

  
風呂上りは休憩室でのんびりと

   
窓からはたくさんの風鈴や
裏の薬師堂「三瓶温泉志学薬師堂」が・・・


昭和30年代の「鶴の湯」の写真
当時は2階建て!!
この三瓶温泉( 当時は「 志学温泉 」)も賑やかな温泉街だったようです




コメント

三瓶温泉郷巡り( 石見ワイナリー ・ 定めの松 )

2018年08月21日 | 温泉
平成30年8月7日(火)
三瓶温泉( 島根県 )巡りの2日目
湯抱温泉の後は
三瓶山周回道路をドライブしながらプチ観光

  
先ずは、東の原
冬にはスキー場
駐車場も広々と
( ちょっと傾斜があり車中泊には不向きかも・・・)

  
観光リフトの近くに「 石見ワイナリー 」が
ワイナリー前のオープンテラス

 
ロビーの奥には
ガラス越しに製造工場が見ることができます
今年の4月にオープンしたばかりで
まだ、この工場で醸造されたワインはないとのこと

 
ワインの販売コーナーと試飲コーナー
車の運転があるので試飲は断念!!( 残念!!)
ソフトクリームで我慢!!!

車中泊の参考にトイレの写真も
   
「 西の原 」のトイレと全く同じ構造
ウォシュレットもありGood!!

次に、西の原近くにある「 定めの松 」
   
案内板には、慶長6年( 1601年 )、
天領となった石見銀山の初代奉行が長安が
交通網の整備を行った時の一里塚の基準として植えた松だと

 
我が家のマッシュと比べればその大きさが・・・

夕食は、三瓶温泉街にある「きっ川」でジンギスカンを
 
1人前1、280円
ごはん(中)210円を

 
お肉はブツ切りっぽく、食べ応えがありました
ちょっとタレが我々には塩辛かった感じでした

  
油が飛び散るのでおっかなビックリ
もちろん私はノンアルコール!!



コメント