サンスイの野菜栽培奮闘記

野菜栽培における悪戦苦闘ぶりを中心に日常における
さまざまな出来事を紹介します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

大ケヤキの枝落とし

2008-11-29 19:55:29 | 花木
今日は、晴れたものの畑はぬかるみ状況。
そこで、我が家の母屋の屋根に迫って来ていた大ケヤキの不用な枝落としに挑戦。
慣れない高所での枝落としと言う事もあり、オッカナビックリの作業でした。
ただ、“チェンソー”の威力もありなんとか終えることが出来ました。

<枝落としを終えた大ケヤキ>


<切り取った枝>

コメント

土寄せ

2008-11-26 20:38:03 | 野菜
晴れた日が続き、ぬかるみもほぼなくなり畑作業も解禁。
そこで、長雨で流された畝の土寄せを実施。
久しぶりの鍬仕事と言う事もあり筋肉痛か?

<土寄せを終えた玉葱畑>
コメント

新じゃが

2008-11-24 16:00:46 | 野菜
一般的に、“新じゃが”は、初夏のイメージがありますが、2度目(以前紹介)のジャガイモの収穫をしました。
早速、食してみましたがさすが“新じゃが”美味しいの一言。

<収穫したジャガイモ>
コメント

朝焼け

2008-11-21 09:10:07 | 風景
朝焼けにも、“雨の兆し”“晴れの兆し”があるとか。
今日の朝焼けは何の兆しでしょうか。
相変わらず雷鳴も聞こえ、不安定な天気ですが、“晴れの兆し”だと良いのだが。
(PM8:00)⇒期待に反して、“雨の兆し”でした。

<我が家から見た朝焼け>
コメント

荒天

2008-11-19 15:52:34 | 野菜
今日は、朝から、強風、雷雨、おまけにアラレ(初雪)まで降り荒れた一日になりました。
おかげで、ビニールハウス1棟が被害。(ビニールが随所で破れる)
補修もきかず全面張替えをしなければならず、とんだ出費になること間違いなし。

<被害を受けたビニールハウス>
コメント

ハウス内作業2

2008-11-18 16:23:26 | 野菜
今日は一日中雨模様と言う事もあり、ハウス内作業中心。
収穫の終わったキュウリの後始末、肥料の散布、耕運、畝たてまででした。
後は、どんな野菜を栽培するか(種を蒔くか)です。
夏のハウス内作業は地獄ですが、それに比べれば今は天国でしょうか。

<畝たてが完了したハウス内>
コメント

完全試合

2008-11-16 17:53:27 | 直売所
農家持ち寄り市場”採彩(さいさい)”に出荷し始めてからほぼ6ヶ月。
複数(私の目安は5点以上)の野菜を出荷すると、当日中には全て完売とは行きません。
ところが、今日ついに完全試合(全て完売)を達成しました。
ちなみに、今日出荷した野菜は、ネギ、芽キャベツ、ブロッコリー、春菊、みず菜、食用菜の花、里芋、人参、キュウリ、味の菜心(中国野菜)の10点でした。
コメント (2)

雑草退治

2008-11-15 19:34:40 | 野菜
やっかいな雑草退治の方法には、いろんな方法があります。
①鎌(手)を使う原始的手法、②除草剤散布、③バーナーを使う、④トラクターを使う、など多種多様です。
収穫後の畑の雑草退治は、トラクターを使うの一番です。(簡単しかも安全)
そこで今日は、トラクターを使い空いているいる畑の雑草退治を実施。

<トラクターを使っての雑草退治後の畑>
コメント

紅葉を求めて

2008-11-13 21:21:53 | 息抜き
紅葉シーズン真っ最中しかも天気が良いこともあり、紅葉を求めつつドライブ。
前から一度行きたかった木島平(クチコミで評判の宿)に宿泊。
その模様を紹介します。【11月12日(水)~13日(木)】

=来迎寺もみじ園=
ライトアップされることで知られていますが、日中に見ても素晴らしい景観でした。
<もみじ園の紅葉>


=松之山美人林=
10月下旬に見学した時は、まだ青々していた木々も今回は黄色に色づき、前回とは全く違う光景を体験。
<美人林の紅葉>


=松之山から津南へ=
松之山から津南に抜けるため、国道405号を選択。国道とは名ばかりの険しい道が続く。
ただ、山々は紅葉真っ盛り。
<R405沿えの紅葉>


<木島平(宿)>
平日と言う事もあり、大浴場を始めほぼ貸切状態。
翌朝、部屋の窓から素晴らしい光景(木島平の町並みが一面湖に!)に出会う。
聞けば、朝の冷え込みにより下界が雲海状況になるとのこと。
<宿から見た木島平の雲海>


=道の駅千曲川=
紅葉を求めた旅と言うものの、やはり野菜のことが頭から離れず。
立ち寄った、“道の駅千曲川”でも併設されていた農産物直販所が気になる。しばし品定め。
<農産物直販所千曲川>


=出雲崎の海岸=
紅葉から一転、「ジェロ」で有名になった出雲崎へ。
この季節では珍しい穏やかな日本海。
<夕凪の橋>


=寺泊魚のアメ横=
寺泊と言えば魚。帰り土産にと立ち寄る。
それにしても、平日にもかかわらず人の多いこと。さすがアメ横。
<にぎわうアメ横>


=弥彦公園もみじ谷=
旅の最後は、弥彦公園もみじ谷。何回来ても見ごたえのあるところ。
特に今年は色鮮やかな感じがしました。
<もみじ谷の紅葉>
コメント

冬季販売体制

2008-11-10 09:28:02 | 直売所
ほぼ毎日のように、農家持ち寄り市場”採彩(さいさい)”に出荷していましたが、収穫量も激減していることも今日から土日のみの出荷に変更。
これで、益々息抜きタイムが増えること間違いないものの、いかに有意義に過ごすかも課題でしょうか。

<収穫後歯抜け状況の野菜畑>
コメント