すや亀 信州香味だより

酢屋亀本店が年4回発行する、
パンフレットに記載されたすや亀だよりを
インターネットでお読みいただけます。

信州香味だより180号亀のかたらい~暖簾の向こうから

2021-11-15 | Weblog
亀のかたらい
すや亀スタッフの裏ばなし・表ばなし

営業、販売、製造、事務それぞれの現場で働く個性豊かなすや亀スタッフをインタビュー形式で紹介します。
今回は食味処スタッフの駒津恵美子。
落ち着きある「いらっしゃいませ」が人気のベテランです。
インタビュアー:浅野ひろこ

本店食味処担当 駒津恵美子(こまつえみこ)


味にも接客にも家庭的なあたたかさを感じていただけることを願って

◆食味処屈指のベテランとして、いろんな変化を見てこられたことでしょう
気がつけば21年目、あっという間ですね。
店内の設備や作業環境などが充実しましたが、会社の雰囲気は働き始めた当時からずっと変わらず、とってもあたたかいですね。
お辞めになった先輩も後から加わった方々も含め、よい仕事仲間に恵まれ、ずっと気持ちよく働いてきました。
自分の生活でつらいことがあった時も「また明日、会社へ行こう!」と思うことで、いつも前向きになれました。


◆特に印象深かったことは?
働き始めて数年経ち、先輩の後を引き継ぐことになった時、社長のすすめで調理師免許取得に挑戦したことです。
ここでは代々調理師免許をとるのが慣例で、先輩たちは全員一発合格されていたので、なかなかのプレッシャーでした。

当時は勉強する習慣をすっかり忘れていましたから、休日に図書館で勉強するなど、大変ですが新鮮な経験でしたね。
なんとか合格でき、胸をなで下ろしたのを覚えています。

免許の勉強をきっかけに、特に食の安心安全や衛生管理に気をつけるようになりました。それは今もしっかり身についています。


◆仕事で心がけていることは?
食味処でのひとときを楽しみにお越しくださる方々に、味でも対応でも家庭的なあたたかさを感じていただけるよう、笑顔やちょっとしたお声がけを大事にしています。
昨年からのコロナ禍で席数を減らすなか、待ってまで来てくださる方も多く、感謝の気持ちでいっぱいです。


◆ご自身が好きなメニューは?
「焼きむすび籠」と「豚ロースごはん」が大好き。1日「銀だら定食」もお得ですね。

豚ロースや銀だらは店舗でも販売していますが「ここで食べるのがおいしい」と言ってくださる方が多く、思わずウフフッ(笑)。
スタッフみんなで工夫を重ねた火加減が生きているようで、うれしいです。


◆来年は善光寺御開帳ですね
1年延期しての開催です。その頃は世の中がもっとよくなっていることを願わずにいられません。
「待ってたよ」と足を運んでくださるお客様に笑顔でお応えし、元気におもてなししたいと思っています。
多くの方々のお越しをお待ちしています!




----------------------------------------------------------------------------------------
食味処スタッフ21年の大ベテラン。
落ち着いた応対ぶりや、お客様と交わす言葉のやさしさ、声のトーンがおかあさんのような親しみを感じさせ、オフィス街に安らぎを提供するランチスポットとしての食味処の人気を支えています。長野市在住。
「会社やスタッフみんなの雰囲気がとてもあたたかいので、そのまま接客に出ているのかもしれません。ここでひとときホッとしていただけたらうれしいです」