真山亜子 ストーマちゃんのつぶやき

真山亜子のストーマちゃん失敗談や日常など綴ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ふんだりけったり

2007-05-23 12:18:28 | Weblog
ちょっと泣き言お許しください。
クローン病の合併症の壊疽性膿皮症がよくならず、あげく足の傷にばい菌ついてしまい痛くてモルヒネのお世話になってます。
4日~5日前からジンマシンでちゃうし、パウチは漏れる、汚れものの洗濯と自分の介護に明け暮れ、そんでもってパソコンの調子は悪い!
ホントニふんだりけったり。
でも、レギュラーの仕事に行っている間は忘れていられるからありがたいことです。
何とか現場にたどりつければこっちのもの
6月にいろいろオファーいただいた皆様、本当に申し訳ありません。
お断りしなくちゃいけなくて、心苦しいばかりです。
来年はまた元気に飛び回れるように
なんの根拠もないけれど、きっと7月になったら抜け出せるのではないかと思っています。
それまで時々大泣きして、すっきりして頑張るね
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

障害者・オストメイト用トイレ

2007-05-22 11:41:17 | Weblog
みなさあん!聞いてください
これは公開してるブログなので匿名にはできないけど、匿名にしたいくらいの事が起きました。
あたしだって泣いちゃうよ
実は先日とある病院で、人工肛門のパウチが漏れてしまったので張替えようと、オストメイトとしるされたトイレに入りました。
中に入りズボンを下げてすっぽんぽんではり替えておったところ、
はい終わりというときに、な、なんと!あ、ありえない!ことが
施錠してあったはずの扉が勝手にガァ~と開いたのです。
思わずそのままの格好で入り口に駆け寄り施錠のパネルをおすのですが閉まってくれません。
目の前は外来の受付、患者さんも座っています。誰もこちらを見ません。
男の警備員さんがふたリ、「パネルにさわってください」と。
「さわっても閉まりません」とわたし。
何度も手をかざすうちにやっと閉まりました。
そのすきにズボンをあげて振り向くとまたしても無常に扉は開くのです。
思わず警備員さんに「どうして勝手に開くんですか?」
「時間が長かったから、開いたんだと思います。業者に問い合わせてみます。」
と申し訳なさそうに言われました。
情けないやらくやしいやいらで最後は涙声になり、「そんな人権を無視したことってありますか!」
泣いちゃいました

時間がきて開くのなら警告音が欲しいし延長ボタンを手元につけて!
それからオストメイトと赤ちゃんのオムツ替えの部分はパーテーションが欲しい!
いきなり開いて全開ばりばりオープンじゃあんまりです。
こんな不首尾があったとは!この施設だけでしょうか?
こんな経験された方いらっしゃいますか?
その夜は立ち直れなかった

今はここにかけるほど、なんとか
コメント (5)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

両国にぎわい春祭り

2007-05-22 09:34:12 | Weblog
ご無沙汰しちゃいました!
一座のホームページをみていただくと、当日の写真が載っています
是非、あけて見てくださいね。
雨にもかかわらず、今回も大勢の方に来ていただきありがとうございました。
残念だったのは、雨で「ちゃんこミュージアム」が開催できなかったことでした。
いろんなお店のちゃんこを食べ比べられる機会だったのにね
なかなかブログ更新できなかった理由として足の痛みがあったわけですが、なななんとでん介さんとチョイ太朗の親子漫才が始まった直後、わたしは足を踏み外し舞台から落っこちてしまったのでした
近くにいた一座のみんなや客席にいた友人がかけつけて起こしてくれました。
みんなビックリして、「すわっ!救急車」と思ったそうです。
でも、なんとか起き上がり無事に舞台を勤めることができました
不思議に青あざだけですみました。みなさんのおかげだわ
ありがとうございました。
来年も是非参加できたらいいなと、いろいろ企画が浮かんだことでした。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする