真山亜子 ストーマちゃんのつぶやき

真山亜子のストーマちゃん失敗談や日常など綴ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

康耀堂美術館

2008-11-13 01:08:23 | Weblog
半月近くお休みしてごめんなさい。
でも、なんとか元気でしたよ~

それで、emmajさんに教えていただいた「少女」の絵に会いに、八ヶ岳の麓の美術館に行ってきました
千住博さんが学長の京都造形大学附属の美術館で、とても居心地の良い素敵な美術館でした。紅葉もきれいでしたよ。

20代の頃、わたしがモデルをさせていただいた絵でした。
以前ブログでプチ自慢をしたら、emmajさんが学芸員の実習で、柳沢淑郎先生の絵の担当になられ、私のブログにたどりついてくださったようです。
こんな出会いってあるんですね。
モデルをしていた頃を思い出しました。
絵は先生の感性なので、鼻が高くなりずいぶん美しくなっておりますよ
emmajさんの解説のおかげで、先生が日本橋三越で個展をされたのが、1990年だったかと改めて記憶がよみがえりました。
あの日出品された絵を買ってくださった方がいて、美術館で一般の人が見られるようになっているなんて、素敵で嬉しいです。emmajさん書き込んでくださり本当にありがとうございました。感謝です。
あと2枚の絵はどこにあるのかな~?

11月30日までのようですから、お近くの方は行ってみてね

美術館を後に遅い昼食をとるために、お店を探していたら、不思議ワールドに踏み込みました。
廃材で作ったツリーハウス、燻製ハウス、ゆがんだ屋根から大きな木が出て、草も生えてて、トトロが出てきそうです。
燻製されたお肉がいっぱいぶらさがって、トウモロコシもぶらさがり、野生味たっぷり。お店の中は薪ストーブがたかれ、手作り感いっぱいです。
ハンバーグとチキンを食べたのですが美味しかったよ。
石焼窯で焼いたパンがとても美味しかったので買って帰りました。

そこは、カナディアンファームというところで、居候さんがお手伝いしながらお家も食べるものも何でもつくっちゃう、素敵な場所でした。

鬼太郎や目玉のおやじも住んでそうなツリーハウスもあったよ。
美術館の帰りにお勧めです

不思議ワールドで楽しんで、帰りに近くの自然農園で高原野菜や新米を買って、堪能して帰途につきました。

今年は、昔の自分に出会う機会が多々あり、人生の交差点。
一期一会であったものが、また新しい形で出会え、びっくりするやら嬉しいやら!
生きていると思いがけない出会いがあるね。

いつか、ブログを読んでくださってる方とも会える日があるかもしれませんね。

コメント (5)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする