昨日みた夢

小栗旬さんの魅力に触れて、
舞台の面白さにはまった管理人の独り言

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

私のスタイル^^

2007年11月29日 | 小栗さんへの恋心^^
2週間も開いてしまいました・・・
もう、私のこのペースは、みなさんご存知だと思いますが・・・(^^;)笑
また・・「ブログ止めたの?」って言われないうちに書こうと思います(笑)




いやぁぁぁ~~~~~~すっかりご無沙汰しちゃいました
なのに、日々・・・覗いてくださっている皆さま、本当にありがとうございます
ホントにホントにホントに嬉しいですありがとうです
全然、音沙汰無しですみませんでした(^^;)
この間、いろいろありましたねェ・・・・
私自身もいろいろありましたが、小栗さんもいろいろおありでしたし・・・(笑)
もう、時間軸ズレちゃうような話になりますので、その件についてはあまりいろいろと書きませんが(笑)
ま、私は・・以前書いたように(8月22日の記事)
小栗さんに惚れ込んでいますから・・・何があっても、あまり動揺しなくなりましたけど
演じる事で、小栗さんが見せてくださるそのお姿が、全てだと思っていますから



写真誌に撮られた事で、ブログやANNでご自分の口から、お気持ちをファンに伝えてくださった事を
またまた嬉しく思うと同時に、こうやって正直に、素直に、プライベートな自分の思いを
発信してくださる事に、感激しちゃうというか、やっぱり立派だな・・・素敵だなと
私は素直に、小栗さんのその行為を受け取りました
小栗さんの役者さんとして生きるスタイルがあるように、
こうやって・・・応援していくのが、一ファンとしての私のスタイルです
これからも、盲目的に(笑)溺愛していきますよ(笑)
(あえて、こういう書き方しましたが




さてさて・・・
連日、満席&立ち見席まで売り切れ・・の舞台、「カリギュラ」ですが・・・
コクーンに観に行かれた、Big-Catさんからコメント頂いていたので、ご紹介させてくださいね


『舞台を見ながら、彼の発するモノは、
 現実味のある詩的セリフ、声色、声の強弱、動き、視線・・・
 今の彼だから表現できる役、最高に素晴らしかった。

 カリギュラの動きを追いながら
 恐怖に人が支配された時、怖い顔をするより、
 自然に そして 少しコミカルにする方が 
 どんなにその恐怖を倍増させるか、感覚的に教えられた気がします。
 とにかく、色々な事を感じ、考えながら舞台を観てしまいました。
 好きなシーンの1つは、カリギュラが背をかがめて
 無心にペディキュアを塗るところですね。
 カリギュラの望むモノは、その時、彼の傍にあったと思えたのは、
 私の勝手な解釈ですかな?


 劇場を後にして 彼が”走る”と決め、
 1人の人として 喜怒哀楽を感じられた
 この年に出会えて 本当によかったと思いました。』


なんか・・・こうやって、感想をお聞きすると・・また新たに心にズッシリと緊張感が落ちてきて
観に行く方も、この大きな舞台を、しっかりと受け止める覚悟をしなきゃなぁ・・と
そんな事も思います。
「舞台を楽しむ」という事はもちろん、忘れず・・・また目一杯、浸ってこようと思いますが・・。
原作を読みすぎて、ちょっと失敗しちゃったかな?(^^;)と思った・・「お気に召すまま」でしたが
今回は、あともう一回だけ、読んでおこうと思います。

Big-Catさん・・・ありがとうございます~~~~~^^



ぴーたーさんから教えてもらいました^^

   「プチプチ情報です^^
    共演の「大富士」さんが記事をUPして下さいました。」

とのことです^^
どうぞ皆さまも、見に行かれてくださいね^^
   「大富士さんの日記」
ぴーたーさんも言われてますが、「前編」との事ですから、後編も楽しみですね^^
ぴーたーさん・・いつもありがとうございます~~~~~~~




それと、こちらに来てくださっている、ももさんもコメントくださいました^^

   「カリギュラの感想は・・・
    こんなのでよければお暇な時にでも覗いてやってくださいまし。」
   ・・・と、言ってくださいましたので・・・
   ももさんのブログ&「カリギュラ」行かれた感想を書かれてるページをご紹介させていただきまぁす


   『舞台「カリギュラ」』(観劇の感想をアップされています)

   ももさんのブログ「☆ももnoひとりごと☆」


ももさん~~~~^^
ご紹介させて頂いちゃいましたぁぁぁ~~~~~~~
ありがとうございます^^




日々の予定はこちらでご確認くださいませ

     おぐカレ(小栗さんカレンダー)



あっという間に、もう11月が終わりますね。
明日はいよいよ・・・・・・・・・その舞台「カリギュラ」東京公演楽日を迎えます。
その後は・・・いよいよ大阪公演ですよ
私の観劇も迫ってきました
「息も出来ないくらいの緊張感」だそうですが・・・・・・ホントに息するの忘れたらどうしよう(笑)
酸欠で倒れそうになってる人を見かけたら、私だと思ってください(笑)




ではでは最後に・・・・
え?終わり?(笑)
えらい他力本願なアップだったなぁ・・・・・・・・・と、我ながらビックリ(笑)
んで最後も、ある意味他力本願・・・・・(^^;)
我が家のお猫さまの登場です(笑)


ええ、ええ・・・大事なお方をね、忘れてたっていうか・・・・最後にご紹介になってしまいましたですよ(^^;)
我が家には三猫おりますが、このお方が・・・女帝でございます



完全に親バカなんですが、菜々より美猫さんを私は未だ見た事ありません(笑)




初めての猫さんとの生活は、菜々とスタートでして・・・・
気が強く、我がままで、それでいて甘えん坊で・・・実は控え目な優しさも持っていて・・
この子に出会わなかったら、今の私の生活はないと思います^^


茶太は私の大事な大事な可愛い息子・・
凛は天使・・・
菜々は・・・・・・・・私の辛い時も、悲しい時も、一緒に過ごして側にいてくれた
同士のような存在です・・・・
私は泣きたくなったら・・・菜々に駆け込み泣き付きます。
守り守られる、菜々はそんな存在なんです^^



力では茶太の方が強いですし、ヤンチャで怖いもの知らずの凛もいますが
やっぱり、我が家を仕切っているのは、女王・・・・初代、暴君の菜々姫です(笑)


以上・・・我が家のお猫さま紹介でした~~~~
猫ズの様子は「ひまわりの朝」で書いてますので
良ければどうぞ見てやってくださいませ



『菜の花の海に立つように 
 毎日をすごす
 この世は貴重な美しさで
 見逃さなければ
 見えるものが
 たくさんある


 降ってくるものに圧倒される


 カギをかけて
 階段をかけ足でおりる時に
 気がついたこと

 いろんなこと     』
(銀色夏生「散リユク夕ベ」の中より)

大好きで、大好きで、何度も読んで覚えてしまった詩です
何故こんなにこの詩に惹かれるのか・・・不思議に思いながらも、今日もまた読み直しました。。。


小栗旬さま。
ありがとう。。
私は今日もまた幸せです。。。

皆さんも・・・幸せでありますように・・・・・




[PR] ウィークリーマンション 神戸
コメント (5)

一生応援していきますよ^^

2007年11月14日 | 小栗さんへの恋心^^
なんだか・・・肉球が、評判良かったみたいで
飼い主としては嬉しい限りです
日々、癒されてます
まだまだ、4ヶ月ちょっとのチビっこ凛ですが、毎日良く食べよく遊び
よく寝て・・・・・元気一杯過ごしてます^^
そんな様子から・・・私は力をもらいます
皆さまにも、少しでもそれが伝われば・・・・・・・・・嬉しいです



凛のおにぃちゃんです^^
体も大きいですが、心もおっきくて・・・優しくて、あったかくて・・強くて・・・
私はいつも彼に助けられ、救われています^^
私の大事な大事な可愛い息子です





家族みんなのストレスを引きうけ、浄化してくれてます・・・・・
我が家の「類」と呼んでます(注:私だけが笑)






って・・・・・・・猫ブログ?(笑)
イヤイヤ・・・・我が家の猫さん、菜々茶太凛の日常は「ひまわりの朝」でどうぞ^^
良ければ・・・・・ですが(笑)




カリギュラに行かれた方から、コメント頂いてます^^
いろいろとネタバレになるようで・・・詳細は書かずにいてくださってますが
素晴らしい舞台になっているようですね

まるみさんからコメント頂きました^^
  『昨日行ってまいりました。「カリギュラ」

   カリギュラという役は、単に「悪役」という言葉だけではとても片付けられません。
   一人の人間の孤独、絶望、狂気が渦巻き、荒れ狂い、
   演じる側だけでなく見る側にもものすごいエネルギーや集中力が要求され、
   重いものを受け止める覚悟もいる芝居です。
   感受性の強い方には、本当にキツイものになると思います。


   小栗さんは、本当に全身全霊をかけてこの芝居に臨んでおられ、
   カリギュラという難役と正面から向き合っているところのように思います。
   周りを固める役者さん方も含め、これから公演を重ねるごとにますます凄みを増していかれることでしょう。』



・・・・・見る側にもものすごいエネルギーや集中力が要求され、
重いものを受け止める覚悟もいる芝居・・・・・・

そうですか・・・これはホントに心して行かなければ・・・と思います。
他にも行かれた方からお話しを伺っていますが、みな一様に口が重く・・・・
そのご様子から、夏の公演「お気に・・・」の時とは何もかもが違うのだな・・
というのが、容易に想像できます。
全裸だ~~~~~~~なんつって、言ってる場合ではないようです(笑)
私の観劇は12月、大阪。
それまでにもう一度、原作を読んでおこうかな・・・と思います^^
少しでも、難解な舞台を理解する助けになるでしょうか・・・・・・・


今週末には、「オセロー」を観に行って来ます
すごく楽しみな舞台です・・・・^^







先日は情熱大陸・・小栗さんで・・
もう、すごくすごく楽しみにしていました
見終って・・・・・苦しげな横顔に、自然と涙がポロポロ出てきてしまいました。
悲しいとか、可哀想とかいうのではなく・・・
いえ・・・そういう気持ちも無きにしも非ず・・ですが、それだけではなく。
なんと言うか・・・必死に戦いながら、生きている、一人の役者さんの日々の姿勢に
ただ単純に、心が動かされたというか、震えたというか・・・
そういう気持ちです・・・・・・。
その姿の、なんと素晴らしい事か。
その笑顔の、なんと優しいことか。
苦悩する顔の、なんと美しいことか。


日々、自分を甘やかさず、必死に向き合い、役者としての時間を全うしようとしている
そのお姿に、本当に・・・ただただ、単純に、純粋に感動しました。

こうい人だから、あんなにも人を惹き付けるお芝居が出来るんだ。
だから、私はこの人が好きなんだ。
この役者さんを好きになって間違いはなかった・・・・・・と心底、そう思え
この先、恐らく何があっても一生涯、小栗旬という役者さんを応援して、観続けていこう
そう心に決めた、
そう思わせてくれた宝物のように大事になった・・・放送でした。



情熱大陸のスタッフの皆さま、本当にありがとうございました。
 伝統ある番組の「1回30分」というルールを破ってまで、小栗旬という役者さんの
 素晴らしさを、放送しようと決意してくださり、
 一ファンとして、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
 次回、11月18日の放送も楽しみにしています^^




なんでしょうね・・・。この気持ちは。
いつもは何度もリピしてしまう、小栗さんご出演の番組ですが
今回はリピ出来ずにいます。
宝物は、宝箱に大事にしまっておいて・・・時々、そっと開けてみる事にします。





先日、お友達の「クローズ」神戸ツアー(笑)に少し参加させていただきました^^
今日はそのことをちょこっと書こうかな^^と思ってましたが、また次にします
ご一緒させて頂いた・・myunさん、シェリーさん、Ogurinさん、azumiさん、いー子さん、竹美さん
どうもありがとうございました



最後に・・・
私は昔から銀色夏生さんという詩人が大好きで
今も、時々・・出してきて読んでいます^^
その中から、一節・・・ご紹介を




   『 大切にしたいと
     思えるものに
     出会えたことに感謝する


     いつも通りの日常を
     気まじめに送りながら
     フトしたすきまに
     幸福を実感する


     つらかった頃があったのに
     もう忘れてしまった


     悲しいことばかりは続かないのだ


     挨拶をして
     人と食事をして
     つまらないことでも笑えて
     電車に遅れないように急いで
 
     時間と共に歩いている

     
     つらかった頃があったのに
     もう  忘れてしまった   』



これを選んだ事に、特に意味はないです^^
意味はないですが、書いてるうちに・・・・読んでくれたらいいな・・って思える人が浮かびました^^
読んでくれたら・・・・・・・・・・・・・いいな^^



小栗旬さま^^
ありがとう。
私は今日も幸せです。。。




[PR] ウィークリーマンション 神戸
コメント (13)

「カリギュラ」開演・・・・・・・・・・^^

2007年11月09日 | 小栗さんへの恋心^^
始まっちゃいましたねェェェ~~~~
「カリギュラ」初日速報!(Bunkamuraに速報載ってました^^)


始まる前から・・・イエイエ、もうこの戯曲をされると分かった時から
一体どんな舞台になるのだろうと、ワクワクドキドキして待ち望んでいましたが
日が近づいてきて・・・・ポスターが公開され、度肝を抜かれ(笑)
でも小栗さんのその美しさと冷たい・・・・眼差しに、気持ちも引き締まり・・
そんでもって初日前日・・・行われたGPの模様を見て・・・本当に楽しみな気持ちでいっぱいになりました。
あの小栗さんの狂気に満ちた目!!!
流した一筋の涙の跡・・・・・・・・・
一瞬見ただけで・・・その目つきも立ち姿も・・今まで見た事のない、小栗さんで・・
鳥肌が立つ思いで・・・紹介されるGPの様子を見入ってしまいました。


 ぴーたーさんが教えてくださいました^^

   『「カリギュラ」公開稽古の映像とインタビューは、各配信の物をご覧になっていると思いますが、
     少し長めの物を見つけました。
     画像も大きくて、今までのとは、場面も違いますし、インタビューも前後のお話があっての事が良く解りました。
     では心してどうぞ^^』


    報知エンタメ動画「カリギュラ舞台稽古」


ぴーたーさん^^ありがとうございます~~~~~~~~



それと、いろいろと記事が出てますね^^
もうご覧になっているものばかりだと思いますが、ご紹介しておきます^^
チカーベルさんに教えてもらいました

   
   「小栗旬、悪役セクシーカリギュラ熱演!蜷川も絶賛」

   「小栗旬、下半身ギリギリ…蜷川氏演出舞台けいこ」

   「小栗旬全裸に女性リポーター仕事忘れた?」



・・・・と、まぁ・・おかしな見出しが散らばっておりますが(笑)
ま、もちろん・・・私もあのほぼ全裸の衣装には一瞬立ち上がりましたけども(笑)
でもね、それよりもね・・・・あの「目」ですよ!目・・・・。
なんという目つきをしているんでしょうか・・・・・・・


あああ~~~~~~~~どんな舞台になってるんでしょうかーーーーー
早く観たいぃぃぃ~~~~~~~~~~~~~~~
今回、私は戯曲を数回読みましたが、舞台で使われてる訳本ではないので
恐らく若干表現も違うのだと思うのですが
底なしの悲しみを味わいました・・・・読むたびに・・・。
誰にも、何にもカリギュラの心を救えない。

蜷川さんはどんな風に仕上げられたのでしょうか。
小栗さんはどんな狂気と悲しみと空虚さを纏い・・どんな風に怒りを表現されるのでしょうか。
あちらこちらで「心して観なければ・・」と言われているのを読みますが
ホント、心して観に行かねばなりません・・・・ね・・・・。



どうぞ、始まった舞台・・・最後の最後まで、無事に・・成功をおさめられますように。
前回の舞台「お気に召すまま」の時と同様・・・
もちろん私も含め、行かれる方々がみな、観劇マナーをしっかりと守り、
真摯な姿勢で拝見する事で、小栗さんを応援できますように。


携帯電話の電源は切っておきましょうね^^
私語は厳禁です^^当然ですが(^^;)

あと・・・「お気に・・」で一度遭遇しましたが、フラッシュを炊いて写真を撮った方がいました
これも、当然ですが、マナー違反ですね^^
私も携帯の電源など、うっかり切り忘れないように気をつけます
みんなでマナーを守り、観劇しましょうね





ええと・・この前、「源治に会って来ました~~」と壊れておりましたが
この間、更に2回・・・源治に会いに行って来ました
うち1回は相方を連れて・・・行きましたが
観終わって、相方も面白かった、良かった^^と満足していたようでした
途中も、何度か笑っていて・・・笑いポイントが私と同じだったので、それも若干ウケました(笑)
一つ例をあげると・・・・ネタバレしますので、詳細は書きませんが・・・
       「どこの?」
       「・・・・それ重要?」
・・・ってとこで、相方吹き出しそうになってました(笑)
私も1回目見た時、かなりウケたんですが・・・・・(笑)


とにかく源治はカッコいい
やべさん演じる拳は・・もう・・とにかく泣かせます
あの哀愁というか、物悲しい後姿、目・・・やべさん出てくるだけでウルウルしちゃったり(^^;)
ちなみに・・白状しますと・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
私は・・・・・伊崎が好きです(^^;)
げ、源治・・・・・ごめん(^^;)
イエね・・もちろん滝谷源治は最高にカッコよく、素敵ですよ^^
伊崎が好き・・・・というか・・ね、
なんていうんだろう・・・・「伊崎と源治の関係が好き」と言った方が合ってるかな。
伊崎の・・・源治を思う気持ち、あのポジションがもの凄くカッコ良くて好きですし
あの二人のやり取りには感動しました。何から何まで・・・。



・・・・・・・・・・って、書いてたら、また行きたくなっちゃった(^^;)
んで観終わって相方と話したんですが、相方が「エキストラ募集してたから行けば良かったなぁ・・」って(笑)
オイオイ・・(^^;)言ってよね・・・(笑)その気があったんなら・・・(笑)
相方はなかなか強面なので、間違いなくいけたと思うんですけどね・・・
如何せん・・・歳がね・・・・・・(笑)
でも、観てみたら・・・・なかなか高校生には見えない方も出ておられましたし(笑)
「あれ?これ、いけたんちゃう?」だって(爆)
ま、きっと言ってるだけで、行かないと思いますけども

近々、また観に行ってこよう~~~~~~~~っと
「キサラギ」回数・・・に追いつくのかなぁ?(^^;)


あ!!!そうだ、そうだ(^0^)
教えてもらったんですがぁ・・・・・・な、なんと・・・鈴蘭高校の落書きにぃ・・・
書かれてるんですって
え?(^^;)何が?って?
あのねェ・・・・それがねェ・・・・・えっとですねェ・・・(はよ言え!ってね^^;)
スイカって・・・


・・・・・だから?(^^;)笑
それが・・・・・・何?(--;)って?(^^;)
いえ・・・・あの・・・・えっとそれだけなんですが(笑)
ちょっと嬉しいなぁ~~~~~~~~~~なんてね
ま、それだけです(笑)
今度観に行ったら・・・・・自分の目でも確認してこようと思いまぁぁす
ワクワク(笑)




「カリギュラ」の幕が開いた同じ日・・届きましたぁぁぁ~~~~
夏に恋した・・・オーランドーが
イエ、実際は違うんですけども(^^;)
「お気に召すまま」DVD
届いて早速観ちゃいました
いやぁ~~~~~~若いですねェェェェ・・・・
声の若さにまずビックリしました
わずか数年なのに、こうも違うんですねェ・・・・・・・
成くんはめちゃくちゃ可愛くて綺麗で、今年以上に見た目は女の子で素敵でした
オーランドーも少年の美しさと頼りなさ気な感じで、とても可愛らしかったです
あれはあれで、若々しい二人の・・・切ない恋物語の感じで素敵でしたが
素人ながら、偉そうな事を言わせて貰えば・・・演技という点では今年が数段レベルアップしておられた気がします^^
発声一つとってみても、全然違うのがよく分かりました。
どちらも素晴らしく感動できる・・幸せの舞台であることには間違いないのですが
実際、またまたDVD観て・・・最後は感動で泣きました(^^)
でもね、とても素敵な舞台でしたよ


同じ戯曲ですが、年齢が違う事、そして若干配役が違う事・・・演出も所々違う事・・
それだけで、何か別の舞台を観た印象を受けるのが・・・凄いな・・と思いました。
若さと情熱で疾走した・・・・初演「お気に召すまま」と・・・・
逞しさを身につけて・・・より切なさと苦悩を背負いつつ歩んだ・・再演「お気に召すまま」・・・
といった感じでしょうか
これもまた書いてると観たくなっちゃいました(笑)
「お気に召すまま」ばかりリピしちゃいそうで・・・・・一体いつになったら・・
オスカーを・・・あ、失礼(笑)フランス王妃(姜暢雄さん動画^^)を確認できるでしょうか(笑)
来年発売の「キサラギ」まで・・・楽しみたいと思います
・・・て、どんだけ「キサラギ」好きなんだよ(--;)



すっかり定位置の凛姫^^











[PR] ウィークリーマンション 神戸
コメント (9)

楽しみな「カリギュラ」

2007年11月02日 | 小栗さんへの恋心^^
11月になりましたねェ・・・・・
いやぁ・・なんだか時間の過ぎるのは早いですね
なんか、ついこの前・・・このブログを始めたような・・・気がするし(笑)
ついこの前、「お気に召すまま」の舞台に酔い痴れて夢うつつになっていた気がしますが
もう・・・・11月・・・・・・・。
もう、あと6日ほどすれば、夏に恋した人が姿を変えて・・新しい夢を見せてくれる
舞台「カリギュラ」が公演初日を迎えます



昨日のANNでも小栗さんが仰ってましたが
もう来週のANNの時には、初日を迎えて・・・興奮した中、余韻を携えて・・の放送になりますね・・・
なんだか、こちらまで気持ちの引き締まる思いがしてきて(笑)
昨夜の放送を聞いていて、途端に舞台「カリギュラ」がリアルに迫ってきて・・・ドキドキしてきました。
舞台の通し稽古もされたようで、少し喉が枯れて・・・若干疲労されてるようですが
そのお声は、日々の充実感・満足感に溢れていて、話される内容も伴って・・
なんだか、もの凄く穏やかな小栗さんを感じました。
ご本人は、「カリギュラ」が始まったら・・
「(役柄を引きずるので)きっと人間的に終わってると思う(苦笑)」と話されていた事が以前ありましたが
今現在はその通りではないようで(笑)今はただただ、役者として・・毎日充実した時間を過ごされている事で
聞いていて、こちらまで穏やかな気持ちになれるような・・・・そんなお声でした
そんな中、小栗さんが言われた・・
「これが、ほんとの役者の時間の流れ方だと・・僕は思っております」
・・・という一言が、なんだか余計に心に響き、今本当に良い時間を過ごされているんだなぁ・・・と感じて
ますます、舞台が楽しみになってきました




いろんな場面の小栗さんが好きですが(笑)
やはり、「舞台」というものについて話されるときや、そこに居る時の小栗さんが
私には堪らなく魅力的です。
もう、私にとっては、小栗旬という役者さんは、夢の世界への道案内人ですから
彼がその夢舞台について話されるとき、それがたとえ些細な事柄であっても・・・
あっという間に、気持ちはまだ見ぬ次の夢へと飛んで行ってしまうのです
早く、早く・・・・と、また待ち焦がれ、恋焦がれる・・・それはそれで楽しい幸せな時間を過ごす事となるのでしょう
嬉しいです


この所、よく蜷川さんの小栗さんへの気持ち・・を目にする機会が多いですが
先日発売の「LOOK at STAR!」では、嬉しいお言葉いっぱいでしたね
どれだけ、小栗さんに蜷川さんが期待をしていて・・・
そしてどれだけ「小栗旬」という役者の才能に惚れ込んで、愛しているか・・
そんな蜷川さんの気持ちが満載で・・ファンとしては胸に込み上げるものがあったり
嬉しくて、楽しみで・・・あ~~~もぉホントにワクワクしてどうにかなっちゃいそうです(笑)
いつもいつも思うのですが、どうして蜷川さんの言葉って、あんなに綺麗なんでしょうか。
読んでいる側に、夢を見させてくださる方だなぁ・・・と、改めて実感します。
以前・・「First Stage」の中で蜷川さんがこう仰っていましたが


『小栗の見た目の美しさやかっこ良さや現代的な風を呼ぶ演技は武器になる。
 特に、ふとした瞬間の演技の角度が新しい。
 それと古典的な技法がむすびついたらいけるよ




今回の対談の中では・・
『それは天性の才能だと思うんだけど
 おまえはたとえ古典のセリフを喋っても、
 ある種の日常的なリアリティがくっ付いてくるんだよ。
 ・・・・・・・・・・・・・・・
 発声も含めて、相手の心に柔らかくすっと入っていく』




更に、美しく逞しく華麗に変化を遂げつつある・・・小栗さんに蜷川さんが期待して
用意してくださった、「カリギュラ」。。。
楽しみですね








んで・・・・んふふふふふふふ
行って来ましたぁぁぁ~~~~~~~~~~~






って、もう月曜日の事なんですけどね(^^;)笑
ホントは週末まで無理だろうな・・と思っていたんですが、ふいに月曜日に時間が出来て
急に思い立って行って来ました
用事を済ませて、バタバタと慌てて行ったら・・もう始まるちょっと前で・・・
お友達に「あと5分で始まる~~~~」とメールをして、電源切ろうとしたら・・
メールが来たので、すっかりその友達だと思って「レス早っっ」って思ってみたら・・・・・・・・・・

先日「キサラギ」をご一緒したお友達からで
「同じ列の真ん中に居ます」
・・・・・・え?・・・・
え?ええええええ???
お、同じ列の真ん中に居る???
何の事・どういう事?・・・って一瞬、頭こんがらがってしまいましたが(笑)
気付いて・・・列の中央を見たら・・・・お友達が座っていらっしゃいました(笑)
いやぁ~~~~凄い(笑)
ビックリしました、ホントに(笑)
私は、偶然同じ日に来たなんて凄いわぁ~~~とか思ってたんですが
終わってから少し話した時に、そう言ったら・・・「前に『クローズ』は月曜日に行くって言ったじゃないですか(笑)」
と言われて・・・・・・(^^;)笑
え・・?そ、そうでしたっけ?(笑)
そういえば、そう仰っていたような・・・・・・(^^;)笑
またまたご一緒に同じ時間を過ごせて嬉しかったです



で、映画の方ですけども・・・・
もうねェ~~~~えっとねェ~~~

「源治ぃ~~~~~~跳べェェェ~~~~~~~~~~~~」


ですよ・・・
ええ、ええ、そうなんです
そういう事なんです
・・・・は?(笑)
分からない?(笑)
もうね~~~~~最高にカッコ良かったって事ですよ(笑)

いや、良かったですね。うん。
最初ね、ちょっといきなり涙出そうになるんですけどもね・・・
そんでもって、前半はちょこっとね、実を言うとね・・・私はちょこっと芹沢多摩雄にね(^^;)
ちょこっとだけですよ・・・・(^^;)
釘付けになりましたけども・・・・(^^;)笑
あっという間に、逆転ホームランでしたわ滝谷源治

なんでしょう・・・見終わった後のこの爽快感は・・・。
途中、涙あり、笑いもあり・・ドキドキもあり・・・
また、若干物足りないと感じる部分もあり(私的に・・ですよ^^;)・・・といろいろな感情を体験するんですが
終わって・・・席を立つ時には、清々しい気持ちがいっぱいで、素直に「良かった」と言える映画でした^^
そして、やはり・・・「もう一回観たい」と、思えました


私は今回、この映画化で、原作を知った一人ですから、ファンというのは申し訳ないのですが
古くからの原作ファンの方は、どうだったでしょうか?
オリジナルストーリーでしたが、充分に「クローズ」の世界が描かれていたのではないでしょうか?
とにかく、小栗さん演じる滝谷源治は本当にカッコ良く、可愛らしく、魅力的な人でしたが
その周りのキャラたちも、みな・・本当にステキなキャラクターばかりで、それが更に
この映画を清々しい爽快感を味わせるものとなっているのかもしれません。
みんな、とにかくカッコいいんです
是非是非、もう一度・・・観に行きたいと思います^^
相方も、観たい言っていたので・・・今週末行けたらいいな^^と思っていますが
一人でも、行きますよ(笑)


・・・・・・・私は何回観に行くのかなぁ・・・・・(^^;)
自分でも、ビックリの「キサラギ」回数でしたから・・・(笑)
ま、楽しみです(笑)



そんでそんで!楽しみは続きます
「カリギュラ」の初日は先に書いたように、楽しみで待ち遠しい日なのですが
その日にはもう一つ、飛び上がるほど嬉しい事も
「お気に召すまま」DVD発売!!ですよん
ああ~~~~~~~~~~~~~早く見たいなぁ~~~~~~~
あの日の感動をもう一度ぉ~~~~~~~~~~~~~ですよ^^
ま、初演の時のなので、観た事ないんですけどね(笑)
待ってますよぉ~~~~~~~愛しのオーランドー~~~~~~~



んでもって・・・また居ます(--;)








[PR] ウィークリーマンション 神戸
コメント (10)