昨日みた夢

小栗旬さんの魅力に触れて、
舞台の面白さにはまった管理人の独り言

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

やっぱり好き・・・・・・・・・・(笑)

2009年06月24日 | 小栗さんへの恋心^^
暑いですねぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ





「ぇ」多過ぎ?(笑)
いやぁ・・・もう暑くって、ウダウダしちゃってる私です
まだ6月でしょ?
今からこんなんで、真夏は一体どうなるんだ?
無事に越せるのか???とちょっと心配(^^;)
猫ずと暮らすようになって、めっきりクーラーかけない生活になってしまって
それもあるのか?
暑いと伸びっぱなしの私(笑)
クーラーつけりゃいいやん!って思うんですが・・・・
うちのお猫さまたちがね・・・・・嫌いなもんでね・・・・・
クーラー付けたら・・・・・場所移動されるのでね・・・・(^^;)
寂しいので、つけてもすぐに消して・・・・余韻の涼しさ&扇風機&うちわパタパタで
我慢してる私です(笑)
え・・・?十分やん!って?
昔はガンガンに冷えた中じゃないと居られないくらい、暑いのがダメだったんですよ(^^;)
その私がよほどじゃないとクーラー付けないなんて!!!!!
大事件なんですよ(笑)
どうも・・・猫ずに合わせて、体質変えたようです(笑)



こんな伸びてるんだから、クーラーで涼めばいいのにねぇ(笑)
冷たい空気がそよそよと流れだすと・・・・起きて丸く香箱座りしちゃう猫ずなのです(^^;)






師匠からいつものお知らせメールをもらって・・・フライング発売してたGINGER買って来ました^^
今回もやっぱり買って良かったーーーーーーーーーって思いました^^







インタビューの内容もいいし・・・写真も凄く素敵でした
小栗さんが答えてる内容を読んでて・・・1回目の連載の時にも感じたんですが
なんだかちょっと変わられたなぁ・・と思いました^^
基本は同じなんですが、なんだろう・・・・?
話す雰囲気が変わったのかな・・・・・顔つきも変わられましたしね^^
って、文字でしか感じ取れないんですけどね(笑)
でもでも師匠も「ちょっと今までの恋愛観と違う?」って教えてくれてたんで
楽しみだったんです^^
今までも、正直な人だなぁ・・というのは、もうファンの中では周知の事実ですが
今回の記事の中でも、本当に正直に、ご自分の思いを語っておられて
その上、なんだかすごく柔らかい、いつになく優しい感じがして・・・
私は凄くすごく幸せ気分をお裾分けしてもらった感じがします^^
小栗さんの「今」が凄く充実した幸せな時間なんだな・・と感じて
なんだかそれだけで、すごく嬉しくて・・・・・私まで幸せな気持ちになれました^^
好きな人が、幸せそうだと、こんなにも・・・・嬉しいんだな・・って実感。




とは言え、これは私が感じた印象なので
当のご本人は、全然違う気持ち、状況の中に身を置かれてるかもしれませんが(笑)
そうだったら・・・・・・・・・・・・あ~~れ~~~~って事ですけども(笑)







仕事への取り組む姿勢や、人とのつながりを大事にする気持ち。
それに加えて、恋愛もちゃんと守って行こうとしている思いが伝わってきて
とても、素敵な内容でした^^








相変わらず真面目で、誠実で・・・本当に正直で、すごくすごく優しくて。
ファンとして、今まで感じて受け取ってきた小栗さんの印象そのままで
それに増して、より一層正直で。
役者・小栗旬を知って、こんな素敵な役者さんだったんだ・・・と感動して
知らなかった過去を取り戻すかのように必死に追いかけていた中で
出会って知っていった、役者である小栗さんの人柄。
それを知って、さらに好きになって、どんどん惹き付けられていった数年前。
なんだかこの連載は、そんな滲み出る小栗さんの人柄にも惚れた時の事を
思い出させるような・・・そんな感じがしていて
改めて、「小栗さんを好きになって良かった」って思えて
やっぱり良かった。
って思えて・・・・・・・。
こんなに人間的に素敵な人が生み出すお芝居が、人を惹きつけない訳ないじゃないか
と、確信もして。
大好きだーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!
って、思ったら・・・・その思いに感動さえしちゃいました(笑)




小栗さんのお芝居は、だから素敵なんだ。
こんな風に、日々自分と向き合って、迷いながら、闘いながら生きている人だから
そこから絞り出されるお芝居には、こんなにも力があるんだ。
これからも、こうやって・・・「なんて素敵な人なんだ」って惚れ直しながら
小栗さんのお芝居に酔いしれて、過ごしていくんだなぁ・・・・
なんて素敵な未来なんだ^^
嬉しい。
そう思ったら、いつになくワクワクしてきましたよ



《めちゃくちゃ懐かしい若いですねぇ^^可愛い~~~







今週は「スマイル」がいよいよ最終話を迎えますね^^
先週も本当に苦しい内容で、いっぱい考えさせられました。
ビトの「今」を作った一人、林誠司のお母さんが出てきてましたが
正直、私の中では「何を言っとるんじゃ」という気持ちで見てました(^^;)
全ての悪意がビトに向けられていて、それをあからさまに映し出す材料の一つとして
林誠司の母&彼の幼少時代のエピソードが出てきて描かれてましたが
そんなねぇ・・・誰でもね・・・子供の時は悪人じゃないでしょ(笑)
当たり前じゃんか。そんなの。
母を思う気持ちも、人を大事に思う気持ちもあって当然。
だからといって、
ほらね、大人になって悪になった人物も、血が通った優しさのある人なんだよ・・と
検察官側が訴えてくるのは、むしろ滑稽にさえ見えましたが(^^;)




もちろん、人を殺したことは言い逃れの出来ない罪だと思うし
「あの瞬間」理性を無くしていただろうとは想像できますが
「死んじゃってもいい」と思って引き金を引いたはず・・というのも否定出来ない事だと
私は思うので・・・ビトにはそれなりの刑が与えられるのだろうな・・・とは思うし
その辺は、納得のいく結果を期待していますけど。
それに、裁判員の一人・・・忍成くんに言わせた一言は納得でした。
やっぱりビトは弱かったと思うし、優しさと弱さは違うし・・・
でも、そこを断ち切れないほどの恐怖心を林誠司が感じさせていたのも事実で
それに加えて、どこかで自分の「血」を認めてくれているんだと思っていた気持ちが
ビトが林誠司を断ち切れなかった理由だったんですよね・・・
そういう事もひっくるめて、本当に悲劇としかいいようのないお話だなぁ・・と
もう、胸が痛くて、苦しい時間でした。
この後、どういう結果だったら、最後笑えるんだろう?と思うと
全く予想がつかないというか。
果たして、正当防衛で無実だったとして、それがベストではない気もするし
実際、ビトも望んでないし。
でも、罪を負わせるにはあまりにも悲しい生だし。
残り1話となって、今さらながら、このドラマのテーマが持つ力の凄さを実感しています。
ちょっと記憶に残り過ぎ・・・・・のドラマになっちゃうな・・・私にとっては。
最終話・・・・・・・・・期待しています^^









小栗さんの予定はこちらから

              小栗さんカレンダー(おぐカレ)


         (溢れ返る情報を、お友達数人でカレンダー形式にまとめてあります^^)








[PR] ウィークリーマンション 神戸
コメント (2)

やっぱりくどい?再来年みた夢(笑)

2009年06月12日 | 小栗さんへの恋心^^
およよよよ(^^;)
またしても10日以上ほったらかし(^^;)







いやぁ~~~~~~~~~~~~~~^^;
時間の経つのって早いっすねぇぇぇ~~~~~(苦笑)
年取るとねぇ・・・どんどん加速していく気がしますわ(^^;)
ま、そういう訳でして




って、そんな言い訳あり?(笑)





先ほど、見終わりました。「スマイル」
今、めちゃくちゃ胃が痛いです(^^;)
あ~~~~辛い・・・・っていうか・・・・なんというか・・・。
元々、毎回ストレス溜まる展開でしたが、今回のように「裁判」というのは
また特に、胃がキューーーっとなりますねぇ・・・。
キューーーっとなっては、証言台に立ったお母さん(いしだあゆみさん)の言葉に
ホロロと涙が出てきて・・・
んでもって検察官にまた胃がキュキュキューーーと痛くなり(笑)
思わず叫んで声が出せたハナちゃんに号泣
んでもって、最後の展開にまたキューーーっていうか、ギュウっと締め付けられて
なんだか息も絶え絶えで見終わりましたけども(^^;)笑



ビトはドラマの主人公ですから、当然今までもどれだけビトが頑張って生きてきたかを
ずっと見てきて知っているので、ビト応援目線で見てしまうので
こういう胃が痛いようなストレスを味わうんでしょうけど・・・。
でも、全く知らない人たちの裁判で、自分が裁判員になったら・・・・・・?
と思うと、なんとも難しい裁判ですよねぇ・・・




ビト側目線で見るので、検察官がすごく意地悪で事実を曲げて、意図的に有罪に
しようとしているのが見え見えなんですが
裁判長の後ろで、裁判員として聞いていたら・・・どう感じて、どう思うだろうなぁ・・
と、やはりそういう事も考えてしまい、これは本当に難しい裁判だよな・・と
感じました。
法律関係に勤めている友人が、先日・・裁判員制度がスタートする前に模擬裁判とやらに
行ってきたみたいなんですが・・・。
同じ案件を、裁判員を変えて何度か行ったみたいなんですが、
一方で無罪、一方で極刑と・・・担当する裁判員によって判決が変わってしまったらしく
こういうことはよくある事だということで・・・
裁判って本当に難しいし、真実の追求だけでなく、判断する裁判員・・裁判長によっては
全く違うものになるので、とても怖いですね・・・。
いよいよ始まっている裁判員制度。
考えるきっかけもくれて・・・良かったかな・・と思います。






・・・・と、なんだか胃が痛くなった回でしたが。
ストーリーとしては、前回に引き続き、もちろん林はいなくて、
回想シーンでちょこっと出てただけでしたが・・・
小栗さんが残した林像は凄いですね・・。
居なくなった後ですら、林に接した人物の態度や表情の裏にしっかり生きていることを
見ている側は感じ取り、いかにビトにとって恐ろしい存在だったかを
知るに十分な存在感でした。
こうやって、すっぱり死んでいった林誠司を見事に演じ切った小栗さんに
心からの拍手を送ると共に、小栗さんのファンで良かった・・と
改めて思いました^^
小栗さんの演技を見るのがまたしばしお預け・・という点で考えれば寂しくもありますが
ドラマとしては、素晴らしい林の終わり方だったかな・・と思います^^
素晴らしいというのはちょっと語弊があるかもしれませんが、
良くも悪くも、ビトの人生に多大な影響を与え
ビトが恐れおののくほどの恐怖を植え付け、ビビらせ・・・ビトの人生をめちゃくちゃにして
最後はビトに撃たれて壮絶な死を遂げる。
最後の最後まで、ビトのその後の人生を左右する人物として
見事な悪役を演じられた小栗さんの林に天晴れです。
私個人の意見としては、もうこれ以上はない!という林の終わり方のように感じたので
これで良かったのでは?と思います^^




小栗さんはいつもいつもその作品全体を見据えて演じられますし
今回も作品をより良いものにするために、
よりリアルにビトを怖がらせるために、悪役に徹し、それによってこのドラマが
とても現実味のあるものになった気がするんですが、
そうやって、演出としての枠組みでしかない林という人物を
演じきられた小栗さんに、今はただただスゲーーーー!って拍手するばかりです。
ホントに凄い人を好きになったもんです
出会えて幸せ!!!!!!です








ま、ビジュアル的には、林は類と甲乙つけがたいくらい好きだけどね(笑)
ビジュアルだけだったら・・・ですよ
って、全然違うやないかーーーーーーーーーーーーー(笑)
甲乙めっちゃつくやん(笑)
共通点、金髪ってだけやん(笑)
あんた、一体どんなバラバラの趣味しとるねん!!
と、自分に突っ込み入れたところで・・・今日はこの辺で(笑)
今日は・・って・・・・・・・・・次はいつやねーーーーん!?ってね






あ・・・・・家元さんも好きですよ(笑)
ウッチーも好きやし^^
・・・って、また金髪&茶髪っぽい?(^^;)
そうか、気付いてなかったが・・金髪好きだったのか・・・と
自分で自分に驚いたところで・・・・・・終わり(笑)




あ・・・けど、黒髪やけど・・・匠くんも好きやしなぁ・・・・^^





って、もういい?(^^;)笑
何が言いたかったのか?さっぱり分からなくなったところで・・また(笑)



小栗さんの予定はこちらから

              小栗さんカレンダー(おぐカレ)


         (溢れ返る情報を、お友達数人でカレンダー形式にまとめてあります^^)








[PR] ウィークリーマンション 神戸
コメント (5)