昨日みた夢

小栗旬さんの魅力に触れて、
舞台の面白さにはまった管理人の独り言

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

家元さん大好き^^

2007年08月30日 | 小栗さんへの恋心^^
今日はビックリするほど、土砂降りだった関西です
実は・・・今日はまたまた行っちゃおうとか企んでいたわたくしですけども・・
あまりの土砂降りに、ちょっと怯んでしまいました(笑)
え・・・・・・・・??
どこに行っちゃおうとしてたかって???
・・・・あ・・・・(^^;)・・・・それ、聞いちゃいますか?(誰も聞いてないし・・
いやぁ・・・言いにくいんですけどもね・・・(だから・・聞いてないから
白状しますとね・・・・・・・・・・・・・・(・・・・--;)

「キサラギ」を観に行こうかなぁぁ・・ってね(笑)
ええ、見納めにね・・・行こうかなぁ・・・・って・・思ってました
え・・・・・・・・・・?回数ですか?(^^;)
何回目なの??って???(笑)
言っちゃいましょうかね・・・(笑)
もう、この際・・・書いちゃいましょうか
今日行ってたら・・・・・・・・・・・・・・・なんと!
10回目の「キサラギ」と、なっておりましたです(笑)


もうねェ・・・・どんだけ好きなんだよ!!!ってね・・・
自分で突っ込みいれますけどね・・・・
自分でも、どうしちゃったの?ってくらい、好きなんですこの映画
ホント、何がどう私のツボに嵌ったのか、説明つかないくらいの惚れ込みようなのですよ、これがまた
でね、公開された最初の頃は、もう週一くらいのペースで行ってました
で、数えてみたら・・・・9回観せて頂いたわけでして・・・・
元々ね、気に入ったものはDVDで何回も何回も観ちゃうタイプではありましたが
映画館で、2度以上観に行った映画というのは・・・・・「キサラギ」が初めてです
同じ映画を・・・2回観に行くなんて・・・自分でも初めてですし
ましてや相方だったら、有り得ない事でしょうから、絶対に言えない(笑)
今まで観に行った9回のうち、相方が知っているのは・・・
相方を連れて行った1回を含むと3回くらいでしょうか(^^;)
ええ・・もちろん、舞台挨拶に行く幸運に与った事も内緒ですから(笑)


長かった・・・私の「キサラギ」ライフ(笑)
その間にはいろいろありました(笑)
内緒で行っているものですから、ドキドキでしたし・・・
おまけに行こうとして、駅に向かったら・・・・ホームで相方を見つけちゃった
なぁ~~~んて事もあったりしまして(笑)
イヤ、もうねェ・・・その時は驚いたなんてもんじゃぁなかったですよ(笑)
ウキウキで家事を済ませ・・・駅へ向かい、ちょっとニヤけながら(←危ない
ホームで電車を待っていると・・・・なんか・・見た事あるカバンが目に入り・・・
もうドキドキドキドキしてきて(笑)柱の影からそっと見てみると・・・・・・

はっっそう言えば・・・「今日は午後から○○に打ち合わせに行かないと・・」とかなんとか言ってた!!
まさか、この時間、同じ電車だなんて!!!!!
どうしよう~~~~と思いましたが、相方は次の次の電車に乗るはず!!と思い
わざわざ、乗る予定ではなかった各駅停車の電車に慌てて乗り込んだら・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・相方も乗ったんですねェェェ(笑)
もう笑っちゃいました(笑)
でもなんとか、見つからずに・・・私は映画館のある駅でそっと降り(^^;)
あたふたしながら、映画館へ~~~~~~~(笑)
まさか、相方も自分と同じ電車に私が乗っているなどとは想像もしていなかったでしょうねェェ(笑)
冷や汗かきながら・・・・観た・・「キサラギ」でございました(笑)
ま・・・バレたところで、怒られはしないですけどね・・(^^;)
呆れられるとは思いますが(笑)
なんかね・・言いにくかったというかね・・・



・・・そんなこんなで・・・迎えた今日。
ちょうどキリがいい10回目だし、行こうか・・・明日で上演終わりだし(いつも行ってる劇場が)
って思って予定してたんですが、思わぬ大雨&何故か朝から絶不調の体調のため・・断念
行かないとなると、想いは募るばかり・・・・(もう、いいやろ!!笑)
あ~~~あ・・行けば良かったかなぁぁ・・・・・(←もう病気
家元さんに会いたかったなぁぁ・・・(←9回も会ったじゃないの!そのうち1回は本物よ!
DVD出るまで待てないなぁぁぁ・・・・・・(あと数ヶ月じゃないか!!
と・・・・切ない溜め息をついておりましたらですね・・・・・・朗報が!!(誰にとっての朗報なんだか・・^^;笑)
いつも電車に乗って観に行っていたんですけども、その劇場は今月で終わりなんですけどね
なんと、なんと!!
私の住む町の劇場で、公開が始まるではありませんかーーーーーーーーー
しかも、自転車飛ばせば・・・10分くらい?
うわぁぁあ~~~~~~~~ん神様ありがとう~~~~~

・・・・・・・・・・・・・という事で、私の「キサラギ」ライフはまだまだ続きそうです(笑)
DVD出るまでに、観賞回数をどこまで伸ばしてしまうのでしょうか~~(笑)

・・・・・こんな私ですが・・・・(^^;)
あの、皆さま・・・どうか・・・・引かないで




『小栗旬は、キャラクターを魅せる俳優だ。
 
 その人物のことを、もっと知りたい・・と
 観る側に思わせてしまう力がある。』
(「キサラギ」オフィシャルムックより)

・・・小栗さんのせいですからね!(笑)








「お気に召すまま」
    先日、感動の終焉を迎えた・・舞台「お気に召すまま」ですけども
    その仙台での千秋楽・・・・大楽に行かれた皆さまが
    ご自身のブログで・・大楽の観劇レポを書いてくださっています
    どうぞどうぞ・・・もう一回^^浸りに行ってくださいませ
    
     ちぃさんの「Sky-blue Wind」の


     ゆきさんの「LeCiel Blue」


     響子さんの「小栗漬け」




次の舞台・・・「カリギュラ」ですけども
     先日から、小栗さんの携帯サイトにて、「カリギュラ」大阪公演の先行予約が始まりましたね
     携帯サイトに登録されている皆さま、申し込まれましたか?
     申し込み期間は8月29日~9月5日18:00となっておりますよ^^

     大阪公演!!絶対に絶対に行くぞーーーーーー!!!



リンク、1件変更しました^^
    まりもさんがブログをお引っ越しされました
    左のリンクバーでも変更しておきましたが、ご紹介^^

    まりもさんの「青い地球はてのひら」

    皆さまどうぞ遊びに行かれてみてください~~~~~~^^



予定はこちらでチェック

     おぐカレ(小栗さんカレンダー)






その「カリギュラ」ですけどもね・・・
私は幸運な事に、相方がカミュが大好きだったもので・・・「カリギュラ」も持っていたんですけども。
なので、小栗さんの次なる挑戦が「カリギュラ」だと知り
相方に「もう絶版らしいんだけどさぁ・・・・・・・もしかして持ってたりする?(^^;)」と聞いたら
「持ってる。全集も持ってる。」とあっさり
実家に置いたままというので、「取って来てェェェ~~~~」とお願いして、持ってきてもらいました(笑)
で、2度ほど読みました。
一度目はよく分からず。
分からないまま、でも何故か号泣。
二度目・・・・やっぱり分からず。
でも、更に更に、号泣&悲しくて、切なくて、辛くて・・。

イエね・・分からないって、ストーリーが意味不明なんではないんですよ。
「カリギュラ」という人の気持ちが、あまりにも私とかけ離れているので理解するのに
十分な材料が、私の中には存在していないんです。きっと。



「人生に絶望しなければ、人生を愛する事はできない」
というカミュの思想。
相方は・・・このカミュの「逆転の発想が好き」なんだそうです・・・・・。
逆転の発想ねェ・・・・・・・・・・・・なるほどねェ・・・・・。
やっぱり・・まだ私の中に、しっくりとストンと落ちてこない、カミュの「カリギュラ」です。。。




先日お知らせをもらって見た、小栗さんのインタビュー。
もう一度・・・ご紹介しておきますね^^


   「カリギュラ」インタビュー(eプラス)


読んでいただければ分かると思いますが・・・・
いつもながら「頭のいい人だな」という印象を受けました。
在り来たりな表現で申し訳ないですが。
すごく感性が優れていて、知的な・・捉え方をする人だな・・・というのを
私はいつも小栗さんに感じます。
「カリギュラ」の脚本をもらったのが昨年秋(?)頃という事ですから
小栗さんは昨年秋からのこの一年、恐らくこの「カリギュラ」に照準を合わせて
こられたのではないかな・・・?と、勝手な推測をしますが。。。
「カリギュラ」を見据えて臨まれた・・・と言っておられた「お気に召すまま」
何か得るものはおありだったでしょうか・・・・・。
次なる舞台で、どんな姿を見せてくださるのでしょうか・・・・。

「これを上手くやり切れたら、相当な自信になる」
「これをやり切ったら、引退してもいいくらいの気持ちで」


・・・というような事を言われてたのを(正確ではないかもしれません)
何かで読みましたが・・・
それくらいの覚悟をして、臨まなければならない大舞台。
その恐ろしくエネルギーの必要としそうな・・・舞台「カリギュラ」。
この舞台のタイトルロールに小栗さんを抜擢された、蜷川さん。
その期待の大きさを感じれば感じるほど・・・・ファンとしては鳥肌が立つ思いで
ドキドキしてきます。
蜷川さんにとにかく・・・「カッコよくしてくれ」「美しくあるように」と求められている小栗さん。

「芝居はまだまだ下手くそだけど、立ち姿だけはカッコよくするつもりです。
 みなさん、ぜひとも優しい目で(笑)、観に来てください!」

・・・だそうです
行きますとも!!
なんとしても・・・・観に行きますよ!



我が家の・・・類・・と(笑)届いたストラップ【So happy?】





■■■・・・・?なんだ?これ・・・・?■■■


あ!!!ヤダ!!噛まないでェェ~~~~~


小栗旬さま。
私は今日も一日、あなたのおかげで幸せでしたよ。
ありがとう。

皆さまも・・・どうぞ幸せな時間をより多く過ごされますように





[PR] ウィークリーマンション 神戸
コメント (15)
この記事をはてなブックマークに追加

「お気に召すまま」アーデンの森に思いを寄せて・・・・。。。【追記あり。カリギュラ】

2007年08月27日 | 小栗さんへの恋心^^
昨日の仙台での「大楽」・・・
素晴らしく感動的に幕を閉じたようで・・・行かれた方のお話をチラホラ聞いていると
もうそれだけで幸せな気持ちが再燃し・・また、行ってきたばかりの気持ちに戻っています


《覚えてるさ、アダム・・・こういうことだろ・・》

                《だがな、かわいそうな爺や、お前は朽ち果てた木の手入れをしているんだよ
              この木にはもう花も咲かない、いくら苦労して丹精込めたって駄目なんだ。
              まあいい、好きなようにしろ、一緒に出て行こう・・・》
             《旦那さま、参りましょう、どこまでもお供します、
              この息の続くかぎり誠心誠意お仕えします。》



思えば・・・5月のチケット先行に始まり・・この数ヶ月
四六時中、「お気に召すまま」の舞台の事を考えていたような気がします。
チケットが取れるかどうか、不安だった頃・・舞台のチケットなんて取るのも初めてで
どうすればいいか分からず、オタオタしていた・・・あの頃。
そんな私に「私の知っている事で良ければ・・・^^」と優しいお心遣いをしてくださった方がいました。
私の「お気に召すまま」・・・アーデンの森への旅は
こんな風に、人の優しさ、親切に触れる事からスタートしました。


《あの人が呼んでいる。
 私は運命と一緒に自尊心までなくしてしまった》



                《ここに懸かっていろ、俺の歌、俺の恋の証人だ。
              ああ、ロザリンド、この木々が俺の手帳だ、
              走れ、走れ、オーランドー、木という木に刻み付けるのだ、
              たとえようもなく美しく清らかなあの人の名を。》

              


そんな嬉しい気持ちから始まった、アーデンの森に恋焦がれる旅は、
日を追うごとに・・幸せを実感する旅となり・・
ようやく辿り着いたその場所では、この後・・当分生きていけるだけの心の糧を頂き
その頂いた喜び、幸せ、心のパンは・・・森を後にした今もまだ
明日を生き抜くために十分なものとして、私の心に蓄えられています

《じゃあ僕を愛して、ロザリンド》                      
《はい、承知しました、日月火水木金土と毎日。》

       

                 《僕はロザリンドが恋しくて》
        

              《この目が真実を映すものなら、あなたは僕のロザリンド》




訪れた全ての人を優しく包み、癒し、再生してくれる「アーデンの森」
7月からの2ヶ月間、延べ51公演・・・・
どれだけの人の心を溶かし、癒し、幸せにしてくれたのでしょうか。
その愛しい森が、昨日・・・仙台の地で、その幕を下ろし、森の焚き火が消されました。
素敵な最後だったと聞きました。
感動的で、みなが喜びに満ちた笑顔だったと・・聞きました。
その様子を心に思い浮かべ、また感動し、幸せ気分に浸る事が出来て・・・
この森の魔法は・・・どれだけ強力なんだろう・・・と改めて思わされました


《見ろ、不幸なのは私たちだけではない、
 この広大な世界という劇場には
 私たちが演じている一場よりも、はるかに悲惨な芝居がかかっているのだ。》

《この世界すべてが一つの舞台、
 人はみな男も女の役者にすぎない。》

       

                 《俺は正真正銘の働き者だ。
               食うもんは自分で稼ぐ、着るもんも自分で手に入れる、
               人の恨みは買わねえ、誰の幸せだってうらやましいとは思わねえ
               他人の喜びは俺の喜びだ、自分の不幸は甘んじて受け入れる、
               俺の一番の自慢は雌羊が草を食い子羊が乳を吸うのを見ることだ。》
   

        

演者の皆さま・・・
本当にお疲れさまでした
幸せをたくさん頂きました。
嬉しい気持ちにたくさんしてもらいました。
人に恋し、その人を想う切なさを思い出させて頂きました。
誰かを愛おしく想う・・その気持ちの、なんと素晴らしい事か・・・
それを実感させて頂きました。
心に傷を負った者が森で癒され・・・新しく再生していったように・・
私も癒され、新しい一歩を踏み出せていけそうな気がします。
素敵な時間を・・・
ありがとうございました。。。

《ああ・・女たちよ、あなた方が男に寄せる愛にかけて、
                 このお芝居がお気に召しますよう。
 
 ああ・・男たちよ、あなた方が女に寄せる愛にかけて、
                 このお芝居に満足なさいますよう。

     このように頭を下げるわたくしを拍手でおくってくださいますよう。》



心からの感謝を込めて・・・
両手一杯の花束と拍手を・・・・・・皆さまに


      

        お友達に頂きました^^
        胸の奥がすっと晴れやかになりました。ありがとう。





シェリーさんに教えていただきました^^

     幸せ色に染まって終わりを告げた・・・舞台「お気に召すまま」ですが  
     どうやら、DVDとして発売される・・・かも?らしい?ですね(^^;)
     まだ発表がなく、あくまでも「らしい」としか分かりませんが、
     アマゾンに「これではないか?」というものがあったようです

     早速行ってきました

     彩の国シェイクスピア・シリーズ NINAGAWA×W.SHAKESPEARE DVD BOX IV
 
     どうでしょうか?皆さま・・・
     これではないでしょうかね・・・・・?
     成くんと北村一輝さん・・・どちらも主演の方のお名前ですし
     これは恐らく「お気に召すまま」(成くん主演)「恋の骨折り損」(北村さん主演)の2本セットという事ではないでしょうかね
   
     まだはっきりと内容が分かっていないのに、ポチッっとしそうになった私です(^^;)
     焦るな、焦るな(笑)落ち着け、落ち着け・・・(笑)って感じですけども
     早く公式に発表していただきたいですね

シェリーさん、ありがとうございます~~~~~~~~~~~~~



ricoさんから教えてもらいました^^

     「リポ・・さらに更新されてますよ!!
      聞いた感想・・・「そうですね!」かな?
      なんか・・元気でますよ・・!

      早速行って来ました

      リポ倶楽部「はげましカレンダー」

      今回は音声でのはげましでしたが・・・
      聞いた瞬間、思わず「はいっっ」と声に出してしまった私
      いつもいつも、不思議とタイムリーに心に響き、励ましてくださる小栗さんです


ricoさん^^ありがとう~~~~~~~~~~~~~~~~



「カリギュラ」先行関連

      チケットぴあの申し込みが明日までです。
      皆さま、もうチャレンジされましたか?
      もしもお忘れになっておられたら・・・・明日までにどうぞ

      ぴあ先行抽選申し込み「」カリギュラ」東京公演
          抽選申し込み・・8月23日18:00~~8月28日9:00

   
      また・・・明日からは「イー・プラス」の申し込みが始まりますね
      eプラス「カリギュラ」先行抽選申し込み
          抽選申し込み・・8月28日12:00~~9月2日18:00
 

カリギュラ・・・観に行きたいです・・・・
チケットゲット・・・頑張ります~~~~~~


【追記】カリギュラ

Big-Catさんに教えてもらいました^^

     「イープラス・ムービーに
      『カリギュラ』の独占メッセージが発信されました」

     ええ~~~~マジですか~~~~~
     さ、早速見ましょう

     「カリギュラ」主演の小栗旬さんよりイープラス独占メッセージ到着!」

     Big-Catさんも書かれてますが・・・
     「なんだか、マネージャーさんの日記を読んだ後、
      この姿を見たら、少しウルウル
      最後の消え行く画面に映る笑顔に ウルウル・・・」

     ホントですね・・・・
     小栗さんのブログも更新されてますね^^
     もう大丈夫そうで・・・・・・・・・・・良かったです。
     この後、わずかでも・・全力で駆け抜けてくださった舞台でのお疲れを
     癒していただけたら・・・いいですね^^
     「カリギュラ」行きますよ!!!絶対に!!なんとしても!!!

Big-Catさん^^ありがとう~~~~~~~~~~~~~~~~~~




皆さま、毎日暑いですが
どうぞお体壊されませんように。
小栗さんも、もう熱は下がられたようですが・・・・
どうぞお体、お大事に
まだまだ今年は大仕事が残っていますので、どうぞ最後までお体が守られますように



小栗旬さま^^
私は・・・・・やっぱり今日も幸せでした。
小栗さんが結んでくれた多くの縁によって、
今日も救われ、守られ、励まされ、幸せを分かち合い・・・素敵な一日でした。
あなたのおかげで
私の毎日は、こんなにも豊かです。
ありがとう






[PR] ウィークリーマンション 神戸
コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

幸せの森・・・アーデンの森・・・・・・・終焉の日。。。【追記あり。如月ミキちゃん】

2007年08月26日 | 小栗さんへの恋心^^
7月に開かれた・・・アーデンの森も・・
いよいよ、その終焉の時を迎え・・・
そのことに思いを寄せていると・・・もう、もう・・本当に
ものすごくものすごくものすごく・・・・・胸が一杯になってしまって・・。
今日は何も書けません。


いよいよ・・8月26日・・・「お気に召すまま」・・・大千秋楽です


この2ヶ月間、幸せの贈り物をしてくれたアーデンの森
その森の終焉の時が・・・限りない幸せと、喜びの歓喜に包まれますように。
訪れた皆さまが、幸せ気分を頂いて、帰ってこられますように。
演者の皆さまもまた、幸せになられますように。
怪我もなく、問題もなく、無事に・・・全てが無事に、誰も何も、アーデンの森を汚す事なく
全てが無事で・・・・・・・・・・幸せの音色に包まれて、幕を下ろす事が出来ますように・・。






Big-Catさんから^^

  「まだ、未確認ですが・・・
   『お気に召すまま』がDVDになるそうです。」

  
  嬉しいですね~~~~~~~~~~~~~~
  以前、お友達が・・・4月に公演された「恋の骨折り損」との喜劇セットで出るんじゃないか?
  ・・・と、話していたんですが・・・
  そうなるんでしょうかね
  楽しみ・・・・ですね^^


Big-Catさん^^ありがとうございました~~~~~~~~





ぴーたーさんから^^

   「(キサラギメイキング)Yahoo動画も31日で配信が終わりです。 
    顔合わせの場面、ダンスの練習、休憩時間のさり気ないお話など・・
    何時見ても楽しい風景です。
    前にもご覧になったと思いますが・・最後になりますので。
    
    キネマ横丁・・・と出てくるまで他の映像が流れるので少しお待ち下さい。」

   
   「キネマ横丁」「キサラギ特番」

   ありがとうございます~~^^
   家元さん・・・大・大・大好きです!! 
   こちらもDVDが出たら、絶対に間違いなく買うと思います
   


もう一つ、ぴーたーさんから^^

   「前にもお話しました大好きな、大好きな『青と白で水色』DVDになりましたね。
    もう嬉しくて、即、予約をしました。

    楓ちゃんに対する『匠君』の見守り方・・さり気ない優しさ・・
    最後は少し希望が見えた終わり方・・・
    いいですねぇ~~~私は何故か匠君が旬くんに重なって見えてしまいます。」


    見たくて見たくて仕方なくて・・・ようやく見れたこのドラマ・・
    それ以来、何度も何度も・・動画を見に通っていました。
    それがDVDに!!!
    嬉しくて嬉しくて・・・・・最高です!!
    
    匠くん・・が好きです・・。
    ぴーたーさんが仰っているように・・・彼のあのさりげない優しさ・・
    なんだか小栗さんご本人と重なりますね・・・
    そう感じてしまっているから、だから好きなのかも・・・・
    楽しみで仕方がないです



そして、そして・・更にぴーたーさんから^^


    「もう、ご覧になったでしょうか???
     リポ倶楽部の画伯の力作!!!
     私、正直、ズッコケました・・・
     何時も同じ表現で済みませんが・・・本当に不思議な人です。」


     リポ倶楽部   


     笑いました(笑)
     なんでしょう?この方の感性というか・・発想というか・・・(笑)
     素晴らしすぎます
     ほんとに不思議な人ですね・・・(笑)


ぴーたーさん^^ありがとうございました~~~~~~~



【追記】「キサラギ」をご覧になっておられない方は、ネタバレしますので見ない方がいいかも^^;

myunさんからお知らせもらいました^^
   
   「とうとう、如月ミキちゃん登場ですね^^。
    一応、うちでもUPしましたが。取り急ぎ」


   映画「キサラギ」の・・ラストシーンに登場する如月ミキちゃんの歌うシーンの動画が登場しました^^
   実は、もう随分と前に・・・「無我夢中かも。」のkanaさんが、同じものを見つけておられて
   ・・というか、まだ映画をご覧になっていなかったのですが、うっかり見つけちゃって(^^;)笑
   「・・・・どうしよう?これって・・映画のシーン?見ちゃった」と言っておられて(笑)
   で、私は映画を観た後でそちらを見せてもらって・・
   「ミキちゃんの顔も含めて、ネタバレ3箇所あります(^^;)」とkanaさんにもお話してて(笑)
   kanaさん・・「ええ~~~3箇所?」って言っておられたんですが・・(笑)
   ・・・そういうことで、ネタバレを含んでいる映像でしたので、そのときには記事でご紹介しませんでした

   それを「みゅんのぼやき」のmyunさんにお伝えしたら・・・・
   以前に皆さんもご覧になったと思いますが・・
   映像なしで、音声のみ・・・にしてくださって、ご自身のブログで紹介してくださいました(スゲー
 
   で、この度・・YouTubeに登場という事で・・もうそろそろ解禁かな?って感じでお知らせもらったので・・^^
   アップします
  
   「如月ミキ・ラブレターはそのままで」(映画「キサラギ」ラストシーンより)   

   もう・・ほんとに何度観たことか・・・・・・・
   映画をご覧になった方はお分かりになられると思いますが、感動ですよね・・^^
   多少、劇場で笑いが起きてましたが(^^;)私はここ、結構グッとくるんです。

myunさん、kanaさん・・ありがとう~~~~~~~~







いよいよ・・・ラストです・・。
どうかどうか・・・・・・・

『小栗旬「お気に召すまま」・・・シェリー・ルーの小言
                        【追記】Ogurinさんより一言 』

                                    

「小栗旬☆ファンの心得7ヶ条 ・・・・by Ogurinさんのブログ」
                                

7月15日の件で記事にアップしてくださってますので
どうぞこちらも合わせてご覧になっていただきたいと思います。

「もう一度『舞台・お気に召すまま』を考える 」Sky-blue Windちぃさんのブログ
                                                


「黙ってられませんでした。。。 」LeCielBlueゆきさんのブログ
                                    
コメント (19)
この記事をはてなブックマークに追加

小栗旬という人に・・・惚れ込んでいます^^

2007年08月22日 | 小栗さんへの恋心^^
すっかり・・アーデンの森に静けさが訪れたかに見える・・今日この頃。
私のアーデンの森はそろそろ終わりを告げ始め
幕間の前に・・・真っ暗な舞台にただ一つ・・・燃えて揺らめいていた、あの焚き火の炎は
そろそろ・・・・ゆっくりとその勢いを失い・・・・。


・・・・・と言うのは、きっとまだまだ先の話なのでしょう(笑)
え?なんだ?それ?って(笑)
ええ・・・ええ・・
不思議なものでねェ・・・まだまだ続いてるんですよねェ・・・アーデンの森に恋焦がれる気持ちは
やはりそれは・・大阪のアーデンの森は終焉しましたが、静岡、そしていよいよ今週末
仙台へと・・・続いているからでしょうね
アーデンの森が完全に・・・幕を下ろすまでは、私のこの恋する気持ちも終わらないのでしょう
もぅ・・・行きたいくらいですよ・・・仙台まで(・・・え??
お金と・・家族の許しと・・・時間の都合がつけば・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・どれ一つとっても、無理ってとこが・・泣かせますが(笑)
ええ、ええ・・贅沢言っちゃいけません(だから無理なんだってば
どうぞ仙台でも、美しいアーデンの森が姿を見せてくれて
訪れる皆さまを幸せにしてくれますように・・・・・・。


そしてそして・・静岡公演に行かれた、ゆきさんがコメントをくださってました^^
みなさん、読まれたとは思いますが、もう一度ご紹介します
ゆきさんは行かれた日、メールで静岡の空やら、その他いろいろと写真を送ってくださったので
その写真もご紹介・・・私は頂いた写真を見ながら、今頃は・・・と想像し
遠く離れた大阪で、ウットリと・・・思いを馳せておりました


小栗さんが携帯サイトのブログに載せておられた、静岡の空の写真^^ 
  それと同じ場所ではないらしいのですが、風景が似たような場所で撮ってきてくれました


 『ただいま~~(^^)』

 ただいま帰りました。(19日に書いてくださいました^^;)
 自分ちのUPもせず色んなところをうろうろしております(笑)
 今日のアーデンの森は眩しかったです。
 皆さまのように上手にレポででませんので
 簡単に・・・
 17日の舞台を拝見しました私といたしましては
 今日は静岡在住者として私の中で勝手に勝負の日でした(笑)(初日はいろいろあったようですしね^^:)
 最終日、旬くんを初め関係者・観客の皆さまに
 静岡の地が良い思いでとなるようそれが気がかりで・・・
 でも、そんな私の心配はやっぱり取り越し苦労で終わりました。
 まあ、細かいことをいえば色々ありましたよ。
 ですが、そんなことを払拭してくれる本当に素晴らしい舞台でした。
 私もお隣のお席の方に恵まれ、
 ご一緒させていただいた旬ともさんとそのお隣の方と3人でハンカチを握り締めておりました(笑)
 今でも熱いものがこみ上げてきます。(私も読んでて、それだけでジーン・・です)
 うんと・・・何を書いたらいいのかよく分からなくなってきました。
 とにかく素晴らしい舞台で、洋さんのアドリブが聞けてうれしかったと言うことで^^(え?高橋さんのアドリブ?
 旬くん、私に舞台の魅力を教えてくれて・・・
 ありとぅ~~~す♪
 そして・・・カリギュラ絶対に行くから待ってろよ~~!!!
 失礼いたしましたm(_ _)m
 すいかさん・・・もしUPしたら・・・
 肩にいる子をパチッとして怒るからね(笑) 」(・・・・・・・し、しちゃいましたが・・・あの・・チビすいかは無事?^^;)


アーデンの森を見守ってくれた静岡の空も・・夕焼けに染まって・・一日の終わりを告げて・・。




ゆきさんの戦利品
なんか、これ見るだけでドキドキするって・・・・・・
恐るべし!!アーデンの森の魔法!!!



ゆきさん、いろいろ使わせてもらっちゃってます~~~~~~~
どうもありがとうございましたぁぁぁぁ~~~~~~~~~~




昨日の「りの君」・・・も~~めちゃくちゃ面白かった(笑)
私はなんていうか・・・ああいうちょっと可愛い・・「ぷっ」と笑っちゃうような佐野くんが好きです
もちろん、ものすんごいカッコいい~~って時も、まぁ・・好きですけどね(笑)
でも、なんか・・ああいう・・三枚目ではないけど、ちょっとくすくす笑っちゃうような
可愛い佐野くんの方が好きだなあぁぁ
昨日は全ての佐野くんのシーンが私のツボでした(笑)
ズルイですよね・・・・
カッコよくて、クールなのにちょっとお茶目で・・・・・可愛くて・・・・・・・・・・・優しくて
惚れるなって言ったって・・・・・・あなた、それは無理な話ですよ(笑)
前半の回よりも、どんどん佐野くんの魅力が増してきたように思いますが・・・
前半のクールなキャラから一転(・・まではいかないか?)可愛い佐野くんがたくさん見れて
満足、満足・・・・


こちらもゆきさんに頂きました
私まだこういうポスターって見た事ないんですよねェェ・・・・・いいなぁ




んふふふふ佐野くんに寄って撮ってくれました


うわぁぁ~~~~~~~ん
カッコ良すぎ~~~~~~~~~綺麗ですねェ・・・・
あ・・・・・・・・・・・・・ツバメくんが切られてる(笑)
ま、でもこれだけでもツバメくんって分かるんだから、いいよね?(爆)
ゆきさん、ホントにありがとう~~~~~~~~~



可愛いキャラを演じてるときの小栗さんが好きという点では
私の中では「キサラギ」の家元さんはドンピシャ!!
もう、何度観に行った事か・・・・・・・(笑)
DVDも絶対買うし・・・・「これだけ観たら、作った方も嬉しいでしょう」というくらい
きっと観ると思います(笑)

「Stand UP!!」のコーくんも好きだしなぁ・・・・・・・
匠も大好き^^(ま、ちょっとクールでカッコいい系だけどね^^;)
航一もかなり好きだし・・・・・(全然おもしろキャラじゃない・・・・・けどね^^;)
あ・・そだ、そだ・・・ウッチーも大好き!!(・・・・・・・)

・・・って、あれ?
好みに統一性がない?ですかね?(^^;)
おまけに・・・・類が入ってないじゃないの?って??
もうね、類は別格なんです。
別格。
だから、他とは比べられない存在で、順位もつけれない。
花沢類が特別なんではなくて、『小栗さんが演じた花沢類が特別』なんです。
実際、何度も書いてますが、原作では私は断然・・・道明寺が好きだったわけですから^^;



私の中では別格の存在で、相変わらず輝いて君臨しております^^
先日の「花男」映画化の話が出た時に、公式携帯サイトのファンメールには
いろいろな書き込みがあったようですよね。
すぐに小栗さんのブログが更新されて・・・・・・
映画化について、自分の仕事について・・ファンからもらった意見について
ご自分の言葉で答えてくださってましたね・・・。
私はあまりファンメールには目を通しておらず、今回も見てないので・・・
どういう内容が多かったのかは、よく知らないんですが
小栗さんのブログを読んで、ある程度の想像はつきました。

いろいろな意見が出たんでしょう。
小栗さんの仕事の選び方にまで話が及んでいたのかもしれません。
そういう・・・・ファンの危惧・・いろいろな心配する気持ち、
そして・・・・もしかしたら「そんな事まで言われたくないよ」って感じたかもしれない意見にも、
その全てに対するご自分の気持ち、答えを、小栗さんなりに、精一杯書いてくださっていて
立派だな・・と、私は、素直にそう思いました。
そして、こうやって・・・・ファンに向き合ってくださる小栗さんのお気持ちが嬉しいな・・・と思ったし
やっぱり素敵だな・・・・と感じました。



今回の映画化に関しては、小栗さん云々では全く危惧も心配もしていません。
私がこの前書いた、複雑・微妙な心境というのは、それは「類」という映画の中の架空のキャラに対してです。
架空でありながら、あまりにもリアリティをもたしてくださったので、その存在がリアルに感じてしまい
ある意味、類という人が小栗さんから離れて、一人歩きして存在してしまっている・・・という感じでしょうか。
だから、愛しい君にもう一度会える嬉しさと、また切ない気持ちでその姿を観なければいけない・・・
せっかく、素敵な思い出として、心の奥にしまっておいたのに・・・・・・・という気持ちで・・・
だから、会いたいけれど、会いたくない・・・という・・・複雑な気持ちなわけです。



でもこうして思うと、言葉悪いですが、「たかがドラマのキャラなのに」・・・
ここまで心にドシンと根を下ろし、いつまでも色褪せる事無く輝き続け、想われ続ける・・花沢類というキャラは
大したもんですね・・・・・・。
あ・・・もちろん、小栗さんの演じた「花沢類」ですけど。

無機質な存在だった・・架空のドラマのキャラクターに、こんなに命の色を持たせて咲かせた・・・・
小栗旬という人は、やっぱり凄い人です。



そういう訳で(どういうわけ??^^;)
私はもう、小栗さんの体調が心配とか、忙しくて心配だとか・・・・・そういう心配をする時期はこの前で卒業しました(笑)
この前というのは・・・つじモンさんにガツンと言ってもらったあの時です
すっきりと気持ちが落ち着いて、もう何も、全てにおいて、なにも心配する気持ちがありません。
小栗さんに対して、最大の信頼を寄せているので
彼が見せてくれる姿を、ただただ、応援していくだけです^^
ある意味、盲目的になっているのかもしれません。小栗さんに。
何でもいいんじゃないのぉ?小栗旬だったら・・・・・と思われるかもしれませんが(^^;)
でも、それは・・・・小栗旬という人に惚れ込んで・・・・
伝え聞く、またラジオや、ブログ等でご自身の口から語られる様子を見聞きして
役者・小栗旬に恋すると共に、その人となりにも惚れ込んでいるんです
小栗さんの判断やされる事に心底惚れ込んで、信頼している上での事で、
そういう気持ちから発する思いで、なせる業だと思っているので、揺るぎません
この揺ぎ無く、ひたすらに応援できる・・・・・そういう気持ちをくれた、小栗さんに
また、私は感謝するんです^^
そうそうないですよ・・・・。会った事もない人に対して、こんな風に思って、信頼を寄せるなんて・・・(笑)

でも、小栗さんの答えはいつもそのお顔に現れます。
どんどん「いい顔に」なっていかれてる小栗さんの、そのお顔を見れば、
彼を信じていて間違いがないのだと教えてくれます。
これからも、小栗さんが参加して作り上げていかれる作品を、心待ちにして
その一つ一つを大事にして・・・・・この私が頂いた幸福感、期待感、満足感・・・・を
精一杯応援して行く事で、小栗さんにお返ししたいと思います。



小栗旬さま。
ありがとう。
私は今日も幸せです。。。





いよいよ、アーデンの森、最終の地・・・・仙台公演が目の前です。大楽です。
最後の一瞬まで、幸せな音楽が途切れる事がありませんように。。。

『小栗旬「お気に召すまま」・・・シェリー・ルーの小言
                        【追記】Ogurinさんより一言 』

                                    

「小栗旬☆ファンの心得7ヶ条 ・・・・by Ogurinさんのブログ」
                                

7月15日の件で記事にアップしてくださってますので
どうぞこちらも合わせてご覧になっていただきたいと思います。

「もう一度『舞台・お気に召すまま』を考える 」Sky-blue Windちぃさんのブログ
                                                


「黙ってられませんでした。。。 」LeCielBlueゆきさんのブログ
                                    
コメント (19)
この記事をはてなブックマークに追加

「花男」映画化!!&・・・「カリギュラ」戦線スタート??(^^;)笑

2007年08月18日 | 小栗さんへの恋心^^
関西は今日も茹だるような暑さでした
静岡はどうだったでしょうか・・・・・
昨日から静岡に出現した「アーデンの森」は・・・またまた幸せな時間をくれている事でしょうね
・・・今頃、舞台のオープニングだな・・・
・・・・・・今はロザリンドが恋の手ほどきをしている頃かな・・
・・・・・・そろそろ終わってカーテンコールかしら・・・
なんて・・・そんな事を思い・・遠く静岡で開かれている森の祝宴に思いを馳せながら
また幸せの森の事を思い出しています
行く前も行った後も・・・思うだけで幸せになれる・・・それがアーデンの森の魔法です



今朝、お友達から教えてもらいました。
「花男」映画化!!正式発表

先日から、ちょこちょこ噂にはなっていたようですが本日・・・正式に発表されたようです。
映画化決定「花より男子~ファイナル~」
「リターンズ」が終わってから・・続編を望む声がたくさんあったようで、その声に応えるには
映画化が一番いいだろう・・との事で決定したようです。
題名にもあるように、これが「花より男子」の最終章になるとのこと。
公開は来年の夏ごろらしいです。

                       
                                            (パート1の時の類です)

キャストの5人のコメントも載ってましたが・・・
類を演じる小栗さんは・・・なんだかすでに「類」っぽいコメントでした(笑)


「眠い・・・けどみんなに逢えるなら」



(以下、「リターンズ」の時の類です^^)




                                              


                  







                   


つくしを想う切ない類が満載だった・・「リターンズ」
ドラマの後半に見せた、つくしと道明寺を支え応援していこうと決めた・・類の清々しい柔らかな笑顔は
忘れる事が出来ず、私の心の奥深い所に、鍵をかけてしまってありますが・・・
映画化という事で・・・またその宝箱の鍵を開けて・・・眺めています・・。
正直、「映画化」というのは複雑な気持ちもします・・・
それにはっきりと「ファイナル」として作られる訳ですから、終結してしまうのですし・・。
どこかで・・・類への思いを募らせながら、愛しの君への切ない想いを抱きしめつつ過ごしていきたかったな・・・
という気持ちも無きにしも非ず・・・・
ってな心境ですが・・・・・・・・・・・・・・・。
とは言え、公開されたら・・・類に逢いに足繁く映画館に通ってしまうのだろう事は必至ですが
でも、まだ今は・・・複雑な、微妙な心境


どんなストーリー、どんなつくしちゃん、どんなF4に会えるのか・・・
類はどんな姿で、私たちの前に登場してくれるのか・・・・・・・
楽しみではありますが。
・・・って、書いてたら・・・・段々めちゃくちゃ楽しみになってきたぁぁぁぁぁ(笑)
来年の夏かぁ・・・・
今年は・・・スキヤキ、クローズ、カリギュラ、と楽しみな事が続きますが
来年の夏の楽しみがまた出来ました。
次々に、先々を楽しみに出来る喜びをくださるなぁぁぁ
小栗さん^^ありがとう




・・・・やっぱり好きだ
この黒髪でクリクリの・・感じ
ジャージの裾あたりから、ちょことだけ見える素肌にドキッとした私って・・・・・やっぱり危ない?ですかね(笑)
                                            (雑誌ではもっとクリアに見えます






ぴーたーさんから教えていただきました^^

   『舞台で共演なさっている「神保良介」さんが
    大阪公演の事(劇中の食事シーンなど)UPされています。
    旬くんのことは直接出てきませんが・・・・』


   ・・・との事です~~~^^
   神保さんは(オーランドーの兄、ジェイキス役&他)
   いつも舞台の裏話などを紹介してくださっていて
   ファンには嬉しい話もいっぱいです
   この前も主役2人からの差し入れのお弁当の写真を載せてくださってましたし・・
   それに、舞台ではここにも注目・・とかパンはホントに食べてます^^とか
   興味深いお話をよく聞かせてくださいます^^

   「ちょっと待った!は通用しない~神保良介Blog~」




もう一つぴーたーさんから^^

   『今、リポ倶楽部みましたら17日、小栗画伯登場です。
    「わライオン」・・・なぜに頭に「わ」がつくのか?
    カワユイ^^v 私にとって何故か不思議な人ですよ。』


   ええ・・・・私にとっても不思議な人です(笑)
   「わライオン」・・・・・またまた笑わせて頂きました(笑)
   ご本人はいたって真剣に描いておられるのでしょうけど(?)
   なんでしょう?
   描かれる絵、全てがいつも可笑しいんですけど?(笑)
   失礼かな・・?と思いつつ、いっつも吹き出してしまいます
   そしてこの絵は・・後々まで尾を引き、なんでもない時にふと思い出してしまい
   やけに笑いが込み上げてきて・・・ホント困ります(笑)

   「リポ倶楽部」はげましカレンダー



ぴーたーさん^^ありがとうございます~~~~~~~~~


いよいよ「カリギュラ」のチケット取りで慌しくなってきましたが・・
    登録してある「Bunkamura」からメルマガが届いてるんですが
    先行抽選のお知らせと共に、小栗さんのインタビューも紹介されている旨のお知らせもあり
    なんだかまたもや・・・まだ観ぬ舞台「カリギュラ」に心が飛んで行きそうになってます(笑)


    「カリギュラ」タイトルロールに挑む小栗旬にインタビュー!
      ~~急成長する24歳・小栗旬が、若き不条理の暴君カリギュラに挑む~~



     素敵ですね・・・24歳の小栗さん演じる若き「カリギュラ」
     想像するだけで、鳥肌が立ちます

     


その「カリギュラ」の大阪公演は関西テレビ主催という事なので、
    その関係だと思いますが
    関西テレビのアナウンサーの方が、「お気に召すまま」で大阪滞在中だった小栗さんに
    先日インタビューをされたそうで・・・アナウンサーの方の日記に載ってました

    「負け犬日記」(8月9日の日記です)


    その中に書かれていたのですが、
    小栗さんは蜷川さんに「とにかく美しくあるように」と言われているのだそうです。
    美しい・・若き皇帝・・カリギュラ。
    どんなカリギュラを観せてくださるでしょうか・・・・・・
    以前に「タイタス・アンドロニカス」でエアロンを演じられた時
    ムーア人(黒人)という事で、肌の色を黒く焼き、髪を銀色に染め、眼光鋭く
    また若い色香を漂わせ・・・舞台に立った小栗さんを観て
    蜷川さんに「その美しさに嫉妬すら覚える」と言わしめた・・小栗さんの美しさ。

                  




「カリギュラ」楽しみです・・・・。


でもでもその前にまずチケット取りを頑張らねば!!
ちょっと今後の予定など、書いておきましょうかね^^
もうきっと皆さま、ご存知の事だらけだとは思いますが・・・

「カリギュラ」東京公演チケット関連

   チケットメイト(既に抽選締め切り)                  8月20日に結果をハガキで発送
   小栗さん携帯サイト(こちらも申し込みは既に締め切り)     8月24日に登録アドレスにメールにて届く


   BunkamuraPLAZA   抽選申し込み・・8月23日18:00~~8月26日23:59
   チケットぴあ       抽選申し込み・・8月23日18:00~~8月28日9:00
   イー・プラス       抽選申し込み・・8月28日12:00~~9月2日18:00


・・・なんか既に胃が痛くなってきたんですけど?
ああああ~~~~~~~~~
ファンにも心の休息を~~~~~~~~~~(笑)
ホント、精神もちません
この前、「お気に・・・」で壮絶なチケット戦線を戦い抜いたばかりな気がするのに
もう・・・次の戦いの幕が切って落とされました
イタタタタタタタ・・・ホントに痛いですよもう・・・


でもでも、皆さま!
頑張りましょうね~~~~~~~
頑張ってチケットをゲットして・・・ホントに・・皆さんで行けたらいいなぁ・・
私もその中に入っていたいなぁ・・・と切に切に願います
頑張るぞーーーーーーーーーーーーーーー!!!おおーーーーーーーーー!!

とかなんとか言いながらも
    「りの君」の展開にもドキドキして過ごしております
    買わなかったのですが、「TVjapan」だったかな?載ってました^^
    
    「中津の普段と変わらぬ瑞樹への接し方にイラッと妬く佐野。
     女と知っているが故に、無防備な瑞樹が心配でならない・・・・・・・
     ・・・一方、中津は、男でも好きなものは好きだと心を決める・・
     佐野と全面対決。。。」

    ・・・チラッと立ち読みしただけなので、正確ではないと思いますが
    いよいよ動き出しますねェェェェ~~~~~~
    原作同様、佐野の瑞樹への思いが走り出すんですね
    原作では佐野の瑞樹への思いが、強引な程に力強く、その心理が描かれていて
    ・・・「あいつを誰にもとられたくない」とか
    ・・・「あいつを独り占めしたいだけだ」とか
    ・・・「好きでたまんねぇ・・・」とかぁーーー

    もう・・・ハイハイそうですか・・ってくらい佐野の気持ちが走り出すんですが
    ドキドキしてしまいます
    ・・・・ドラマでの佐野はどんな風に瑞樹への恋心を表すんでしょうか




                


     楽しみです~~~~~~~
     ・・・・・・・・・・・・・この人にも注目ですが


                            




『小栗旬「お気に召すまま」・・・シェリー・ルーの小言
                        【追記】Ogurinさんより一言 』

                                    

「小栗旬☆ファンの心得7ヶ条 ・・・・by Ogurinさんのブログ」
                                

7月15日の件で記事にアップしてくださってますので
どうぞこちらも合わせてご覧になっていただきたいと思います。

「もう一度『舞台・お気に召すまま』を考える 」Sky-blue Windちぃさんのブログ
                                                


「黙ってられませんでした。。。 」LeCielBlueゆきさんのブログ
                                    
コメント (23)
この記事をはてなブックマークに追加

明日開かれる静岡アーデンの森・・・・・^^

2007年08月16日 | 小栗さんへの恋心^^
前回の記事では、長々と書いてしまった私の感想文ですが(^^;)
幸せのお裾分けが多少なりとも出来たようで・・・・本当に嬉しいです~~^^
読んでくださって、受け取ってくださった皆さま・・ありがとうございました


それで大阪公演前楽に行かれた方の感想を頂いておりましたので・・
ちょこっとご紹介させていただきますね

ricoさんからいただきました^^
『11日のアーデンの森・・・ 』

  すいかさん・・・今頃は楽日のアーデンの森に行かれてるんでしょうね・・・(8月12日に書いて頂きました^^)

  私も・・・昨日、「お気の召すまま」デビューしました・・・
  舞台というものを見たことない私にとって・・・
  こんな世界があったなんて・・・と思いました・・

  幸い席が左扉の近くで・・舞台も「え!9列目なのにこんなに近いの!」と思う席でした・・・

  ドキドキしながら、「携帯もoffにしたし・・・」とブツブツ思っていたら・・・
  ロック調の音楽が鳴り、ダーとすごいスピードで皆様が駆け抜けて行かれました・・・ 
  オーランドーは反対の右だったのですが、
  舞台に上がられたときの・・・凛とした小栗さんの顔・・・
  私にはオーランドーになる前の小栗さんの・・気合の入った・・・美しい・・・ほんと凛とした顔・・・に思えました
  ・・・その顔を思い出すと・・今のドキドキします・・・


  そして・・・ピンクのサンダルを脱ぎ、ブーツを履き・・・皆さんがいなくなったと思ったら・・・
  タワシをバーーン!!・・・びっくりしました・・・
  そして・・・「覚えているさ、アダム・・」オーランドーの声・・・
  今まで見たことのない小栗旬さんがそこにいました・・・
  会場は、シーンと静まり・・・箱ごと夢の世界へ出発しました・・


  オペラグラスをひざに置いてガン見しようと思ってたのですが、
  それさえも忘れ、物語に引き込まれてしまいました・・・
  それに、なんかレンズ越しにみるのはもったいない気がしたんです・・・


  そして、何度となくオーランドーをはじめみなさんが左の扉から出てこられました・・。
  こんな近くにオーランドーが・・・って何度も思いました・・・
  その横顔がほんとに素敵で・・・
  ロザリンドもかわいくてかわいくて、女の私が見習いたいぐらいの仕草でシーリアと恋する気持ちを語っていました・・・
  シーリア・・・反則です・・・
  あの美しさだけでなく・・・あの声・・そしてセリフの間の絶妙なこと・・・何度となく笑いが起きてました・・・


  オーランドーが素敵だったのもちろんですが、私はジェイクイズがすごく嵌ってしまいました・・・
  ちょうど、観客席からセリフを言うときに私のいる9列目だったんです・・・  小さな声のつぶやきが聞こえるほどの近さでした・・・
  すこしさびしげな背中とクールなジェイクイズ・・・高橋さんって、すごいですね!

  内容について書けなくて、ごめんなさい・・書いたら・・超長くなりそうなんで・・・

  観客マナーはよかったですよ!
  携帯も鳴らず、カメラもなかったと思います。
  黄色い場違いな声援も全然なかったです・・・
  カテコは、4.5回かな?
  投げちゅ~は・・・舞台前でやってくださいました!!
  オーランドー、ありとぅ~す!
  舞台奥でもされてたようですが・・・大木に阻止されました・・・
  ロザリンドのスカートめくり・・・パンツガッツリ拝ませて頂きました・・・  ロザリンド・・・ありとぅ~す!
  その後、ロザリンドがオーランドーの手をグッ!と引っ張ってスキップしていく姿が、なんともかわいくて幸せな気持ちになりました・・・


  小栗さんが1番好きで、1番大事にしてる「舞台」という世界を見せていただいて・・・
  ほんと・・・無性に・・生きとし、生けるものすべてに感謝と愛しい気持ちがあふれました・・・
  ホントに・・・ありがとう!こんな気持ち・・初めてです・・・



ricoさんありがとう~~~~~~~~~~~~~~~~~
はぁーーーーーー
なんだか書いてて、ドキドキしてきました
また思い出しちゃった
もう・・・・・・困りましたまた舞い戻りたくなってしまいました
あ~~~~~~あ・・・・・・(笑)

で、だからという訳ではないのですが、お気に入りに入れてる動画配信のもので
もう配信期限が切れちゃってるものもあるので、整理しておこうと見直してたら・・・
出会ってしまいました
・・・・・・・「エンタメ」に出られた小栗さんと成くんを・・・
皆さんも以前にご覧になっただろうものです
んで、その時に初演の時の「お気に召すまま」の舞台のシーンが少しだけ紹介されてて・・
思わずそれ観ちゃって・・・・・・・・・またまたどっぷり思い出してしまいました
え・・・・?(^^;)
みなさんも浸りたい??
切なくなりますよぉぉ・・・・・?いいんですか?
え?いい?
あ・・・そうですか
じゃあ・・・・・一緒に浸りましょうか↓↓

「エンタメお気に召すまま」


ドキドキしますね

明日はいよいよ静岡公演初日!!!
静岡でも、また幸せの風が吹き荒れて・・・訪れた方々を森へと招き入れてくださるでしょう
恐らく帰れなくなりますので・・・・行かれる方はどうぞ覚悟なさってくださませ




以前にご紹介したもので、その時には詳細が分からなかった情報なのですが
まるみさんが教えてくださいました^^

まるみさんから^^

   『「ひばり」放送時間は8月26日13:00~16:40と
   シアターガイドのテレビ欄に書いてありました。』

   ・・・だそうです~~~~
   7月30日にこの件についてご紹介させていただいたのですが、もう一度書いておきますね^^
   
   8月24日(金) NHK教育 22:25~
       「コリオレイナス」 出演:唐沢寿明、勝村政信、白石加代子ほか

   8月26日(日) NHK BS2 13:00~16:40
       「ひばり」 出演:松たか子、壌晴彦、橋本さとし、益岡徹ほか


   以前は「ひばり」の放送時間を未定とご紹介したのですが、決まったようですので赤字で書きました^^


   「コリオレイナス」は観たかった舞台です・・・。
   観に行こうかどうかホントに迷ったんですけど・・・・なんで行かなかったのかな??私
   なので・・・楽しみです

まるみさん^^いつもありがとうございます~~~~~~~



あと・・・・雑誌関連も教えていただいていたのですが、ご紹介がまたまた遅れてしまいました
みなさん、もう買われたり、ご覧になったりされてるかもしれませんが・・・

まるみさんから^^

   『「アンアン」は、血液型特集で、見事に血液型がバラバラの
    「りの君」メンバー4人が登場でした。
     (堀北真希ちゃんB型、生田斗真さんA型、水嶋ヒロさんAB型、そして小栗さんO型)。
    写真は素敵ですが・・・2ページです。』
   今度の「りの君」8話にこの模様がストーリーとして出てきますね^^


   『「acteur」では、「東洋の魔女」ジャージで小栗旬報にご登場。
    「お気に召すまま」東京公演終演後の楽屋での取材のようです。
    プレゼントページで「小栗さん直筆サイン色紙」があるんですけど
    「一喜一憂」と「ひろうこんぱい」って書いてあって・・・
    もう過ぎたことかもしれませんが、 
    きっとこの取材のあったあたりが、いちばん辛かった時期なのかしら、と思いました。
    小栗旬報のすぐ後に成宮さんのインタビュー(お気に召すままの話)も載っています』

まるみさんありがとうございます~~~~~~遅くなってごめんなさい(^^;)



    ・・・私も見た・・・っていうか、買ったんですが「アクチュール」
    写真はホントに素敵でした
    最近、よくセットしてるのかしてないのか?って感じの
    クリクリのちょっとボサボサ気味のヘアースタイルの小栗さんを拝見する事が多いですが
    個人的に、私・・・・めちゃくちゃ好きですあんな感じ
    類のように、サラサラのストレートに決めてるのも綺麗で素敵だなぁ・・って思いますが
    どちらかと言うと・・・普段の黒髪のクリクリの感じが好きなので、
    写真を見て、思わず見惚れて・・・・家でも結構長い間ぼーーーーーーーっと見入ってしまいました(笑)

     色紙に書かれてる「ひろうこんぱい」っていうちっちゃい字・・・泣かせますね
     でも、まぁ・・・昨日のANNでも分かるように(笑)今はその辛い時期を無事に脱出されて
     元気一杯のお声でしたから・・・・・良かったですね
     それにしても・・・・昨日は妙なテンションの小栗さんでしたけど(笑)
     楽しそうで、元気そうで、終始聞いててこちらも嬉しくなり、元気ももらいました



・・・・最近、見る度に「いい顔」になられているように感じます・・。
厳しいところをクリアされて・・・日々、ご自分にいろいろと課しておられて
前へ前へと前進しておられるからでしょうか・・・・
その生き方が顔に現れておられるのでしょうね・・・・・・。
カッコいいなぁ・・・・・・・・と、そのお顔の綺麗さに見惚れますが
ここ最近、本当に「人として・・・」憧れます。
小栗さんのファンでいる以上、彼に恥ずかしくない・・生き方をしていきたいな・・と切に思います





『小栗旬「お気に召すまま」・・・シェリー・ルーの小言
                        【追記】Ogurinさんより一言 』

                                    

「小栗旬☆ファンの心得7ヶ条 ・・・・by Ogurinさんのブログ」
                                

7月15日の件で記事にアップしてくださってますので
どうぞこちらも合わせてご覧になっていただきたいと思います。

「もう一度『舞台・お気に召すまま』を考える 」Sky-blue Windちぃさんのブログ
                                                


「黙ってられませんでした。。。 」LeCielBlueゆきさんのブログ
                                    


コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

大阪アーデンの森・・・・・・終焉。。。

2007年08月13日 | 舞台・映画の感想文^^
暑いですねェェェ
いや・・・ホントに何でしょうか?この暑さ
もう、外に一歩出るだけで、一気に汗が吹き出てくるんですけど


この暑い、暑い大阪の夏・・・
コクーンからそっくりそのままお引っ越しして来てくれた・・「アーデンの森」。
その美しいアーデンの森と・・森に住む住人たちが・・
一時の幸せの風を残して・・・次の地へと・・・出発して行きました。
森の祝宴は残すところあと6日・・・。
どうぞ・・・静岡、仙台でも・・・引き続き、幸せの森、アーデンの森の扉が美しく開かれますように





昨日、8月12日に幕を下ろしたアーデンの森 in大阪・・・・・。
本当に本当に本当に感謝で幸運な事に、その大阪公演楽日に行かせて頂きました。
突然舞い降りた幸運に、私の心はもうどうしようもなくドキドキして
それと同時に、もう行く前から涙が出て仕方が無い感じで・・・
再び訪れることが出来る喜びと、その日を最後に、目に見えるアーデンの森は去っていく・・・
という寂しさとが入り混じって・・・溜め息と一緒に気がつけば涙も出てくる始末。
いつになく情緒不安定になりながら・・・・・・・授かった幸運を心一杯に抱きしめるために向かいました。
愛しのアーデンの森へ。。。。。。


この日は、先日初めてお会いしたお友達に加え、またまた実際にはお会いするにが初めて・・の方と
3人で待ち合わせをしておりました^^
「初めまして^^」「こんにちは~」とちょこっと挨拶を交わしただけで、
一瞬にして・・・打ち解ける事が出来るこの感覚。
何でしょうねやはりこうして・・ブログ等でお話したり、メールでのやり取りをしているからでしょうか^^
それとも、心にある同じ・・・・小栗さんを応援する気持ち・・舞台を愛する気持ち・・
それがあるからでしょうか
昔からの旧友にあったような・・・とても嬉しい不思議な感覚を味わいながら、森の入り口に向かいました


私はもちろん、舞台公演の「楽日」というものに行くのは初めてでしたが
いろいろと・・・「楽日」の事を聞いていたので、どんな雰囲気なのかな?と思いながら席について待っていると・・
いつになくザワザワとざわめき立っていた劇場内が、開演間際のわずかな時間
突然・・・シンッと静まり返りました。
思わず「あれ?始まるのかな?」と思ったんですが・・・
まだ暗くもならず、役者さんたちが登場されるようでもなく・・・
でも、その静まりは一秒毎に静けさを増し・・・ぐんぐん深く、まるで音のない世界に沈んでいくように
凛とした空気が流れました・・・・・。
・・・・・・・と、その直後・・・
客席一番後ろの扉の向こうで、役者さんたちが円陣でも組んでおられるのであろう声が
ほんのわずかですが聞こえてきて、気合いを入れるその様子が閉じられた扉の向こうから
ひしひしと伝わってきました・・・。
劇場内が静まり返っていたからこそ、この役者さんたちのご様子も響き渡り、
背後で聞くその声と、見えないけれど感じ取れるご様子に、観客はじっと耳を傾け
扉が開かれる瞬間を息を呑んで待ちました。


私にはこの開演前の「静けさ」が驚きで、新鮮で、感動的でした。
昨日までに2回ほど観せて頂きましたが、その前2回では味わえなかった静けさでした。


そしてその静かな空気を一瞬にして切り裂くような・・・始まりのロックの音楽・・。
みな一斉に後ろを振り返りましたが、歓声はなく、大きな拍手で・・
アーデンの森への道案内人の皆さまを迎え入れました。
そして・・・何度も書いてますが・・・・・舞台上に整列し、一礼・・。
オーランドーとアダムを残して消えて行き、残ったオーランドーの第一声。。。
「覚えてるさ、アダム・・こういうことだろ?」


このセリフを聞くのは3度目ですが、何度聞いても素晴らしい。
一瞬にして、引きずり込んでくださる・・・オーランドー小栗さんの第一声。


昨日もまた素晴らしく響いて・・・その美しく力強い声に引っ張られ
舞台はあっという間に加速して、私はこの日を最後に大阪を去る「幸せの舞台」を
もう一度目に焼き付けておこう・・・と瞬きするのも惜しいくらいに見つめていたと思います。


チラホラと聞いていた事なのですが
何が違う・・と言われればこうだ・・と言えない気もしますが
「楽日」というのは独特の雰囲気があるんだな・・・と感じました。
それは観ている側にも現れて・・・前に2回観た時には笑いが起きたりして
「何故ここで?(^^;)」と思ったような場面でも
何故か昨日は笑いが起きず・・・これもまた不思議だなぁ・・と思いました。
マナーもよく守られていたと思いますし・・・・・・・。
とにかく、昨日は・・・全力で演じてくださる役者さんたちの舞台を
観客も役を担って・・・支えていた・・・と感じる事のできた舞台でした・・。
不思議ですね・・・この雰囲気。
その独特の客席の雰囲気に、呼応するかのように・・・舞台上で演じられる役者さんたちの気合いも
熱を帯びてきて・・・本当にわずかでも目をつぶりたくない・・・と思うほどでした・・。



全てが瞬きするのも惜しいくらいの感動のシーンでしたが
その中で一つ、いつも以上に・・・私の心揺さぶった・・場面を。。。

相変わらず・・・愛しのオーランドーに恋の手ほどきをする時のロザリンドは最高に可愛く
また本当に輝いていて・・・・・・・そのロザリンドをより輝かせる存在として
君臨していたのはやはりオーランドーで・・・
この二人の美しい輝きに、全ての住人が照らされて、彼らもまた一層光り輝いて
目の前には眩いばかりの光の海が広がっておりました・・・・。
本当に煌びやかで、美しく、優しく、しなやかで柔らかい・・・光の大洪水でした。
その光の海は、舞台後半・・・恋する4人の切ない叫びのシーンで一気に爆発を起こし
溢れ返って・・・劇場全てを飲み込んでしまいました・・・。


シルヴィアス、この若い人に恋とは何か教えてやってよ。。。

恋とは溜め息と涙でできてるもんだ、今のおいらがそうだ、
・・フィービーが恋しくて。
・・あたしはギャニミードが恋しくて。
・・・僕はロザリンドが恋しくて。
・・・・・僕は女じゃない人が恋しくて。

恋とは忠実な心と献身でできてるもんだ、今のおいらがそうだ、
・・フィービーが恋しくて。
・・あたしはギャニミードが恋しくて。
・・・僕はロザリンドが恋しくて。
・・・・・僕は女じゃない人が恋しくて。

恋とは気まぐれな空想でできてるもんだ、
激しい情熱と切ない願望でできてる、あこがれと敬意と心遣いでできてる、
謙遜と忍耐とあせりでできてる、純潔と試練と従順でできてる、
今のおいらがそうだ、
・・フィービーが恋しくて。
・・あたしはギャニミードが恋しくて。
・・・僕は・・ロザリンドが恋しくて。
・・・・・・・・・・僕は女じゃない人が恋しくて。

「恋がそういうものなら、どうしてあなたに恋しちゃいけないの?」
  「恋がそういうものなら、どうして君に恋しちゃいけないんだ?」

・・・・・・・「恋がそういうものなら、どうしてあなたに恋しちゃいけないんだ?」
・・・「誰に言ってるんですか?(どうしてあなたに恋しちゃいけないんだ?)って?」
・・・・・・・・「ここには居ない人、聞いてもいない人に・・・・・。



恋する4人の切ない思いに・・・涙が溢れて仕方なく・・・その切なさに抱きしめられた直後
「ああ!もうやめてくれ」
・・と泣き叫ぶ、男に変装して偽っている、オーランドーに恋するロザリンドの声に
その場は大きな大きな・・・・切なさに包まれました。


泣き叫んで自分の体を抱え込むようにうつむいたロザリンドはなかなか顔をあげず
ようやく見せたその顔には、涙で溢れた美しい表情が。
涙をポロポロこぼしながら、切ない思いをグッと抱きしめるかのように搾り出す声で
語るロザリンドに・・・・・私は胸が締め付けられる思いで、大泣きしてしまいました。
そのロザリンドの涙にオーランドーも引っ張られ、その目には大粒の涙。
シルヴィアスもフィービーも涙を浮かべ・・・
その後、森の奥へと消えていく4人の後姿に・・・客席のあちこちから涙を堪え鼻をすする音が。
本当に切ない、苦しいほどに切ない・・・4人の思いに溢れた場面でした。





本当に素晴らしい成宮くんのロザリンドでした。
ロザリンド成くんはオーランドー小栗さんの控え目な、優しく力強い演技に支えられ、
見事に輝いた美しい華でした。




そしてそして・・・・・
いよいよ最後の結婚式の場面となるわけですがぁ・・・・・・・
私と同じ日(3日と8日)にご覧になられた方は同じ事を思われたかもしれません
それ以外の日のこのシーンはどうだったか見ていないので分かりませんが・・・
ロザリンドとオーランドーのキスシーンがめちゃくちゃ長かった!(笑)

いやぁ~~~~ドキドキしましたよ(笑)
前に観た2回はホントに「チュッ」と唇を合わせる程度だったのですが
楽日は長い、長い(笑)
それまで没頭して、号泣していた私も、ほんの一瞬我に返り(^^;)
「え?オイオイまだすんの?な、長すぎませんか・・?」とか
思ってしまいましたよ(笑)
だってね、式を挙げるカップルは4組、それぞれにライトが当たって紹介されていくんですが
その最初の1組がロザリンドとオーランドー・・・そこでキスをして
パッとライトが、その次のカップル・・・シーリアとオリヴァーに移った時には
もうロザリンドがオーランドーの唇についた紅を指で拭ってあげてる場面だったんですよね・・
前2回観た時は・・・・・。ホントにちゅっって感じだったのに
なのに・・・・・(笑)昨日は・・・・・
ロザリンドとオーランドーの次のカップル、そしてその次のカップルにライトが移っても
まだキスしてました(笑)
ね・・・・?(^^;)「オイオイ・・・・長いな・・・」でしょ?(笑)


(初演の時の2人のキスシーンです^^)

ま、でもね・・・・泣きながら抱き合ってキスする、嬉しそうな二人の顔を見てたらね・・・
「うん^^うん本当に良かったね・・・」って、またすぐに惹き込まれましたけど
そして・・・・・ラスト。
ロザリンドのエピローグが終わると、割れんばかりの拍手の嵐
客席通路を通って、帰っていかれる道案内の皆様。
拍手は鳴り止まず、またいつものように戻って来てくださり、舞台上に整列でお辞儀・・。
拍手はどんどん大きくなるばかり・・・・。
みんな笑顔で、手を振り・・・森の奥に消えて行かれ・・・・そしてまた拍手に応えて戻って来られて・・。
スタンディングオベーションの中、カーテンコールが4回目を終えた時、終了を告げる場内アナウンスが・・。
それでも拍手は止まず、より一層強くなるばかり・・・。アナウンスは途中で鳴り止み・・
満面の笑みで5度目の登場をしてくださった演者に、拍手はますます大きくなり、
私も心からの感謝の気持ちを、その手に込めました。

カーテンコールはここで終わらず、5度目を終えてもまだ鳴り止まぬ拍手に
6度目のカーテンコールのために出てきて下さった皆様は、手を繋ぎ、肩を抱き合い
観客の前に姿を現してくださいました。
ロザリンド成くんとオーランドー小栗さんはジェイクイズ高橋さんと肩を組み・・
みんなに押し出され、軽く一歩前に歩み出たロザリンドに割れんばかりの拍手。
成宮くんは顔をくしゃくしゃにして笑い、小栗さんも終始、満面の笑みを浮かべておられました。
カーテンコールでの小栗さんの笑顔を私はこの日初めて見ました
他の日に行かれたお友達に聞いても「私も今日初めて見た」と仰っていました・・
嬉しそうな、満足そうな穏やかな、とても素敵な優しい笑顔でした
6度のカーテンコールを終え、大阪に開かれた美しいアーデンの森は、その扉を閉じました。。。




そしてそして・・・・・・・カテコでのサービスは・・・・・
まず、4度目のカテコの時、いつものようにドレスをめくり上げたロザリンド成くんですが
昨日はなんと!!!パンツ一枚でした!!(笑)
その姿に、客席は思わず顔を覆って「キャーーーーーーーーー」(笑)
ドレスの裾を下ろした成くんは、完全に「してやったり」の顔でニヤリと笑い、客席を指さしました(笑)

5度目のカテコの最後に、森の奥に消える時・・・オーランドーがいつも投げチューをする場所
そこでロザリンドとオーランドーがしっかりと抱き合って・・・しばらくそのままの状態に
客席はまたまた「キャーーーーーーーーーーーー」(笑)


そして極めつけは次
6度目のカテコのラスト・・・・5度目の時に二人が抱き合った場所で、
また向かい合ったので、ギューってするのかな?って思って見ていたら・・・・・
な、な、な、なんと!!!!!
抱きつこうとしたロザリンドを止めて、オーランドーがロザリンドにキスを!!!
もう・・・お分かりだと思いますが・・・(笑)
客席は「キャーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー」でしたよ(笑)
ちょっとロザリンド成くんが照れ笑いをしたので、恐らくオーランドー小栗さんのアドリブだったと思います
もお・・・・ドキドキさせてくれるんですから


こんな感じで、みんなが興奮と感動と涙に包まれ、幸せな余韻に浸って・・・終わった楽日でした。

以上・・・長々とまた書いてしまいました(^^;)
そして、やはりいつもと同様、私の独断の感想ですから・・・
ダラダラ書いちゃってと思って読んでくだされば幸いです

そして・・・舞台が開幕し、それ以来・・・このお芝居の話題が多くなってしまい
残念ながら行けなかった方にはもしかしたら、より残念な寂しい思いをさせてしまったかもしれません。
ですが、わずかでも、幸せのお裾分けを出来たら・・・と思って、日々書かせて頂いてまいりましたので
少しでも・・・そう感じてくださったなら・・・・・・・・・・・・・・この上なく幸せです




コメント (20)
この記事をはてなブックマークに追加

すいか@壊れ中・・・・・・(笑)

2007年08月10日 | 舞台・映画の感想文^^
行って参りました・・・・・
「アーデンの森」in 大阪・・・2回目の観劇
初日の公演を見せて頂き、もう本当に感激して、幸福感に包まれて戻り
なんだか日常生活、ふわふわ飛んで彷徨いながら過ごしておりましたが・・・


今や完全に飛んで行ってしまいました


ええ・・・もう恐らくダメだと思います(笑)
あんなの見せられて・・・平常心で生活しろってのが、もうまず無理な話(笑)
2回目の観劇は・・・ちょくちょく書いておりましたように・・
ものすっごい舞台に近いお席での観劇となる事は分かってましたが
でも考えると、落ち着かなくなり・・・もうきっといろんな事を想像しておかしくなってしまうだろう事は必至でしたので
自分でも出来るだけ、考えないようにしよう・・・と頭の隅っこに置いてあったのですが・・・
初日に観に行って・・・その時、遠巻きながらもチラリと自分が次に座る席を見てしまったものだから
もう・・・それからは大変でした(笑)

・・・・あ、あ、あんなとこで観るの???(@@;)

行く前から倒れそうでした(笑)
そういう事もあってか、そして一度初日に観ている舞台なので、その素晴らしさが分かっている事もあり
2回目の観劇前は、1回目のように前日の落ち着きはなく
もう前日、前々日・・から心ここにあらず状態で、あんまり自分でも記憶がないです(爆)


まぁ・・・そんな感じで、恐ろしい程のテンパり様で、迎えた・・・8月8日
ここからは・・・・・・・・・・・・・・
皆さまに怒られるかもしれない事、覚悟で・・・・・書かせていただきます(^^;)
(・・・・あの・・・・出来れば・・怒んないでほしい・・・^^;ごめんなさい^^;よ、よろしくお願いします^^;)




ええっと・・・まず、私の頂いたお席は・・・2列目 32番という・・チョー前のお席。
シアタードラマシティのHPで座席を確認した限りでは、ふんふん・・こんな感じなのね?という感じでしたが
座席表(拡大をクリックして見てくださいね^^)

実際、行ってみたら・・・・・・・・・・・
「演出の関係上」ということで、私の真ん前のお席は座席ごと取り外されており
私の前には何も障害物がなく、目の前にあるのは舞台から客席通路に役者さんたちが降りてく時に使う階段のみ
舞台までのその距離・・・約1.5Mほど・・・・・?
立ち上がって、大きく一歩足を踏み出せば、もう舞台が手で触れるくらいの距離でした。

い、い、い、いいんだろうか???
こ、こんなに近くで・・・・・・・・・・・・・

・・と、かなり驚きました。
もちろん、座席がなかったのは私の真ん前の席だけで、私の横の方の席(33番)の前からは
普通に・・・・座席がありました。(一部パイプ椅子ですが)


どうやら、客席通路を風のように駆け下りていくためか、私の前の席、1列32番があると
ぶつかってしまうんですね・・・・・。
だから一つなしにして、スムーズに上り下りできるように・・・という事らしいです。
(劇場の方が、私の斜め前の席の人に説明されてるのを聞きました^^)
でも、まぁ・・・ホントに舞台に近すぎるくらいのお席でした。
おまけに私は通路脇の席だったので、役者さんたちが通る時はちょっと当たりそうだったので
その度に・・軽く体を通路側とは反対側に傾ける・・・という事をしました。



初日に一度聞いただけなのに、何故か聞くだけでもう一瞬にしてトリップ出来てしまいそうな
開演のロック調の音楽。
ライトが客席後方に当たると、一斉にみんなが振り向きました
私の座る席の脇の通路は、オーランドーが通る事は分かってましたので
口から心臓が出てきそうなくらい(笑)ドキドキしながら見ていると・・・・
・・・想像していた以上のスピードで、それはもう驚くべき速さで・・・・
頭にタオルを巻いた・・凛々しいオーランドーが駆け下りて来ました
そのあまりの速さに驚いたのと、あまりの素敵な風貌に直視出来なかったのとで
途中で前に向き直ってしまいました(^^;)笑



お友達ともこの点について話したのですが、直視できなかったというのも事実ですが
やはりね、ちょっとでも後ろ向きに見ると、若干・・手や膝がわずかですが通路脇に出るんですよね。
その些細なものですら、ライトが当たっているとは言え薄暗い客席通路を走って降りてくる
役者さんたちには危険だ・・・と感じたんです
なのでね・・・・・・・
もしも万が一・・・・という事があってはならぬ・・と思い、体を元に戻し前に向き直りました。
まぁ・・・・一瞬にして舞台上に上がられるわけですからね・・・・
後ろを見なくても、ほんの5秒ほどで目の前におられるわけです(笑)

初日には遠くて、双眼鏡なしには確認できなかったオーランドーの登場してすぐのお顔。
横に並ぶ、まだ男の子のままのロザリンド・成宮くんが、零れんばかりの笑顔なのに対し
オーランドー・小栗さんは、すでに険しい顔。
第一幕、第一場の・・・・・・・・・やるせない怒りを抱えたオーランドーに、すでになっておられました。
そのお顔を見て、私の浮き足立った気持ちにも、ピリッとしたものが生まれ
「小栗さんだ・・・・・」と思っていた気持ちが・・・・・・
「目の前に居るのは、オーランドー・・・・・その人」だと、惹き込まれました。
この最初に感じさせて頂いた・・・・・・ドキリとする瞬間、ゾクッとする感覚・・・
もしかしたら・・・・・これが・・・8日私が得たものの中での最初の感動かもしれません。
わずかな時間でしたが、単純に凄いな・・・・・と思わされました



そして第一声・・・・・・・
「覚えてるさ、アダム  こういうことだろ?・・・・」


初日に観た時もそうでしたが、この第一声がとにかく素晴らしいと思います
ロック調の音楽が鳴り響き、出演者全員が舞台上に集まり、その雰囲気にざわめく場内
小栗さんの美しさに沸き立つ場内・・・・
その空気を一瞬にして、ひんやりと冷たい風が流れた感覚にさせ
テレビのチャンネルを変えたかのように、違う空気、違う世界に引きこんでくださる
・・・小栗さん演じるオーランドーの第一声。
1回目に観たとき同様、この一言だけで、私は目の前で繰り広げられる世界の住人になれました。


(やっぱり2回目も、アダムとのシーンは激泣きしてしまいました



私は右前のお席でしたので
私の大好きなシーンはほぼ・・・・目の前で・・という感じで観せて頂くことが出来ました。
最初に、お馬を洗いながら・・・怒りを露わにするオーランドー
レスリング前に、ロザリンドとシーリアになだめられるオーランドー・・・・
ロザリンドに恋をし、嬉しそうに木に詩を貼り付けてまわるオーランドー
ロザリンドへの想いが溢れて、涙しながら「僕はロザリンドが恋しくて・・・・・」と何度も呟くオーランドー
・・・・・その他諸々・・・・・・

とにかくオーランドーの切ない表情、苦悩の表情・・喜びの表情・・・涙する様・・・・
本当にしかと見届けさせていただきました



ですが・・・・・・前&通路脇&階段からの降り口だった事が幸か不幸か・・・・
全体を見るには困難で、舞台の右にオーランドー、左よりの中央にロザリンド・・・なんて場合には
ちょっと観辛かったですね・・・。うん・・。
セリフを言っているのはロザリンドなんだけど、その時のオーランドーの表情も観たい・・・・となると
首をコクコク動かさなければならず、しかもオーランドーが話していないのに、オーランドーだけを観るのは
ちょっと・・・失礼な気もして・・・・・・・・
とは言え、途中から割り切って・・せっかくの前のお席だから・・と
オーランドーが真ん前に来た時は、オーランドーの表情に注目して観せていただきました


それにこれは嬉しい事でもあるのかもしれないですが
役者さんたちの衣装がバッサバッサ当たっていきました(笑)
時には勢い余って、激突されるのでは??と思って、思いっきり体を避けたくらいでした
その回数があまりにも多かったので・・・
「・・・あの・・ぉ?もしかして・・私ってすごく邪魔??」って思ったり(笑)
そして!!!!
レスリング後に、ロザリンドとオーランドーが恋に落ちた瞬間・・・・・
その余韻が二人の間に漂う・・あのシーン・・・・・・・・
一旦ロザリンドとひーリアの二人は舞台を降りて行こうとしますが、
ロザリンドがまたオーランドーの元に戻ってしまい・・・シーリアはそれを見ながら
立ち止まり・・付いて来ないロザリンドに「ねェ・・・?行かないの?」と声をかけるシーン。
あのシーンの時、シーリアは通路、私の左前・・・・・私の左膝に衣装が当たる状態で立っており、
そこでセリフを言うので・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
オーランドーとロザリンドの・・・・恋する・・・あのときめいた・・・・・驚きの顔でお互いを見つめ合う・・・・
ドキドキものの・・あの場面が全く見えませんでした(笑)


あの・・・・・・えっと・・・ごめん・・・・・(^^;)シーリア?・・・・ちょっとどいて?(^^;)
って・・・・・・言いそうになりました(笑)




最後のオーランドーとロザリンドが無事に結ばれるシーンは・・・
そのあまりにも素敵な・・・一枚の絵画のように美しい二人の姿に見惚れながら
でも、どっぷり「お気に召すまま」の世界に浸っているので・・・
もう、オーランドーの嬉しい気持ちが分かり、またロザリンドのオーランドーを見つめる顔が
喜びに満ちていて・・・感動、感激で・・・涙涙の瞬間でした


二人のキスシーンは鳥肌が立つくらい美しく、オーランドーの唇についた口紅を
細く白い綺麗な手で、そっと拭いて微笑むロザリンド
そのロザリンドを本当に嬉しそうに、愛しそうに見つめて・・・絶えずロザリンドの手を
握り締めていたオーランドー


8日もアーデンの森は幸せ色に包まれて、幸せの音楽が鳴り響いておりました
私はまたまた幸せを頂いて帰ってきました





そして・・・これは舞台とは関係ないところでのドキドキですが(^^;)
ちょっと何のシーンの後だったか・・・・・・忘れちゃいましたが(・・オイオイ^^;)
汗だく&泣きながらうつむいて・・・・・・通路に降りて・・・・はけていくオーランドーが
パッと顔を上げて、またうつむいた瞬間・・・・・・汗が飛び散りまして・・・・・・・・
それがちょうど私の真横での出来事で・・・・・下からオーランドーの顔をガン見していた私に飛んできました(^^;)
・・・・・・・・・・・はい・・・^^;
顔面で受けさせていただきました(^^;)ホントすみません
でも、一瞬、イエ、一瞬ですが・・・「うわっっ」と思って(笑)避けてしまいそうにはなりましたが(笑)
お友達にそれを話したら・・・・・・・・・・・「避けちゃダメ!(笑)」と怒られました(笑)
やっぱり・・・そんな幸運は全身で受け取らせて頂くのが・・・良席を頂いた者の使命のようです(笑)


ええっと・・・・・・・そして、私の幸せはここで終わらず・・・・
実は昨日、8月9日・・・小栗さんが大阪の「シネ・リーブル梅田」
映画「キサラギ」の舞台挨拶をされたのですが
わたくし・・・・・・幸運にも、その舞台挨拶に行かせていただきました
心はオーランドーで一色だったのですが、久々に「キサラギ」を観て(上映後の舞台挨拶でした^^)
また家元さんを思い出し・・・何度も観てるのに、またしても「キサラギ」の面白さに
浸らせていただきました
イヤ・・この映画は本当に素晴らしいですね


で・・・・映画が終わって、待つ事数分・・・・・
紹介されて登場された・・・小栗旬さん
もう、もの凄い声援でした(笑)
その時の様子は「キサラギ」公式ブログに、写真付きで載ってますので、どうぞご覧ください↓

家元さん舞台挨拶(「キサラギ」公式ブログ)
http://blogs.yahoo.co.jp/kisaragimovie/16492799.html

どうでしょうか~~~~~~~
写真、素敵でしょ?
細身のブルージーンズに、薄いグレーのタンクトップ姿・・・・・
もうほんとーーーーーーーーーーーーーーに、驚くほど・・・カッコ良かったです
そのあまりの素敵な・・・カッコいい姿に、ちょっとビックリしたのと
もの凄いお顔が小さくて、すんごく細い・・・でもめちゃくちゃ足が長い・・・綺麗なスタイルに
ホントに度肝を抜かれて・・・釘付けで見ておりました
舞台でのお顔とは、当然なのですが全く違い、また直前に見た映画の家元さんのお顔とも違い
もちろん、今やっているドラマでの佐野くんとも違い・・・
目の前に居られるのは、誰でもない・・素に近いだろう小栗さんでした
イヤ・・・・マジで素敵だった
いつもの「揺れ」て話す感じではなかったですが(笑)
舞台終わりで駆けつけてくださって、お疲れだろうに・・終始笑顔で、優しく丁寧に
話してくださり・・・・その小栗さんの持つ独特の柔らかい雰囲気、オーラで
癒されました



こんな風に幸せが続いてしまったので、もう当分、浮遊したまま戻らないかもしれませんが(笑)
この嬉しい、幸せな心の糧を頂いたので、また当分元気に生きていけると思います


8日の日には、残念な事もあったのですが・・・・・
それはちょっと今日は詳しくは書きたくありませんが
携帯の電源を切らない、舞台中、フラッシュを炊いて写真を撮るなどというのは
完全なマナー違反です!!これでお分かりいただけるでしょう。
とにかく・・・・・大阪公演、残すはあと3公演。
みんなでマナーを守る事を心に刻み・・・・大阪公演を見守り、
無事に次に続く・・・静岡、仙台・・へと、アーデンの森を送り出しましょうね
コメント (24)
この記事をはてなブックマークに追加

まだ夢の中を彷徨い中(笑)

2007年08月07日 | 小栗さんへの恋心^^
今日は暑い暑い・・大阪でした
アーデンの森の熱気で、更に気温が上がっているのではないでしょうか



前回は皆さま^^私の拙い観劇レポを読んでくださり
コメントを寄せて頂き、本当にありがとうございました
たくさん嬉しいお言葉も頂き、嬉しいのと同時に恐縮しております
どうもありがとうございましたぁぁ~~~~
そして、ご自身のブログにリンク等を貼ってくださった皆さま
本当にありがとうございました^^感謝です~~~~


先日、大阪初日に行かれたまるみさんからも感想を頂いてますので・・
ちょこっとご紹介させていただこうと思います





「やっぱり戻れません・・・ 」

 『緊張していないつもりだったのに観劇2日前から寝付けなくなり、
  やっぱり相当に興奮していたらしい・・・


  アーデンの森、大阪初日、いい舞台でした。 
  小栗さんはもちろん素晴らしかったけれど、この芝居全体が幸せな空気を作り出していて
  すっかり私もその空気に染まって、今はにやけたりぼやーっとしたり腑抜けてヘンな人になってます


  前回は東京公演開幕2日目に見ましたが、そのときに比べて何と言うか
  随分パワーアップしたなあという印象です。
  ロザリンドが拗ねたり怒ったり驚いたり笑ったり泣いたりするのが何と可愛らしいことか。
  オーランドーとのやりとりでも細かいところまで演技してしっかり笑いを取っていたりして。
  スカートの捲り上げ方もダイナミックになって、前はパンツのゴムは見えなかったのに


  オーランドーとアダムの主従の絆、
  前公爵を襲ったオーランドーが暖かく迎え入れられる場面などは、 
  今回もやっぱりじーんとしてしまいました。
  貴族も羊飼いも道化も、皆恋をして悩んだり泣いたり笑ったり、
  いろんな人の人生を肯定するお芝居に暖かく包まれてきました。


  幕開きに思わず歓声と拍手があがったり、小栗さんが通路を通るたびに
  後方席の人がいっせいに前のめりになったり、客席ウォッチングもしてきました。
     (ただし、前のめりでの観劇は後ろの席の方の視界を遮りますのでご注意を)。

  来週はさらにぶっ壊れそうですが・・・こうなったらとことん壊れるしかありません 』   


まるみさん~~~^^
ありがとうございます~~~~~
ご紹介させていただいちゃいました
本当に幸せの森でしたね・・・。
私は未だ、幸せ気分のまま・・・過ごさせていただいております

私の2回目はあさってです・・・・・・
もう、きっと壊れすぎて、帰って来れません。
今から言っておきます(笑)
絶対に絶対に絶対に・・・・・・・・・・もうアーデンの森に住む!!!(笑)




ぴーたーさんから教えてもらいました^^

  「うらんさんのブログに大阪公演の様子が書かれております。
   旬くんの稽古着何ゆえ???」

  ・・・・・・(笑)
  私も見に行きましたが・・・ホントに小栗さん何故に??それ??(笑)
  ではでは・・・・振り付け師のうらんさんのブログへどうぞ~~↓

  「うらんの気まぐれ日記」(8月2日の日記です)


  ね・・・・・・?何故にこれが稽古着?
  で、もう一つ、ジャージネタ(笑)
 
  写真家の夏野苺さんのエッセイにも時々小栗さん、登場されます^^
  7月21日のエッセイには「東洋の魔女」ジャージでご登場です(笑)↓

  「なつのいちご」7月21日『自分のスタイル』  
 
  小栗さんはジャージがお好きですね
  それにとってもよくお似合いです
  あの・・・・よく見かける・・緑ジャージをあれだけ素敵に着こなせるのは・・・素晴らしいです


ぴーたーさん^^ありがとう~~~~~^^




ここからはちょっと遅ればせながら・・・のお知らせなのですが(^^;)

映画「クローズZERO」のHPが新しくなってます^^

  TOPページもめちゃくちゃカッコいいのですが・・・
  な、なんと!!!
  「特報2」がアップされているのですね~~~~~~~~

  「クローズZERO」

   ね・・・・・もうTOPが素敵でしょう^^
   それで・・「TRAILERS」をクリックしたら・・・・「特報2」がありますので
   どうぞ、壊れに行ってくださいませ







関西では今日、婦人画報がもう発売されてましたよ^^
ちょこっと写真をご紹介^^




この2ページの前に、もう1ページ写真だけ(アップ)のがあります。
太い本の中でこれだけのページだったので、どうしようかなぁ・・・・・・とかなり悩みました
少々お高いですしねェ・・・・
でも、この写真でドキドキしたので・・・・・お持ち帰り決定


顎フェチの私にはかなりツボ^^ドキドキします







更に・・・・・もう一枚・・・・この目





・・・・・・
あれ・・・?(^^;)
変かな・・・?私のツボって






それと・・・もう一冊^^「POTATO」も「Wink up」も出てました
なんか・・・この雑誌をパラパラ見て確認している時・・・・
ふと思いました
数ヶ月前までなら、かなり戸惑って見れなかったのに・・・
今や、堂々となんの躊躇もなく、これらの雑誌を手に取って、迷わずレジに出せる・・・
自分が・・・・・・・・ちょっと怖い(笑)
私をここまで変えてしまった・・・・・
小栗旬・・・恐るべし!!(笑)




ではでは、「POTATO」もちょこっとご紹介^^







この写真で、即決!!!






ええっと・・・・・・・・今日は写真と頂いた感想・情報に
完全に頼ってしまった・・・・・・・他力本願まっしぐら~~~~~なブログになってしまいました(^^;)
ま、いつもほぼそうですが(爆)
今日はいつも以上にそうです
なんで??って??

まだ帰って来てないからですよ~~~~~(笑)

まだ森を彷徨って・・・現実世界を浮遊中でございます(笑)
8日に2回目の観劇をしたら・・・更に飛んで行ってしまうと思われます(^^;)
皆さま・・・・・どうか暖かく見守って頂けると・・・・・・すいかは・・もの凄く喜びますです






「お気に召すまま」公式ブログにて・・・観劇中のマナーについて書かれてましたね。
残念な事が起こらないように・・・皆さまマナーを守りましょうね^^
気持ちよく観ましょう^^



『小栗旬「お気に召すまま」・・・シェリー・ルーの小言
                        【追記】Ogurinさんより一言 』

                                    

「小栗旬☆ファンの心得7ヶ条 ・・・・by Ogurinさんのブログ」
                                

7月15日の件で記事にアップしてくださってますので
どうぞこちらも合わせてご覧になっていただきたいと思います。

「もう一度『舞台・お気に召すまま』を考える 」Sky-blue Windちぃさんのブログ
                                                


「黙ってられませんでした。。。 」LeCielBlueゆきさんのブログ
                                    
コメント (18)
この記事をはてなブックマークに追加

「お気に召すまま」・・・アーデンの森in 大阪初日

2007年08月04日 | 舞台・映画の感想文^^
皆さま・・・・・・
頂いたコメントにレスもせず・・・本当に申し訳ありません
myunさんにもコメントで・・・
「管理人行方不明?
 まだ帰ってきてませんね~。
 遠い空の果てから、何時お戻りなんでしょ?さん。」

・・と暖かいお声をかけて頂きましたので(笑)
なんとか、やっとの思いでここに来ました(笑)



昨日、8月3日・・・舞台「お気に召すまま」大阪公演、初日行って参りました。
夕方6時半開演・・・終わって外に出て・・・駅に向かい、時計を見たら
午後10時を過ぎたところでした。
ブログでお友達になって頂いた方ともお会い出来て・・・
なんだか始まる前は、そっちの方がちょっとドキドキしたりして(笑)
昨日は行く前は妙に落ち着いて、静かに時を待っていたのですが
いざ時間になり、電車に乗り、劇場に着き・・・「シアタードラマシティ」という文字を見たら
静かだった心臓の鼓動が、ドッキン・・・と鳴り出して・・・
もうそれは口から心臓が出てくるんじゃないかと思うくらいで(笑)
そんな状態で、そのお友達とも待ち合わせをしたので・・・もう何がなんだか分からないくらい
ドキドキドキドキドキドキドキ・・・・・・・してきて、軽く挙動不審者になっておりました



劇場は地下1階にあるので、クル~と回る感じに階段を降りて行くのですが、
降りかけて・・・あまりにも多くの人がすでに並んでいて・・・もうそれだけであたふたして(笑)
降りかけては止めて・・・またちょっとして、思い切って降り始めてまた止めて・・と
なんだか滑稽なほどに、そんな事にも緊張してしまいました
何度も何度も、お友達にメールしたりして(^^;)そのくせ・・・席には先にちゃっかり座っちゃってたりして(爆)
もう・・昨日の・・開演前の私は、自分でも笑っちゃうくらい、おかしな事になってました(笑)




で・・・・・・・・一夜明けて・・・・
なんとか戻りました。
体は戻りましたが、心は置いて来ました

目を閉じても、まだ凛々しく美しいオーランドーが見えるようです
愛する人の名前を切なそうに呟くオーランドーの声が聞こえるようです
美しい森でした。
森に集う人々の幸せな笑顔に、
愛しい人を見つめる切なく優しい眼差しに、私の心は溶かされました

シェイクスピアの戯曲の中でも、海という表現が出てこない事が有名らしい「お気に召すまま」
・・・戯曲の中に海という言葉がなくても不思議ではありません。
幸せの海、愛しい人を想う切ない思いの海、傷ついた者を優しく受け入れる情愛の海に・・・・・
見ている者は溺れてしまうのですから・・・・・・これ以上、海は必要ないのです。



こんな感じで、まだ心が戻って来ておりませんので(笑)
心のない・・・感想になるかもしれませんし、大きな幸せに包まれて、しばし眠っていたい気分なので
いつもそうですが、更に拙いものとなると思いますが・・・・ちょこっとだけ、
心に残った事を書き記しておこうと思います。
2回目観た時、そしてさらに日が経つと・・・また違った感情が生まれるかもしれませんが・・




始まる前に、ロビーにて・・「小栗旬様へ」と、ほんの気持ちだけの楽屋見舞いを言付けて
パンフレットを一つだけ買い、ロビーに飾られた花束をボンヤリ見つめ・・
所在無きように・・ウロウロとした後、心を決めて席につきました。
座った途端、また朝のように、ふぅーーーっと落ち着く事が出来、ザワザワとした中
私は私の時間を持てました
お席が近かった・・待ち合わせをしたお友達と軽く会釈程度の挨拶をし、
直後、鳴り始めたロック調の音楽に、観客が一斉に後ろを振り向き・・・
私も同じように後ろに体ごと向け・・・・わくわくしながら待っていると・・
美しい表現者たち・・・・これから始まる夢の世界への道案内の皆さんが登場し
勢い良く客席通路を駆け下りて行かれました。
あっという間の出来事でしたが、その後姿を目で追いながら・・・・一瞬にして・・・・・
恋焦がれたオーランドーの姿を・・・私の目は捉えました
横一列にならんだ役者さんたち・・・・お辞儀をしてあっという間にはけて行き
舞台に残ったのは・・・・凛々しく険しい顔をしたオーランドーと・・・召使いの年老いたアダム。

「覚えてるさ・・アダム、こういうことだろ・・」

というオーランドーの第一声が響くと、事前に皆さまから聞いていた通り
リンッと鈴の音が響くように、舞台が引き締まり・・
わぁ~~というざわめいた状態が、一瞬にして・・・・息を呑む雰囲気に包まれ
それはまるで・・・・自分がタイムスリップでもして、その場に入り込み
オーランドーとアダムには見えてはいないけれど、しっかり自分はその場に居る・・・
というような・・・まるで透明人間にでもなったかのような・・・
そんな気持ちがしました。
この一瞬にして惹き込まれる感じがたまらなく快感です

そしてかなり驚いた事に・・・・・・
小栗さんの声がもの凄く良かったです・・・。
それはもう「間違いの喜劇」の時などとは比べ物にならないくらい・・。
どんなシーンのどんなセリフも、しっかり心に届き、しなやかで・・澄んでいて
その声を聞きながら、そして生き生きとしたそのお姿を観ながら
「・・・ああ・・やっぱり・・この人の場所はここなんだな・・・・」
改めて、舞台でこそ、小栗さんの魅力が最大限に引き出されるのだという事を実感しました。
(もちろん、映画もドラマも素晴らしいのですが・・・・より一層という事で・・)




同じ父の血を引く兄弟でありながら、自分だけが虐げられ不遜な扱いを受けている事に
怒り、嘆き・・それでも何をどうしてよいのか分からない、若きオーランドーの苦悩を
小栗さんのいつもながら、天晴れな演技力で見せ付けられると
もう、こちらまで腹が立ってきて・・・一体どうしてやろうか・・という気分にさえなりました。
前半は、そのオーランドーの荒々しい・・激しい怒りの場面が多くありましたが
その中で、召使いアダムとの、心を通わせるシーンでは・・・
もう、もう・・・アダムの優しさが嬉しくて、泣けて泣けて仕方がありませんでした・・。
ここから先、私はこのアダムのオーランドーを見つめる、優しい眼差しに釘付けになり、
最後まで、彼の優しさに心打たれ、涙する事ばかり・・・。



ロザリンドに恋に落ちた瞬間のあのオーランドーの表情!
同じく、オーランドーに恋したロザリンドのときめいた顔!
もう、この二人の恋する可愛い素敵な姿が、森に招かれた全ての人を幸せな気分にしてくれた
と言っても過言ではないでしょう・・・。


以前、ANNの冒頭で小栗さんが言われたオーランドーのセリフ・・
「どうか不埒な奴だとお咎めになりませんよう・・・・・・・・」
あのセリフを本で読んだり、ラジオで仰っているのを聞いたりした時は
こんなに悲しいセリフだと思いませんでした。
「・・・私はこの世界で一人分の場所をふさいでいるだけの男です・・・」
・・・涙を浮かべながら、こう話すオーランドーの悲しみ、苦しみ・・・心の痛み・・
それが苦しいくらいに伝わってきて・・・可哀想で可哀想で・・・心が張り裂けそうでした・・。



その悲しみの演技が素晴らしかったからこそ、その後に訪れる・・癒しの瞬間・・
宮廷を追放された前公爵との森での出会い・・・・そのシーンが生きるんですよね・・。
そこでオーランドーに差し出される優しさ・・・親切・・情愛・・
その包み込む愛に、溶かされ、労わられ・・抱きしめられ、泣き崩れるオーランドーの姿を見た時は
私まで号泣してしまいそうになりました・・・実際、ポロポロと思わず涙が溢れて零れました・・
この時の、小栗さんの演技が本当に素晴らしく・・・
オーランドーが生まれ変わる瞬間を感じた気分でした・・・・。



恋する想いに走り出したオーランドーとロザリンドの勢いはもう誰にも止められないスピードで加速し続け・・・・
ロザリンドに恋する姿・・
ロザリンドが愛しくて、恋しくて・・切ない思いに振り回されるオーランドーは
もう、先に行かれた皆さんが言われてた通り。
可愛らしくて、素敵で、可笑しくて・・・。
オーランドが好きで好きでたまらないロザリンドのドタバタ振りは、笑いを誘うと同時に
見ている者を一気に惹き込み、同調させ・・もうその気持ちが分かりすぎるくらい分かり
可愛い、可愛いロザリンドの姿に胸を打ち、どうかどうか幸せになってほしい・・・と願いました。

 「恋とは溜め息と涙でできてるもんだ・・・・・・
     僕はロザリンドが恋しくて・・・
 恋とは忠実な心と献身でできているもんだ・・・・・
     僕はロザリンドが恋しくて・・・・
 恋とは気まぐれな空想でできてるもんだ・・・
 激しい情熱と切ない願望でできてる・・あこがれと敬意と心遣いでできてる・・
 謙遜と忍耐とあせりでできてる・・・・純潔と試練と従順でできてる
     僕はロザリンドが恋しくて・・・・

    恋がそういうものなら、どうしてあなたに恋しちゃいけないんだ?」



小栗さん・オーランドーの美しさ、素敵さ、色っぽさは、聞きしに勝るものではありましたが
私の心を捉えたのは、ロザリンドをより輝かせるように存在していた・・
オーランドーの控え目な、一歩引いた・・優しい演技、姿でした。
彼の存在で、ロザリンドはより一層可愛らしく、素敵に輝いたと思います

事前にお聞きしていた・・・花嫁姿で登場するロザリンドを・・待つオーランドー・・
今思い出しても、胸が熱くなるほどに・・・愛しい人への恋する気持ち・・。
小栗さんは・・セリフなしで、しかも背中で、その後姿で・・・その切ない気持ちを
見ている者の胸が詰まる程に、感動的に、演じられていました・・。
遠くを見つめているのであろう・・・その後ろ姿・・。
はぁーーーと恋する溜め息をついておられるのであろう・・・その背中・・。
ロザリンドを想って、涙を浮かべているのであろう・・・うつむいた横顔・・・。
素晴らしく美しい、切なく力強い・・・オーランドーの後姿を
私は決して忘れないと思います・・・・。


美しく可憐な花嫁姿で登場したロザリンドを見つけ、駆け寄る嬉しそうなオーランドーの足取りと後姿と共に。
「この目が真実を映すものなら、あなたは僕のロザリンド」







ここから先は、いつも以上に、私の独り言、戯言と思ってください(^^;)
え?いっつもじゃん?って(笑)
ええ・・まぁ・・・そうなんですけどね(^^;)いつも以上に!って事で(笑)

一夜明けて・・・・・・・・不思議な感覚です。
観る前は、きっと観終わってもふわふわ彷徨って、やっと会えた愛しの君の姿を思い出し
その凛々しい姿に思いを馳せて・・・・涙する日々を送ることとなるのだろうな・・と
そんな予想をしていましたし、その予定でしたが・・・。
いざ、舞台を観て、美しいアーデンの森での一夜を経験してみると・・・・・
不思議な状態に自分が居る事に気付き、というか・・・もう否応なく分かり
それがまた不思議だなぁ・・・・と、そんなことをボンヤリ思っています。

森から戻って来た夜から、イエ・・・もっと言えば、森を出る瞬間から
私の心には、ただ、ただ・・・・例えようもない幸福感と安堵感、そして内から湧き上がる
・・・活力のような・・・そういうものを感じていて
それは今朝起きた瞬間にも薄れる事なく、私の中にあり・・・元気に嬉しい朝を迎えました。

この魅力は何だ?
・・・舞台を観ただけで得られる・・この幸福感は何だ?
・・と思いました。
日常生活、楽しい事も嬉しい事も、日々それなりにあります。
もちろん、飛び切り嬉しい事もありますし、やった~~~~と飛び上がる思いをする事もあります。
じゃあ・・・何が違うのか?
それは日常と非日常という、簡単な差・・。
でもそこには大きな差があるのではないかなぁ・・・・・・って、今感じています^^

例えば・・・・些細な事かもしれませんが
今回のように行きたいと思っていた舞台のチケットが取れた瞬間など、もの凄い興奮して
大声で「やったーーーーーーーーー」と叫びだしたいくらい、私にとっては嬉しい事でした^^
でも、やはり・・・その嬉しさ、喜びの実現のためにはある程度の犠牲も我慢も出てくる。
いざ行けるという事になっても、家を明けて留守にするわけだから、それなりの準備も必要だし
自分や誰かをわずかでも犠牲にするわけです。
だから、「チケットが取れた」というこの喜びには、心全部で喜べないんですね・・。
分かってもらえるでしょうか?(^^;)分かり難い?(笑)

でも、舞台を観るという行為、舞台を観ているという状態。
その舞台を観ている数時間、そこで得られる喜びや嬉しさや感動や興奮・・・には
なんの犠牲も我慢も準備も苦労も、なにもマイナス要素が伴わない。
ただ、ただ・・・・「日常」を一旦忘れて
心全部を預けて・・・・2時間、3時間・・・どっぷり浸って楽しめばいいんですよね^^
そこから得る喜び、幸せ・・・それには誰にも何にも文句をつけれない・・ものなわけです・・・。


それが、私にとっては他に代え難い、他では得られない幸福感を得ることが出来て
活力になったのだと思います。
日常を・・・生きる糧。
冷めない夢。
失われない希望。
明日を期待する・・・できる・・・活力。


ああ・・そうなんだ。
そういうことなんだな・・・・・って思って、そう思えた事を大事にし、嬉しく思い
そういう意味でも、幸福感・安堵感に包まれたのだと思います^^


・・・・は?よく分からんわ・・・って感じ?(^^;)笑
ええ・・・・私も書いてて、途中からよく分からなくなってきました(爆)
ええっと・・・何が言いたかったんだろう?(笑)
まぁ・・・・私は今、SO HAPPY・・って事で・・・・・(笑)



初日・・・携帯がね・・鳴ったりしてました2回ほど
みなさま^^携帯・・電源切っておきましょうね^^どっぷり浸れるように

『小栗旬「お気に召すまま」・・・シェリー・ルーの小言
                        【追記】Ogurinさんより一言 』

                                    

「小栗旬☆ファンの心得7ヶ条 ・・・・by Ogurinさんのブログ」
                                

7月15日の件で記事にアップしてくださってますので
どうぞこちらも合わせてご覧になっていただきたいと思います。

「もう一度『舞台・お気に召すまま』を考える 」Sky-blue Windちぃさんのブログ
                                                


「黙ってられませんでした。。。 」LeCielBlueゆきさんのブログ
                                    


コメント (25)
この記事をはてなブックマークに追加

君を追ってアーデンの森へ・・・・・・・・

2007年08月03日 | 小栗さんへの恋心^^
朝が明けてしまいました・・・。
アーデンの森が大阪に姿を現し・・・
その美しいと評判の・・・幸せの風が吹き荒れていると伝え聞く・・アーデンの森の扉が開かれる日が
やって来ました


今朝は晴れ間さえも見える・・暑いけれど良いお天気だったのが
午後を目前とした今、急に薄暗くなり雨が降り出しました・・・。
強い風が吹き荒れています・・・。

この雨が・・・・・・・
アーデンの森の入り口を・・洗い清める恵みの雨となりますように・・・

この強い風が・・・・・
アーデンの森を包み込み、邪念を全て吹き飛ばしてくれる・・守りの風となりますように・・・


遠方から・・大阪アーデンの森へ来られる方々・・・
どうぞくれぐれもお気をつけていらしてくださいませ



一ヶ月前に、コクーンで開かれたアーデンの森。
そのあまりにも美しい森の噂に、この一ヶ月、ドキドキしながら楽しみに待っておりました。
こんなにドキドキしていて大丈夫なんだろうか??と自分で心配になるほどに・・・。

昨日になって・・・何故かその溢れ出しそうな程のドキドキする胸の高まりは
急に治まり・・・・・
でも、一日何も手につかないような・・・ちょっと意識がどっかに飛んでいってしまったような(笑)
すでにふわふわ宙に浮いた感じで過ごしておりました

一夜明けて・・・・・
今朝になり、とても不思議な気持ちがしています。
一切のざわめきが治まり、とんでもなく素晴らしい、森の祝宴、パーティに招かれるような
とても神妙な気持ちがしています・・・。


愛しい人は、どんな姿を見せてくれるのでしょうか。


待ち焦がれた・・恋焦がれたアーデンの森は、どんな香りを放ってくれるのでしょうか。

森の住人たちは・・・どんな輝きで照らしてくれるでしょうか。


数百年の時を超えて・・・シェイクスピアという人は、
この舞台を通して・・何を感じさせてくれるのでしょうか。


愛しい、愛しい・・オーランドー。
君を追って行きましょう。
アーデンの森へ。。。。。。。







アーデンの森 in 大阪・・・・も
コクーンに引き続き、幸せ色に染まりますように・・・・・。
今一度・・・。ご一読くださいませ^^


『小栗旬「お気に召すまま」・・・シェリー・ルーの小言
                        【追記】Ogurinさんより一言 』

                                    

「小栗旬☆ファンの心得7ヶ条 ・・・・by Ogurinさんのブログ」
                                

7月15日の件で記事にアップしてくださってますので
どうぞこちらも合わせてご覧になっていただきたいと思います。

「もう一度『舞台・お気に召すまま』を考える 」Sky-blue Windちぃさんのブログ
                                                


「黙ってられませんでした。。。 」LeCielBlueゆきさんのブログ
                                    
コメント (9)
この記事をはてなブックマークに追加

このお芝居がお気に召しますよう、ご満足いただけますよう。。。

2007年08月01日 | 小栗さんへの恋心^^
どうやら・・台風が来ているようですね
しかも・・・3日の日には関西上陸?!
相方はこの日、台風直撃なら・・・行かなくてもいい打ち合わせらしく
「来てくれェェェ~~」などと、不謹慎な事を願っておりますが
っんとに・・・ちょっと待ってくださいよ
3日と言ったら、「お気に召すまま」大阪公演初日ですよ
うう・・・お願いですからぁぁ~~~~~~
どうかどうか・・無事に、通り過ぎて行ってくださいませ

今夜も風が強いです
舞台の事も気になりますが・・・やはり台風などで各地に被害がもたらされる事も
とても怖いです・・ね
どうぞ・・・該当地域にお住まいの皆さま・・・お気をつけくださいね。。。



雑誌を携帯で撮って保存して・・事ある毎に見てる・・すんごくお気に入りの写真です
綺麗だぁぁ~~~~~







ゆきさんに教えていただきました^^

    「旬くんの民放連のCM、ご覧になられました?
     ココでUPしてましたよ~~
     踊る旬くん、貴重です(笑)」

    うわぁぁぁ~~~~~ん見てない!見てない!見てないですよぉぉぉぉ~~
    ・・って事で、もう慌てふためいて行って参りましたよ
    踊る小栗さんを見に・・・・↓↓

    「冒険!コマーさる島(アイランド)」
        (「CMのCMがよくワカル」の方に行って頂き、コマーさる島の真ん中辺りに
          水色のテレビ塔のようなのがあるので(「CMキャンペーンを見る」と出ます^^)
          そこをクリックすれば、小栗さんのCMのページに行けます)

     いやぁ~~可愛いですねェェ~~~~~
     歌って踊る小栗さん
     以前、ANNで仰っていたCMはこの事だったのですね
     テレビ画面で見てみたいですが、これはなかなか捕獲が難しいでしょうか
     そのうち出会えるといいなぁぁ~~~~

ゆきさん^^お知らせありがとう~~~~~~~~~~~~~




 azumiさんのブログにお邪魔して倒れそうになりました

    もうね~~もう・・ホントに素敵な小栗さんで、倒れそうでしたよ
    あの例の・・「マキア」の小栗さんがねェ・・・・いっぱいでねェ・・
    オールナイトニッポンのOP曲に乗って・・素敵な小栗さんが次々に登場するので
    もう私は一人でキャーキャー言いながら見ましたよ
    我が家の猫さまたちは、私のその様子を時々チラチラ見ながら・・しまいには溜め息までつかれておりました
    猫さんに溜め息つかれる私って・・・・・・・いいのか?それで・・?

   
    相方の机の上の書類を蹴飛ばしてくつろいでおられる我が家の姫・・菜々さんです
    この大きな目で見つめられ・・・ふぅーーっと溜め息つかれました
    



    ではでは皆さま・・どうぞご覧ください~~~~
    あ!くれぐれも一人で見られた方がいいですよ(笑)
    壊れそうになりますからね↓↓

    azumiさんのブログ「気ままにのんびり」(「マキアなMovie」の記事をご覧ください^^)


    


    どうでしょうか~~~~~~
    イエイエ、もうね・・仕方ないですよ・・・
    あんな素敵なの見たらねェ・・・そりゃ倒れそうになりますよ・・ねェ?
    azumiさんはいっつも本当に素敵な画像をいっぱい見せてくださって・・
    私の知らない小栗さんにいつも会えるので・・・遊びに行かせていただく度に
    ドキドキして・・ついつい見入ってしまいます
    azumiさん~~~^^いつも本当にありがとうございます~~~(って、ここでお礼?笑)
    これからも楽しみにしています(・・って、だからここで言うなよってね笑)



    

    またまたモノクロのマキア小栗さんです
    こちらも頂きものでございます^^
    以前、載せたモノクロの小栗さんの写真と同じく、anzuさんに頂きました
    anzuさん~~~~^^ありがとうございます~~~
    使わせてもらってます




        
先日、Big-Catさんにコメントを頂き、教えてもらった・・「お気に召すまま」の1場面・・・。
観に行かれた皆さま・・・・みな一様に、その場面が素敵だった・・・と仰っていますね
皆さまの感想を改めて読み直し・・・そして松岡さんの和訳本をもう一度読んでみたら
まるでもうその場面を見ているような錯覚さえしてきました
私はDVDでは観たと言っても、舞台で演じられる小栗さんを生で、実際に拝見したことはありません。
ですから、まだ何も分からないはずなのです。 
なのに・・・雑誌やオフィシャルページで、舞台の様子を写した写真を見ているからでしょうか。
皆さまの感想を拝見してきたからでしょうか・・・
静に・・・・読み進めて行くと・・・・・想像の中ではもう私はアーデンの森に座っています・・。
オーランドーが腰掛けて・・・愛するロザリンドを待っている・・その様子を
離れた木影から、そっと見ているような気さえしてきます・・・。


もうすぐ、本当に・・・その森へと向かう幸運に授かります・・。
あと2回・・・この慌しい日常の中で、一時の眠りにつけば・・
幸せの森が、私を迎えてくれる事となるでしょう・・・・・・・。
もう今は、ドキドキは治まりました。
ただ、ただ・・・楽しみで仕方がないのです・・・





 ここに懸かっていろ、俺の歌、俺の恋の証人だ。
 三つの冠を戴く夜の女王よ、見ていてくれ、
 その清らかな目で、蒼ざめた天の高みから、
 あなたに仕える美しい狩人、俺の運命を支配する人の名を。

 ああ、ロザリンド、
 この木々が俺の手帳だ、
 その幹に思いの丈を彫りつけておこう、
 そうすれば、この森に住むすべての者の目が
 いたるところであの人の美徳の証を見ることになる。

 
 走れ、走れ、オーランドー、
 木という木に刻みつけるのだ、
 たとえようもなく美しく清らかなあの人の名を。






大阪のアーデンの森にも幸せの風が吹きますように・・・。

『小栗旬「お気に召すまま」・・・シェリー・ルーの小言
                        【追記】Ogurinさんより一言 』

                                    

「小栗旬☆ファンの心得7ヶ条 ・・・・by Ogurinさんのブログ」
                                

7月15日の件で記事にアップしてくださってますので
どうぞこちらも合わせてご覧になっていただきたいと思います。

「もう一度『舞台・お気に召すまま』を考える 」Sky-blue Windちぃさんのブログ
                                                


「黙ってられませんでした。。。 」LeCielBlueゆきさんのブログ
                                    
コメント (17)
この記事をはてなブックマークに追加