What do you like to do?

前向きに生きる。
一生懸命生きる。
今日を大切に生きる。
そうすれば、明日はきっと輝くはず。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ギンガネット

2007年06月30日 | English・学習
ギンガネットがなかなか落札できない。
今日もだめだった。
NOVAがあんなことになっているのに、結構需要があるんだねえ。

私と同じような考えの人たちなのか、あるいは冷やかしなのか。
Comment

レベルアップ

2007年06月30日 | English・学習
イタリア語がレベルアップできた。

昨年の8月から始めて約10ヶ月かかりました。まだ7Bです。

ギンガネットはまだ落札できません。早くお茶の間留学に切り替えたい!!
Comment

九十厨

2007年06月29日 | グルメ
今日は前の前の職場の人と飲みます!

Comment

通院

2007年06月25日 | Weblog
今日有給とって病院へ行ってきました。
まだ、首が治っていません。

正確に言うと、治ったと思っていたらまた調子が悪くなった状態です。
ハードな仕事だとそうなってしまうらしい。

これからはまめに病院へ行こう。
Comment

タコライス

2007年06月24日 | 今日の献立
今日はリクエストされた「タコライス」。
久しぶりに作ったので、材料とか調味料とか忘れました。
Comment

NOVA

2007年06月24日 | English・学習
昨日レッスンに行ってきた。まだしつこく行っている。
だって、ポイントたくさんあるんだもん。
元は取るぜ。絶対。

行ってみたらシャッターが降りたままだったので、とうとうつぶれたかと思っていたら、お姉さんが出てきてシャッターを上げていた。

受付に行くと、いきなり営業された。かなり困っているようです。小銭なら稼げるもんね。でも、あっさりかわしブースに行った。

ブースといえば開店休業状態。休日なのに、レッスンしているブースは2つのみ。
やばい、もうこのブランチは閉鎖されるかもしれない。
お茶の間留学に切り替えようと心に誓った。

それに、ある記事によると社長が「10年後には駅前留学はなくなる。」と言っていたらしい。ちょうどいい機会かな。
駅前留学だけにした訳は、平日は職場と家の往復のみだからたまにはお街に出たいし、直接話したいし、家でする時間はないと思っていた。

でも、いざ通ってみると曜日・時間は限定されるし、先生は決まってくるし、と当然であるが一長一短が出てきた。

そして、今回の事件?である。駅前留学も潮時だろう。

追記:イタリア語のレベルアップ推薦がさりげなく来ていたらしい。来週テストだ!!
Comment

再び

2007年06月24日 | 今日の献立
登場「冷麺」。
野菜をたっぷりのせるのがわたし流。

でも、かいわれは辛いので合わないです。
Comment

声楽

2007年06月21日 | Weblog
今日も声楽のレッスンだった。
木曜日にチェンジ。だって、金曜日は用事がよく入るんだもん。

でも、22:15~っていうのがね。遅すぎ。

行く前に風呂入っちゃったよ。すっぴんだよ。でも、もういいよ。

なんか、最近燃えていないんだよね。もう辞めようかな。
ものにならないうちに・・・。

お世話になった人も、同じところでゴスペルを習っているとメールが来ました。
何か声楽もいいんだけど、普通の楽しい歌にチェンジしようかな・・・。
同じ先生だけど。
Comment   Trackback (1)

富士宮やきそば

2007年06月19日 | 今日の献立
今日は、主人のリクエスト「やきそば」。

でも、店にいつも購入している「叶屋」のめんがなかった。

N市のめんでやきそばを作ったら、腕が悪いのかべちょべちょになった。
Comment

白根館

2007年06月17日 | ホテル・宿
行ってきました「白根館」。
主人は、「嗚呼早く温泉に行きたい。」とため息混じりにここんところぼやいていました。
ストレスたまっている訳です。疲れもたまっている訳です。

しかも、土曜日は主人の3○歳のバースデー。まだ、30代だったのです。
34歳の時に、43歳と間違われ市内中に文書をばらまかれてしまった男です。

それはさておき、今回は主人の両親&主人の妹家族も一緒に行きました。
みんなを巻き込んで、誕生日を祝おうとしている主人です?
主人曰く、「みんな誘ってみたら、来るって言ったから。」だそうです。

でも、みんなで行くのも結構楽しかったです。
2歳になる甥っ子は、初秘湯に興奮気味だったようです。

私というと、悲しいかな仕事の一部を持って行きました。そして、仕事をしました。
主人は、「こんなところで仕事をするな。おれの介護をしろ。」と意味不明なことを言っていました。

白根館は、いつもどおり満足できるおもてなしでした。
山菜の天ぷらで、葛がありました。もちもちしておいしかったです。

あとは、山で取れた鹿やイノシシ、野草など野趣あふれる食材目白押しでした。
そういうものが苦手な人には、厳しいかもね。
Comment