What do you like to do?

前向きに生きる。
一生懸命生きる。
今日を大切に生きる。
そうすれば、明日はきっと輝くはず。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

旅行の振り返り(長文)

2005年08月20日 | 夏の旅行記2005
暑い。こっちは、湿気が多いようです。
バテていますが、カーテンを洗いつつ、旅行中の事件等をランキング形式で振り返ります。

3位:「柱に顔をぶつける。」

  これには、同率3位の「荒行in三徳山三佛寺」について語らざるを得ない。
  国宝の「投げ入れ堂」を見るために、ほとんど直角の山の斜面や岩を登ること約1時間。
  「落下注意」という看板があるところ以外でも、危険箇所だらけのコースだった。
  中継地点の「鐘突堂」も岩だらけの所。柱と岩をくぐり抜けて行かなくてはならなかった。
  柱の下をくぐり抜けたと思い、顔を上げたら「ゴーン。」顔面殴打状態になってしまった。
  連れが言うには、鐘の音かと思うような大きな音がしたらしい。
  けれども、今のところ失明とか、気持ち悪いとかはないので大丈夫だと思う。
  ゴールの投げ入れ堂も気をつけないと、崖下へ落下してしまう所だった。気は抜けない。
  帰りは帰りで、行きよりももっと危険になる。
  けれども、下山したら達成感が得られた。そして、私はどこへでも行けるという妙な自信も。

2位:「ETCカード入れ忘れる。」

  いよいよ自宅まで帰るという時、つい入れ忘れていた。
  ゲートを通過するときに、「ブッブー。」と聞こえてしまったよ。
  いつもは、「ピンポーン。」だったからもんでした。
  バック禁止って書いてあったからおろおろしていたら、結局バックして通過できたよ。
  いやー、後ろからベンツとか来なくて、本当に良かった・・・。

1位:「連れ、牡蠣にあたりT県立K病院にて受診&点滴を受ける。」
    
  これが1位で間違いありません。
  薬局のお姉さんに、「牡蠣はあたるんですよねぇ。」と一笑までされた。
  笑い事ではない!!

以上、ハプニング編でした。
Comment   Trackback (1)

やっと帰って来ました。

2005年08月20日 | 夏の旅行記2005
今日姫路から一気に戻って来ました。
時間にすると、8時間くらいかな?
連れと交代で運転して来ました。SAに寄りながら、のんびりと。
まあ、行きは島根県まで一気に行ったから、それよりは近いはずですがね。
行きは、朝の3時出でした。それよりも疲れました。
きっと、旅の疲れが出たのでしょう。
明日(もう今日だけど)英会話キャンセルしておいて良かった。
洗濯物は、半分残っているから、また洗わないと。
とにかく寝よう。
Comment

白鷺城

2005年08月19日 | 夏の旅行記2005
最終日。姫路城に来ました。とにかく広い。
そして、外国人の観光客が多い。
さすが世界遺産。

Comment

鳥取砂丘

2005年08月17日 | 夏の旅行記2005
念願の砂丘。残念ながら風紋は見られませんでした。
足跡ばかりです。
あと、うまく携帯の電源入れられず主人の携帯で撮ってもらいました。

Comment

三徳山三仏寺

2005年08月17日 | 夏の旅行記2005
投げ入れ堂に辿り着くために、道なき道を進みました。
観光ではなく荒行になりました。
汗ビッショリでした。
どうやってそこにお堂を建てたのか不思議です。

Comment

むきばんだ遺跡

2005年08月16日 | 夏の旅行記2005
とても広い集落でした。景色の良い所にありました。
弥生人もきっとこの景色を見ていたのでしょうか。


Comment

荒神谷遺跡

2005年08月16日 | 夏の旅行記2005
今日はまず荒神谷遺跡へ行きました。車止めが銅鐸です。

Comment

夏だね!

2005年08月16日 | 夏の旅行記2005
東に向いた向日葵です。

Comment

五百羅漢

2005年08月15日 | 夏の旅行記2005
石見銀山にあります。羅漢寺の向かいに位置します。石橋は3人以上では渡ってはいけないと書かれていました。

Comment

お宿の様子

2005年08月15日 | 夏の旅行記2005
昨日から宿泊している宿の様子です。これは食事する所です。食事は旬のものを生かした凝った料理ばかりで最高です。

Comment