R.Life

The fishing is life itself !

2022.5.3 キャンプツーリング

2022-05-08 18:28:00 | Bike

清々しい風に運ばれた野花の甘い香り漂う
田舎道を越え山道へ
2サイクルの懐かしい排気音を奏でて
緑のトンネルをトコトコと走り抜ける

自宅より一時間弱
佐賀県の脊振山キャンプ場に着いた


ここは脊振山の山頂近くにある無料キャンプ場
車でのアクセスが可能で
テントサイトまで車の乗り入れが可能でした
可憐に咲くヤマツツジの足元あたりに
テントを張ることにした
日中になるとGWだけに満員御礼でした


1055m脊振山山頂からの眺め
徒歩5分で登頂です
北の方には福岡の街並み
南の方には佐賀の街並みが一望できます



特別何をする訳でもなく
ゆるりと流れる時に身を委ね
今を愉しむ


夕食後は山頂にて夕日を見送くった
青々とした緑が黄昏色に染まり
山々は映えていた


今日はとても良い天気でした
地平線に沈む夕日、明日また会いましょう



朝の気温は3度、吐く息は白い
九州とはいえ標高の高い山の朝はまだ寒い
ビーナスベルトに萌えるかわたれ時


また会えた朝日に顔を赤く染めた
清々しい良い朝だ



バイクに乗っかり風を切る
野にある植物の香り
山の空気の清涼感
海では磯の香り
季節や旅先での風土を感じながら風をきる
バイクは人に旅を教えてくれる乗り物だ。

ありがとう相棒


-Bike-
YAMAHA DT-1(1968)



2022.4.23 釣旅-桜鱒-

2022-04-25 19:15:00 | Trout

山形県の一級河川 赤川
3年前の今頃も同じフィールドにたち
サクラマスを求めたが
白銀の魚体を触れることは無かった
今回はその再挑戦、二日間の釣りの旅に出発した
リニューアルした通称「赤川三段」
釣り人の数は週末の割にかなり少なめ
釣り人の数と魚の数は比例しているのでしょうか
気になるところです
朝のゴールデンタイムは虚しく過ぎゆき
次第に釣り人も去っていく、三段は貸切りに
午前中の雨はあがり、晴れ間がのぞく昼下がり
唐突にその時はきた...


流れの緩急の境をダウンクロスで
ゆっくり流すように誘い出すミノーを
捕らえてくれた52cmの桜鱒
リアフック一本の緊張の攻防末
なんとかネットに収まってくれた


目の前に横たわる魚体は
砲弾のようにぶ厚い体高に
眩い輝きを放つ銀鱗


滲み出る精悍な姿に惚れ惚れする




いつしか陽は傾き
この日の夕陽はいつも以上に美しく感じた
きっと心の余裕かな


二日目は穏やかで平和な時間が過ぎ
午前中で釣りの旅の幕を下ろした。


釣旅での一魚一会を思い出に刻んで。
感無量。



-Trout Tackle-
Rod : CASKET
TRIUMPH / TRB77HS custom
Reel : SIMANO STELLA C3000MHG
Line : VARIVAS SUPER TROUT advance MaxPower PE X8
Landing net : WISECUSTOM 80straight


2022.4.17 消えゆく大雪庇

2022-04-20 07:57:00 | Mountain

東洋一とも言われている大雪庇がある
新潟県の守門岳へと登った

新潟の街を彩る桜は満開を迎え
今まさに春爛漫といった感じ
桜舞う下界の街から見上げる守門岳の雪庇は
時既に崩壊はかなり進んでいる様子
連日の暖かさからそのはずである
折角なので崩壊途中の大雪庇を
間近で見てみました
ルートは大岳から守門岳へと縦走する
周回コースで楽しんできました


この日は連日の暖かさからぐっと気温が下がり
守門岳山頂の予報気温は氷点下7度でした
山頂付近の樹々は樹氷となっていた
それでは大岳から守門岳へと1キロ程続く
滑らかな尾根の壊れかけの大雪庇をご覧下さい


奥に映る今にも崩れ落ちそうな雪庇は
豪華な一軒家ほどの大きさはあります



崩壊した部分の雪庇の高さは
余裕で10m以上はありそうです


人と比較すると崩壊はしてはいますが
雪庇の大きさがよくわかります


無事に守門岳に到着しました


山頂からの眺望は空気が澄んで
どこまでも晴れ渡る空に
彼方の山々が鮮明に映っています


日光白根山や男体山も望めます


辿ってきた尾根を振り返る
こうして雪庇崩壊や融雪も進み
雪解けの水は山に浸み大地を潤し
そして満ちた潤いは川へと流れ魚たちを育む
雪がとけて露わとなった潤いの大地からは
一斉に高山植物たちが芽吹き美しい花を咲かせ
生命に溢れる山となる
初夏の時期に咲き誇る稜線上のお花畑から
花の名峰とも称えられてるようです


オコジョや複数の熊さんの足跡も見つけました
越後の長い冬も終わりを迎え
もう山は目覚めている様でした。


この日は寒かったので見れませんでしたが
大雪庇の崩壊を間近で観るのも
迫力があって良いかもしれませんね。


camera
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark III
lens
M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO


2022.4.2 残雪の北アルプス

2022-04-06 12:28:00 | Mountain

文明の利器に頼り
標高2156mまで新穂高ロープウェイに乗っかる
そこから美しい残雪の峰を歩き
標高2909m西穂高岳へと辿り着いた

穏やかに晴れ渡る青い空
頬にあたる風はまだまだ冷たいですが
春らしい暖かな陽の光がそそぐ西穂高岳山頂から
大パノラマに広がる
残雪期の山岳風景をお届けします


雄々しく聳える
ジャンダルムと奥穂高岳


右側には槍ヶ岳
槍の穂先の雪は溶けているようです
左側には水晶岳、鷲羽岳、薬師岳も見えます


登ってきた尾根方面
尾根のずっと先には焼岳
更に先には雲のかかった乗鞍岳
谷には梓川が流れて上高地が広がります


たくさんの雪を被った笠ヶ岳とその周辺の峰々


「はぁー」っとため息が出るほど美しい
穏やかな山頂だけにお弁当を広げて
のんびりピクニック気分でも良さげです
それでは別れ惜しいですが
思い出のアルバムに記憶して
絶景に別れを告げて
来た尾根を戻り西穂山荘まで下山します



今宵は西穂山荘の小屋泊でお世話になりました



夕食はハンバーグとクリームコロッケ
個人的には副菜のしそ味の春雨が好みでした
勿論、主菜も美味でした


食後のサンセットタイムは
雲が多く一瞬のひと時でした


小雪が散らつく翌朝は早々に下山して
麓の秘湯温泉を堪能して帰路につきました。

雪の質が著しく悪くなるこの季節
雪崩れや滑落の事故情報をよく耳にします
この時期の残雪期は特に注意が必要ですね。


camera
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark III
lens
M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO


2022.4.1 中禅寺湖解禁

2022-04-03 05:52:00 | Trout

2022年解禁を迎えた中禅寺湖
今年も多くの熱き思いのアングラー達が
フィールドに立った


昨晩降った雪で一面雪景色となった中禅寺湖
5時の花火の合図とともに開幕された
薄明かりとなった解禁30分後
初当たりでヒットへと持ち込んだが
無念のフックオフ
その後も立て続けに当たるがまたしても逃す
2度のチャンスを逃してしまい
その後は静かな中禅寺湖となった


結果としては一尾も手にする事はできず
坊主で解禁釣行を終えた





寒い釣行にはホットな珈琲が身に沁みる



大きな男体山を眺め完敗した。


また挑戦します。


-Trout Tackle-
Rod : CASKET
TRIUMPH / TRB77HS custom
Reel : SIMANO STELLA C3000MHG
Line : VARIVAS SUPER TROUT advance MaxPower PE X8
Landing net : WISECUSTOM 80straight