天と地の間

クライミングに関する記録です。

2019登り初めは八面ボルダー

2019年01月04日 | ボルダー

冬山が予定より早く終わったので、登り初めに一人でボルダーでもしようと八面に向かった。
冬山のトレーニングで上半身の筋肉が落ちている。現状ではたいした成果は望むべくもないのは承知のうえだが、早めにクライミングモードに戻したい。今日の目的はそれのみ。毎年のことだ。
八面無線エリア行くと気温3度。‐10℃から戻った身には暖かいが、ボルダーするにはちょっと寒い。5cmほどの霜柱も立っている。


   「裏筋」やはり、登っている人がいないと絵にならない。

裏筋(初段)に取付くも、離陸が精一杯。指の感覚が乏しいし、体も堅い。
気温が上がるのを待って取付くと以外、本日2便目で核心を越えた。
ところが、ここからが悪かった。ホールドが乏しい上に、湿気っている。
こうゆうこともあろうかと、チョークボールを用意してきたが、すんなりとは登れないだろうとマットの近くに置いてきた。相変わらずだ。
スポッターはいない。下を見ると、マットが座布団なみに見える。あながち老眼のせいだけではないようだ。飛び下りようかとも思ったが、怪我をしそうだ。腰、膝、足首に持病がある身、決していい結果にはならないだろう。だが、ここまで来て諦めるわけにもいかない。
飛び下りても怪我。落ちても怪我なら登ろう。覚悟を決めた。しかし、なかなか踏ん切りがつかない。誰かスポッターを頼める人が来ないかとも期待したが、誰も来ない。10分近くスラブにへばり付いていただろうか。これ以上、留まると足の保持力が弱る。意を決し、岩の苔で湿気った指をパンツで何度も拭き、ホールドをまさぐりながら、文字通り這い上がった。
結果的には良かったが、一人でのハイボールはするものではないとつくづくと実感した。
とっくに無理はできない体。あちこちの関節が悲鳴を上げている。
こんな登りは今回だけにして、今年もゆるりと登ることにしよう。

 

コメント

年末は大山へ

2019年01月04日 | 冬山

年末年始は近場の大山に行くことにした。
29日、昼過ぎに大分を立ち、3時半、小倉で上野さん、古賀君を乗せる。
10時半、大山着。ふもとにテントと張るとすでに11時。これから飲むには遅いが明日の行程は行者小屋にまで。たいした行程はないと、飲み始めたのは良いが、1時過ぎまで飲んでしまった。


                                   年末に降ったおかげで思いの他、雪の量が多い。

翌日、小屋までのアプローチはかなりの積雪。前回来た時の倍ほどの量だ。ないよりはいいが、1,2日前に降っただろうことを思うと、着雪の不安定さが危ぶまれる。
10時半、行者小屋着。小休止の後、偵察とトレースをつけに取付き近くまでラッセルして戻る。小屋に戻ると時間はたっぷりとある。飲んで話して寝るだけだ。明日の行程を考えたら深酒はしてられない。
適当なところで切り上げて、シュラフに入ったはいいが、小屋の中は我々3人のみ。昨夜のテントと違い寒い。
軽量化で夏用シュラフで来たが小屋の寒さは堪える。それでも、日頃のストレスから解放された影響からかいつしか眠りについた。
翌日は、完全なホワイトアウト。行きなれた北アルプスのコースではある程度、無理をしても壁まで行ってみるがここ大山では無理はできない。岩に着いた氷も雪も不安定だろう。かと言って、メンバーの日程のつごうもあって、停滞もできない。壁は止めて山頂までのピストンに切り替えた。
7時半、小屋を出発。山頂までは人はまばらだ。頂上小屋に着いたのが9時半。ここも意外に人は少ない。


         御覧の通りのホワイトアウト。景色はまったく拝めない。

 

今日は31日。これから明日のご来光目当てに上がってくる人が増えるのだろう。
案の定、頂上小屋を出発すると、次々と上がってくる人たちに交錯して立ち止まることが多くなる。
頂上小屋を出て、およそ30分で行者小屋へ。早々にデポを回収して引き上げた。


                    静寂の中の行者小屋

                  
     下山の我々。行者小屋へ上がってくる人も、下る人も他にはいない。

コメント

今年3度目の八面無線塔エリア

2018年11月18日 | ボルダー

先月、八面ボルダー無線塔エリアの「一撃必殺」初段の離陸ができたので、少しでも前進させようと、今日も
また、無線塔エリアに来た。
すでに多くの車が止まっている。みんな無線塔エリアに行っている。


止めるスペースのないほどの車。

メインボルダーの手前にあるスラブでひっそりと、アップをした後、メインへ行くと今日も知らない若者ばか
り大勢いる。やはり引いてしまう。いや、向こうが引くかもしれない。
例えて言うならば、一人でビアガーデンに行って飲むような雰囲気」といえば分かるだろうか。無論、そんな
ことをしたことはないが。一人でボルダーするにはこの核心を越えなければならない。
昔はこんな事を考えたことはないがいつ頃からだろうか。
いい年こいて、一人でボルダーするには避けて通れないことだと思うしかない。


超人気の課題。「ノーズ」2級。次から次へと取りついている。


「一撃必殺」両手があまく、離陸が難しい。

さて、本題に移ろう。正面のノーズは相変わらずの賑わいだ。目当ての課題に行くと一人取りついている。お
邪魔させてもらい、取りつくが離陸が出来ない。何度か目にやっとできたが右手が出ない。ポケットがはるか
遠くに思える。それもしつこくやっているうちにどうにか触るまでになった。しかし、保持するには程遠い。
一方、同じ課題をやっていた若者は昼前に落として、他の課題に移動した。これからは一人。ムーブも見れな
い。自分のやり方でやるしかない。
逆転の発想で気にしていた左足を気にしないようにしたら、遠かったポケットに止まった。その後がわからず、
思い切ってガバに飛びつこうかと思ったが怖くて手が出せずフォール。そんなことが2度続いた。

指を休めようと、車の戻って昼食をとった後、休んでいると雲行きが怪しくなってきた。予報では夕方より雨と
なっていたが早まりそうだ。ゆっくりもしてられないと、30分ほどで戻り、再び取りつくと、離陸で失敗。重く
なったか。食べ過ぎたかと、10分ほど置いて集中して取りついたら、ポケットが取れた。今度は無理はすまいと、
焦らず冷静に左手を添えたら上手くかかった。思い切って右手を飛ばすとガバが取れた。
それでもう終わりかと思ったら、それからが意外に悪い。ガバから先は確認していない。スポッターは誰もいな
い。怖い。それ以上にここまで来て落ちたくはない。慎重に足を確認しながらスローバーをつないでいくと頂点
に届いた。

今回は思っていたよりも少ない便数で落とすことができた。幸いだったことは2回あるデッドが右手だったことだ。
左手が一回でもあったならばやめていただろう。
反省点は上部がわからない状況でかつ、スポッターもいない状況で登ったこと。今日は20人を超える人が来てい
たが私は一人。無理はしないようにせねば。

コメント

小積谷偵察

2018年11月11日 | 開拓

土曜日、季節が良くなってきたので、一人で岩場の偵察に行くことにした。
場所は湧塚の南側に平行に聳え立つ岩塔。袖ダキの展望台からよく見える。湧塚を通るたびに見下ろし、いつかはと思っていた場所である。


袖ダキ展望台より撮影(数年前に撮影のもの)左に立っている岩が
目指す岩塔。右にやや傾斜している。

登山口に到着すると、近くに止めるところがないほど多くの車が駐車している。この時期の大崩はとかくお客さんが多い。
登山道を歩くこと1時間。小積谷へと分け入り、道なき道をさらに1時間20分。目的の岩塔にたどり着いた。
途中、滑りこけて顔面を打ったり、踏んだ石の近くの巨岩が崩れ落ちたりと、危うく映画127時間の二の舞になるところであった。原生林の中の谷はとかく危ない。ここでけがをすれば大変なことになる。ここはだれも通らない。
基部にはすぐに来れたが、開拓の可能性がある北面に回り込むのが一苦労。空身ではなんてこともない所でも時間がかかる。無理は禁物だ。


小積谷から望む小積はでかい。


岩塔基部より撮影。北面は傾斜している。無論、ルート取りは北面。
右にまっすぐに立っている樹木は10mほど。

北面を見渡すと、思った通り、可能性のあるクラックが走っている。下部はシンクラック、上部に行くにしたがいワイドとなる。3本ほど良いラインが引けそうだ。そして、どれも傾斜があるだけに難しそうだ。
気になるのは1点。北面だけに苔があり、掃除に時間がかかりそうだ。この時期に乾いていないのが気にはなる。
ここにルートを引いたとしても、誰も来るものはいないだろう。それでも取付く価値は十分にある。
この日は一応、試登もするつもりでギアとロープを担いできたが、試登するには難しすぎる上に、ギアも足りない、時間も足りない。諦めた。
結局、何より足りなかったのは・・情熱だったか。
その情熱が年々薄れていく。雲母が剥がれるかの如くに。

北面の基部全体を隈なく見て、写真に収めて下る準備にかかっていると、「上部から大丈夫ですか!」と声が聞こえてきた。振り仰ぐと袖ダキ展望台に4人のハイカーが小さく確認できる。おそらくは、私が迷っていると思ったのであろう。当然であろう。ここに来るものは誰もいない。
何れにしてもありがたいお声掛けである。すかさず、両手で丸を作って返した。


スカイラインの上段のテラスが袖ダキ展望台。3,4人確認できる。声をかけてくれた人だ。

谷に戻ると、歩きのトレーニングでもしようと、谷をつめ、湧塚と坊主尾根の間のコルに上がって、
坊主尾根を下った。


小積の頭より広タキを望む(中央右壁)。その直下はクロスケオテ谷。今年も狙っていたが、都合の合う
日は豪雨にみまわれ行けずじまいとなった。来年こそは行きたい。
左の壁は通称馬の背。登参口からおよそ40分で行ける。大崩では広タキに並んでアプローチの短い壁で
ある。壁はかなりでかい。弱点は少なく、ルートは1本のみ。6ピッチ最高グレード13Ⅽだったか。

コメント

再び八面ボルダーへ

2018年10月31日 | ボルダー

土曜日に今年最後の沢に行こうと計画を立てていたが、深夜にかなりの雨が降ったために取りやめた。
 代わりに日曜日、八面のボルダーに行くことにした。
 前回、後一手と迫って止めたのが心残りで、再び八面無線エリアへ来た。ここはランディングが良いため、
  一人で来るにはいい。

 紅葉シーズンとあって、この日はハイカーも多く、無線塔まで上がるとかなりの車が
 止まっていた。

10時半、駐車場に着くと、車の止め場がないほどいっぱい。
 隅のほうへ止めて、メインエリアに行くと、かなりの人がいる。
 一瞬、手前でためらった。10人は超えているだろうか。皆、知らない人たちばかり。それも若い。今や
当然ではあるが。
 私には登る前に最大の核心がある。一人で大勢の若者のグループに入っていくと、場違いな雰囲気の目線に
 あう。思い過ごしであればいいのだが、年の差が開きすぎると、どうしてもそのあたりが敏感になる。
リードではあまり感じないことである。もっとも、リードの時は二人以上で行くからこういう感覚にはあまり
ならない。

 来た以上は遠慮してもはじまらない。。
 目的のノーズにはすでに何枚かのマットが敷かれて入れ替わり立ち代わりトライしている。
入れてくださいとお願いして、アップもそこそこに課題に取りつくと、4手目ですでにムーブを忘れていてフォ
ール。5分ほどおいて、取り付くとあっさりと登れた。
やはり、前回登れなかったのは単に左手を出す思い切りのなさだったようだ。それが私の課題でもある。
 左手を出す時にはいつも躊躇する。

 目的の課題を落としたので「チェルシー」をやろうと分岐のボルダーに移動すると、4,5人のグループが下り
てくる。エリアに行くと、片づけている人が一人。聞くと地元の人だという。
ムーブを少し教えてもらった後、一人でひっそりと取りついたが、何度かすってんころり。
 人がいないのにこしたことはないが、いなければいないで一人だと無理はできない。
ムーブが定着するまで怪我をしそうだ。そう判断して、また無線塔エリアに戻る。
 無線塔エリアは、先ほどチェルシーから引き揚げてきた人が合流している。
 ノーズの右奥にある初段(一撃必殺)をやってる人がいたので加えてもらい、取りあえず取りついたが・・
 なかなか離陸ができない。6回ほどやって、やっと離陸できたものの右手が出ない。
それも何度かやっているうちに2度ほど浅いポケットに指が届いた。
やってればできるものだ。右手出しなのが幸いした。
しかし、ポケットを取ったとしてもそれからが悪いのだろう。
 欲を出すと怪我の元。大事の前(冬壁)に腰でも痛めれば走れなくなる。考えてみると、外でのボルダーは今年は
 今日が2回目。無理はすまい。
 今日のところは1本登れたのを良いことに引き上げることにした。

コメント