天と地の間

クライミングに関する記録です。

お盆は帝釈、三倉へ

2018年08月15日 | フェース

お盆休みの11日から13日に帝釈、三倉に行ってきた。メンバーはMさんとふたり。
 初日は花子岩へ。
昼過ぎに着くと、誰もいない。今日は誰も来ないだろうと左端のアップから登り始める。2本登った登った後、長旅の疲れと暑さの中でのクライミングでぐったりとなり、休んでいると、男女のペアが下りてきた。
岡山から来たという。丁寧にエリアの解説もしていただいた。
この日は、12aのルートにも取付いたが、フットホールドの乏しさに戸惑い途中敗退。まあ、初日は無理をすまいと5時過ぎにエリアを後にする。

はじめての花子岩
かなりのスケールだった。切り株の3倍以上あろか。

東城にて買い出しの後、今日の宿泊先のながの村に向かう。
お風呂に入った後、調理場に行くと、花子岩で出会ったYペアがすでにビールを片手に食事をしている。
ながの村の村長も入り、4人でしばし談笑。
話をして感じたのは、やはり、ここで登っている人は強いということ。そして、よく遠征に行っている。九州のエリアはほぼ網羅して行っている。
本匠の主要なルートは落としている。遠征で来て登っているだけに、少ない回数で落としているのだろう。

2日目はYさんに岩谷に案内していただいた。
1本、アップで登った後、「初夜の床」に取付くも、出だしが濡れていて離陸に苦労する。右寄りから行くのかとも思ったが、やはり、ここはボルト沿いに直上だろうと、試みたがあっさりテンション。ホールががやけに遠い。Yさんに聞くと、右のガバホールドからとのこと。
なんとか、離陸はできたが、その後は猛烈な湿度と暑さの中、汗でずぶ濡れになりながら、どテンションでやっと終了点へ。
登る気力も意欲もなくなり、回収してしばらくの休憩の後、「バージンロード」にトップロープを掛けるために取付く。グレードこそ低いが長いために、下りて来た時に汗だくでぐったりとなる。

猛烈な湿度と暑さの中、粘る気力も萎えた。

 

3時過ぎ、三倉へ移動のため帝釈を後にする。

3日目、7時過ぎにキャンプ場を後にして登山道へ向かっていると、山荘の管理人と出会う。30分ほど、豪雨後の三倉の状況や近況を聞いて、Bコースへと向かう。
宮さんがクラックは初めていうことで、源助崩れを選ぶ。「モアイクラック」にトップロープを掛けた後、「ヒップクラック」でもと思っていたら、蜂の巣があるとの注意書きを見て諦める。
一方、宮さんはテンションはかかったが、「モアイクラック」を終了点まで登った。日頃の成果だろう。上部は結構難しい。
ジャムの感覚を若干でも掴めたとのこと、なによりだ。

三倉源助崩れ
クラックに行く人がめったにいないために、ずいぶん
久しぶりの三倉となった。8年振り位だろうか。

暑さと、 久しぶりのクライミングと相まって、結果なしの遠征となることは見越していたが、休みが3日と相手がいれば慣れ親しんだエリアで登るより遠征したい。
今回の唯一の成果は地元のクライマーやご近所の人と交流ができたこと。
エリアの案内もしていただき感謝にたえない。

コメント

GWは備中へ

2018年05月06日 | フェース

GWの春山は休みが合わず断念。代わりに3,4,5で備中、帝釈の遠征を計画した。
誰か希望者がいれば誘っていいよといっていたが、誰もいないとのこと。
ところが、相方のK君が5日が仕事になったとのこと。仕方がないので3,4日で行くことにした。が、3日が完全に雨予報になった。二人でもあるし、取りやめた。
それから二日ほどたって、K君から4,5日で備中の誘いが来た。今のところ3人という。5日が休みになったのだろう。
岩の状態が心配だが4人ならば良いだろうと、行くことにした。

備中は12年振り位だろうか、すっかりご無沙汰している。昔は3連休があれば必ず遠征していたが今は本州へ行く人は少ない。
クライマー人口はすさまじい勢いで増えているが、そのほとんどがジムクライマーかボルダラー。それでもリードクライマーの数も昔よりは増えているはず。しかし、遠征に行ったという話はあまり聞かない。
行く人がいれば多少は無理してでも行きのだが。たまに出ないとリフレッシュできない。

4日、列車で小倉駅に向かい、北口に迎えに来てもらった。途中、渋滞にあい、備中に着いたのが2時。初日は皆が行ったことがない権現へと案内。
状態は、染み出しが若干あるものの、この時期にしては良いほうだろう。
11aでアップの後、もう一本、11bcでアップをしようと思ったが、状態が悪くやめた。聞くと最近は誰も取付いていないという。
なるほど、粉がふいている。

アプローチ0の権現。いつ来てもにぎわっている。

権現の二大看板に取付いている2人


その後、「もも」に取付いたが情けなくも出だしでテンション。その後は2/3ほどノーテンで上がったが持久力が枯渇してロアーダウン。
言い訳まがいに初日は無理をしまいとこの日のクライミングを終える。

本日の宿は黒鳥の杉田さんがやっているクライマーの宿で泊。すこぶる快適。自炊に不自由はしない。お風呂もある。
昔は、平川のコミュニティーセンターに泊まっていたが、そこよりは買い出しも岩場も近くて申し分ない。

4日、皆に行ったことがないなら一度は行くべき、見るべきと羽山を提案。
帰りの渋滞を考えたら早めに取付いたほうがよかろうと、6時過ぎに宿を出た。

ミラーの後ろにあるルートが唯一のアップルート11a

羽山もアップルートは11aしかない。無理をせず、途中で下りる。
その後、昔、終了点直下でフォールして悔しい思いをした「もうすぐ秋だ」に取付いたが、情けないことに中間部の核心がクリアできない。
3回やったがだめだった。ムーブは忘れていが、断片的に頭に残っているために一層悪い。

最も被った部分。真ん中のチョーク後が12a被り基部が終了点。

門前払いにトライ中の遠征クライマー

もうすぐ秋だにトライ中のメンバー。

あわよくばと思っていたが、久しぶりの備中、簡単には登らせてはくれない。
皆、次に行きたそうな気配だし、私とて今日は無理と判断して、長屋坂へと転進することにした。
長屋坂はいつ来てもにぎわっている。15人ほどいる。
取付いたことがない「morisama」に取付いたところ、最初の核心のルート取が分かりずらい。代わる代わる取付いたk君も苦労している。
やっと分かったときには、時すでに遅し、体のほうがすでに終わっていた。
数年前から肉体的に連続二日のクライミングは厳しくなってきた。一日でさえも疲労が次の日まで強烈に残る。
衰えと折り合いながら無理をせずにやるしかないだろう。

4時前に備中を出て、家に帰り着いたのが午前1時であった。当然、次の日は疲労で完全オフ。
若いときは疲労すれば爆睡していたが、今は疲労しすぎれば眠れないという二重苦にあえいでいる。
やはり、緩くやっていく行かないのだろう。

今回は1泊2日という強行軍だったが、大分から直接乗り合わせていけば、道路事情がよくなった昨今であるだけに無理をせずに行ける。
定期的に計画を立てて行きたいものだ。

 

コメント

2018年末年始 八ヶ岳「阿弥陀北西稜、大同心大滝登攀」

2018年01月03日 | 冬山

年末年始は久しぶりに滝谷を考えていたが、体調不良、トレーニング不足を理由に今年も八ヶ岳となった。
メンバーは上野さん、古君、堤君。上野さん以外はともに冬山に入るのは初めてのメンバー。計画は、摩利支天大滝から阿弥陀岳北西稜の継続登攀である。
4人も集まるのはめったにないことだ。これだけいれば陸走も可能だろうと車で行くことにした。
12月29日、堤君の勤務明けを待って、大分を朝9時に出発。11時半に小倉で二人をピックアップ。長い陸走が始まった。
深夜の11時半、やっと今夜の素泊まり先である八ヶ岳山荘に到着。すでに明かりは消えている。他のお客さんの手前、車の中で酒を飲み、人心地着いたところで山荘に入る。
明けて7時過ぎに山荘出発。美濃戸口山荘を過ぎた辺りで、下山してくる2人パーティーをすれ違いざま見ると、なんと。かつて所属していたクラブの先輩、K藤さんだ。まさかこんなところで会おうとは。ひとしきり近況を話した後、別れたが、まだまだ現役で登っているようでなによりだ。こちらが元気をもらえる。
10時、行者小屋に到着。テントを立てて、摩利支天大滝の偵察に行くことにした。途中、阿弥陀岳北西稜から引き返してきたというパーティーに出会った。聞くと、ラッセルがひどくて時間がかかり引き返りたとのこと。摩利支天大滝も左右がつながってなかったという。
状況は良くないことばかりだが、行って見ての判断だ。
摩利支天大滝が見えるところまで行くと、確かに中央部分しかつながっていない。まだ発達していない。

つながっているのは真ん中のみ。しかも状態はよろしくない。


その中央部分でも登られればいいのだが。
直下に行って見上げると、状態が悪い。左右には水も流れ落ちている。
登れなくもなさそうだが、ここで時間を取られればその上の北西稜の継続が難しくなる。そう判断して、明日は北西稜を下部からつめること決め、北西稜の取付きへと偵察に向かった。
末端からトレースがついている。途中で出会ったパーティーが付けたものだろう。10分ほど上がって、問題はないだろうと引き返す。
行者小屋に帰るとまだたんまりと時間がある。当然、飲むしかない。

行者小屋ベースにて

 

31日、4時に起きる予定が4時45分に。継続を止めたとあって、緩んだようだ。
7時前に出発。ロープを出すところまで来ると先行2人パーティーが見えた。


追いついたところで話を聞くと、福岡から来たとのこと。ありがたいことに譲ってくれた。
11時、登攀終了。

 

阿弥陀岳ピークにて

1日、撤収して、大同心大滝に行くことにした。
赤岳鉱泉にデポして、沢をつめること25分。基部に到着。標高が高いだけにここは繋がっている。
不思議なことに、これだけのスケールにもかかわらず先行者はいない。幸運だ。

下部をリードする堤君


2段目から始まるメインの部分は傾斜が強く。意外に手ごわい。シーズン初のアイスとあって、動きがぎこちないのが分かる。
加えて、今回は登攀をメインにすえてセミタッチの横歯できた。やはり、縦歯と勝手が違う。 スクリューを2本セットして2mほど上ったところで不覚にもフォールした。スクリューは止めてくれた。怪我もない。落ちた悔しさよりも無事に落ちたことにほっとする。 アルパインクライミングは落ちないのが基本。今回のフォールでセッティング技術とギアの確かさを再確認したのは良い 経験にはなった。 フリーで越えたかったが一度フォールすると、テンションを入れることに躊躇がなくなる。休み休みで上部へ抜けて、二人が上がってくるのを待つ。

上部をリードする私。今期初の氷。必要以上に力がはいる。

 

終了点まじかの堤君。

 

上り終える頃、4人パーティーが上ってきた。いいタイミングだ。 左上部に小さく見えるのが後続パーティー

 

懸垂するk賀君


赤岳鉱泉名物のアイスキャンデーと大同心心をバックに撮影。今後が楽しみな2人だ。

今回は2日のみの行程であったが、ドライツール、アイスと2日なりに楽しめた。
八ヶ岳は入りやすい。通年小屋も多い。人も。逆に言えば、緊張感が落ちる。
しかし、冬期登攀からアイスクライミングまで手軽に楽しめる。もう、体力も落ちてきた昨今、機会があれば、また訪れるだろう。

 


 

コメント

武平谷(クロスケオテ谷)遡行第2弾

2017年09月06日 | 

武平(たけひら)谷、またの名をクロスケオテ谷ともいう。両岸は高い壁が立ち上がり、正面は滝が行く手を遮る。未だに前人未踏。正に秘境である。
流れ落ちる水は清い。我々が魅せられないわけがない。

8月13日に初めて入った時は、水量の多さと寒さのために13mの滝で撤退を余儀なくされたがその折にここは越えられると確信した。
その日以来、攻略方法をいろいろと考え、水量の減る日を待った。

今回のメンバーはアリキチちゃんを加えての3人だ。9月1日、午後11前、大崩登山口近くで落ち合い、ビールを飲みながらの作戦会議。その後、車で仮眠。5時半に起床し、慌ただしく準備を整えて6時50分、入渓する。
気温は前回よりも低いが水量が減っているのが幸運だ。しかし、沢では寒さが闘争心をなぎ倒してしまう。その気温がいささか心配だ。

広タキスラブ。すばらしいスラブだが訪れる人は少ない。

 

広タキスラブを下から撮影。

 

手前が広タキスラブの取り付き。左のピークは硯岩。その硯岩と右の壁の間が武平谷。

8時半、前回撤退した13m滝に到着。
水量が前回よりもかなり減っている。滝を正面から登ろうかとも思ったが、水量が減ったとはいえ、水圧に耐えられそうにはない。上部はコケも生えている。
予定通り、やや左にルートをとる。
リスはあるようだが苔がついていてサイズが判別できない。苔をこさぎながらの試し打ちが多いため時間がかかる。今回は、回収を考えてナイフブレード、ラープを用意した。それが効きづらい。せめて横リスがあればいいのだが。

ビレイはしばらくは水中だった。

ある程度上がったところで、白きりさんを呼んでビレーしてもらう。
時折、白きりさんの雄たけびが聞こえてくる。下半身は水中でのビレイだ。寒さに耐えているのが伝わってくる。時間をかけていはいられない。そう思いながら伸び上がると突然、体が飛んだ。いつまでも落ちていく感覚がある。とまれ、とまってくれ!
頭から水面に落ちたところでやっと止まった。ビレイヤーのほうが上にいる。怪我はなかったが、ビレイヤーの上に落ちなかったのは幸運だ。

ハーケンが抜けたのだ。5mは落ちただろうか。やはり、抜けたのは効きが甘いと思っていたナイフブレードだ。
気落ちした。自分の未熟さと、久しぶりの極度の緊張と恐怖で一瞬、止めようかと頭をよぎったが、ここで止めては後はない。尾を引く。ショートルートのフォールとはわけが違う。
そう気を取り直して、すぐにゴボウで登り返す。
なんとかブッシュが生えている箇所には来たが、あるだろうと想定していたホールドもクラックもない。右に行くしかないがここもホールドなし。よく見ると、1m離れたところに小さなエッジがある。スカイフックを掛けると掛かりは良い。しかし、得てして、掛かりの良いエッジは欠けやすい。
スリングを掛けて乗り込むと、スカイフックの刃先が揺れる。もってくれと、祈る気持ちで右にそっと、乗り込む。なんとか安定したが、いつ欠けるとも知れない。いつまでも乗ってはいられない。といって、右は滝の水で濡れた岩。苔も付いている。ここは思い切るしかないだろう。苔ったスタンスに乗り移って、覗き込むと、カムが効く箇所があった。落ち口まで後2mあるがこれで思い切って行ける。
滝の落ち口に手をかけて跨いだ時には安堵と共に確信が実現したことに充実感を味わった。

滝の落ち口の3m先にある巨大なチョックストーン。ここをくぐっていく。

 セカンドで上がってきたアリキチちゃんに先行して偵察に行ってもらうと、第2核心の滝の手前に上陸できるところがあるという。これは幸運だ。
サードで上がって来た白きりさんの続いて、チョックストーンをくぐるとすぐに15m滝が現れた。
両岸は被っている。絶望的なところに掛かっている。初登者は下の滝の手前から迂回して上っている。その人の記録には、ここに下りてもどうにもならないと書かれていたがうなずける。それでもみんなの目で見ているうちに弱点が見えてきた。可能性はなくはない。しかし、ギアが足りないし、時間もない。中途半端に取付くわけにはいかない。
残念だがここで撤退と決めた。

撤退した第2の滝。側壁は前傾し、滝が行く手を阻む。

せっかく上った滝の横を懸垂で下りる。

滝を下から見上げる。

 

3段40m滝を懸垂する白きりさん。

 

近年にはなく血をたぎらせてくれる。沢のシーズは終わっているが近いうちにまた来たい。

 

明日はあそぼう会のチームに入れていただいて、鹿納谷に行く。明日はゆったりと景色を眺めながらの遡行といこう。

あけて3日、日曜日。昨夜は久しぶりに庵に泊まって談笑した。
今日はあそぼう会のメンバーは6人、大分からは私と宮さん。総勢8人の大所帯だ。
少々遅くなるだろうがちょうどいい。昨日の疲れがかなり残っている。今日は先を急がずに大自然を満喫しようと、アリキチちゃんに先導してもらう。

昨夜と待った庵から15分程度。しかも入渓まで1分あればいい。

 

入渓してすぐに開ける花崗岩の一枚岩

 

この造形美を見るだけでも来る価値がある。

 

ここへ来る時は飲料水は持たない。

 

ここから皆飛び込んだ。

 

巨大なカマの中に立つアリキチちゃん。

 

下山して一枚岩の上で憩う美女3人。

私とアリキチちゃん以外、皆、ここは初めてとのこと。皆、ここの景観に大いに満足したようだ。もちろん、私も。ここは何度来てもいい。

 

 

 

 

コメント (3)

武平谷(クロスケオテ谷)遡行

2017年08月14日 | 

昨年より延ばし延ばししていた武平谷に12日(日曜日)に入ることにした。雨量の多かったこの時期、かなりの増水が予想されるが二人の予定が合うのはいつのことかわからない。それを考えるとやむなしである。

武平谷(クロスケオテ谷)は大崩山系にある。「九州の沢と源流」によると、初登は1980年9月、それ以来、完全遡行は聞いたこともないと書かれている。八代ドッペルの遡行の記録では13mの滝の手前からボルトとスカイフックを使いながら側壁を登り、トラバースして13m、15m、13mの3つの滝の上を迂回している。途中で下りて遡行するのは不可能なような記述である。抜けるまでに延べ3日を要している。この記録と広タキスラブから見た記憶で我々は容易には近づけないことはわかっている。今回はあくまでも試登と割り切っての取り付きである。

8時10分、入渓。やはり花崗岩はいい。岩の見た目はもちろんのこと、とりわけ水のきれいさといったらない。

入渓地点。標識ですぐに分る。

飛び込むのが早い。ここは足が着いたが。

 

50mの滝。水量が少なければ、登れなくはなさそうだ。

 

40mの3段滝。これを越えるのは不可能だ。右へ巻いて上る。

 

40m滝を上ったところ。右に大きく壁が立ち上がる。真に秘境だ。

 

最初の核心点の13m滝までは 「九州の沢と源流」通りの遡行であるために割愛しよう。13mを見たときは、怒涛の如く流れ落ちる水量と傾斜の強さ、取り掛かりのなさから絶望的と思った。

行く手を阻む13mの滝。

 

 

 

上部の壁からゴルジュが待っていそうだ。

滝直下の上野さん。狭いだけに水圧はものすごい。

 

大崩山系ならではの清流。飲料水はいらない。

それでも行ってみなければわからない。可能性を探るために20mほど泳いで真下まで行き、ステミングで1mほど登ったが水圧に耐えられるはずもなく、それ以上、進むことはあきらめた。滝は岩を抉って出来ているために水量さえ少なければかなり上までステミングで行けそうな気がする。問題はカムが取れる箇所がそれまでにあるかどうかだ。滝の正面突破以外にも可能性を見出したが、如何せん、瀑布の冷気に耐えられない。10分もいただろうか。歯の根が合わなくなるほど震えだした。こうなると闘争心も萎える。ひとまず陸地へと引き返すことにした。

今日のところは滝を正攻法から攻めることは諦めて、滝の手前、左側壁に打たれたボルトが利用できないかと見ると、全て錆びており、中にはリングが朽ちかけているのもある。それでも連打されている箇所まで行けば、何本かの内、1本でも止まるだろうという淡い期待をもって、リングボルトにタイオフを掛け、エッジのある個所はスカイフックを利用して進んだ。そうして5mほど上ったが左に打たれたボルトが遠い。無理すれば行けなくはないが、錆びたボルトではホールはできない。ボルトキットは持ってきているがもとより緊急用。ボルトでの登行は頭にない。ここでやむなく、ここで撤退と判断した。

帰りにて撮影。左の壁は広タキスラブ。

 

懸垂地点(40m滝)より見下ろす。

 

40m滝を懸垂する上野さん。

 

今回は試登。唯一の成果は最初の核心である13m滝の可能性を見いだせたこと。その上には15m、13mの滝がかかると記録にはある。「九州の沢と源流」によれば可能性が無いように書かれている。上部から懸垂で下りた人の記録でも可能性は薄いようだ。我々は13mの基部より上部は知らない。とりあえずは可能性がある目先のものを一つ一つ解決して行くしかない。可能性がなくなった時に諦めればいいことだ。

先が分からないのは楽しみだ。保温を考え、水量が減った時を狙って再度来たい。

 

 

コメント