波と風、空と雲 ver.3.0

自分に正直でいよう! 生きている限り、人生を大いに楽しもう!
そうだよな・・・フレディ

ウネリとウリ

2019年08月27日 | 2019釣行記


南房の夕景は素晴らしい

釣り場に着くといつもの駐車スペースに車が・・・

『日曜日の夕方だが・・・先行者かな?』

不安がよぎる中、海岸に出ると、壮年のカップルが夕景を観に来ていたようで、仲良く並んで腰掛けていた。

その脇を

『お邪魔します・・・』

と呟いて、釣り座へ向かう


タックルの準備を終えてふと顔を上げると、冒頭の画像のよう夕景が・・・
思わず

『おお〜すげ〜!』

と声が出る。
夕景から足元の海面に視線を落とすと、ウミガメが顔を出して悠々と泳いでいる。

ここは天気の良い深夜は、天の川が見えて、流れ星が一晩に何本も駆け抜ける・・・
都会から数時間のところにこれだけの環境がある。
ワシにとっては、他に代え難い非日常の世界だ。


・・・んで


そんな雰囲気に浸ることは一瞬で、セカセカと準備して第1投!

沖からウネリが予報より大きく、足元をさらう程ではないが回り込んだ波からの飛沫が風に乗って飛んでくることがあり鬱陶しい。
いつものポイントは、真横からの風向き、しかもウネリを受け止める体勢になるので、左手からウネリを受けるが、風を背にする方向を向いてできるポイントを選択した。

数投、コマセだけを入れて19時前から開始。
最初のアタリは20cmほどのアジ、続いて同サイズのイサキ、ウネリが徐々に大きくなり、仕掛けが入っている時は、竿先を上げてやり過ごさないとラインを叩かれてポイントがボケてしまう。



それでも、ウネリの間を縫うようにポツポツとアタリを拾って同サイズのアジ・イサキを追釣する。

産卵を終えたからなのか、細身の魚体が多く、小型の数釣りの様相になってきた。

そんな深夜、光跡を残すことなく一瞬で消えるウキ!

新調したプレッサドライ3号52-Fを心地良く曲げて、一目でオオアジと判るサイズが上がった!



暴れるお魚を落ち着かせて画像を確保
結果にこだわるサヨサヨ水産のメンバーにラインをしておく

前回、長年愛用していた遠投EV3号siが破損して、竿は新調したが、今回はなんとリールがストッパーが効かなくなる不調が発生、なんとか騙し騙し使うことが出来たが、メンテするか?こちらも買い替えか?

そんな事を思いつつ、気がつけば、クーラーの中身もほどほどに充実してきたところでコマセ切れで終了。
結局ウネリは朝に向かい収まって、クーラーの中はアジくんとウリンボくんが大集合というお話でした。




日時:8月25〜26日 若潮
場所:南房某所
釣果:アジ33cm×1尾、20〜25cm前後17尾、イサキ20〜25cm前後×22尾、トビウオ×1尾

アジは小型が多かったけど、脂がのって美味しい。
タタキに中落ちで取った出汁をかけて食べるマゴ茶漬けが最高!
イサキは大アジと共にお刺身に、2日目はカルパッチョ♫
アジはなめろうも






ご馳走さまでした♫
コメント (8)