けいいちの日記

「けいいち」が綴るスポーツネタを中心としたブログです

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

韓国政府はやる気がなし

2006-06-30 | 世間ネタ
金英男さんが会見 「めぐみさんは自殺」と説明 (朝日新聞) - goo ニュース やはり予想通りだった。 横田めぐみさんの夫とされるキム・ヨンナム氏は「めぐみさんは自殺した」「自分は拉致されたのではなく、北朝鮮に救助された」など、誰がどう聞いてもおかしな説明が展開されていた。彼の母親も完全に困惑していたが、まるで寺内武志さんの時と同じ内容で、北朝鮮当局が書いた『作文』を読んでいるのが明確である。 . . . 本文を読む
コメント

準々決勝を予想してみる

2006-06-29 | FIFAワールドカップ
いよいよ、W杯は準々決勝、クライマックス突入である。 さて、組み合わせは下記の通り。 ・ドイツ対アルゼンチン ・イタリア対ウクライナ ・イングランド対ポルトガル ・ブラジル対フランス まずはドイツ対アルゼンチン。 この対戦は86年、90年のW杯ファイナルのカードであり、準々決勝でのマッチアップはかなり惜しい気がする・・・。ともに攻撃型チームであり、クローゼ、ポドルスキ、バラックを中心としたドイツ . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (3)

ブラジル磐石、フランス執念

2006-06-28 | FIFAワールドカップ
スペイン、残念・・・。フランスに敗れてしまい、ベスト16で姿を消してしまった 1次リーグでは内容の良いサッカーを展開していたけれども、やはりH組のレベルが少し劣っていたということか?しかも、親善試合以外ではスペインはフランスに勝ったことがないらしいし。ただ、今、スペインはトーレス、ビシャ、セスク、イエニスタなそ素晴らしい若手が多いので、EURO2008や南アフリカのW杯では躍進が期待できそうだが・ . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (7)

無失点スイス、散る

2006-06-27 | FIFAワールドカップ
スイス対ウクライナはスコアレスドロー、PK戦で3-0でウクライナがベスト8に進出した。 実は、スイスは今回のW杯では無失点なんですよね。それでも、ベスト16で散るのがサッカーの面白さでもあり、難しいところなのでしょうか・・・。 ウクライナは初戦のスペイン戦で0-4とボロ負けして、しかもPK戦ではシェフチェンコが失敗しての、このベスト8進出です。「ここまでよくぞ、勝ち上がった!」と感心します。 クォ . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (1)

ドイツ対アルゼンチン!!

2006-06-25 | FIFAワールドカップ
いよいよ、決勝トーナメントがスタートしました。 昨日は富士急ハイランドに行ってきて、決勝Tは朝のTBSのハイライトで見ました ドイツは圧勝ですね!! ポドルスキの2得点は、事実上クローゼの得点でしょう!タレントの土田晃之がしきりに「クローゼは2002年の時はヘディングだけの選手だったけど、4年間で上手くなったな~」と言っていたけど、ワタクシも同感です今のクローゼならば、たぶん得点王の可能性もある . . . 本文を読む
コメント

「オシム」の前にやるべきこと

2006-06-25 | FIFAワールドカップ
次期日本代表監督に「オシム」と口にしてしまい、それを「世紀の大失言」と弁明した川淵キャプテン。 それを受けてか、マスコミは「次期代表監督はオシム」と、まるで既定路線のごとく報道している。 確かに、オシム監督はJ2降格候補の常連であったジェフをわずか4年で優勝争いに加わるチームに変身させた。(昨年はナビ杯を制覇し、ジェフに初タイトルをもたらせた)ドイツで晒した運動量の少ないサッカーと比較して、今のジ . . . 本文を読む
コメント (3)   トラックバック (3)

惨敗、そしてこれから・・・

2006-06-23 | FIFAワールドカップ
ジーコジャパン(という言葉が私はとても嫌いなのだが、あえて使わせていただく)はドイツで1分2敗、勝ち点1という成績に終わった。まぁ、これから(というよりも現在もだが)日本代表に対する数多くの批判は展開されるだろうし、「これから」の日本代表に対する不安は大きい。 私もいろいろと思うところはあるのだが、様々なコラムやブログで展開されているモノと同様だろう。 「選手に闘争心がない」「ジーコは無策だった . . . 本文を読む
コメント (4)   トラックバック (3)

中田の涙

2006-06-23 | FIFAワールドカップ
「中田が泣いている」 テレビでジーコ監督の“言い訳〟を流していた時に、映像が中田のアップを写った。明らかに目に涙を浮かべている。試合が終わってから日本代表がピッチを去ってからも、中田は倒れこんでいた。そんな彼にロベルト・カルロスやロナウドが声をかけている。 中田が涙を流すなんて、想像できなかった。 「クール」「孤高」「闘将」 彼を表す単語としてはこの3つが該当するのではないだろうか? 私は中田は . . . 本文を読む
コメント (2)   トラックバック (3)

ブラジルに完敗・・・

2006-06-23 | FIFAワールドカップ
1-4とブラジルに完敗でした・・・。 前半は本当に「もしかしたら・・・」という期待を抱かせましたが、後半は完全に本気モードのブラジルが圧倒してましたね大人と子供の差以上の実力を感じました。 中田ヒデが試合終了後5分が経過しても、ピッチで倒れていました。 日テレが「歴史的1点」と表現していますが、そういうのは慰めにしかならないだろう・・・。 . . . 本文を読む
コメント (1)   トラックバック (1)

ブラジル戦、1-1で前半終了

2006-06-23 | FIFAワールドカップ
前半34分、稲本からのサイドチェンジをアレックスが受けて、中に切り込んで、玉田にラストパス。玉田が左足を思いっきり振りぬき、ニアサイドに叩き込んだ!!日本先制!! しかし、ロスタイムにロナウジーニョからのパスを、右サイドフリーのシシーニョのヘッドでの折り返しから、フリーのロナウドに。ロナウドが頭で合わせて1-1。 ブラジル、やはり個人技で日本を圧倒。川口、相変わらず好調。 前半のロスタイムの失点 . . . 本文を読む
コメント

Twitter