ピンネの風に揺られて

気ままな日帰り山行

遭難者(不帰ノ嶮)

2018年07月17日 04時37分26秒 | 

折原一 著 




ノンフィクションという形式を取りながらのフィクションです。
内容はミステリー小説の分類ですか。
コメント

生還

2018年07月13日 05時15分23秒 | 

大倉崇裕 著 / 山と渓谷社 出版 / 2008年9月




コメント

クリムゾンの疾走

2018年06月26日 04時36分58秒 | 

樋口明雄 著 / 徳間文庫 出版 /2018年1月
Kー9シリーズ
今回は神崎静奈嬢のスーパーアクションが中心。
山は少しだけ。



コメント (2)

尾根を渡る風

2018年06月22日 04時40分02秒 | 

笹本稜平 著 / 講談社 出版 / 2013年11月


「駐在刑事」の2作目





「奥多摩湖」所沢に住んでいた頃行ったことが有るような、無いような(-_-;)
そろそろ次作品を期待
コメント

駐在刑事

2018年06月15日 04時45分25秒 | 

笹本稜平 著 / 講談社 出版 / 2006年7月



東京の奥多摩にある山を中心とした小説です。
自分の身近にある山へ日常的に入って行くのも良いですね。
自分にとってその対象となる山は何処なのかな~。
笹本氏も好きな作家の一人です。
雨と寒い日が続き読書日和ですが、そろそろ晴れて欲しいものです。
コメント