のびのび

日々の出来事とかラグナのこととか模型のこととか徒然と

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

さて、それからどうなったかというと

2007-10-18 22:26:21 | グース
まずショップに持ち込んだところからですが
割とでかい店ってこともあり、いつもは受付のお姉ちゃんあたりが話し掛けてくるんですが、キャブ持って入ってくるのが見えたのか、この時はメカの人がガレージから出てきて対応してくれまして
まず「これ、直りますかねぇ~」と切り出したところ、「中開けて見ない事にはなんともいえないけどたぶん直ることは直るんじゃないか。ただ、あちこち動きが渋くなってるしスロットルバルブ(この時は「この板」という言い方されたw)とボディのクリアランスが大きくなってガタついてるんで、新品買った方がいいんじゃないか」とのこと
で、新品注文すると発売当時のパーツリストじゃ2万強だったけど、今だといくらくらいするのか試しに調べてもらったところ・・・・なんとキャブレータアッシは欠品とのこと
なんってこったー
多少高くついても最悪新品買えば済むと思ってたので、これまたかなりショックでした
中古もヤフオクでたまに見てたけど、マイナー車種ゆえ見たことが無いし
他の手としては社外品を挙げられたけど、社外品は基本的にレース・カスタム用なんで高いんだよねぇ・・・代表的なFCRやMTRを新品で普通に買ってざっと5~6万(セッティング費用別)まぁシングルキャブだから1つで済むんでマシといえばマシなんだが
まだ車体のあちこち手を入れなきゃならないのにそんな金はとても出ないよ!><
そもそも性能的にはノーマルで充分満足してるし、大抵性能というのは扱い易さと相反するもので(キッチリセッティングしてやればそうでもないのかもしれないけど)こと最近は安定志向でのんべんだらりと乗りたいなぁなどという身にはちょっとね・・・
他に出た案としてはいっそ乗り換えというのもありましたが(ちょうど同車種の350中古が今あるそうで)今のバイクもそれなりに愛着あるしそれはあんまり考えてないってことで保留(350は以前乗ったことがあるけど250に比べてシングル独特のドコドコ感が強くて好きになれなかった。ちなみに250の乗り味はどちらかというと2stの方が似ていてトルク感はあんまり無くて、250の方がよく回る感じがする。参考までに250と350じゃ排気量じゃ100cc違うのに最高出力で3馬力しか差が無いといえば性格の違いがわかるかも)
とりあえずその日はダメ元でOH依頼して帰宅
そして数日後、電話がかかってきて本日受け取りに行ってきたわけで
では先に画像を・・・・

ボディ内部の腐食が結構酷いですね
わかりやすいようにここをアップで写してみます

フロート側も色々固着してたわけですが、結果的にはここの腐食が決定的になった模様です
曰く、このゴテゴテ落としてキッチリOHしてやればエンジンはかかるようになるし、普通に乗るくらいならなんとかなるだろう。でも完全な性能はまず望めないだろう、とのこと。
水没してからもっと早くに気付いてればねぇ~、とも言われましたが、全くもってその通りですな。つーかそんなことずっと思ってたよ!><
ちなみに他の部分ですが

フロート室内部は予想に反して腐食がほとんどありませんでした
スラッジは溜まってますが、数年前から既にドレンが使えなくなってたんで、当時からのものでしょう

とりあえず磨けるところ磨いて掃除して交換できるものは全て交換してやれば何とかなりそうなんだけどね~
でもやっぱり「完全な性能は出ない」んでしょうねぇ。クリアランス(つーか隙間)の問題なですかねぇ。ショップの人は主にメイン経路の腐食による抵抗を気にしてましたが、その辺は磨けば何とかなるような気もする。もっとも内部の細い経路までは手が入らないのでそこのことを指してたのかもしれないけど

しかしさしあたってはこのキャブは保留で他の手を考えた方が良さそう
中古は引き続き探すとして、次に順当な手は社外品だけど、これは高いんで少なくとも今は手が出ないんで保留。次の手は他車用流用なんだけど、これについてショップで聞いてみたところ、口径さえあえば付くことは付くけど、純正セッティングはよくできててセッティング幅も狭いんで、他車に流用してセッティングが出るかどうか難しい。とのこと
でもDRのどれかで同型のキャブ使ってるはずなんで、それが手に入ればジェット類をグース用に交換すればセッティングは出るんじゃないかなぁ
(ちなみにグース250に使われてるミクニBST33というキャブは他にバンディットとかにも使われてるが、4連になってるのでそのままでは使いようが無い。スロットルのシャフトはアッシに含まれてて別注できないし、このグースのキャブで試してくれたそうなんだけどそもそもどうやっても抜けないらしい。圧入されてるのか固着してるのかは不明だけど)
・・・などとあちこち見て探したところ、ありましたよDR用。型番は書いてないものの見る限りグース250と同じBST33(他に知ってるBSTではグース350に使われてるBST40があるけどこちらは吸気側の形が全然違って卵形の33に比べて40はオーソドックスな丸型)
タイトルに「DR250SH」「SJ44A-~~」とあるので、グースと同型エンジン積んでた時代のDRのものらしい。SHは車高調整機能つきのヤツだったかな。この時代のDRは強制開閉のTMキャブだったような気がするけど一部違ったのかなぁ。
まあともかく最悪こいつを手に入れればなんとか・・・と思ってましたが、よく見ると問題発覚。
グースはレスポンスよくするためにアクセルワイヤーが引き側と戻し側の2本あるのだけど、DRはオーソドックスな1本だけのタイプなので、当然キャブのワイヤホルダーも1箇所だけ。そしてホルダーのついてるシャフトは前記のとおり抜くのが絶望的なので交換は無理・・・orz
いい考えだと思ったんだけどなぁ
スズキ車で他のシングルスポーツというとST250、ボルティ、NZ250なんかがありますがいずれも形式が違うので(ボルティとNZは共通の模様。ついでにカタログによればSTのキャブ形式はBSR32とのこと)さっき考えた方法は無理
やはりグース用探すか、金溜めて社外品使うしかないのか・・・

コメント   この記事についてブログを書く
« と、その前に | トップ | 江戸川乱歩全集 恐怖奇形人間 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

グース」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事