北国の猫と犬の生活

猫3匹と犬1匹とのドタバタな毎日

危険な言葉

2018-09-23 20:57:20 | 犬 猫
「まったくもう 」




「昨日 ちょっとだけしか出てませんでした 」

<だって 母ちゃんが居る時ずっと寝てたじゃない… >



「今日はちゃんと起きてる所 撮って下さいよ 」

<ハイハイ… >



「撮ってますか? 」

<撮ってるよ >



「本当に撮ってますか? 」

<近すぎて逆にちゃんと写ってませんけど… >



「お姉ちゃん寝てるだけの写真なんて ヒドイと思いませんか? 」




「チャミのベット取るからですよ~ 」




「ベットは暖かくて気持ち良いし 」




「でも入ったら写真写してもらえないし… 」




「チャミは 」




「寝ていても 可愛いですけどねぇ 」

<チャミの場合は 可愛いというかインパクトのある顔になるというか… >



「インパクトですか… 」




「危険な言葉を聞かれましたね… 」




「じゃあ僕は避難しておきます 」




「あ~あ キョン太はじけてますねぇ 」




「あっちへ登ったり 」




「こっちへ登ったり 」




「母ちゃん 良いんですか? 」

<うん 母ちゃんもう諦めてるから… >



こんな時のキョン太は もう止められないんだよねー




ちなみに




一応さくらも 散歩してましたよー



---------- おまけ ----------

 
モグラらしきものが飛んでました





おやすみなさい




コメント (2)

言われたくない

2018-09-22 20:51:22 | 犬 猫
朝のキョン太です




そして 夜のキョン太です




「すっかりキョン太の物になっちゃいましたね 」

<さくらもそう思う? >



「だって 今日1日ずっと入ってましたよ 」

<ずっと >



「ハイ ずっと… 」




「さくらも入ってみたいなぁ 」

<さくらは… >



「お尻で支えますよね 」

<多分ね >



「多分じゃなくて絶対です 」




「そんな事ないですよ 」




「お尻の話はいいですから 」




「チャミのベットじゃなかったんですか? 」

<チャミが入らないから >



「気分じゃなかったんですよ 」

<気分じゃなくても入らなきゃ >



「チャミは素直なんで そんな事出来ません 」




「大丈夫ですよ 」




「母ちゃんがきっと もう一つ買ってくれるはずです 」

<え~っ >



「母ちゃんは太っ腹ですから 」




「お兄ちゃん 太っ腹の意味が違うと思います 」




「フフッ 」

<二重あごの小太郎には言われたくないなぁ >



「どっちもどっちだと思いますよ 」


さくらには言われたくないです



「ですよね 」



チャミにもね




おやすみなさい




コメント (2)

思惑通りにはいかないものです

2018-09-21 20:20:35 | 犬 猫
「イヤァ~ やっぱり分かる人には分かるんですねぇ 」




「何が分かるかですって? 」




「僕がたくさん写っているブログが
”編集長が選びました” に選ばれちゃったんですよねぇ 」




「イケメンって 見つかっちゃうもんなんですねぇ 」




「また僕のファンが増えちゃいますよ 」




「何言ってんですか 」




「最初の写真に写っているのはチャミですよ 」




「チャミがあまりに可愛くて ついつい選んじゃったんですよ 」




「みんな違いますよ 」




「僕がお兄ちゃんよりカッコ良くなったんで選ばれたんです 」




「きっとそうです 」




「みんな勘違いしてます 」




「僕の 」




「チャミのおかげで 」




「選ばれたんです 」



それぞれ勘違いしていますが
何と言っても 母ちゃんが騙されたのを可哀想だと思ったんだと思うよ…

なにわともあれ 選んでいただきありがとうございます





さて話は変わり
こちらは日に日に寒くなってきています
なので チャミの為にドーム型のベットを購入しました




最初は長男としてベットをチェック




それを見ていたキョン太が




チャミより先に寝心地をチェック




 ・ ・ ・

<キョン太出てくれないかなぁ? >



思惑に反してチャミは今だに入ってくれず…
雪が降る頃までには入ってねぇ



おやすみなさい



コメント (2)

プロ 素人 ど素人

2018-09-20 20:36:58 | 犬 猫
朝は少し曇っていましたが 今日も秋晴れでした



が 朝はやっぱり寒く 気温は10℃…
と言う訳で 散歩に出たのはキョン太だけでした




「今日は誰も来ません 」

<みんな寒いから散歩しないんだって >



「え~っ 」




「でも ここで待っていたら… 」




「きっと来るはずです 」

<来ないですよ… >




「絶対に? 」

<絶対に >



「僕はみんなが来るまで 待ってます 」

<寒いから帰ろうよぉ >



「帰りません 」




「キョン太 帰りますよ 」

<チャミ来てくれたんだ >



「あっ お姉ちゃん 」




「ハーイ 帰りまーす 」

<なるほど… チャミの言うことには素直なんだね… >





で 散歩に行かないさくらは 随分偉そうな態度してるね




「あっ 母ちゃん 」




「まぁ さくらくらいになると 」




「寒い朝の過ごし方はプロ級ですから 」

<プロはやっぱり洋服着るんだね… >



じゃあキョン太も…

プロになってみようか




毛布に包まっているチャミはまだまだ素人?


押し入れに籠っている 小太郎はど素人なのかなぁ?




 ------- おまけ -------


100円ショップで可愛いカレンダー見つけました


裏にマグネットがついているので冷蔵庫にも貼れます
手のひらサイズで可愛かったので つい買っちゃいました




おやすみなさい



コメント (2)

小太郎にはめられる

2018-09-19 20:18:44 | 犬 猫
アレ チャミなんか怒った顔してる?




「どうしたんですか? どうしたんですか? 」




「チャミが怒ってるんですか? 」




「兄として僕が怒っている理由を聞きましょう 」




「チャミどうしたんですか? 」




「フンフン 」




「ホウホウ 」




「それはヒドイですね 」

<小太郎 チャミ何て言ってる? >



「エ~ッ そんな事… 」




「母ちゃんチャミが怒って当然です 」

<なにぃ~? 母ちゃん心当たりが全くないんだけど >



「あまりにひどくて 僕の口からは言えません 」

<そんなひどいこと? 本当に心当たりがないんだけど >



「母ちゃん 自分で聞いた方が良いと思います 」

<怖いなぁ >



チャ~ミちゃん




「あ 」

<なに怒ってるのぉ~ >



「何がですか? 」

<だって 小太郎がチャミが怒ってるって… >



「何言ってるんですか? 」




「チャミはゴロゴロ出来て 」




「チョー ご機嫌ですけど 」

<えっ… >



「母ちゃん どうしたんですか? 」

<母ちゃん 小太郎に騙されたぁ >



「お兄ちゃんが母ちゃんを騙した 」

<ヒドイでしょ? キョン太も怒るよねぇ >



「なんで僕も仲間に入れてくれなかったんですか 」

<え~っ そっち? >



「今度 仲間に入れてあげますから今日は帰りましょう 」

<今度はありませんから >




おやすみなさい


コメント (2)