ヴィーガンマフィン屋「七曜日」

卵、バターなどの動物性食材、白砂糖を使わずにつくる
ヴィーガンマフィン屋「七曜日(nanayoubi)」ができるまで。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

開店御礼

2010-10-07 09:04:40 | news




おはようございます。
さわやかな秋晴れの日にこの日を迎えられて、すがすがしい気分です。
そうです。本日いよいよ、ヴィーガンマフィン屋「七曜日」がオープンします。


3日(日)には親しい友人やお世話になった方々をお招きして、ささやかな
お茶会を開催。40人以上の方にお集りいただきました。
私たちが感謝する会のつもりだったのに、みなさんからお祝いをいただいたり、
応援のメッセージをいただいたり、食事の準備やかたづけなどまで手伝って
もらったりと、さらに感謝感謝の1日でした。

会の冒頭、みなさんのあたたかいまなざしが見守ってくださっているなかで、
nanaがご挨拶をしたのですが、感極まって泣いているのを隣で見ていて、
nicoも胸がいっぱいになりました。
なにより、みなさんの応援してくださる気持ちが伝わってきて、ほんとうに
うれしく、ありがたく思いました。
あらためまして、心よりお礼申し上げます。

また、限られたスペースのため、お声がけできなかったみなさんにも、これから
少しずつお立ち寄りいただけたらと思っています。


これまでにもいろいろありましたが、これからはもっと大変なことがあるかも
しれません。
そのときには、みなさんの支えを思い出して、楽しんで乗り越えていけたらと
思います。

中国に「一陽来復」という言葉がありますが、これを「七曜来福」と置き換え、
みなさんが七曜日を訪れるたびに、七曜日のマフィンを召し上がるたびに、
幸せな気分になってくださることを願っています。

これからも、どうぞよろしくお願いいたします。

nanaこと田村典子
nico こと田村知子


*このブログは店舗開店にともない終了し、今後はホームページの「note」で
情報発信していきます。
引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。



コメント (7)

ホームページが完成しました

2010-09-29 21:34:41 | news





10月1日の開設を目ざして制作していただいていたヴィーガンマフィン屋
「七曜日」のホームページが、本日アップされました。
アドレスは www.nanayoubi.com です。

ふだん何気なく見ているホームページですが、いざ自分たちのものをつくると
なると、構成やテイストを考えたり、テキストを起こしたり、撮影をしたりと、
やることがもりだくさんでした。

それでも完成にいたったのは、ご協力いただいた方々のおかげです。
この場をかりて、感謝したいと思います。

まず、とてもお世話になったのは、ホームページ全体を構築してくださった
“あんちゃん”こと田邊杏子さん。
nicoは雑誌などをつくる仕事をしていますが、ウェブのことはちんぷんかんぷん
なので、素人にありがちな無理なリクエストをたくさんしてしまったと思います。
それでもサクサクと進めていただき、見やすく素敵なホームページに仕上げて
くださいました。
どうもありがとうございます!

お店のイメージを伝えるうえでとても重要な写真は、以前にもご紹介した
フォトグラファーの三木麻奈ちゃんに撮影していただきました。
麻奈ちゃんの撮ったマフィンは実物以上においしそうで、nanaが感動していました。
お休み返上で駆けつけてくれて、どうもありがとうございました!

そして、デザインをしてくれた niwa no niwa の三村漢くんと山下リサさん。
ふたりにはDMやショップカードもデザインしていただきました。
nicoの相棒たちとはいえ、たくさんの仕事を抱えるなかで、最大限の力を貸してくれ
たことに、心から感謝しています。
ふたりのサポートがあったから、お店をやろうとも思えました。
いつもほんとうにありがとう。


心づよい仲間に支えられて、わたしたちはほんとうに恵まれているなあと思います。
ほかにもたくさんの方に協力していただいたり、応援していただいたり。
これから心をこめておいしいマフィンをつくっていくことで、みなさんに恩返しを
していきたいと思います。

ホームページのTOP画像は、ほわんとあらわれて、訪れるたびにランダムに変わります。
ぜひアクセスしてみてくださいね。


ホームページには新しいブログ(note)が開設されていますが、お店のオープンまでは
こちらを続けたいと思っています。
オープン後も、このブログは残しておいて、新しいブログにもリンクしておく予定です。

コメント (5)

国産Tシャツの久米繊維工業さん

2010-09-23 00:37:12 | 交流・イベント



一昨日、nicoは本業のお仕事で、国産Tシャツメーカーの久米繊維工業さん
うかがいました。
久米繊維さんは、1935年創業の老舗。
日本で初めてTシャツをつくったのは、久米繊維さんなんですよ。
その久米繊維さんの3代目社長が、こちらの笑顔がすてきな久米信行さん。

久米繊維さんは老舗Tシャツメーカーとしてだけでなく、積極的な環境活動や
地域・社会貢献、IT経営などでもよく知られている会社で、その企業活動にも、
久米さん自身にも多くのファンがいらっしゃいます。
かくいうnicoもその1人。

3年前に初めてインタビューさせていただいてからすっかり久米さんのファンに
なり、以来、密かに師と呼ばせていただいています。





久米さんの著書にも学ぶところが多く、そのときどきで新たな気づきがあるので、
何度となく読み返しています。
今でも勉強になりますが、もっと若い学生のころに、こんな本が読めていたらなあ…
と思えます。


実は、このブログを始めたのも、ちょうど1年前の今日、久米さんとお会いして
お話をうかがったことがきっかけでした。
マフィン屋をやろうと決めたもののまだ漠然としていたその頃に、久米さんと
お話ししたことでお店のコンセプトなどに大きなヒントをいただき、とにかく何か
アクションを起こさなければ! と2日後にブログをスタートしたのでした。

お店のオープンが決まり、その前にご挨拶にうかがいたいと思っていたのですが、
お忙しい久米さんにそのために時間をとっていただくのは心苦しく、どうしよう
かなと思っていたところに、絶妙なタイミングでお仕事でうかがえることに。
これもご縁だなあと、うれしくなってしまいました。


ブログでご紹介したくて写真をお願いすると、差し入れたマフィンを持ってくださり、
twitterでもつぶやいてくださいました。
久米さんだけでなく、スタッフの方までつぶやかれていたのにはびっくり!
どうりで、いつもよりたくさんの方がこのブログにこられていたんですね。
久米さん、スタッフのみなさん、関心をもってくださったみなさん、どうも
ありがとうございます!

わたしたちも、久米繊維さんのように、たくさんの方に愛されるお店づくりを
めざしていきたいと思います。

コメント

10月7日(木)OPENします!

2010-09-20 13:40:27 | news



ひっそりと告知していたオープン日ですが・・・
ご案内ハガキができてきました。
そこにかかれた「2010年10月7日(木)OPEN」の文字。
うわぁ もうあとには引けません。

あらためまして、ここで発表。
ヴィーガンマフィン屋「七曜日」は、来月10月7日(木)の11時に
オープンします。

場所は、東急大井町線の緑が丘駅から徒歩4分。
東急東横線の自由が丘駅からもてくてく歩いて約10分のところです。
周りは静かな住宅街で、さらにちょっと奥まっている隠れ家のような
お店です。
看板を出していなければ、お店とはわからないような、ふつうの家。
おとなりは小さな公園です。

それから、ご近所には、陶芸家のイイホシユミコさんのアトリエ兼
ショップがあります。
イイホシさんのお店は、木~土曜日にオープンしているそう。
まわりに何もないので、イイホシさんのアトリエがあるのを知った
ときはうれしくて、ご案内ハガキが届いてすぐに、ご挨拶にうかがって
しまいました。

今月中にホームページができる予定なので、それから詳細をお知らせ
したいと思っています。

なんだかあっという間にオープン目前になってしまいました。
まだまだ準備の真っ最中で、大丈夫かなあという不安な気持ちと、
いよいよだなあという期待の気持ちでごちゃまぜになっています。

でもとにかく、笑顔でお客さまを迎えられるよう、楽しんでいきたい
と思います。



コメント (2)

シマシマヤトーキョーさん

2010-09-08 11:00:14 | 交流・イベント


革小物ブランド「aging」の内藤めぐみさんのお誘いで、今月1日に
オープンした暮らしの道具のお店「シマシマヤトーキョー」さんに
うかがってきました。
下北沢駅の南口から徒歩3分。茶沢通りに面した建物の2Fにあります。



店内には、食まわりの空間をたのしくゆたかにする、素敵なうつわや
道具が並んでいます。


昨日は親しい方々が集まってのお披露目会ということで、an:coさんの
おいしいお料理をいただきました。




店主のヒロミユキさんとは初対面だったのですが、お話ししている
うちに意外なつながりが発覚。
ほかにも偶然が重なって、なんだか不思議なご縁を感じました。

フラワースタイリスト「イカニカ」の平井かずみさんとの再会もその1つ。
cafe イカニカ」をやっていらっしゃるご主人にはお店のことで
お世話になり、かずみさんとも少しだけお会いしたことがありました。
思いきって声をかけてみると、覚えていてくださって、いろいろお話し
させていただきました。
雑誌などで拝見する以上に、たおやかで、かわらしい女性です。
店内には、かずみさんがしつらえた野の花もありました。




めぐちゃんは開店のお祝いに、agingのメモリートレイをプレゼント
していました。しかもシマシマオリジナル。



中に鉛が入っていて、自由にかたちがかえられます。
くるんとひっくり返して、リバーシブルにも使えるスグレモノ。
キャッシャートレイとか、いろいろな使い方ができそうです。

私たちは、nanaがひと目惚れした、安部太一さんの青釉のマグカップ
と赤い羽二重のはたきを購入。



カップはぽってりとしていて、手にしっくりとなじみます。
なにより、色に惹かれました。



七曜日もオープンまでちょうど1か月というタイミングで、ヒロミさん
はじめいろいろな方とお話しできて、私たちもがんばろう! という
気持ちになれました。
シマシマヤトーキョーさんのように、店主の愛情がたくさんこもった
お店をつくっていきたいと思います。





コメント