レディース鍼灸さいとう名古屋

名古屋市中区上前津にある女性専門鍼灸院

緩和ケアでがんと共に生きる

2020-11-09 17:39:13 | ホスピス・緩和ケア

みなさん こんにちは

 

名古屋市中区上前津にある

 

女性小児専門鍼灸院

 

レディース鍼灸さいとう名古屋です

 

 

10月4日(日)~10日(土)は

 

日本ホスピス緩和ケア協会による

 

世界ホスピス緩和ケアデー

 

を最終日とした

 

「ホスピス緩和ケア週間」

 

となっていました

 

 

この活動は2006年より始まり

 

全国のホスピス・緩和ケアにかかわる

 

医療施設や市民団体などが

 

ポスターの掲示やセミナー開催

 

見学会の実施などを通して

 

緩和ケアの普及啓発活動に

 

取り組んでいます

 

 

今年は

 

新型コロナウィルスの影響により

 

各地でのイベント等の開催ではなく

 

ホスピスに関連した動画での

 

開催となりました

 

 

当院が以前から

 

勉強会や家族会ボランティアなど

 

お世話になっている

 

豊橋医療センターでも

 

ホスピス緩和ケア週間にちなみ

 

豊橋医療センターでの活動が

 

動画となって

 

みなさまの目に

 

触れていただけるようになりました

 

 

ホスピスや緩和ケアというと

 

みなさんは

 

どのようなイメージを

 

お持ちでしょうか

 

「一度入ったら出られない」

「最後にいくところ」

「モルヒネでおかしくなる」

 

といった声がいまだ多く聞こえます

 

 

WHO(世界保健機構)は
 
 
緩和ケアを次のように定義しています
(2002年)

 

「緩和ケアとは
生命を脅かす疾患による問題に
直面している患者とその家族に対して
疾患の早期より
痛み
身体的問題
心理社会的問題
スピリチュアルな問題に関して
きちんとした評価をおこない
それが障害とならないように
予防したり対処したりすることで
クオリティー・オブ・ライフを
改善するためのアプローチである」

 

 

現在の日本では

 

主に終末期を迎えた

 

がん患者さんに対して

 

緩和ケアがおこなわれることが

 

多くなっています

 

「悪くなったらいくところ」

 

というイメージもいまだ強くありますが

 

緩和ケアは

 

がんと分かったその日から

 

受けることができるものです

 

 

ここ近年では

 

「人生会議」

(アドバンス・ケア・プランニング)

 

という

 

終末期を迎える前に

 

どのような治療を受けるのか

 

どのようなケアをしてほしいのか

 

人生の最期をどう生きるのかを

 

事前に家族や医療従事者と

 

相談し

 

最期まで自分らしく

 

希望をもって生きていくための

 

ケアプランを立てていく

 

取り組みもおこなわれており

 

今後ますます

 

緩和ケアの必要性が

 

高まってくることが伺えます

 

 

先日の中日新聞にも

 

「がん終末期患者 4割が「痛み」

遺族調査 緩和ケア不十分

 

という記事が掲載されていました

 

2020.10.31 中日新聞掲載

 

国立がん研究センターによると

 

「亡くなるまでの1ヶ月間に痛みを

感じることが少なく過ごせたか」

 

との質問に40.4%が

 

痛みがあったと答えたそうです

 

しかしながら

 

その中でも

 

緩和ケア病棟では

 

痛みを訴える人の割合は少なく

 

適切なケアがなされていた

 

とのことです

 

 

終末期に患者さんが訴える苦痛とは

 

体に起こる痛みや不調という

 

身体的な苦痛

 

だけではありません

 

 

患者さんは

 

いのちが脅かされているという

 

心理的苦痛

 

思うように動けなくなることでの

 

社会的苦痛

 

自分自身の価値への不安などからくる

 

スピリチュアルな苦痛

 

といった

 

様々な苦痛と戦っています

 

 

ホスピス緩和ケアとは

 

単に体の痛みや不調を取り除くために

 

あるものではなく

 

そういった様々な苦痛に対して

 

どのような支援ができるのか

 

考え おこなうケアです

 

 

だからこそ

 

病状が悪くなってからよりも

 

がんと分かったその日から

 

頼れる医療者と

 

支えてくれる家族とともに

 

最期まで

 

ともに歩んでいけるように

 

生きるための積極的な治療と

 

苦痛を和らげるための緩和ケアを

 

受けていけることが

 

理想的といわれています

 

 

私たち鍼灸師は

 

がんにかかわる積極的な治療は

 

おこなうことができませんが

 

患者さんとともに

 

苦痛と向き合い

 

体を少しでも楽に過ごせるよう

 

心が少しでも和らぐよう

 

寄り添った治療をおこなっています

 

それぞれの立場で

 

患者さんにとっての

 

より良い人生の支えとなれるよう

 

ホスピスの心を胸に

 

向き合い続けたいと思います

 

 

それでは

 

豊橋医療センター緩和ケア病棟の

 

取り組みをご覧ください

 

緩和ケアでがんと共に生きる


この記事をはてなブックマークに追加

「もっと早く来ていれば良かった」

2020-09-28 12:34:04 | 健康

みなさん こんにちは

名古屋市中区上前津にある

女性小児専門鍼灸院

レディース鍼灸さいとう名古屋です



「もっと早く来ていれば良かった」

これは

体の調子の悩みや痛みを抱えた

患者さんから

よく言われる言葉です



なかなか治らない頭痛

長年悩んでいる肩こり・腰痛

毎月つらい生理痛


など

悩みはさまざまですが


いろいろな治療を試しても

お薬に頼ってみても

なかなか思うように良くならず

長引く不調に

悩んでおられる方が

鍼灸治療を始めて

みるみる回復される姿を

よく目の当たりにします


苦痛を訴えておられた患者さんが

笑顔になって帰っていただける

私たち治療者にとっても

こんなに嬉しいことはありません


そんな機会を増やしたいと

当院では


期間限定ぷちイベント

「Go To 鍼灸キャンペーン」

を開催いたします

10月5日(月)~10月10日(土)

の一週間の間

・お体の悩みの健康相談
・はりとお灸のお試し体験

を無料にておこないます

診療時間を使っての開催のため

『予約制』

となっておりますので

ご希望の方は

事前に当院までご連絡ください
【予約・問い合わせ】052-331-3389


鍼灸治療は

「はりは痛そう」
「怖い」
「お灸でヤケドするのでは」

など

いまだマイナスイメージがあり

敬遠されがちですが

近年では

東洋医学特集として

NHKの番組などでも

取り上げていただく機会が増えたり

病院との連携をとる機会ができたりと

注目されつつある

治療法のひとつだと

考えています


はりは髪の毛よりも細く

注射が苦手な子どもでも

受けることのできる

安全で心地の良いものですし



当院で主に使用するお灸は

「温灸」と呼ばれる

皮膚に直接もぐさを乗せない

ヤケドしない

お風呂のような温かさのものです




鍼灸治療の適応疾患も

実はとても幅広く

肩こりや腰痛などの整形疾患

はもちろんのこと

生理痛や生理不順などの婦人科疾患

過敏性腸症候群や潰瘍性大腸炎など

内臓の不調

めまいや難聴などの耳鼻科疾患

ここ近年で多い悩みでは

原因が良くわからないが

調子が良くないという

自律神経にかかわる症状

に対しても

治療することができます


今お持ちのお体の不調に

鍼灸治療という選択肢を

ぜひ増やしていただきたい

そして

「治療してよかった」

とひとりでも多くの患者さんに

感じていただきたい



鍼灸治療をやったことがない方

どこで治療したらいいのかわからない

不調にお困りの方

この機会に

ぜひ当院へお越しください

鍼灸師が

あなたのお体の悩みに

お応えします!




期間限定ぷちイベント
【Go to 鍼灸キャンペーン】

期間:10月5日(月)~10月10日(土)
*診療時間中の開催です
事前にご予約ください
ご予約時「イベント参加希望」
とお伝えください

予約・お問い合わせ
TEL:052-331-3389



今回のイベントは

新型コロナウィルス

感染対策中のため

・ご自宅での検温
(発熱ある場合はご遠慮ください)
・ご来院時のマスク着用

をお願いします


みさなんのご来院を

心より

お待ちしております


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

地下鉄上前津駅から徒歩5分

頭痛、逆子、不妊治療専門鍼灸院

レディース鍼灸さいとう名古屋
名古屋市中区上前津2-14-7
上前津ハイネス1F
TEL/FAX:052-331-3389

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆




この記事をはてなブックマークに追加

あなたの悩みに Go to 鍼灸!

2020-09-14 12:07:37 | 日記
みなさん こんにちは

名古屋市中区上前津にある

女性小児専門鍼灸院

レディース鍼灸さいとう名古屋です


緊急告知です!!

この度

レディース鍼灸さいとう院内で

期間限定ぷちイベント

開催することになりました!


今年は

新型コロナウィルスの猛威により

全国的に

各種イベントが自粛状態…

気が付いたら

あっという間に

季節は秋を迎えていました


愛知県の感染者数は

少し落ち着きが見え始めた

とはいえ

これから寒くなる季節

まだまだ油断はできません


こんなときこそ!

はりやお灸で『病気に負けない体』

になっていただきたい!!


とくに

女性小児疾患を専門とする当院では

・将来妊娠を考えている方
・女性ホルモンの乱れで不調のある方
・家事や育児、お仕事でお疲れの方
・長引く肩や腰の痛みのある方

そんなあらゆる年代の女性に

はり灸の力で

もっと元気になってほしい


そんな思いから

今回は

当院初の試みとして

院内でのイベントをおこなう

こととなりました



・お体の悩み相談会
・はりやお灸の体験
・東洋医学について知ってみよう

など

普段はなかなか

はりやお灸に触れる機会のなかった

みなさん

ぜひ

この機会に

鍼灸師にお体の悩みについて

相談・体験してみませんか?



【期間限定ぷちイベント】

期間:10月5日(月)~10日(土)
*診療時間中の開催です
事前にご予約ください
ご予約時「イベント参加希望」
とお伝えください

予約・お問い合わせ
TEL:052-331-3389



今回のイベントは

新型コロナウィルス

感染対策中のため

・ご自宅での検温
(発熱ある場合はご遠慮ください)
・ご来院時のマスク着用

をお願いします


みさなんのご来院を

心より

お待ちしております


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

地下鉄上前津駅から徒歩5分

頭痛、逆子、不妊治療専門鍼灸院

レディース鍼灸さいとう名古屋
名古屋市中区上前津2-14-7
上前津ハイネス1F
TEL/FAX:052-331-3389

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

この記事をはてなブックマークに追加

コロナ不安のこどもたちへ ~今こそはりきゅう治療に~

2020-09-05 15:41:54 | こどもの悩み
みなさん こんにちは

名古屋市中区上前津にある

女性小児専門鍼灸院

レディース鍼灸さいとう名古屋です


先日の中日新聞に

大変心配な記事が掲載されていました


『コロナ不安で欠席 延べ2195人』
名古屋市の小中高 夏休み明け調査
小学校平均 1校1日2.18人


記事によると

名古屋市立の小中高校で

夏休みが明けて授業が再開したものの

新型コロナウィルス感染の不安などで

欠席が相次いでいるとのことです


感染リスクへの不安や

高齢者との同居による重症化リスクなど

理由は様々ですが

こどもたちの心に

大きな不安を与えていることは

明らかです


当院にも

コロナウィルス流行後から

普段とは違う状況に戸惑い

不調を訴える子どもたちが

このところ

日ごとに増えているように

感じます


学校の長期休校や

再開後の急ピッチの授業

お友だちと気軽に話せない

給食や休み時間

など

今までとはガラリと変わってしまった

環境の変化に

敏感な子どもたちは

心も体もついていかず


・朝起きられない
・体がだるい
・不安感がとれない
・イライラしやすい

など

子どもが訴える症状のほとんどは

病院に行くほどではない

薬を飲むほどでもない

でも調子が良くない

というものばかりです


しかし

こういった不調が続くと

学校に行きたくなくなったり

やる気が起きなくなったり

してしまいます



そんな子どもたちへ

私たち大人がしてあげられることとは

何なのでしょうか


当院では

開院当初から

そういった不安を抱え

体調を崩しがちな子どもに対する

はり治療をおこなっています



「はり」といっても

皮膚に刺さない「小児はり」という

特殊なはりを使用し

未就学の小さな子どもでも

リラックスして受けることのできる

安全で安心な

副作用の心配もない治療法です


はりをすると

自律神経の働きが整い

不調を感じている部分の

回復力が高まります




子どもたちが訴える不調に対して

はりきゅう治療だからできることがあります



お困りの症状

ぜひご相談ください



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

地下鉄上前津駅から徒歩5分

頭痛、逆子、不妊治療専門鍼灸院

レディース鍼灸さいとう名古屋
名古屋市中区上前津2-14-7
上前津ハイネス1F
TEL/FAX:052-331-3389

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆






この記事をはてなブックマークに追加

その薄毛、その抜け毛 東洋医学で解決!?

2020-08-13 06:14:03 | 女性の悩み
みなさん こんにちは

名古屋市中区上前津にある

女性小児専門鍼灸院

レディース鍼灸さいとう名古屋です


長い長い梅雨が明け

厳しい暑さが続いていますね


当院は

8月13日〜16日は

お盆休みをいただいております

8月17日(月)より

通常診療となります


今年はコロナ対策のため

マスク着用での日常となるため

例年以上に

くれぐれも

熱中症にはお気をつけください



そんなコロナ禍の夏

このところ

ご相談いただくことが多い

女性のお悩みに

『髪の毛の悩み』

があげられます


・最近抜け毛が多い
・すぐにペタンコ髪になる
・髪が細くなったように感じる

など

お悩みはさまざまです


髪の毛の悩みというと

男性のイメージが多い

かもしれませんが

実は

女性でも多くの方が

悩みを持っておられます


髪の毛は

東洋医学では

『血の余り』

と言われています


全身に巡る血液に

充分に栄養があれば

髪の毛にもしっかりと

栄養が行き届くのです


ですが

何らかの原因で

血液の栄養が不足したり

血液の巡りが悪くなったり

することで

髪の毛が薄くなったり

細くなったり

してしまいます


そんな髪の毛の悩みを

解決するヒントを

当院で発行している

レディース通信
『カラダ美人』にて

特集しています!


女性の薄毛・抜け毛は

案外男性用のお薬では

合わないこともあり

髪の毛は気になるけど

なかなか対応できない場合も

多いと思います


そんな時

東洋医学で体質を変える・整える

のはいかがでしょう


体を内面から変えて

健康的で美しい

新たな自分を

目指してみませんか?


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

地下鉄上前津駅から徒歩5分

頭痛、逆子、不妊治療専門鍼灸院

レディース鍼灸さいとう名古屋
名古屋市中区上前津2-14-7
上前津ハイネス1F
TEL/FAX:052-331-3389

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆




この記事をはてなブックマークに追加