無敵完敗

毎日が設定1

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

教育

2005年12月07日 17時21分51秒 | Weblog
もうごまかしきれません、達彦です。

俺のお気に入りサイトで教育について書いてありました。俺ってば学校で教育のゼミを取ってるんです。教職ゼミなんだけど教職課程を拒否してる俺が教職ゼミにいるんです。

主に、虐めとか不登校とか学力低下のテーマで勉強してるんですけど3年間もこの勉強をしてるとある程度が知識がつくもので・・・といっても、どんなに教育について勉強しても俺の経歴はごまかされないわけでどう頑張っても慶応ボーイにはなれないわけで、はい!俺の人生は絶望的。絶望の中だからこそ希望を探せる。なんて甘いことを書いている場合ではありません(笑)って笑えない。

ちょっとだけ、俺の履歴を紹介です。


私立小学校入学(兵庫)

二年生親の転勤により市立小学校に転入(横浜)

親の転勤により市立小学校に転入(千葉)

私立中学校を受験して受かったが余りの遠さに断念
市立中学に入学(千葉)

単願(嘆願)推薦により都内私立高校に入学
同時に世田谷区に引越し(東京)

二ヶ月で高校生活になじめずリタイヤ
通信制の高校に転入(東京)

無事卒業し、大学に入学(東京)

5年生確定の大学生の俺(絶望)



うん、割りと歴史がある。

そんなわけで紆余曲折、切磋琢磨ここまで頑張ってきたわけですが
こんなクソッミソな俺でも学習塾に通ってたことがあるわけです。

全く勉強もせず、友達に会いに行ってたわけですが。親には悪いことをしました。
数百万をどぶに捨てさせたわけですが、割りと反省です。

まぁ、今自分に対して不満があるわけではないので親には感謝しています。
将来性は全くありませんが、チャンスがある今の状態すごく恵まれているわけで文句ばかり言って、目の前のチャンス逃すのは男じゃないっていうか、えらそうなこと言ってる割には何もしてないっていうか、ちょっとかっこよく言っちゃうとこの歳になって親に感謝できない人、自分の怠惰を棚にあげて文句ばかり言う人あまり好きじゃありません。一度きりの人生、よくも悪くも楽しまないと。

少し話しがそれましたが、学習塾っていうのはなかなか商売上手で某有名な塾に通っていました。日能研です。金稼ぎのプロですな。
夏期講習、冬期講習、春期講習、秋期講習すべてあります。別料金ヨロシクなシステムで高い高い。

当然、任意参加なわけですが親に勧誘をするのではなく子供をおとします。
うまく言いくるめ参加させるわけですな。

今日は、お堅い話なんですけど勉強ができない子供達っていうのは沢山いるわけですが、結構簡単なことだと思うんですよ。
ただ単に興味がないだけなんですよね。

我慢なんて知る必要がないお年頃です。権利がない分責任もありません。
非常識、ワガママが許されるわけじゃないんですけど勉強をしなくても
育っていけるわけです。楽しくもないし必要性も感じられないことを
やらせようっていうのは困難だし、なおかつテレビゲーム漫画っていう
最強な誘惑もあります。

楽しいことには、狂ったように没頭できる子供たちが勉強一つできないわけないんですよね。ゲームができて勉強ができないわけがありません。説明書読まないで予想で何でもできちゃうすばらしい感性を持っている子供達がたかが、勉強できないわけがないんですよね、ただ単純に興味がないだけだと思います。


塾屋の人も、お金ばっかり見るだけだと自滅の道だと思います。
進学率下がれば評判も悪くなり、信用もなくなります。
お金っていうのは、後から勝手についてくるものでいくら民間だとしても
子供に教育してるわけだからある程度のモラルをもってほしいものです。

テキスト配ってそれ講義して、はい終わりじゃなくてもっと興味を持たすオリジナリティを持つべきじゃないでしょうか。

中学生の時、塾で英語を習ってたわけですけど一人の先生に出会うまで俺の
偏差値40そこそこでした<汗
その先生に出会ってから70まで二ヶ月かからずにあがりました。

偶然にもその教室には男子しかいなかったのをいいことにその先生何を考えたのか、アメリカのポルノ誌をテキストに使ったんですよね。
当然、血気盛んな男子です。中学生男子です。
なんていうか、あれば英語とか勉強とかそんな枠を超えていました。

なんていうか必死の一言です。授業中必死にポルノ誌を和訳する生徒。
もう言葉はいりません。必死です。

勉強=面倒

という、概念が無くなった授業だったためすごく楽しかったです。
その先生が当然クビになったのは、言うまでもない話ですが
方向性があってるかどうかも疑問なわけですが、興味を持たせたことに
関してはプロです。そして成績を伸ばしたことも事実です。

と、意味のわからない俺様的な文章になりましたが
学習障害の子供を除けば子供達っていうのはおそろしく吸収し集中力を持っています。スポンジみたいなもので、苦い薬みたいな水分じゃなくて甘いジュースみたいな水分を吸収させてあげればいいと思います。

塾も顧客獲得に必死なのはわかりますが、モラルオリジナリティをもっと重視して楽しい授業をしてあげてください。って感じです。

テレビゲームにも負けないおもしろい授業、言葉で言うのは簡単ですがきっと難しいと思います。

なんとなく書いてみました。

じゃぁ、俺酒でも飲んできます。
酒でも飲まなきゃやってらんねんだよ!!ってな具合で。

コメント   この記事についてブログを書く
« 日記 | トップ | ごめんなさい。 »

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事