見出し画像

新☆本若記☆

本若☆第十伍回本公演☆情報詳細!!




本若第十伍回本公演

『鉄の花(くろがねのはな)

~狂乱の宴~


【あらすじ】

「義(ぎ)」とは

人として守るべき正しい道である。

「道(みち)」とは

人として踏み行うべき理である。

「理(ことわり)」とは

物事の筋道である。


時は幕末。

1853年の黒船来航は日本全土を

震撼させた。

それ以来、国の意見は様々に分かれ、

対立し、争いが起こり、

長く続いた

徳川政権も終わりを見せ始める。

そんな国政を横目に、

今日も己の道を行く男がいた。

会津組中間部屋組頭『仙吉』。

一介の博徒であるこの男も

世の流れに巻き込まれていく。

それでも、

最後まで己の「義」を貫く仙吉と、

己の「道」を探し求める者たちは、

確かにこの時代を生きていた。本若流幕末外伝ここにあり。


【会場】

伊丹市立演劇ホール AI・HALL

〒664-0846 兵庫県伊丹市伊丹2丁目4–1

TEL:072-782-2000


【公演日時】

2021年4月23日(金)~4月26日(月)

23日(金)19:30←公演中止

24日(土)12:30/17:00☆

25日(日)12:30/17:00☆

26日(月)15:30

計6ステージ

(☆回はアフターイベントがあります)


【料金】

一 般:前売 3500円/当日 3800円

U-22:前売・当日共 3000円(要証明書)

中学生以下:前売・当日共 2000円

※全席自由席


【チケット取扱い】

CoRichi/

https://stage.corich.jp/stage/111190

劇団携帯/08024653346

劇団メール/motowaca@gmail.com

※メールでのご予約の際は、

お名前の他に電話番号とご住所を

ご記載ください。

また、お連れ様がおられる場合は

その方のお名前、電話番号、ご住所も

お知らせください。

大変お手数ですが、

新型コロナウイルス感染症対策の

観点から、

ご協力のほどよろしくお願い致します。


【出演者】

平宅亮

上島よう子

渡辺ケイ

二宮正晃

工藤彰彦

菊崎悠那

咲空さつき

上原由子

浅雛拓(舞夢プロ)

あっくん(華舞衆 彩り華)

堀江祐未(魅殺陣屋/サテライト大阪)

立花裕介

若月咲弥(少年ピカレスクロマン)

古川智(華舞衆 彩り華)

土岐省吾(K-H.E.A.T./たてびと)

岩井よしかね(たてびと)

竹折英雄(たてびと)

うらら(サテライト大阪)

北野寛大(魅殺陣屋)

横濱康平(Sword Works)

仲尾琉

なんきちこ(ステージタイガー)

【スタッフ】

脚本/上島よう子

演出/福島健太

舞台監督/中嶋さおり(BS-Ⅱ)

舞台美術/hige(BS-Ⅱ)

音響/谷口大輔(有限会社T&Crew)

照明/入江明憲(BS-Ⅱ)

サンプラー/大谷健太郎(BS-Ⅱ)

楽曲制作/フナハシダイチ(u-full)

衣装/Moto-Workers

小道具/Moto-Workers

宣伝美術/henmix

映像撮影/

竹田和哲(NOLCA SOLCA Film)

メイキング/佐野雄希

記録写真/竹崎博人(Flat Box)

制作/本若

制作協力/渡辺大/早崎砂絵子

総統括/平宅亮


★新型コロナウイルス感染拡大予防対策について★
本公演は、アイホールの「イベントホール利用案内」に基づき開催します。ご来場にあたり、以下をご確認のうえ、ご協力くださいますようお願いいたします。

◆お客様へお願い
◆館内・客席では必ずマスクの着用をお願いします。
◆公演当日、咳・発熱など体調がすぐれないなど、感染拡大予防に不安を感じる場合はご来場をお控えください。
◆来館時、入口で検温を行います。発熱(37.5度以上)の症状がある場合はご入場いただけません。
◆こまめな手洗い・手指消毒にご協力ください。
◆客席やロビーでは、一定の対人距離の確保に努めていただくとともに、ご飲食・ご歓談はお控えください。
◆チケット購入にあたり、ご来場者の氏名と連絡先をお知らせください。後日、観客や関係者から新型コロナウイルスへの感染が判明した場合、追跡調査のために保健所等の医療機関に情報を提供させていただきます。
◆ご来館の際は、兵庫県が提供する「兵庫県新型コロナ追跡システム」への登録にご協力ください(ロビーにQRコードを提示しています)。

●本公演における予防対策
●消毒用アルコールの設置、会場各所(客席・手すりなど)の消毒・清掃を強化します。
●舞台と客席は2m程度の距離をとり、客席はソーシャルディスタンスを確保した座席配置とします。
●接遇スタッフはマスク等を着用し、対応させていただきます。

舞台は幕末!!

狂気の嵐が吹き荒れる京の都で、

それでもしたたかに、

あるいは翻弄されながら

日常を生きていた人々のお話。


昨年一年、溜めに溜めた本若のパワーを余すところなくぶつけて爆走します!!

乞うご期待




最新の画像もっと見る

最近の「本若全開」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
人気記事