まさみちゃんだよ

日常の活動報告

「慰霊の日」に沖縄を想う

2018-06-23 09:33:13 | 沖縄

 本日6月23日は、沖縄県の「慰霊の日」。20万人余の犠牲者を出した沖縄戦は、1945年4月に沖縄本島に米軍が上陸し、県民を巻き込んだ地上戦。73年前、日本軍司令官らが自決し、組織的な戦闘が終わったとされる日である。

 私は今でこそ、機会があればいつでも沖縄に行きたいと考えているが、ずっとグアムやサイパン、沖縄には行かなかった。それは、戦争犠牲者に申し訳ない、リゾート気分で行くところではないと思っていたから。その後、5.15平和行進で沖縄に行く機会があり、沖縄の魅力(食、文化、音楽、自然、生活風習など)の虜になった。ただ、もう一つ沖縄にある簡単に表現できない魅力が、感覚として自分では分かるのであるが、もやもやとしていたものがあった。

 昨日朝日新聞を読んでいると、社会学者の岸政彦(立命館大学教授)が寄稿された『「ゆっくり続く沖縄の戦後」世代を超え受け継がれる感覚』という文章があった。それは、-沖縄のなかで世代を超えて超えて受け継がれるある種の「感覚」のようなもの、ー自分の祖父や祖母やその親戚が亡くなったその同じ場所で、いまも沖縄の人は暮らしている、ー自分たちの生活は自分たちで守るというもの。これは、本土の農村地帯で、何世代にもわたって村の生活や文化を守っている人々の感覚と共通する項ではないかと思った。

 私自身が、そのような気持ちで日常をおくっているので、意識することなく共鳴しているのであろうと確認できた。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ミサイル避難訓練中止へ

2018-06-22 11:22:17 | 社会

政府、ミサイル避難訓練中止へ 

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

受動喫煙対策を訴える肺がん患者にヤジ 国会議員

2018-06-21 09:35:41 | 政治活動

受動喫煙対策を訴える肺がん患者にヤジ 国会議員「いい加減にしろ!」

受動喫煙対策が議論された衆院厚生労働委員会で、6月15日、参考人として招かれたがん患者が意見を述べている最中に、自民党の穴見陽一議員が「いい加減にしろ!」とヤジを飛ばしていたことがわかった。

受動喫煙対策を盛り込んだ健康増進法改正案は、飲食店内は原則禁煙にする当初の厚生労働省案に自民党が反対。一定面積以下の店は「喫煙」「分煙」などと表示すれば喫煙可能にする対案を出すなど自民党の抵抗が続いてきた。

その後、妥協案として、客席面積が100平方メートル以下の店を例外とするなどの経過措置が設けられた政府の現改正案が出され、がん患者らから「骨抜きにされた」と批判を浴びていた。

「こんな人が国民の健康を守る法案を審議しているのか」

議員の常識は世間の非常識などと揶揄されて久しいが、この人の人格と見識を疑う。

選挙での手痛い洗礼を受けるだろう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東海第二再稼働「反対」、水戸市議会

2018-06-20 10:57:38 | 原子力

 2018年第2回水戸市議会定例会は6月4日から19日までの会期で開催されました。

 最終日の意見書採択では、議員提案の「東海第二原子力発電所の住民理解のない再稼働を認

めないことを求める意見書」(案)が議長を除く議員26人のうち賛成17人、反対2人の賛

成多数で可決しました。(退席者7人)3月に東海村を含む周辺5市が日本原電と新安全協定

を締結して以降、水戸市議会が明確に東海第二原発の再稼働に反対する意思表示を示すことが

出来たことは画期的です。この意見書の採択は事前了解に対する水戸市の判断に大きな影響を

及ぼすことは間違いありません。

 なお、意見書は昨年6月に、生活クラブ生協茨城が「運転期間延長を行わない」意見書を求

める陳情を市議会に提出。総務環境委員会が2月に陳情を趣旨採択し、3月定例会で提案しま

したが、提出期限が過ぎていたことから採択が見送られていた案件です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大阪北部地震災害対策本部設置

2018-06-19 10:34:59 | 社会

       社民党 2018大阪北部地震災害対策本部の設置について

                                                                                                                                                        2018年6月18日
                                                                                                                                                           社会民主党全国連合

 本日7時58分頃、大阪府北部を震源とする最大震度6弱の地震が発生しました。今回の地震の被害に対応するため、社民党全国連合は、又市征治党首を本部長、吉川元幹事長を事務局長、服部良一常任幹事を事務局次長として、全常任幹事を委員とする「2018大阪北部地震災害対策本部」を設置しました。被害に遭われた皆さんに心からお見舞い申し上げるとともに、情報の収集、被害の全容の把握に努め、社民党としても大阪府連合始め関係府県連合とともに、対応に万全を期して参ります。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加