うつぶせのままで

気の触れた友達との毎日の出来事、あの日の些細な思い出を、面白おかしく誇張する。更新は、力を抜いて、うつぶせのままで。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

メガマック?いいや、千無量大数マックだ!の話。

2007-02-08 03:16:55 | 日々
お久しぶりです。管理人の力飴です。 いやぁ、なんかめんどくさくって最近は全然更新してなかったけど、今日は久しぶりぶりうんこセックスに更新します。   全然文章書いてなかったんで、文体がグチャグチャと茂みの奥から音が聞こえた瞬間、男がするりと手を話すと、闇深い茂みの奥からは無色透明な液体が糸を引きながら漏れ出し、シーツに水溜りを作るのであった。   文体ってしばらく書か . . . 本文を読む
コメント (22)

まっちゃん物語 ~出会い編~

2006-07-31 23:57:27 | まっちゃん物語
ぼくと、まっちゃんが出会ったのは、小学校6年生の春であった。ぼくが今から何回かに渡り書こうと思うような、まっちゃんとぼくらの話は、おおよそ小学校時代のものに限られる。一言断っておくなら、ぼくとまっちゃんは、そのあと同じ中学校に通うことになるし、家も近かったのでたまには一緒に帰ったりもした。それでも、ぼくがいつもまっちゃん思い出したとき、その全てが小学校時代のものだ。中学でクラスが同じにならなかった . . . 本文を読む
コメント (2)

私生活バトンと帰省の話。

2006-02-23 23:05:20 | 日々
京成特急からバトンが回ってきたからやるよ。私生活バトンだって。1.家に帰ってまず何をする?外行きの服を全部脱ぐ。2.普段家での格好は?名札の入った高校のときの黒ジャージ。ゴムとかユルユルだけど、高校卒業以来愛用。3.部屋はどんなかんじ?  マンガがたくさんあって、テレビが大きい(ブラウン管)。そんで汚い。4.その部屋はあなたの理想にかなってる?全然叶ってない。ホームレスのダンボールハウスまで後 . . . 本文を読む
コメント (1)

読んだ本の話。

2006-02-22 02:05:51 | 日々
最近読んだ本。若干ネタバレになる部分アリ。森博嗣 「月は幽咽のデバイス」     「魔剣天翔」筒井康隆「馬は土曜に蒼ざめる」「月は~」はちょっと残念だったわ。いやそれ、鑑識が来たときにわかるんじゃね?って突っ込みたいトリックもそうだし、今までだったら、この本件に関係ない殺人も起こったりしてた気がしたんだけど、ほんとにこれだけだったからなぁ。うーん、Vシリーズ不安。と思わせる内容だった。キ . . . 本文を読む
コメント

「い」伊豆の踊り子。

2006-02-20 23:53:11 | 日々
あいうえお文章の「い」ということで、伊豆の踊り子。ぼくは伊豆に行ったことはないし、「伊豆の踊り子」を読んだことすらない。もしかしたら教科書の類で読んだことはあるのかもしれないが、それは川端康成の他の作品かもわからない。なので、ぼくが想像する伊豆の踊り子を書こうと思う。「伊豆の踊り子」トンネルを抜けると、そこは伊豆だった。ぼくは、福岡から伊豆に向かう新幹線の中にいた。どこにトンネルがあったかは定 . . . 本文を読む
コメント (2)

映画と、映画と漫画と小説等の自分なりの面白さの考察の話。

2006-02-16 23:55:20 | 日々
映画を観た。SAWを見たよ。かっこよく言えばSAWをSAW。映画はviewですか。思ったよりグロくなくてとても面白かった。脚本もどんでん返しどんでん返しでとてもよかったと思う。ハッタリがとてもよく利いていて、感動した。自主制作とか言ってたけど、そこらの映画より全然完成度が高い。確かに突っ込みたくなるところは多いけど、流せるくらい。カーチェイスのシーンは相当笑った。低予算出すぎてて。でもそんなに気に . . . 本文を読む
コメント

バレンタインと頻繁でない更新。

2006-02-14 22:01:10 | 日々
さて、更新が遅いときには二つの要素があります。1.余りにも暇すぎて日記を書く気も起きない。2.微妙に忙しくて日記を書く気が起きない。更新が頻繁なときは以下の二つ。1.暇というほどでもなく、生きることへのモチベーションが高い。2.余りにも忙しすぎて、現実の世界から逃げ出したい。最近のぼくがどれかはご想像におまかせします。どうもこんばんわ。そして、あいうえお文章が「あ」でストップしてるのは内緒です . . . 本文を読む
コメント (12)

とりあえず合格。

2006-02-09 22:09:57 | 日々
うちのうんこ妹が最初に受けた大学合格したらしい。ポコティンの相方と同じ大学ね。いやぁ、よかった………。第一志望の大学じゃないんで、まだ手放しでは喜べないところだけれど、やっぱり一つ決まると安心するね。俺が。大宰府まで出向いた甲斐があったよ、ほんと。妹の受験が終わる日に、今回ぼくは帰省するよ。あと10日少しだな。今日はそんだけ。 . . . 本文を読む
コメント (4)

アリ。

2006-02-08 23:55:32 | 日々
最近単調な生活をしていて、ネタが特にないので、自分でお題を作ってそれについて文章を書いていこうと思う。最初は「あ」から始まるお題。その次は「い」。それじゃあお題。「アリ」やったことがある人も多いだろうが、ご多分に漏れずぼくもやった。アリの巣にめっちゃ水かけた。迫り来る水に、慌てふためくアリンコたち。やめない放水。そのうち、そこらに出来た水溜りに浮かぶ溺死体。その辺になったら飽きるので、ありの巣の上 . . . 本文を読む
コメント (4)

本と映画、笑いの難しさの話。

2006-02-05 02:43:00 | 日々
最近読んだ本と、映画を。小説糸井重里/村上春樹・・・「夢で逢いましょう」東野圭吾・・・「名探偵の掟」綾辻行人・・・「暗黒の囁き」高田崇史・・・「QED 百人一首の呪」映画「グッド・ウィル・ハンティング 旅立ち」「夢で逢いましょう」は普通。時々くすりとするくらい。直木賞をとった東野圭吾の「名探偵の掟」。ミステリー小説の不自然な部分をおちゃらけて書いたやつ。まあ面白かったけど、特に感想はなし。囁き . . . 本文を読む
コメント