ラ・プロンジェ深海工学会

深海に関する学術技芸を考究し、海中観測・作業や機器開発などを推進する学会の活動を紹介します。

ROVを使った潜水艦群の調査予定

2017-08-21 04:46:00 | 終了
遠隔操縦式水中無人機(ROV:Remotely Operated Vehicle)を使った調査を
2017年8月22日早朝から
開始する予定です。

96時間連続調査です。ご期待ください。

ニコニコ生放送
http://live.nicovideo.jp/watch/lv304091245
でリアルタイムに海底の潜水艦映像をお送りします。


Twitterでのコメントやご連絡は
#伊58特定
をつけてください。


海況により、予定は変更がありますが、適宜このブログでご案内しますので、ご注目ください。

ROV:Quasar(SMD社 https://www.smd.co.uk/product/quasar-work-class-rov/)
支援船:早潮丸(日本サルヴェージ(株)所属)

継続して、寄付を募集しています。
http://blog.goo.ne.jp/laplonge/e/08537199199df1de531bb4c2871c17f6


ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
« 終戦後に海没処分された潜水... | トップ | 特定結果対応表 »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お疲れ様です。 (波201号)
2017-08-21 18:54:32
初めまして。五島列島沖に沈められた潜水艦乗組員遺族です。父は、潜水艦が沈められた日の思い出を会誌に寄せていました。爆破された瞬間は、涙を禁じえなかったけれども、米軍は艦が沈められたことに気を遣ってくれてフレンドリーだったとか。
今回、浦先生が、五島列島沖に沈められた潜水艦を探索されるとニュースで知りました。ご成功をお祈り申し上げます。
先週の盆休みに、父の遺品である、潜水艦用の六分儀と天測計算機と書かれた木箱を開けてみました。「海軍」と赤い文字で印刷された用紙に、父の文字で昭和20年8月13日付の計算式が書かれていました。
終戦直前、父は本土決戦に備え、沿岸警備をしていたそうです。
波201 (浦 環)
2017-09-27 03:13:59
ご連絡有り難うございます。ROV調査は無事に終わり、当初の目的を達しました。波201については、同型艦が4艦あることから、それらを区別するこは出来ませんでしたが、No.6、No.15、No.16、No.22のどれかです。米軍の資料によると波201は伊402とともに沈められたように思われます。伊402はNo.14ですので、その隣はNo.15です。つまり、波201はNo.15ではないか、という推定ができます。番号と位置とはブログの他のページをご参照ください。
この結果をお父上の御霊に捧げます。
波201 (浦 環)
2018-02-14 13:04:23
その後の解析により、波201は、No.15であると結論されました。この結論は、いくつかの仮定に基づいているのですが、そのように信じるところです。伊402の直ぐそばにあります。

コメントを投稿

終了」カテゴリの最新記事