ラ・プロンジェ深海工学会

深海に関する学術技芸を考究し、海中観測・作業や機器開発などを推進する学会の活動を紹介します。

佐世保講演会(12月16日)のお知らせ

2017-12-07 16:59:20 | 終了
五島列島沖合に海没処分された潜水艦24艦の調査講演会

海底に斜めに突き刺さる伊58潜水艦


主催:一般社団法人ラ・プロンジェ深海工学会
共催:
日本財団
一般社団法人日本船舶海洋工学会西部支部
後援(予定)
九州工業大学社会ロボット具現化センター
大和ミュージアム
日時:2017年12月16日(土)9時15分から12時15分
場所:佐世保市内(アルカス佐世保)
アルカス佐世保  http://www.arkas.or.jp/
〒857-0863 長崎県佐世保市三浦町2-3  TEL 0956-42-1111
定員:60名(先着順で定員になりしだい締め切ります)
参加費:無料
資料が必要なかたは、資料代千円をいただきます。

プログラム(主催者の都合により変更することがあります)

9時15分 ラ・プロンジェ深海工学会の活動 浦  環
9時20分 調査結果 浦  環
10時15分 特定された潜水艦達の軌跡 勝目純也
10時55分 海没処分潜水艦調査の意義 古庄幸一
11時15分 ディスカッション 司会 古庄幸一
12時15分 閉会

参加:参加希望者は、12月8日までに
secretary.laplongeeアットマークgmail.com (アットマークを@に書き換えてください。なお e が二つ繋がっていることにご注意ください。)宛てに、
件名を「佐世保講演会参加申し込み」とお書きの上、下記をご連絡ください。(なお、12月3日には横須賀での講演会がありますので、これと混同しないために、必ず「佐世保」をお書きください)
氏名(必須):
Eメール(必須):
参加証をメールにてお送りします。

参加費:無料
資料が必要なかたは、資料代千円をいただきます。
当日、海底から立ち上がるポスターやT-Shirtsなどを販売いたします。

本講演会は、日本財団「海とニッポンPROJECT」の活動の一環として行われます。


コメント

五島沖合の潜水艦群の特定結果(2017年12月4日)

2017-12-04 05:31:00 | 潜水艦特定結果
24艦のうち20艦を個別に特定


ROV調査のビデオ映像をよく見て、五島列島沖合の海没処分潜水艦群の特定を、ここまで追い込みました。



「波」の特定は、画像からでは難しく、米国公文書館からの資料(艦のログと処分のメモ)から、推定しています。
しかし、それら資料には、矛盾点があり、タイプミスなどを推定しながら、判定しています。
コメント