岩登り日本

Rock Climbing in Japan

11/15 湯河原

2009-11-16 | 湯河原幕岩
なんかのカメムシだと思われ



今日はヒデさん&冬彦さんのスパイダーマンに付き合って湯河原正面壁。
あとからミクロマソ&Rちゃんもやってきた。

藪がすごいし、でっかい蜂の巣はあるし、取り付き狭いし、
風は強いし、寒いしで、、、どうにも落ち着かない一日だったなあ。

スパイダーマンの隣にスパイダーガールというのがある。
100岩場によるとスパイダーマンのカンテ限定バージョンとのこと。
やってみたけど中間部ピン2本分がまったく意味不明。
12bというグレードが怪しいのは確かだけど、それ以前にホントに人間が登れるのここ?
だってホントに何にも無いもの。
誰か登った人いるのかな。ホールドかけたんじゃないかな。
右手だけカンテ使っちゃダメ?
なーんて考え出したらやる気がうせてきたよ。
これだから限定ルートはいやだ。
もうやんないんだ。
最後にヌンチャク回収でスパイダーマンを触ってみた。
RPしてから4年半もたつのか。
やっぱりスパイダーマンは良いルートだった。

チキンソテーガーリックバター醤油とイカフライ定食1000円

2008-01-06 | 湯河原幕岩

ニンニクが半端じゃない・・。

もっさん、総長、おKEIと湯河原。

①シャクシャインRP・・・シャックじゃなくてシャクシャインね。ついでにコンケスタドールってのはコンキスタドールじゃないかね。
②もうバカ×・・・。
③踊り子×・・・核心のムーブがまったくできなくなっていた。ショック。
④スーパータクティクス×・・・ヌンチャクがけ。簡単だ、2撃いけるかな?
⑤スーパータクティクス×・・・甘くなかった。結構微妙な足位置や手順足順が重要。細かいところを修正。
⑥スーパータクティクス×・・・がーん。核心で手順を間違えてテンション。下部のムーブを修正。
⑦スーパータクティクスRP・・・間を空けると忘れそうなのですぐに出す。それでも核心でまた手順を間違えた。やべーはがれそう。モッサンの「かまうなイケイケ」に奮い立ちなんとか力でねじ伏せRP。うーん、これが12bならムカデもやっぱり12bなのかな。
⑧魔法のランプ×・・・がーん
⑨魔法のランプRP・・・ほっ
⑩踊り子×・・・さっきよりは体上がるようになったけどやっぱ核心できない。太ったのが原因かな。ショックだ。
⑪ダイヤモンドヘッド×・・・何度やっても素晴らしいな、このルートは!

総長は踊り子をRP、もっさんはアリババで簡単なのを登りまくり、おKEIはダイヤモンドヘッド最終便、みんな固唾を呑んで見守る中みごとにずっこけて笑いを取っていた。

楽しかったなあ、湯河原。


ブルピンRP

2007-02-25 | 湯河原幕岩
ブルピン。2003年トライ時の写真



小田原駅でしろさんのR33スカイラインGTS25TタイプMに乗り込み、湯河原幕岩へ行った。
桃源郷でアップしていたら、サルその1とサルその2がやってきた。繊細で理知的なクライミングが求められる湯河原に似つかわしくないサル兄弟。何しにきたんだ?と思ったら、人間の女の子を二人連れてきている模様。ははーん・・・。サルはサルなりにいろいろ精を出しているようです、こーち。

ということでサル兄弟の相手はせずに、しろさんとサイレントバレーに行くことにした。サイレントバレーは4年ぶりだが、アプローチは城山通いのおかげで楽に感じた。
今日のねらいはブルピンこと「ブルーオンピンク5.11d」である。
みんな知っとるけ??湯河原通の間では評価の高い、玄人好みの渋いルートである。
これを登ると、お、通だね!といわれます。(ホントかなぁ)
ブルピンは人気ルートのミアモーレがある壁の真中、高さ8mくらいのきれいなフェース。傾斜は垂直。ホールドはたてカチが主。核心はとても厳しく、ムーブ創造力とパワーが必要とされる。
グレードは限りなく12aに近いが、あえて11dというところがまた通好みでよい。
他の人の登りは見たことないけど、核心はいろんな登り方があると思われる。リーチによってもガラリと変わってきそうだ。

サイレントバリーはその名の通り静かな場所。日当たりもよく取り付きもよい。
これだけの数の好ルートが一箇所にまとまってあるエリアは湯河原の中では貴重だ。しろさんのやってた「まりあ10bc」なんてのも、テクニカル&パワフルなかなり質の高いルートです。あと、バビロンシステムは11bcだけどちょー難しいです。俺にはどうしても離陸ができません。

酢ーどら

2006-01-08 | 湯河原幕岩
湯河原幕岩
with ナマケモノ


<写真:アブラカダブラをRPするナマケモノ>

今日は特に目標のルートもなく、ナマケモノとゆがぶら
聞くとナマケモノはまだ外岩での完登がないとのこと。
トポで適当なルートを探してたらいいのがあった。「おたまじゃくし」
なんとグレードは5.6。こんなグレードみたことない。
ナマケモノはなんなんくOS。
おれもちょっと興味がわいてきて登ってみた。自己最低グレード更新

次はちょっとフリークライミングっぽいルートもやってみるべということで隣のアブラカタブラに。グレードは5.10a。
ナマケモノはどこで覚えてきたのか一丁前に「はってくださーい」とか「もうちょっとおろしてくださーい」とかいいながらホールドにチョークぱたぱたしたりして、ムーブをさぐっている。さらにレスト中も他の人のトライをみながらムーブを研究。やる気まんまん。立て続けに3便出して見事RP。えらいっ!

じゃあ次は10bいってみよーということでベンケイをTRでトライ。
さすがにこれにはてこずっている。ここで俺は先輩らしいことをしようとアドバイスをこころみるが教えるほうも教わるほうもホールドを覚えられないバカ同志で、しかもB型同志なので会話は空回り。ナマケモノもたいして聞いていない様子だった。

さて俺のほうは11aを2本。そのあと役人さんがかけたヌンチャク借りて酢ーどらおさわり。だけど核心部まったくわからずとっとと降りてきた。でも役人さんにムーブ聞いたり他の人がやってるの見てたらなんかできそうな気がしてきた。今度来たらやってみよ。

日が隠れて寒くなってきたので先に帰っちゃったけど役人さんRPできたのかなあ。

思い出のルート巡りin湯河原

2005-11-27 | 湯河原幕岩
湯河原
with MOT、イトウ



踊り子狙いのMOTさんとヘッドねらいのイトウさんに混ぜてもらって久々に湯河原にやってきました。天気は快晴、ちょっと暑い位の小春日和。今日は1日気の向くままのんびりクライミングを楽しむつもりです。

まずは「シャックシャイン10d」。ZCCの必須課題です。これをRPしたのは2001年の4月。当時は前半部の前傾壁で前腕をギンギンにパンプさせて登りました。テラス前のランナウトもとても怖かった・・・。今では傾斜をまったく感じません。寝てる?って感じ。かえって後半の垂壁でちょっと本気はいりました。やっぱりいいルートです。湯河原における10の卒業課題であり、11への登竜門ってとこでしょうか。

つぎに「踊り子12a」。これをRPしたのは2004年の10月。ちょうど一年前でしたね。まだ暑かった頃。汁手でもない僕が必死にチョークアップして登りました。MOTさんとしゅんたろうくんはただいまトライ中。二人にはへたな小細工しないで金玉のシワをサイドプル&ハイステップ一発で抜けてほしいな!
最近ガバばかりで眠りかけていたカチラー魂に火がつく一本でした。

その次が「ダイヤモンドヘッド11c」。これは2002年の6月にオンサイトしています。それ以来いまだに11c以上のオンサイトはありません。ダイヤモンドヘッドをオンサイトしたというとみんながみんな目を真ん丸くしてそれはすごい!といいます。その意味がわかりました。今日やってみたらテン山でした。特に出だしがムズイ!最後もむずい!すごいよ3年前の俺!

えーとそれから忘れてた。「垂壁伝説11b」。2001年に一回トライしてはじき返されたルートです。そして2005年の今日もはじき返されました。ラインがまちがってるのかな。体感13a。上まで抜けれず2P目で敗退でした。

さていよいよ今日のメインイベント「紅葉前線10d」のRPトライ。こいつに最初にトライしたのはいつだろう。思い出せないくらい遠い昔・・・。当時は出だしのテラスに上がるまでが怖くてクラックにナッツかませたりしてました。そうしてやっとよじ登ったテラスから今度はすっぱり切れ落ちたフェイスに飛び出すことの恐ろしいことといったら・・・この感覚はこのルートを体験した人にしかわからないと思う。バンジージャンプの感覚です。幕岩最強の10といわれていますが日本最強の10だと思います。今日は本気でトライしました。もちろん一撃。体感11bです。

締めくくりは「帰還兵10c」
あいかわらずむずかしいルートです。レイバックが売りのルートですが正対でいきました。途中やばかったけど・・。最近ホールドがかけたらしくグレードUPか?という話もあったらしいですが10cのままということで落ち着いたようです。それでいいと思います。

今日は暗くなる前に下山。
楽しい一日でした。

Cotton Club 5.12a RP

2005-04-17 | 湯河原幕岩
今日はサーティーンってどんなんだろ?という興味本位でスードラON攀(5.13a)を触りにきた。
でも、まかりまちがって上までぬけちゃったりしたら通っちゃおうかななんてスケベ根性があったことも事実だけど・・
まあ、結果からいうと見事にはじき返されまったくお話にならなかったね。当然か。

さて、あきらめがついたのでCotton Clubをやることにした。
見た目はしょぼいが、なかなかイカしたムーブをさせてくれるおもろいルートだった。
俺にとっては目から鱗のムーブの発見ができた。あー誰かにムーブ教えたいいーって感じ



スパイダーマン(5.12a) RP

2005-04-10 | 湯河原幕岩
う~ん、美しい。そそられる~。やはり岩はこういうふうにちゃんと壁になってなくっちゃね。
得意系だけあって二日目でレッドポイントできました。
しっかし楽しいルートだったな。あのビミョ~~な感覚と緊張感思い出すたびシビレマス。
とにかくフットワーク命。超エッジング。
今年最高のクライミングでしたー!


スパイダーマン

2005-04-02 | 湯河原幕岩
ついに”あの”スパイダーマンである。
この由緒正しき伝統のルートに、この俺とあのはっしーがトライしているなんて・・・
夢にも思わなかったことが現実となった日であった。
亀のようにゆっくりでも、休み休みでも、これまでやめずに続けてきてよかったね・・・・とまだ登れてもいないのに感慨にふける二人であった。


このルートいままでやった12aの中では間違いなく最強でしょう。
12くらいのルートだと、たいてい核心以外に2,3手は微妙なところがでてくるでしょ。微妙なムーブをこなしてからガバにランジ、とか、核心のハング乗越のあとのフェースでランナウトしながら微妙なクリップとか・・・まさにあの微妙な緊張感が最初から最後まで、ひたすら続く。とにかく一時も気を抜けない、おっソロしくストレニュアスなルート
手ごたえとしては、あと2日くらいかかりそうかな。
登れたら今年の思い出の一本になることは間違いないだろう。

今日は初めてアニマルさんとご一緒させていただきました。
今日はあいにく午後から用事があるとのことで半日だけでしたが、また機会があればご一緒したいです。よろしくお願いします。