岩登り日本

Rock Climbing in Japan

8/22 マミ

2010-08-22 | 小川山
管貞さん、飯島さん、斎藤さんと兄岩へ。
現地でしゅんたろ、さっちん、坂本さん、オケイ。

アルパイン少女マミ

3日7便もかかった。
さっちんは2日6便。
さっちんに先越されたよ。

さっちんが先にRPしちゃって、「こ-ださんヌンチャクかけかえようか」
俺「いや。回収しちゃって」
便数で負けたからには、俺はマスターRPで男の意地をみせてやる。
女の子相手に対抗心メラメラです。
そしたら、
しゅんたろ「あれーヌンチャク回収しちゃったの。こーださんRPかかってんでしょ。ぼくヌンチャクかけてきますよ。」
おれ、「え、、、、ホント?悪いねえ。。。」
一言であっという間に楽なほうに流されてしまった・・。
プライド捨てたからには何が何でもRPしなければなりません。
11dで吼えまくりです。最終便でなんとかRPできました。

さっちんの分と俺の分と一日2回ヌンチャクをかけてくれたしゅんたろ。
アンダーをとるときの左足の位置と、最終クリップの体勢をおしえてくれたさっちん。
ありがとうございました。

本格派の素晴らしいルートでしたね。
テクニカルな前半。パワフルな後半。
必要最小限のボルト。
いんちきして上のホールドを探ったりできません。

核心は後半のパワフル部分だと思いますが、俺のこだわりとして、
11dくらいでフリとかムーブはしません。
あくまで正対真向勝負でカタをつけました

最初の印象も、登ったあとの印象も、かかった便数からしても12bあると思います。
とんでもないお買い損ですね。

しかし、さっちんは強くなったなあ。
彼女はいつか必ず13を登るでしょうね。

8/13-14 小川山すんすん

2010-08-15 | 小川山


今回は大人数。
坂本さん、飯島さん、斉藤さん、中村さん、のぶちゃん、れいちゃんです。

おKEIは会津で雨乞いをしています。
晴れ男の俺と飯島さんがそれを何とか阻んでいるという図式。
しかし、両陣営のせめぎあいですっきりしない天気です。
蒸し暑くてたまらん。

今回の俺の目的はのぶちゃんのトップロープを張ること。
そして秋刀魚をおいしく焼くこと。
他に何も目的を持たずにきてしまった。

他のひとも何が目的で集まったんだかよくわからん。
暑さでダレまくり状態。

とりあえず初日は兄岩。
斉藤さんとれいちゃんに三日月のピンクリップをすすめる。
れいちゃんは俺が苦労した核心を抜けるというか左に逃げてクリア。
でもマスターでいったんだから文句いえないよね。えらい!
斉藤さんは当然直上です。声を出しながらフラッシュ。
のぶちゃんはタジヤンⅣをトップロープでノーテンでした。
さて次はスケアクロウ。
11bらしいけどずいぶんとやさしく感じた。右のガバ地帯は限定なのかな。
長くて気持ちはよいです。
俺のあとのぶちゃんがトップロープで。
それから斉藤さんがフラッシュ。
そういえば出だしに恐ろしい浮石があったね。
何気なく足を置いたらグラんグランて。
みなさん気をつけてください。

それからアルパイン少女マミ。
今日はまだヌンチャクがかかってない。
マスターでトライできてうれしいな。
今日は2回やってRPできず。うーやっぱ難しいな。

裏に回ると坂本さん飯島さん中村さんがマウンテンプロショップでセッション中。
セッションから抜けた坂本さんを北条カンテではめてやりました。うしし。

二日目。
時折ぱらつくやな感じ
蒸し暑い~。みなさんやる気あるんでしょうか。
朝から焚き火しまくりです。これは会津から白い人の呪いを振り払うための儀式です。
やっと雨はあがりました。
近くて簡単なとこ行こうということで意見は一致するものの、じゃどこいくか。
で二転三転の末リバーバンクへ。
まあたいして面白いところじゃなかったな。
12aは強烈というか無理やりというか。
何をさせたいのかよくわからん。
ホールドかけたのかな?
とにかく難しかった~。敗退です。
登りつくしてしまったのでストリームサイドへ移動して
しけしけの12aを触ってるうちに雨が降り出し撤退。

なんかクライミング的にはモチのあがらん二日間でした。
この暑さじゃね~。

でも夜は楽しくて飲みすぎた~。
秋刀魚もうまく焼けて目的は果たしたからいいかな。

すんすん

7/30-8/1 スメアしまくり

2010-08-15 | 小川山


7/30
ふーじんの宿題がある水晶スラブに行った。
クライミング歴相当長いけどいまだにスラブでのフォールをしたことがない俺。
今日こそは後ろ向きにゴキブリのように走るという恐怖のスラブフォールを体験するのでしょうか。
アバタもエクボはオンサイト。
ノイズは核心部でフォールでなくテンション。残念でした。
しかしノイズの核心はスラブというよりフェースだからどっちにしても後ろ向きに走ることはないね。
ノイズは2回目でRP。しかし最後のランナウトはひどいね。
あんなんならボルトを打って最後までスラブを登らせればいいのに、って思いました。
ていうか本当は最後までスラブで行かなきゃいけないのでしょうか。
俺はごめんだ。クライミングに命なんかかけたくない。
さてふーじんは、宿題のアバタもエクボを片付けてから裏に回って精神カンテをマスターオンサイト。
おれは精神カンテとダウトをやった。ふたつともなかなか面白かったね。
ああ今年は小川山らしいルートを登ってるなあ。

7/31
兄岩へ。三日月のピンクリップOS。これは10bじゃないよなあ。
11bくらいに感じた。スラブのグレードはよくわからない。
最後はランナウトなので自然と左へ逃げることになるんだけど、ボルト一本追加して直上させるようにしたら楽しいのにな。惜しい。
上に上がってマウンテンプロショップというのをやってみた。
トポに限定と書いてあるが何が限定かは書いてない。
つくづくまったくひどいトポだな。
とりあえずクラックは限定だろうなと思い。
クラックは使わないように、チョーク跡のあるホールドだけを使ってやってみた。
2回で登ってしまったが、あまりにも簡単なのでなんか釈然としない。
後で知ったことだが、どうやら限定のフットホールドを使ってしまっていたようだ。
通りで簡単すぎると思ったんだよなー。
なんか腹がたつのでこのルートは二度とやらないんだ。
その後、高場さんと内垣さんがやってきた。
高場さんがやっていた北条カンテが面白そうだったのでやってみた。
これも逆の意味でグレード怪しい。11bはあると感じた。
このルートはマスターで登って何ぼと思ったので、手繰りクリップはせず、ヌンがけをシミュレーションしながら登って見ました。
2回目でRP。これは強いやつをはめたくなるルートですね。ニヤリ。
(後日坂本さんをはめました)
あとアルパイン少女マミをやった。これは噂どおりの素晴らしいルートだった。
前半はテクニカル。後半はパワフルな真っ向勝負。
そして絶妙なランナウトが恐怖心をあおります。
これは今年是非RPしたいな。体感では12b。
カブトムシより難しく感じた。

ふーじんはなんか登ったっけかな。
あちこち手をつけ、どれも成果なしだったような。。。。
ぶつぶつ一日ぼやき続けていたような。。。。

8/1
今日も朝からぎらぎら
もう暑くて暑くて、小川山から逃げることに。
カサメリは木陰で沢もあり、涼しい。
でもジメジメー。
だいたい体がヘロヘロです。
10bで落ちて頭からフォールするし、11aでパンプしてテンションするし。
同様にふーじんもぼろぼろ。
こんな調子でこれ以上やってもしょうがないね。
ということで昼過ぎに引き上げ。
帰り道にボルダーをやってから、坂本さんの車に落書きをして帰った。



暑くて疲れたけど楽しい三日間でした。
クライミングよりも七厘の腕前があがったかも。
写真のしゃけは失敗だったけど、二日目の秋刀魚は大成功。
魚の焼き方はだいぶ上手になったね。
ヘルシーの湯の帰りに中国人のお店で怪しいビンや粉を仕入れて食ってみたらうまかった。
またいこっと。

7/24 セレクションとカブトムシ

2010-07-24 | 小川山


セレクション。
久しぶりのマルチ。
NPは俺は使い練れていないので、NPの部分はケリーてことで。

1P。ケリーリード
ケリーはクラックをカチもちで、俺はレイバックで。
2P。俺リード
簡単なスラブ。ぐいぐい登る。ケリーは本当にスラブが苦手らしい。ヌンチャクをつかんでなんとかクリア。
3P。ケリーリード。
簡単なトラバースでチムニーの下まで。途中木でランニングを取る。
ケリーがNPでアンカーを作った。
4P。俺リード
簡単なチムニーをぬけてぐいぐい歩くように進み、木でアンカーをとるところまで。
5P。ケリーリード
ここが核心かな?カリスマの出だしみたいな感じで木登りからスタート。
ケリーは簡単そうに登ってたけど。ボルトが二本であとはNP。
6P。俺リード。
ここも簡単。ぐいぐい進んで頂上の広場へ。
ここでロープをほどき散歩、記念撮影など。
ケリーはさらにフリーソロで広場にあるぼろぼろの岩に登頂。
俺はあまりにもぼろぼろで登る気になれず。
帰りはワイヤーをつたって歩いて下山。
はい、アップ終了です。
つづけてカブトムシ。ヌンがけに行ったらそのままRP。
ケリーはチキバン。オンサイトならず。
あんまりおきにめさなかったようです。
もう二度とやらないとさ。

2峰には他にやりたいのもないのでビクターへ。
ビクター1級とかカンテ1級とかやってみたけどできなかった。
あんまり面白くも感じなかった。

ということで早めに切り上げました。
しかし暑いね~

今日のできごと

2008-09-23 | 小川山


登れても登れなくても今日で最後の小川山

ブルセラはG、おKEI、ふーじん
総長号はふりふらさん、うちざる

廻目平に到着すると、
おKEIとうちざるは親指岩へ
総長とふりふらさんはストソームサイドへ
Gとふーじんはマラ岩へ
俺は一人石の魂へ

みんなバラバラじゃん・・・

んで石の魂(1級バージョン)登れた!
うれしくてバンザイしたかったけど一人なので
ちょっと小躍り

ニヤニヤしながら遊歩道をくだり、マラ岩ヘ向かった。

マラ岩はガラガラ。

Gといっしょにノーモアレイソをやった。
Gは一昨日の鳳来の疲れがどうしたこうしたと言い訳くさい。
俺もまだ本調子には程遠い感じ。筋トレのつもりで4便出したけど4便目はもうヌンチャクつかまないとトップアウトすらできない状態。早く元の体に戻さなければ。
一方のふーじんはBRの人たちに混じって昼寝もせずにがんばりJECCをRP。
近頃のふーじんはちょっと違う?

さてこの夏を総括
今年の小川山はルートにモチがなくてボルダーばかりやっていたので持久力ががた落ちしてしまった。でもそのおかげでまたルートへのモチが復活したともいえる。ボルダーのほうは1級を目標にしてたけど、最終的に1級が4本も登れてよかった。ボルダーの楽しさと楽しみ方もよくわかった。でもボルダーとルートは両方バランスよくやるのがいいみたいだね。

いよいよ秋ですね。

というわけで惰性の日々はそろそろ終わる?

今日のできごと

2008-09-13 | 小川山
一人で小川山へ。
道が混んでいたのでちょっと遅めに0930到着。ほぼ同時にGさんたちも到着。
Gさんに今日はどこへ行くのかと聞くとむにゃむにゃもごもご何言ってるかわからないのでとりあえずマット背負ってボルダーしに行った。
宿題その1は一手進んだ
宿題その2は二手進んだ
でも今日はこれ以上やっても進歩なさそうなので切り上げることにした。
この調子だとあと二日で登れそうなんだけど。

そろそろ無性にルートがやりたくなってきた。
ノブりんとカメりんがイエ□ークラッツュをやっているとの事前情報をキャッチしていたのでそっちへいくことにした。

この周辺でずっと気になってるルートがある。
ノーモアレイソ
かっこいいルートだ。
今日は3回やったけどRPできず。
一ヶ月以上もルートから遠ざかっていたため持久力がかなり落ちてる。
カメりんもイエ□ークラッツュを終わらせてからノーモアレイソに参戦。お気に召したご様子。またどうですか。

今日はノブりんのおかげで真っ暗になるまで遊ぶことができましたありがとう。

あーモチ低い
でもいくと楽しい
というわけで惰性の日々はもう少し続く


今日のできごと

2008-09-01 | 小川山
週末雨で登れず欲求不満のみなさん、それは私が仕事で岩場に出動していないためですこんばんは。

さて今日は代休とってボルダーです。
前夜の雨でどこも湿っぽいもしくは濡れていて状態はいまいちでしたがまあなんとか登れるやつを登りました。これといった成果はなかったですが前回の宿題の「達筆3級」が登れたのとあと「YMルーフ3級」というのが一撃できたのでまあまあですかね。

ふーじんは5級を2本と4級を1本できておめでとうございます私のおかげですね。

あーモチ低い
でも行くと楽しい
というわけで惰性の日々はまだまだ続く

そうそう私、今週末も用事で岩場欠席しますので雨が降ると思いますのでよろしくお願いいたします。


今日のできごと

2008-08-23 | 小川山


今日はふゆひこさんとNobちゃんとボルダー

石楠花でアップ開始
まずは扇岩の「左うちわ5級」と「蛇腹4級」
これはみんなさっくり終わらす。
真ん中の「扇子2級」。これはムズイ。
ふゆひこさんと俺はまったく歯が立たず。
Nobちゃんが一番いい線いってたけどまだまだって感じ。
スラブのボルダーはちょっと別物って感じで苦手だ。
みんな飽きてきたので、先週の宿題、忘却岩の「忘れん坊2級」へ移動。
今日はさっくり一撃。ふゆひこさんも3回くらいで。
Nobちゃんもいい感じになってきて、次はいけそうってところだったので、ちょっと時間空けて勝負しようということでその間にこれも先週の宿題一筆岩の「達筆3級」へ。
これは激辛の3級。でも昔Nobちゃんは登っている。
俺は先週から何の進歩もなし。ふゆひこさんも俺もポッケとった後なすすべなし。
そうこうしていると雨が降ってきた。
Nobちゃんの本気勝負のために急いで「忘れん坊2級」に戻ったら、すでに岩はかなりしっとりしてる。
Nobちゃん残念。また次回。

雨も本降りになってきたのでキャンプ場へ戻ると、マオチエと遭遇。
マオチエはこれから岩根山荘のジムへ行ってみるという。
俺達もマオチエの後を追っていこうと支度をしているとだんだん雨が小降りになってきたので少し様子を見ていると雨は上がった。

(後日談によると岩根山荘のジムは結構広くて快適らしいが1500円と料金は普通のジム並みに取るらしい。)

雨が上がったので乾きの早そうなビクターにいった。
ビクターには役人さんとわたなべさんがいて、みんなで一緒に夕方まで遊んだ。



俺は「サブウエイ3級」「ランジ3級」「三日月ハング1級」
ふゆひこさんは「コンケーブ3級」と「サブウエイ3級」をRP。
Nobちゃんは成果なしだったけど忘れん坊もサブウエイも惜しいところでした。
次回がんばりましょう

今日のできごと

2008-08-13 | 小川山
今日はヒデちゃんとボルダー

ヒデちゃんは指がいまいちでリハビリ中。
まず「プーシェ3級」
これはヒデちゃんも俺も一撃。
エイハブはイメージできてたはずなんだけど実際やってみるとなかなかイメージどおりに行かない。ちょっと時間あけて今日はこれで最後のトライと決めて取り付いたらうまくできた。コツはリップを両手で取った後ちょっと体を半身にしてひざ小僧を入れる感じかな。人生初一級だったのでとてもうれしかった。

その後石楠花へ移動。
ヒデちゃんにいろいろと案内してもらった。
忘却岩の「マントル2級」と流れ岩の「流れの中に1級」ができた。

それから名前がかっこいいのでやってみたいという俺の希望で石の魂へ移動。
「石の魂1級」にトライ。なんとなくムーブはわかってきた。
次回またやってみよう。

最後に水晶スラブ下でいろいろおさわりして帰った。

ボルダーはあちこちに宿題を作っておくと楽しいって事がわかった。
宿題がいっぱいあるってことは楽しみがいっぱいあるってこと。
こんな感覚はルートにはない。

今日は俺ばっかり楽しんでたみたいで、リハビリ中のヒデちゃんは俺の案内ばかりしてる感じだったけど満足できてたのかな。
ヒデちゃん、ありがとうございました。またよろしく!

胸焼けの小川山

2008-08-03 | 小川山


やっぱり今年も海外なんて夢のまた夢で
夏休み9日のうち6日を小川山で過ごしたぞよ。
俺もイイハわきたーい!

で後半戦初日は人生3度目のボルダー
Aハブはマントルが解決できず
帰ってユーチューブ見たらあんなに脚上げるんだ。こわっ!
でもやればできそう
ANA社員とコソケーブはできた。
3級は一撃はできないけどわかればできるね。
1級は得意系ならできるかなて感じ
ビク夕ーはまったくできる気しないけどAハブなら・・・
今年はボルダで一級登るぞ
小川のボルは高くて怖いぞ。マントル核心とかあるし
ふーじん核心越えた後地上3mの苔スラブで固まる
1分経過2分経過3分経過・・・ピクリともしない
裏から回ってお助け棒で救助、なんてこともあった。

2日目は5峰
コソダラとザらメやってからGさんのパンプキンに参戦
ムーブは簡単なデッドの連続だけどやっぱ12b
おもろ、でもフレッシュじゃないと続かねーや

3日目は猛烈な疲労と二日酔いであっきと一峰へ
力the多いわ?
お呼びじゃないってんでそそくさとソラマメへ転進
あっきがエソドルフィソを2撃して岩場の空気を凍らせてしまったので
俺が隣のツナプスで空気を和ませる
こいつ、一生できる気しねー。ランジ苦手だ。
この日は意地でなんとかソラマメスーパーだけ持ち帰り

クライミングは二日で十分だね

帰り道。胸焼けで無性にウドンが食いたくなって双葉SAによったら間違えてソバ食った。

小川山は美味かった

2008-07-28 | 小川山


夕立もお食事時間になるときっちり上がりました。

星空の下で自然の恵みに感謝

ニジマスさん
アスパラさん
エリンギさん
カルビさん
ナスさん
マグロさん
ピーマンさん
サツマイモさん。

ごちそうさまでやんした。

ジャックサゴジョー 5.12a

2008-07-12 | 小川山


というわけで小川山にやってまいりました。
写真は三年ぶりの五峰のてっぺんから。
ジャックサソジョーはこれより下部の、木陰で涼しいエリアにあります。

Gさんが登っているのを、ふーん簡単そうだなあ、と思いながら見ていた。
なんであんなところでモジモジしてるんだろうなんていう場面もあった。
見た感じどう見ても12aには見えないルート。
傾斜があるわけでなし、ホールドがないわけでなし、カンテは使えるし、限定もない。
Gさんがロワーダウンしてきた残りのロープを見ると長さは結構あるみたいだ。
25mくらい?一見それだけが取り柄のぱっとしないルートにみえる。
でもこういうやつに限ってやってみると意外と難しかったりすることを私は経験的に知っている。

前半はあらゆる垂壁テクを駆使して向きの悪いホールドをうまく効かせながら登る。
クリップも悪くマスターでいくと難易度が上がると思われる。
このセクションで11dくらいだろうか。

後半は岩の形状をうまく攻略していく登り方。このセクションだけ切り取ったらグレードは10cくらいだろうが、ジムクライマーにはちょっと登れまいっていう感じだ。
この後半部がいかにも小川山っぽくてこのルートを面白くしていると思った。

高度感や長さ、マスターオンサイトの難易度を考慮して総合的に12a。
納得のグレーディングだ。

今シーズン初の小川山にふさわしい一本でした。★ひとつですね。

エクセレントな夏。

2007-09-08 | 小川山
またマラ岩。

おKEIの開拓王1便目
おれ「ガンバ (たのむ終らせて)」
おKEI「うんがんばる」

・・・そして5分後
おKEI「やったーできたー」
おれ「おーやったー (これでやっと違うエリアにいける)」
おKEI「ありがとー」
おれ「(こっちがありがとー)」

ささ、おわりおわり移動移動と。
余韻に浸る?なにそれ?おらおら速攻支度だ。
南面のしゅんたろとツボイさんにバイバイしてリバーサイドへ。
おKEI「よ、よ余韻が~」

リバーサイドにはサル&豆、ワニなどがいた。
ワニが「こーださんガバの反対は?」
としつこく聞いてくるので「バカ」といってやったら喜んでいた。

そんでBUN2、ランデブー、ジョコンダをOSした。
時の踊りの1便目は出だしを失敗して、さらに終了点を間違えてしまったので、2便目もマスターできっちりRPしといた。しかしこのルートは素晴らしかった!ジョコンダよりこちらのほうが絶対楽しい。てゆうかいままで100本以上はテンを登ってると思うけど、間違いなく最高一番のテンだ。かなり本格派。やってない人は絶対やってみてね。カムを一個使うのが面倒だけど、あそこで落ちると死ぬから使いましょう。俺は最初持たずに行ったけど、思いとどまり、途中で下から投げてもらった。
リバーサイドはルート数は少ないが質の高いルートが多いね。DOKUFU、BUN2、時の踊り、ジョコンダの4本は最低やっといたほうがいい。
ちなみにジョコンダと時の踊りの間にある11bはちょームズイです。俺は抜けられませんでした。

さあ、これで俺の小川山は終った。
さらばエクせレントパワー。
さらばエクセレントな夏。
これからしばらくは冬の大きな目標に向けて12を登りこもうとおもいます。

帰りは渋滞もなく法定速度で快調にドライブ。
途中、厚木のサイゼリアで飯を食って246を走っているとケロちゃんからメールが・・
『またサイゼリアですかぁ?好きですねえ』
な、、なぜ・・・


そして来週、ついに”あの男”が帰ってくる・・・!?

デビュー

2007-09-01 | 小川山
今日は金峰山荘でマットをレンタルしてボルダーデビュー。
有名なエイハブがあるクジラにいってみた。
まず穴社員をやったら高さにびびってつっこめなかった。
いきなりこの高さは無理と思ったのでスパイヤのスラブで遊んだ。
ライトスパイヤとかいう3級ができた。
そんでちょっと着地にも馴れてきたのでまたクジラにもどってエイハブをやってみた。
リップ前のスローパが何度やっても止められなかった。
ハングドッグしてホールド触ったりできないからボルダーは大変だ。
でもここは大分馴れてきたので次回あたりできるんじゃないかな。
でもあとでイチロー氏に聞いたらそのあとからが核心なんだと、こわそーー!!
とにかくエイハブでズルムケお手手終了。
とっとと帰った。
高さにも大分馴れてきたので次は穴社員をやってみようっと。