目の中のリンゴ

私の推しはWケンシです。米津玄師と岡田健史です。

ハチクロ宣伝部員です

2006年07月06日 | 映画イロイロ
いよいよ公開も近づいてまいりました、「ハチミツとクローバー」!

本屋に行ったら、発売になったばかりの月刊誌いろいろ、
表紙にハチクロの5人があふれてる~!!
早速、蒼井優ちゃんが表紙の「ダ・ヴィンチ」は買いました。
(あとは立ち読み。堺さんが載ってたら購入の方向で。)

で、羽海野チカさんのインタビューなどを読んでると
”自分の作品の中ではかなえられなかったコトが
かなえられているシーンがあって 涙がぽたぽたこぼれました”

というシーンのこと、書いてありました。
(原作読んでる人には 予告でわかりますよね!)

キャストを見てもわかるように、甘くて酸っぱいセイシュンストーリーに
なっていることは間違いないデスネ。
漫画ではすごく切なくて泣けるんだけど、
実写で見るとどうかな・・・気恥ずかしいかな??
音楽はスピッツにスガシカオですよ!

羽海野さん、すごいなぁ。自分の好きなものを苦しみながら
描いていたら、こんなにも世界が広がって、
好きだったアーティストに映画の主題歌歌ってもらえるなんて・・・。

で、「ハチミツとクローバー」フォト・メイキング・ブックです。
(集英社 nonno特別編集!)
A5版 横開きのカワイイ写真集です。
羽海野さんが描いた映画撮影見学イラストエッセイも載ってます。
(やっぱり絵、うまいなぁ。当たり前だけど)

そう、コレに載ってたんですね、堺雅人さんと羽海野チカさんの対談!

羽海野さん、堺さんにベタ惚れみたいです(笑)
花本修ちゃんの衣装で修ちゃんになりきっている堺さんに
一目ぼれだったそうです。ふふふ。

その本を読んで、堺さん・・・なんて素敵!と思ったことが。
羽海野さんは貝殻コレクター(笑)で、そのことは
原作の単行本に書いていたと思います。
で、堺さん、対談の後にマルセイユの海岸で拾った貝殻
海岸の写真をくれたんだそうです。
くしゃくしゃの紙に包んで、「割れてないといいけど・・・」と。
なんて心遣いの人なんだ、堺さん!
そりゃ惚れるわ!

この対談のことに触れて、堺さんは
「女の子というのは いつの頃から詩を書き始めるのだろう?」
なんてエッセイで書いてました。

・・・はっ 私ったら堺さんのことばっかり(笑)

この本は、nonnoの出している本ということもあり
若いお嬢さん(笑)が好きそうなカワイイ作りになっております。
はぐちゃんとあゆのファッションチェックなどもあるし
天才森田の作品も載ってます。

映画「ハチミツとクローバー」が原作の雰囲気を
そのまま伝えてくれるかどうかはわかりませんが、
とりあえずセイシュンを味わってきます。

興味のある方、どうかどうか、原作も読んでください。

映画「ハチミツとクローバー」
7月22日封切りです!
コメント (11)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« いよいよ決勝進出! | トップ | 「ラブリー・ボーン」 »
最新の画像もっと見る

11 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
キャンペーン中 (たまやん)
2006-07-07 06:18:27
この間ミニストップでソフトクリームを買ったら

包み紙がハチクロ仕様(てどんなだ)になっていて、

タワレコに行ったらタイアップでポストカードが

もらえるよキャンペーンをやってました。



サントラを予約するともらえるみたいなので、

どうせ買うし今度行ったら予約してみるべか。



アニメは少し見てたけど原作は未読なので読んでみます。
宣伝部員 ご苦労さまです^^ (すみ)
2006-07-07 08:34:46
あぁ 世の中はそんなにもハチクロ一色なのですねぇ!昔っからのファンのキノさんとしてはどうですか?

嬉しいのかな? それとも これからにわかファンが増えるのはちょっとなぁ・・・ って感じですか?



あのシーンってどんなシーンなんだろー?? ずーっとそれが気になってます。原作本を持ってる方はいいな~。ホントに羨ましいっ。



堺さんは優しいンですねぇ。φ(u_u*)

羽海野さんが貝殻コレクターだと知ってた・・ってことですよね。そりゃ惚れるゎ!(笑)



今日は本屋へ行ってみなければ。^^
予告で。。 (Cartouche)
2006-07-08 17:12:05
予告で何度か見ましたが、”恋に落ちる瞬間を見てしまった。。というところが、なんとも良さそう。いいな~学生生活。遠い昔だわ。それにしても邦画が堅調。
わかりましたよ~^^ (すみ)
2006-07-08 22:25:03
あのシーンかぁー! やっとスッキリした。(笑) こればっかりは原作読んでないとわからんですねー。



それにしても・・・

私地方の書店は映画関係の雑誌は韓流スター物ばっかりで kinoさんの書いてる雑誌は1つもなかったです。(^^ ;(笑)



唯一、どーってことないエンターテイメント系雑誌に羽海野さんのインタビューが載っていてわかったのでした。
コンビニへgo! (☆kino)
2006-07-09 21:05:04
>たまやんさん

そうなんですよー。

ミニストップはちょっと遠いんだけど、

是非とも行こうと思ってます。

タワレコもなんですかー。

アニメも評判いいみたいですね。みてみよかな・・・。



>すみさん

うーん ちょっと複雑な心境ですね。

もし堺さんが出ていなかったら、ケッ!と

思って反感持ってたかもしれません(笑)

映画だけのファンはちょっと嫌だけど、

原作のファンが増えたら嬉しいなぁと思います!



堺さん、ちゃんとコミックスの羽海野さんの

貝殻好きを読んで覚えてたんだー!と

羽海野さんが羨ましいより先に、感動しました。



>Cartoucheさん

これは なんてことないほんわかしたセイシュンの話ですが

もし機会があったら見てみてくださいね!



>すみさん

あ、羽海野さんのインタビュー読みましたか!

そう、あのシーンなんです。

すごく切ないんです・・・。

とうとう・・・ (re_re)
2006-07-10 23:04:55
とうとう今月末にせまってきましたね~!

全巻持ってるので、楽しみにしてるんです、私も

それぞれのキャラがどれだけハマってるのか、

見るのがとても楽しみです♪

「花よりもなほ」を見て、加瀬亮さんの真山が楽しみになりました。

映画、どこまでのお話を含んでるのかも、楽しみです♪
楽しみですねー! (☆kino)
2006-07-11 01:04:10
>re_reさん

そうなんですよ!

原作も大詰めを迎えていますが、映画が

どこまでの話なのか、ねぇ。

竹本君の自転車の旅あたりまで??

加瀬くんって、出演作によって全然違うみたいですね。

たのしみにしておきます。
(^ー^* )フフ♪ (may)
2006-07-12 18:26:30
原作読んでないから今度漫喫で

制覇しようかと(^ー^* )フフ♪

友達が好きで読んでるけど、

マンガを読まない私はかなり久々の

挑戦です( ̄▽ ̄)ニヤ



キャストに音楽もいいですよね♡

青春万歳!
読んでね! (☆kino)
2006-07-13 08:01:43
>MAYちゃん

私も、イマドキの漫画ってもう読めないなーと

思っていたけど、これは違います!

ほんと、切なくて笑えて、素敵ですっ!

機会があったら読んでみてね。
ハチクロ派? (mさと)
2006-07-16 17:50:36
と言われると、「nana派」と言ってしまうかも。。

でも、もうどうでも良いかも。。



最近『クロスメディア』って言うんでしょうか。。

それとも、プロデューサーがイメージを膨らませないのか、すでに画像化されているコミックを原作とした映画を乱発しているような気もします。



そんな風潮に、コミック作家もノリノリで。。

コレで良いのでしょうか。(^^ゞ



kinoさんのレポは基本的には好意的なので、安心して読めます。そして、わたしもnanaじゃなくてハチクロがちょっと気になってきました。。(^_^)b



ところで。。kinoさんは「サボテンとマシュマロ」を知ってる世代でしょうか。。(^ヘ^)v

コメントを投稿