goo

リバウンド 10話(最終話)「あきらめない女」 感想

最近、ドラマに対する愚痴が多く、なんだか口うるさいバーサンが色々書いてるよ!ストレスをドラマの悪口書いて発散するなよ! みたいな感じになっていましたが。


いや、別にストレスとか溜まっていないよー。そんな立派な生活送ってないもーン(笑)。
ストレスっていうのは日々頑張っている人が溜めるものだよ!うん。


だってさ~~。
ことごとく、観ているドラマが「いまいち!」って感じになってしまってさ。
このドラマも、3話か4話くらいまではすっごく面白かったのに…段々トーンダウンしてきて、先週当たりはウザ!!!となってしまったのだけれどね。

最終回…面白かったよ!!

そうそう、このドラマの楽しいところは、この軽さだったのですよ~~。
本人達は一生懸命なんだけど、全体的に軽いというか、笑えるというか…。
なのに、途中からやたらと深刻になっちゃうしね~。
親友と彼を真面目に取り合うとか、今どき全然面白くないんですけれど!!って感じで(笑)。


そんな感じで、結局信子は研作と岐阜のとんかつ屋、太一は瞳にプロポーズ?みたいな感じで、本当に落ち着くのかよ、という感じで始まった最終回。

見事にきれいに終わったね(笑)。

もともとコメディだし、多少無理があっても楽しいハッピーエンドでよかった!



それにしても、とんかつケーキって(笑)!

いやー、10個目のケーキは、ウエディングケーキかなあ、とか色々考えていたんだけど…予想の遥か上空を飛んで行った感じだよ(笑)!
とんかつと、ケーキ…。

確かに、迷うよ。どちらかをとらなくてはいけないのか、と。
でも、視聴者としては「迷うなら一緒に店やっちゃえばいいじゃん」「とんかつ屋でデザートでケーキ出すとか、隣で店出すとか、ケーキだけテイクアウトできるとか」なんて、思ったりしていたんだよね。

それがまさか、食べ物として

ドッキングさせるとか、誰が考えますか普通。


とんかつもケーキも高カロリーの代表みたいな食べ物なのに…食べる前から遠慮したいよ、こんなん!!

ていうか、出来上がった食べ物、あれはもはやケーキじゃないでしょ、ちょっとパンが甘いカツサンドでしょ!!
ネタとして一度食べてみたい気はするけれど…。

そもそも、ケーキととんかつを一緒にする意味がわからないよ(笑)。


なーんていう、「おいおい」な展開がすっごくよかった!!
とんかつケーキを作り出したときは「おいおい!」って叫んだもん!
これを求めていたよ、このドラマ!


しかし、しつこいようだけどとんかつケーキ…。
最後にケースの中を順番に映して行って、ラストにコレがあったのを見た時、間違い探し!?仲間はずれがひとつ入っています、って問題!?とか思ったよ…明らかにおかしいって(笑)。

でもまあ、世の中無駄に合体させた食べものはいっぱいあるからね…。
と、いきなりドラえもんの「ウルトラミキサー」だっけ?あれ思い出した…。

物と物を合体させることができるんだよね。
で、アイロンとトースター、掃除機とゴミ箱くらいならかわいいモノだったけれど、トイレと冷蔵庫を合体させてしまったりしていたような。

やっぱり合体していいものと悪いものがあるよ、うん。


って、とんかつケーキひとつでどこまで過剰反応なの、私(笑)。


散々長く書いているけれど、せっかくなので最終回だしキャラ別感想でも。

■信子
最後はちょっと太りすぎでは(笑)。
太ったら「自分会議」ではやせている方になっていたのが笑った。
しかし「とんかつケーキ」…発想がただものではない…←しつこいって

いただけなかったのは、瞳の会社での行動。

月9でも他人の会社でプロポーズとかしていたけれど、どうなんだろうねえ、こういうの。
真面目に仕事している身からしたら、あほですかーって感じです。
そもそも仕事中に絵を描こうとしていた?瞳も疑問。働け!働けよ!

会社にいる友人に用事があったら、外に呼び出して話そうよ…どんな状況でもあれはないよ(笑)。
悪いけれど、あれじゃバカに見えるよ…。

挙げ句に瞳、あっさり退職…。どれだけ勝手だよ…。
会社の都合考えてあげて~。人一人雇うまでにも色々あるのよ…。

ドラマとは言え、こういういい加減なのを見ると気持ちよくないよね。
ほら、ワタシまじめだから(笑)←


■太一
久しぶりに鬱陶しい感じが見られて嬉しかったよー。

しっかしあのエラソーだった太一が見事に信子がいなかったらダメダメに(笑)。
キャラ的には序盤の残念な太一の方が面白かったけれど、あのままだと主人公の信子に全く共感できなかったと思うので、変わってよかったのかも(笑)。


■瞳
瞳には個人的にかっこいいキャラで終始貫いて欲しかったのだけれど…途中のぐだぐだも全体を通してみると必要だったのかも…とも思えなくもないので、しょうがないか…。

あの後、まさかまさかの研作と…ですかね(笑)。
どんだけ単純なのさ、それって!!

■研作
一番気の毒なのはこの人だよ…。

いえいえ、本人は結構満足してとんかつ屋になるみたいだからいいのかな…。
結局、娘と一緒になるわけでもなし、なぜこの人が継ぐのだ…という気がしないでもないけれど。

研作はやっぱりいい人だったよ~。途中微妙だったけれど。
ケーキのアドバイスもさらっとするし、ラストはあっさり太一に信子を譲るし。

やっぱり瞳とうまくいったらいいな、うん。

■編集長
最後にとんかつケーキ食べていたな(笑)。

■あの天使みたいな名前の店員(本名なんだっけ)
いまだに出て来た理由がわからないんだけど(笑)。

■太った天使ちゃん
別にこの子がいなくても大丈夫だったような気がしなくもないけれど。

■ドクター
最終回、まさかの(笑)!

まさか先生がそういうラストへの転び方をするとは思わなかった~~(笑)。
先生…色々過去があったようですが、幸せでよかった…。

人間、確かに外見じゃないけれど…太り過ぎは体に良くないから…ねえ。



なんだか最後の方はとんかつ屋の娘とケーキ屋の息子の苦難みたいな話になっていたけれど、元々信子ってとんかつ屋を継ぐ気でいたんだっけ??

それから、先週の予告でやせた信子が出ていたような気がするんだけど記憶違いだっけな~。
でも、太った信子が信子らしい、というような〆方はいいかも。
太った信子には、独特の安心感があるっていうか(笑)。
だけどケーキ屋の店員が太っているというのはちょっと微妙な気がしなくもない…。


段々何が書きたいのか分からなくなって来たけれど、

無理矢理なオールハッピーエンドと、

予想の斜め上を行ったとんかつケーキで盛り返した!


最終回、想像以上に面白かったです^^


相武紗季ちゃんの演技が鬱陶しい、という意見もたまーに見るんだけど、私はああいう子、本当にいるよね、と思いながら見ていたし、不器用な人のよさが出ていてよかったと思います。

それ以上に、もこみちくんの鬱陶しい演技が最高でしたが(笑)。



それにしても2話くらいで「これ、一体何を描いたドラマなんだろう」みたいな感想を書かせてもらいましたが、結局のところラブストーリー?と成長物語みたいな感じ?

この枠は面白いな、好きだな。
新番組…なんとなく観てしまいそうです。
コメント ( 2 ) | Trackback ( 1 )
« ドラマまとめ... 2011年上半期... »
 
コメント
 
 
 
こんにちはー (honey)
2011-06-30 07:42:42
途中ずっと停滞してたけど
最後はよかったね~。
やっぱりコメディはこれくらいじゃなきゃ。

トンカツ屋とケーキ屋だから
トンカツケーキって
ほんとおもいついてもまじめに
やらないよね!

いっしょに並んでいるのが
すごかったですー。
 
 
 
思いつきもしないよ(笑) (けろりん)
2011-07-01 03:06:20
honeyさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

途中、本当につまらなかった(笑)。
なんか…深刻すぎてしまったのがいけないのか…笑えるシーンもなかったしね~。

今回の軽さを見て、この軽さだよ!と思ったもの。

思いついてもやらないっていうか、思いつきもしないです、私は(笑)。
思いつくブー子もすごいけれど、ノリノリで実際に作ろうとする太一はすごいと思うよ(笑)。

普通におさまっていたよね、ケースの中に。
世の中ケーキの種類はたくさんあると思うのに、10個目がとんかつケーキって(笑)。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
リバウンド 第10話(最終話)「あきらめない女」 (Happy☆Lucky)
第10話(最終話)「あきらめない女」 JUGEMテーマ:エンターテイメント