デゲロ28で スローな人生の楽しい航海へ 『DEGERO28MS ヨット勁草丸(けいそうまる)と柴犬のお話 』

フィンランド生まれのヨット DEGERO28MS と巡り合い、瀬戸の島々を中心の船旅 Bon Voyage!

函館から稚内まで一ヶ月、日本は小さい 北海道は大きい

2018-08-11 07:44:34 | 社会の動き

係留した近くで、2隻のボートが沈んでいた。きつい風で沈んだと漁師さんが教えてくれた。ここでも暫くヨットから離れるので、早朝に係留場所を反対側の岸壁に移動した。

稚内のポートサービスセンターで面白い標語を見つけた。「日本は小さい 北海道は大きい」今回の旅で実感する言葉でもある。どうも15都府県がすっぽり入るらしい。昔「でっかいどぉ北海道」というキャッチコピーがあったのを思い出した。

個人的な感想だが、国会議員定数でもめている議員には申し訳ないが、この際都府県を廃止したらどうだろう。北加伊道。東北道、関東道、中央道、近畿道、西南道とか。一票の格差は誰が考えても違憲である。選挙区を大きくすれば、常識はずれの議員も一網打尽に片づく問題である。当然、今の堕落した中央集権の象徴である省庁は廃止。各道へ大幅な権限委譲する。そして、裁判所内に行政監視部署を設けて、今のおかしな公務員の倫理感を軌道修正したら良い。
そういう道のトップになりうるような器量の大きい人物と言えば、直ぐに思い浮かぶのが沖縄の翁長知事だろう。本当に惜しい人を亡くした。政権との対決は「政府は小さい 沖縄は大きい」だった。

友人に、Facebookだけは止めといた方がいい、、、

2018-03-21 08:36:44 | 社会の動き
米フェイスブックが保有する5000万人超のユーザー情報が不正に外部に流出した。このデータが2016年の大統領選でトランプ氏に有利に働くよう活用された可能性があるという。(日経)

何年も前から、「見合い写真」と経歴、趣味、友人、、、まで見ず知らずの会社に譲渡するなんてどう考えてもオカシイ!と友人に言ってきたが、今回の事件も氷山の一角であろう。日本でも、何百万台のテレビカメラで24時間撮影されていて、フェイスブックの写真とコンピューターで照合すれば、本人の記憶よりも正確にすべてを答えてくれる時代だ。

どうしてもやりたかったら、アバウトな情報にすることだろう。「消防署の方から参りました、、、」たぐいで十分だ。写真を載せる場合は、飼い犬でも見分けがつかないくらいには変装するべきであろう。また、一緒に写った人をどうしてもカットできなければ、モザイクを掛けるのは最低限のマナーである。

さも、重たそうな枝垂桜の咲き始めの頃


「若造が好き勝手に」という表現がピッタリ、、、

2018-03-20 21:40:04 | 社会の動き

テレビを観ないのもどうなのかと、少し反省している。というのは、今日のニュースで、内閣人事局の看板掛けの様子が出ていた。「なんだこれは!!!」誰かのいたずら書きか酔っぱらいの落書きか。字は人を表すとよく言われるが、あのメガネ防衛大臣が書いたものだと初めて知った。

書家の石川氏が「権力者が身を修めることや詩文書の教養、作法を欠いたまま、看板を書くという形だけが残っている」「日本が軽蔑され。素養のない政治家が安易に筆を執るべきではない」と批判している。(with newsより)

今から39年前に訪中した時のこと、小学校で書道の授業を参観した折り、案内の中国人から「皆さんもどうぞ書いてください」と声がかかった。福岡から参加していた書家が代表して書くのかなーと思っていたが、全く書く素振りもしなかった。この国の実力を知っているだけに、プロとして安易に書けなかったのだろうか。それとも、相手に対抗意識をくすぐるような気持ちにさせたくなかったのかも知れない。そういう小生は、参観の感謝も込めて下手の見本として『愚公移山』と書いたのを思い出した。(その先生、中国の簡体字をすらすらと解読してくれるので、皆で流石書家だと感心していた)

書家の言う通りだと思った。字の上手下手はどうしてもあるだろう。だが、それなりに功を成した人の字は、流石に味わいがあって心惹かれるものがある。その反面、ちゃんと身を修めていない眼鏡おばちゃんなどは『だだ解り』である。この看板を見る人は「あのメガネが書いたんだ」といつまでも思うだろう。こんなむごい因果応報もないなーと思った。

安倍内閣支持率は、まだ30.3%もある、、、

2018-03-19 07:40:23 | 社会の動き
毎日新聞は33%、朝日新聞は31%で、御用新聞配下のNNNが30.3%だった。「もうはまだなり、まだはもうなり」という格言がある。もう底だと思っても、まだ下がるのではないか。まだ下がるのではないかと思っても、もう底かもしれない。
新聞やテレビで情報をもらう側としては、よくもあれだけの破廉恥行為をしでかして、まあ30%も支持があるとは?という意見が圧倒的だろうと思われる。だが、そうであっても、もっと悪事がバラされるまで『様子見』と言う回答者が30%に含まれると解すべきだろう。

妻のことを、『ピュアもいいよ』と知人にのろけたらしい。このピュアは、純粋だという意味と無知や世間知らずのバカという意味が込められているそうだが、彼は、「純粋」という意味でうまーくカモフラージュして言ったのだろうと思う。だが、巷ではそんな言葉を使ってはダメという暗黙の了解がある。つまり、彼もまた「ピュア」な人なんだろうと察するのである。

バブルの終わりの始まりかもしれない、、、

2018-02-06 19:16:26 | 社会の動き
前後の文脈は、「景気の過熱期には金利は上がり、株安になり、その後景気後退期に入るというサイクルがある。今回の株安が、バブルの終わりの始まりかもしれない」というものだ。昨日、592.45円値下がりし、今日1071.84円安で取引を終えた。(毎日新聞)2日で1664.29円下がった。23274.53円から21610.24円に、約7%強の値下がりということである。

5日のニューヨーク株式市場は、2万5520.96$から2万4345.75$と4.6%の値下がりである。記事によると、「一日の下げ幅として、リーマンショック時の777$を抜き、過去最大となった」とある。777という数字は今でも覚えている。ラッキーではなく、アンラッキーでもなく、アンアンラッキーということだったろうか。

素人には、たかだか数%で大騒ぎし過ぎだろうと思う。だが、金の亡者には、1%以下のゴミみたいなところで大儲けしているのだから、のっぴきならないことなんだろう。要は、人の金であぶく銭をふんだんに懐にしまい込む資本主義のカビ問題が原因だろうと思う。そして、第一線で汗水流して仕事している我々Workmanには縁のない別世界の話が、明日の食い扶持に影響するという、末恐ろしい経済変動が待ち受けている気がする。