デゲロ28で スローな人生の楽しい航海へ 『DEGERO28MS ヨット勁草丸(けいそうまる)と柴犬のお話 』

フィンランド生まれのヨット DEGERO28MS と巡り合い、瀬戸の島々を中心の船旅 Bon Voyage!

アクセルとクラッチの動作がおかしくなった

2019-03-18 10:19:38 | ヨット


外にあるレバーで、真ん中の赤いボタンがクラッチである。エンジンを起動させるときは、
赤いボタンを押し込んで黒いレバーを右か左に傾けると、燃料バルブが作動して回転が上
がる仕組みだ。エンジンを起動させたところ、異常に振動し出した。スローだと振動も収
まる。何だこれは?
ヨットのエンジンは皆目わからない。そんな時に偶然出会ったのが世界一周したHさんと
Oさんだ。早速そのことを話すと、直ぐにみてくれた。クラッチを切らずに動かしてみて
と言われ、次にクラッチを切ってみて、、、振動が無くなった。
「クラッチが切れてなかった」「半クラッチだったのかな」という結論であった。潤滑剤
で修理完了と相成った。

コメント

清水ポンプを念のため確認すると、また漏れていた

2019-03-17 21:05:11 | ヨット


前回はポンプの下部側の繋ぎで漏れていたので確認すると、そこは漏れていなかった。
しかし、今度は別の場所から漏れていた。こうなるとポンプを外すしかないと外して
みたが、分解できそうもない。上部と下部の中継部分(中ほどの丸ネジ2個)が外れる
ので外してみる。別段おかしなところもない。元通りに締め直してポンプを作動させる
と水漏れが無くなっていた。えっ?どうなってるんだ。暫くポンプを作動させたが、漏
れる気配はない。
直ったのは良いが、こういうのが一番質が悪い。原因不明で直ってしまうと手の打ちよ
うがない。

コメント

ポンプから水が漏れて、ビルジに水が溜まった

2019-02-24 17:38:50 | ヨット


写真の右側にあるパイプの継ぎ目から、水がポタポタと落ちて、ビルジがじゃぶじゃぶになった。
もしかしたらゴムパッキンが悪いのかも知れないと、意を決して継ぎ目を外してみた。思うよう
なパッキンが付いていなかった。手元にあったパッキンの径が丁度同じだったので、試しに付け
てみたら、水漏れは無くなった。やれやれである。

コメント

雨の3連休最終日とあって、海辺に人は少ない

2019-02-11 18:36:43 | ヨット

神戸も小雪交じりの雨が降る中、今年に入って一度も点火しなかった「ミクニヒーター」が、
なんとこの寒さの中で点火した。それでも、温度は18度が関の山である。ガスヒーターに
比べようもないが、軽油を燃料としているので切れる心配はない。一方、エンジンの掛かり
は相変わらず悪い。寒い時のディーゼルエンジンの宿命と思っていたが、どうもそうではな
いようである。ちょっと高価なバッテリーだと、夏場のように力強くセルが回転して掛かる
という。何事も単純ではないようだ。

コメント

船底の塗装剥がしに使うヘラが役に立った

2019-01-22 18:04:49 | ヨット

鉄製の1mほどの柄がついたヘラが、苔を剥がすのに大活躍した。
アルミ製の苔取りは、先っぽに力が入らず、それなりの結果しか出ない。
この鉄製は、重さもあって、苔剥がしにもってこいである。
公園の階段掃除に使ったが、まさに専門工具その物と思える働きぶりだった。
気前よく譲ってくれた師匠に感謝したい。

コメント