香取市ファミリークリニック香取医院ブログ

香取市で病院・診療所なら、ファミリークリニック香取医院!香取駅からすぐ、津宮小学校向かいにあります。

皮膚疾患とスパイク蛋白

2022-11-27 23:58:18 | 香取市病院診療所クリニック医院
以前、コロナウイルス感染症に伴う皮膚症状についてという文を2020年6月にブログにあげていした。2020年3月にコロナウイルスが関与する多彩な皮膚症状は特徴がなく、そのことを念頭において診療を行なうように、といった内容が臨床皮膚科学会で述べられているということが、皮膚科開業医のホームページに載っていたことを元に、診察室を分けて診察することの説明でした。
その後、関東甲信越厚生労働局と日本医師会に問い合わせ、PCR検査は不要、隔離も必要がないことを確認しましたので、診察室は分けておりませんでしたが、当時来られた皮膚症状の患者さんは、頚部リンパ節腫脹を伴っていることが多く、何らかの炎症と、免疫異常の関与を疑っていました。
2020年末には、スパイク蛋白(コロナウイルス感染症の重症化にも関与する)が、皮膚症状の元凶であることが判明しています。
2021年には、皮膚でかかられる患者さんは減っていましたが、今年の初夏以降、急に増えてきており、コロナウイルスのスパイク蛋白の関与を心配していました。先日、大学病院の皮膚科教授が、皮膚病変から細胞を採取して調べたところ、スパイク蛋白の存在を確認出来たということを発表していました。
mRNAコロナワクチンのスパイク蛋白産生が、長期間続くことが事実であれば、皮膚病変にみられたスパイク蛋白は、ワクチン由来の可能性があります。スパイク蛋白産生が長期に渡れば難治性となる可能性があり、注意が必要です。




コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

日本で主流のコロナウイルス、すでに変異?

2022-11-22 08:04:41 | 香取市病院診療所クリニック医院

10月下旬ころから、コロナ陽性患者さんの症状がこれまでと変わってきたと感じることがありました。流行初期に見られた味覚障害が出たり、経過中に体のあちこちが痛み、動かしづらくなる症状(インフルエンザや高熱の時に見られる関節痛、筋肉痛とは違う強い痛み)などの症状です。

また、変異株が出てきたのかと思っていましたが、令和4年11月17日に東京都健康安全センターが発表した各国の流行株の情報によると、日本はBF.5株が主流とのことです。

イスラエル系統として定義された株とのことです。

今後は、変異株に合わせたコロナ対策を行っていく必要があると改めて身を引き締める思いでいます。

 

香取市で病院・診療所ならファミリークリニック香取医院です

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

コロナワクチンは接種予約を中止しました

2022-11-10 08:46:27 | 香取市病院診療所クリニック医院

新型コロナワクチンについては、11月8日より、予約の受付を取りやめています。

当院で新型コロナワクチン接種を取りやめた件に関して、これまで、有益性が危険性を上回るものと考え接種を継続してきましたが、急遽取りやめることになった経緯について、当院でワクチン接種を受けてこられた方、予約を入れていただいている方へ説明責任を果たすべく、説明文を院内に置いてあります。

ご足労をおかけして申し訳ありませんが、医院にて閲覧して頂くようにお願いいたします。

 

香取市で病院・診療所ならファミリークリニック香取医院です

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

コロナワクチンの接種見合わせについて

2022-11-09 03:31:50 | 香取市病院診療所クリニック医院

これまで新型コロナワクチンの接種を施行してきましたが、今後、見合わせさせていただきます。

10月末に入った情報が元で製品に対する不信感が募り、調べていった結果、重大な問題点が確認されるに至ったからです。

コロナウイルス感染で問題となる血栓症や免疫異常、コロナ後遺症は、ウイルスの持つスパイクたんぱくによるものということがわかってきましたが、コロナワクチンはいずれもそのスパイクたんぱくを体内で提示して抗体を作らせるというものです。

ファイザーやモデルナのmRNAワクチンは、そのスパイクたんぱくをワクチン接種した体の細胞に作らせるというものですが、mRNAの作用が当初の説明と違って、長期間(9ヶ月)にわたって体内でスパイクたんぱくを作らせ続けてしまう欠点が明らかにされました。そのため、スパイクたんぱくを持った自身の細胞に対し、いろいろな免疫反応が引き起こされ、免疫異常に関する疾患や血栓にまつわる疾患が長期にわたって引き起こされてくる恐れがあるわけです。さらにその作用は9ヶ月にとどまらず、もっと長期間に及ぶ可能性が指摘されています。

帯状疱疹や心筋梗塞が増えており、結核患者の重症化などが観察されています。この現象がワクチンのスパイクたんぱくが長期に作られ続けるために起こっている可能性が非常に高いと判断し、急遽接種の見合わせを検討し、12月以降は中止とさせていただきます。

すでに予約の入っていらっしゃる方については、この情報をお示ししたうえで、慎重に判断して頂くことといたします。

急な対応で申し訳ありませんが、何卒ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

 

※ 厚生労働省がホームページに挙げたデータを湾曲なく読み解くことによって、その危険性を新聞の広告ページに乗せた資料や、ウイルス学、遺伝子学の専門の方たちが提示したデータは、理論的で信憑性があるものと私は考えます

 

香取市で病院・診療所ならファミリークリニック香取医院です

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする