小・中学生学習塾 【開陽舎】 ~宮城県岩沼市~

小学生は国・算・英。中学生は国・数・英・理・社の5教科総合指導。日々の授業風景や私の感じたことを書いていこうと思います。

結果には必ず原因がある

2019-11-10 23:58:32 | 令和元年度 全般

 

11月は一年の中で最も長いテスト月間。

 

あっちの中学校こっちの中学校と、

 

11月初めから月末まで一ヶ月間続く。

 

11月ほど各中学校の試験日がバラバラなのも珍しい。

 

なんせ10中学校の生徒が在籍してるので

 

テスト対策がもう大変! (゚Д゚;)

 

 

 

 

そんなテスト勉強真っ最中にも関わらず、

 

がむしゃらに勉強しなければならないにも関わらず、

 

勉強に対する 「不平」 「不満」 を言う子は必ずいる。

 

「できない!」

 

「めんどい!」

 

「無理!」

 

彼らは自分の置かれている状況を認めることなく、そこから目を背けようとする。

 

ただただ逃げようとする。

 

でもね、

 

その結果どうなるの?

 

それが自分のためになるの?

 

ますます自分を苦しめることにならない?

 

そんな想像力もないの?

 

それで嬉しいの?

 

 

 

どんなことであろうとも、

 

「良い結果」 になれば誰だって嬉しい。

 

だからこそ、

 

つまりはみんな、そのために頑張ってる。

 

 

 

絶対に忘れないでほしい。

 

「結果」 には必ず 「原因」 があるということを。

 

それが失敗だろうが、成功だろうが。

 

自分のテスト結果が良いなら、

 

「頑張った」 という原因が。

 

自分のテスト結果が悪いなら、

 

「頑張らなかった」 という原因がある。

 

 

 

結果は 「原因」 が作る。

 

しかし、その 「原因」 は自分が作れるんだ。

 

それも 「自由」 にね。

 

しかもその「原因」は、

 

「今すぐ」 にでも作れる。

 

「今の自分が」 ね。

 

それを忘れないでもらいたい。

 

 

 

 

 



 

 

コメント   この記事についてブログを書く
« テスト前は結果を出せる勉強を | トップ | 学力を伸ばす素質 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。