アラフィフ×1ライターの日記

できるだけ穏やかに、健康に、年を重ねていきたい。

最近の出来事とびっくりダウンJK

2011-10-31 10:25:26 | 日記


先日、手作りピッツァをメーンとした女子会に行ってまいりました。
メンバーはアラフォー4人+1歳の女子(笑)です。

フリーで自宅メーンで仕事をしていると、家族以外の人と人と話すことがないときもあり、
おいしいワインに秋らしいキノコ&ブラックオリーブ、カマンベールチーズ&アンチョビ&トマトソースなどなど、
生地から手作りしたピッツァやデリやカフェで出てくるような素敵な器に盛られたオードブルなどを楽しみながら、
しばしおしゃべりに花を咲かせ、笑い、実に楽しいひと時でありました。
デリバリーのピザに慣れている私ですが、シンプルで軽い口当たり、ヘルシーな手作りピッツァはほんとに美味しかった~。
すっかり食べる係(?)と化しておりました。

この女子会当日の朝、留守番の2ワンズを少し体力的に疲れさせようと
近所の公園に散歩に連れて行ったときの写真がコチラ。



椎間板ヘルニアの入院手術3ヶ月半になる次男です。
外に連れ出すと、チッコもじゃんじゃん出すし、ヨロヨロおぼつかない足取りながらも、
自分から動こう、動こうとします。続けて歩けるのは5~6歩くらい?
それでも、また立ちあがって、1歩、2歩、3歩・・・と。
不自由な歩き方でも、少しでも行きたいところに歩けるのがうれしいのかもしれません。
腰がくにゃっと曲がったままの歩き方がちょっと気になるのですが、
数カ月したら治るでしょうか・・・。
治ればいいなぁ。



こちらは数日前の夕焼け。中央やや左のマンション、
上から2段目が我が家です。
2ワンズの散歩中、夕焼けに包まれてきれいだなとパチリ。



こちら、突然ですがビックリしたので記念に(?)パチリ。
こちら、世界進出も果たしている某有名アパレルメーカーの、
軽さと温かさが売りのプレミアムダウンジャケットです。
どこかヘンだと思いませんか・・・???

実は、片方のポケットの上にあたる部分の縫製がされていないのですー。
面積が大きく、のっぺりしてるのですぐわかりますよね(^_^;)

お店で試着して、買おうかどうしようか迷っていたので一度商品を戻して別のコーナーを物色。
やっぱり買うかと同色・同サイズのものをレジに持っていき購入。
帰宅してハンガーにかけておいたら、家族が気付いて発覚(?)しました(^_^;)

試着した商品はちゃんと縫製があったのですが、たまたまとった商品がコレだったようで。。
しっかし、商品を店頭に並べる人も、レジの人も誰も気づかなかった・・・ってことですよね(^_^;)

このカラーとサイズの商品がなくなっちゃたら困ると思って、
「近日交換に行くまで同じものを取り置きしてもらえますか」とショップに電話をしたところ、
なんと「それはできかねます」との答え。。

「ショップに行ってもし同じカラーサイズの商品がない場合はどうなりますか?」と尋ねると、
「他店からの取り寄せか、ご返金という形になります」との返事でした。

なんだかなー、例えばすぐ着たくて買った場合、テンション下がっちゃうのになぁ。
そのメーカーのイメージの良さや、他店の商品とカラーや着心地、デザインなどを比べて
「選択」して、その商品を購入している消費者のつもりですけど
親切じゃないよなー、と思ったりして(^_^;)
近いうちに交換には行くつもりですけど~。
コメント (4)

天気が良い日の朝は

2011-10-28 07:09:03 | 日記
仕事が落ち着いているという条件付きですが、天気が良い日の朝は、なぜだか料理がしたくないます
といっても、特別手間がかかるものでなく、
料理本などを眺めていて今度作ろうと記憶に残っていたものを実際に作ってみる程度なのですが(^_^;)



先日作ったのは、「鶏肉と根菜のめんつゆ煮」。
フライパンで材料を手早く炒めて煮汁で野菜が柔らかくなるまで煮るだけの一品。
鶏もも肉は、普段は唐揚げばかり作ってますが、根菜と煮ることで少しだけヘルシー、
でも鶏のうまみが煮汁に出て、野菜もおいしく頂けます
ダーリンも喜んで食べてくれました。



こちらは、昨日近隣の眺めの良い公園に2ワンズとともに出かけたときに作って持参したクラブハウスサンド。
余談ですが、「クラブハウスサンド」(トーストしたパンにベーコン、玉子、トマト、レタスなどの具を
挟んだサンドイッチ)の語源をひも解くと、諸説あって面白いです。

レシピを見て初めて作りました。
一組でパンは3枚使います。
ベーコンや玉子を焼いておいたり、そぎ切りにした鶏ささみをゆでて水気を切って置く、
トマト、レタスを準備しておいたりと、決して難しいものではないのですが、結構手間がかかるものですね(^^;)
調理台の上はいろんなものでいっぱいですよ。

トーストしたパンの内側(中央のパンは両面)には、やや多めにマヨネーズ
(大人が食べるので粗挽きマスタードも混ぜました)。

具を挟んで竹串で4か所止めてから、つぶさないように慎重に4つに切って出来上がり。
手間がかかった分、美味しかったです
公園のベンチで、高台からの景色を楽しみながら食べたので余計かも?



帰宅後は、上から見下ろす私の頭に白いものが目立ったきたということで(^^;)
ダーリンに白髪染めをしてもらいました(笑)。
ここのところ美容院ですることが多かったので、ちょっと久しぶりですw
仕上がりを見せたら、満足げな様子でしたよw

コメント

10月の伊豆旅行<3>おしまい

2011-10-26 09:30:19 | 日記
伊豆高原滞在2日目。
雲行きが怪しくなってきたので、午前中のうちにドッグランを利用しました。



そしていざ、ソバ打ち体験へGOです。



ソバ打ちは、取材で何度かしたことがありますが、それでも10年ぶりくらい、やっぱりわくわくします。
やってきたのは宿から車で15分程度の「観音亭」。135号線沿いに、白い観音像が見えたらソコです。
前回、ここで犬同伴でお昼を食べて、たまたまソバ打ち体験した人たちが
自分たちで打ったお蕎麦を食べているのを見て、次は体験もいいなぁと思っていたのです。
店内はペットOKでも、さすがに体験中は同伴は無理だろうと思って問い合わせてみたところ、
ゲージに入れてくれれば連れてきてもOKです、とのこと。
同じスペースに一緒、というわけにはいきませんが、私たちが見える位置の通路にゲージを
置いておけるので、クルマで待たせておくよりは安心です。



体験施設に入ると、既にいろいろなものがセットされていました。
ちなみにふすまの手前にあるのは、石臼です。
こちらでは、ソバを引くところから体験できます。



待っている最中のお二人さん(笑)。
まっ正面を向いて、きちんとお座りして、ワンともほえず、おとなしーくしていてくれました。
もう1組、たまたまワン連れ(Mダックス1匹、チワワ2匹)の方がいましたが、
どうしても静かにしていられなくて、
飼い主さんもソバ打ちしながら交代でなだめたりしてちょっと忙しそうでした(^^;)

うちは、典型的な内弁慶、外ではおとなしいんですが、家では・・・・(-_-;)



ソバ打ち初体験のダーリン、臼で挽いた粉に水を加えてパラパラにほぐす部分を担当。

私は、丸めてこねる担当。
左手の手のひらで押さえながら、右手で手早くこねていきます。
これがなかなか、力がいるのですよねぇ。。



「それを延ばして、たたんで、切って」と言葉で書くのは簡単ですが
実際にやってみるとこれが結構難しい!

それでもなんとか自分たちが後で食べる分のお蕎麦を切り終わり、記念撮影してもらいました。



この後、2階から1階のお店に降りて、自分たちのそばを使った天ぷらそばに仕上げてもらいます。
作業が終わった順にテーブルに運ばれてくるのですが、あ、そろそろうちの分~♪と見ると、
そばならぬ、平打ちパスタのような、1センチはあろうというようなぶっといソバがはみ出て見えて、
ヤバー!!と思ったら、もう1組の年配のご夫婦の分でした(笑)。
どんな出来だろうと、店員さんはきっと「良くできましたね~」と言ってくれますよ(笑)。

食べるのに夢中で、出来上がりの写真撮るのすっかり忘れています(^^;)



宿に戻って、温水プールでちょいと運動。
息継ぎがうまくできないので、ほんのお遊び程度です(^^;)
その後は温泉大浴場&露天風呂、アロママッサージで至福の時間を。



2泊目は夕食なしにして、出前を取りました。
ハーフ&ハーフのピザ、海老グラタン、デミグラスソースのオムレツ、
シーザーサラダの4品を頼んで3000円以下、ちなみにガストです(笑)
お酒は、私が大好きなCablis。お値段、3000円近くしたので、1本でガストのお料理代に匹敵!!
ミネラル豊富なフランス、シャブリ地区の辛口白ワイン、やっぱおいしかったですよ~~~~~。

帰りは伊東マリンタウンに寄って、試食しながらお買いもの。
2ワンズは、ドッグランで思いっきりはしゃいで、
どこに行っていいかわからないほど広すぎる部屋を体験し、
帰りの車中ではぐったりモード(笑)。

あー、やっぱり我が家がいいねぇ~と思ってるかわかりませんが(^_^;)
そんなこんなで2泊3日の旅行はお開きとなりましたとさ♪

さすがに3カ月連続で行くと、次は・・・??って感じですが、
イルカ号がリベンジできていないので機会があれば乗ってみたいかもです(笑)。
コメント (2)

10月の伊豆旅行<2>

2011-10-26 09:24:02 | 日記


さぁ、2度目のお泊りとなるコンドミニアムホテルにやってまいりました。
こちら、フロントロビー&池、温水プール方面です。
茶色い柵の内側は、やや小さめではありますが一応ドッグランとなっております。



こちらが今回2泊するペット専用スイート、2LDK・80平米のお部屋です。
今回は角部屋で二面採光となってます。
お天気が曇りで、伊豆大島は今回は見えませんでしたが、
晴れて空気が澄んでいればベランダの向こうにめっちゃ近くに見えます。



こちらは和室です。長い廊下の先はツインベッドルーム。
その手前にバスルームとトイレ2か所、パウダールーム、サウナがあります。



ツインベッドルームには、ウォークインクローゼットも完備しています。いや~、広いっす。



こちらはキッチン。前回の間取りではL字型になっていましたが、
今回は備品は同じですが間取りが異なるタイプでした。
冷蔵庫には、買ってきたロックアイス、お刺身、トマト、メロン、お酒各種を入れていっぱいに(笑)。



こちら、バスルームです。お部屋は温泉ではないのですが、白大理石が使われた気持ちの良い空間です。



そして今回、何より驚いたのは、右側に写っている空間。
これ、ペット用に使えるお部屋なんです~。
7畳、いえ7畳半はあるでしょうか。
へたすりゃ、都内のワンルームよりも広いです(!)
お風呂や部屋食でない朝食など、お留守番させるときなどに使いました。


そして1日目の夕食は、お部屋ですき焼き♪



食材、割した、ホットプレートなどはあらかじめ部屋と冷蔵庫に用意されています。



鍋奉行(?)はダーリンにお任せ。



ぐつぐつ、ぐつぐつ、すき焼きは子どもの頃はあまり好きじゃなかったけど、
大人になったら食べられるようになりました。〆はうどんです。



おやおやクリームくん、お刺身の先にある
すき焼きの牛肉のにおいが気になるんですね(^^;)

<3>に続く。

コメント

10月の伊豆旅行<1>

2011-10-26 09:13:49 | 日記
先週、2泊3日で3ヶ月連続の伊豆旅行with 2 Wans に行ってまいりました。

今回のミッションは、ペットOKの稲取にあるレジャー施設「伊豆アニマルキングダム」と
伊東マリンタウンから出ている海中が見える遊覧船「イルカ号」、
伊豆高原でソバ打ち体験でしたが、先月に続き「イルカ号」は波が高くて断念。
3m、うねりを伴い4mとの波で運行中止。。縁がないですイルカ号。



最初に向かったのは、稲取の港近くの定食屋。
以前、伊豆特集の取材で地元観光協会の方に連れて行って頂いた「かっぱ食堂」です。

稲取のB級グルメ「肉チャーハン」をもう一度食べたくて、アニマルキングダムの前にやってきました。
卵チャーハンの上に、とろみのついたキャベツと豚肉の炒め物をドッサリ乗せた代物で、
普通に頼んでもかなりボリューミー。
女性は、軽めと言っておいた方がいいと思います。
これがなかなかパンチの利いた味で、ラーメンスープのようなスープと相まって、
めっちゃおいしくて!!
「肉チャーハン」という名前からは、肉がチャーハンに混ざってる、というイメージを抱きがちですが、
ネーミングとはちょっと違うこの一皿、男性には絶対受けるはずです!

ちなみに肉チャーハンは、ここかっぱ食堂が発祥の地ですが、他にも数店で食べることができます。

稲取で満腹のおなかを抱えて、目的地の伊豆アニマルキングダムへ到着。
高台に風力発電の風車が3機、回っていました。



さぁ、ここからは3輪バギーの出番です♪



これ、なんていう名前かわかりませんが、ピカチューのモデルみたいでかわいいです。



ここの一番の人気者が、このホワイトタイガー。
伊豆高原のシャボテン公園にはいない、チーター、ライオンなどの猛獣系や、サイ、
キリンなどの大きな動物がいるのがアニマルキングダムの特徴です。
入場料はどちらも1900円(ネット割引あり)。
充実度&満足度ではアニマルキングダムに軍配かなー。



「ウォーキングサファリ」というコンセプトのこの施設。
来る前までは、サバンナみたいな地面の上を人間が歩きながら動物たちを見るのかしら?
と思っていましたが、アフリカじゃあるまいし、まさかそんなことはなく
中央に舗装された通路がありそこから左右を見るのでした。
二人ともおとなしく乗ってます。風が強くて長男のおべべのお尻がめくれてます(^^;)

この施設では、アニマル・スポーツ・プレイの3ゾーンに分かれてまして、
スポーツゾーンには芝生のドッグランもあります。



筋骨隆々のクリーム。
ドッグランで遊んでいる、こういう笑顔を見るのはやっぱりうれしいです。



バランスを崩し、よろけながらも走ろうとするチョコの姿です。頑張れ、チョコ!!



アニマルキングダムのお土産ショップの写真を1枚。
いわずもがな、ホワイトタイガーのぬいぐるみです。
上の2つは、抱き枕にもなりそうな大きさで、お値段を見てビックリ!!大が100,000円、特大が150,000円!!
ほしいけど「0」が一ケタ多すぎますって(大汗)!!



<2>に続く。
コメント

今どきのプリクラ

2011-10-25 11:23:13 | 日記
プリクラ。
なんて久しぶりの響き。

今回旅先でプリクラを撮りました(笑)。
プリクラが出始めたのは、確か20代半ば、
編集制作会社に勤めていてとーーーーっても忙しかったころ。

深夜の残業の後、飲みに行ってカラオケを歌いまくって
プリクラ、なんてこともありましたが、15年、いえそれ以上撮っていませんでした(^_^;)

それにしても超久しぶりに撮ったプリクラは、
消して真実を写さない(笑)仕上がりなのでビックリ(笑)
文字やイラストなどのデコレーションも豊富で、
あと何秒!とかって音が聞こえると慣れないもんで焦っちゃって
蝶ネクタイやらスマイルマークやらが複数でベタベタついちゃって
消したいけどすぐわからず、パシャ!!
二人とも、すっかりオジサン&オバサンです。。

文字やイラストがない方がすっきりシンプルでいいねということで
リベンジで何も載せないバージョンで撮ってみました(懲りない・・・??)。
1枚はカピバラさんの入浴バージョン、もう1枚はメリーゴーラウンドです。

 

昨今のデジカメにもメイクアップモードなどそういう機能がありますが、
肌は色白に、シミ、しわが消えて目はパッチリ大きくて、マイナス10歳以上(爆)に撮れるもんなんですねぇ。

コレを見た後で、ホントの顔(笑)を見ると、
もう普通の写真は撮りたくなくなってしまう…。。。
今どきのプリクラは、虚像を写すものと知りました(笑)。
コメント (2)

なかなかキビシイ

2011-10-24 21:47:51 | ライターの仕事など
というのは、新しく加わったライターさんのお話。
約2年、同時期にスタートして交代で仕事をしてきた例のゆるいライターさんが辞めて、
新しく決まったライターさんのことです。

まだ慣れないのは、2年前の自分を考えれば仕方ないとして、
それでもうーん。。。

デジタルに弱い感じ。
要領が決して良くない感じ。

私だってもちろん、その仕事を始めた当初はわからないことだらけ、
不安ももちろんありました。

だけど、うーん。。。
新しいライターさんになってから、編集会議の時間がいつもの1時間半から倍の3時間に―。
記事のアップの仕方、画像のサイズ変更の仕方、教わっているはずですが
全然わかっておらず、会議が始まる15分前(私が来る時間の15分前)に事務所に来て
記事アップを終わらせているはずが、私が到着した時点で画像のサイズ変更も手が付いていない状態で、
にわかに信じられませんでした・・・。
採用元にも責任があるはず、と私は思います。

念のためと新しいライターさんが会議に持参したPCで画像を見せてもらうと、
なぜか全部平べったく変形して見える!!
正確な画像が見られないのです!
これでは正確なトリミングも何もできやしません。

デジカメで撮った画像を見ることはないですか?と尋ねたのですが、
そういうことはほとんどないので、とのこと(!)
ラ、ラ、ライターさんですよね??と思わず聞いてみたかった。。

不慣れなことは致し方ないことです。
誰でもはじめはそうだから。

でも、嗅覚というかライターとしてのセンス、物覚えの速さ、正確さ、頭の回転のスピード、
プラス、いい意味でのゆるさを兼ね備えておくことは、ライターとしてはかなり重要な資質だと思います。

これからいろいろなことを吸収して、成長していってもらえたらと思います。

これが一つの企業に勤める先輩・後輩ならば、私の経験値やノウハウを余すところなく伝授しているところですが、
フリーランスという仕事柄、それらをすべてアドバイスする、というわけにはいきません。

仕事がスムーズに進むよう自分で常日頃努力していること、
未然にトラブルを防ぐ工夫などは、人からああして、こうしてと教わることでなく、
いろんな経験、痛い思い、失敗などを重ねて、自分で編み出すものだと思うからです。

そしてそれこそが、信頼して仕事を任せてもらえる自分の付加価値と思うからです。

何もアドバイスしない、助けないわけではもちろんありませんが
(というか、自分ではそれでも親切すぎるくらいにしているかも^^;)、
ちょっと不器用な新しいライターさんも、自分自身で効率よく、ミスなく仕事をする方法を見つけて
考えて、つかんでほしいと思います。




コメント (4)

連泊旅行より戻りました

2011-10-23 22:54:09 | 日記
写真のアップはまた改めてとしますが、昨日午後、伊豆高原の連泊旅行から帰りました。

旅行から戻ると、なんとはなしにつもそうなんですが、
部屋の掃除、旅行中の着替えなどの洗濯を二人でひとまずやってしまいます。

そして、それらが終わったらキッチンに二人で立って役割分担しながら料理を二人で作るのがいつものパターン。
昨日は、群馬の知られる店で通販した代物ベースに、ニンジン、大根、ごぼう、豆腐を加えたモツ煮込みと、
冷蔵庫にあったナス、ピーマンを使ったマーボナスを作りました。

旅行は旅行で楽しいものですが、やっぱり家が一番落ち着くしくつろげるね~、と
二人とも感じていたのがおかしい(笑)。

人間だけの旅行なら、そうでもないのでしょうが
犬2匹を伴っての旅、そのうち1匹が病気を持っているとなれば、なかなか
気を抜くことはできないのでありますよ。。

でも、それでも、思い出をまた一つ共有できたことはうれしいことには違いありません。
コメント (4)

明後日から

2011-10-18 17:45:30 | 日記
いよいよ明後日から3カ月連続の伊豆旅行&初の連泊with2ワンです!
仕事、ちょっとめんどいのもありますが前倒しで頑張って進めております。
明日もうちょっと頑張れば、仕事に縛られるのはほんの少しだけで
(それでも“完全に仕事を忘れて縛られず”とはいきません・・・)旅行を楽しめるはず!!

最近の写真を少し。



昨日の朝、2ワンズとの散歩途中で見つけた小さな秋。桃色のコスモスたちが競うように咲いていました。




買い物帰りに見上げた空に浮かんでいた雲。
夕日があたって茜色が美しいなーと思いまして。




帰宅して、自宅マンション6階エレベーターフロアから見た景色。
空気が澄んでくると、やっぱり秋なんだなぁと感じます。




こちら、プードルとゴールデンレトリバーのMix、「ゴールデンドゥードル」のマーロちゃん。
取材で訪れたセレクトショップに社長出勤(笑)してきまして、あまりの可愛さにメロメロです。
まだ1歳半だそうですが、体重は30kg超、体が大きくてフワフワもこもこでクマのぬいぐるみのよう。
体毛は、遠目には白いのですがよく見ると、黄土色のような金色のような
ゴールデンの毛色が出ているんですよねぇ。




散歩でぐったりのお二人さん。

明後日からの旅行、楽しんでくれたらいいな。
今回は、伊東マリンタウンから出港する海中が見える遊覧船「イルカ号」、
ホワイトタイガーなどの猛獣系もいてカピバラなどに餌やりができる「伊豆アニマルキングダム」、
初体験のダーリンのリクエストで、私としては十数年ぶり(?)のソバ打ち体験などを予定しています。
そうそう、アニマル~のある稲取では、以前取材時の昼食に食べてはまってしまった
稲取のB級グルメ「肉チャーハン」を食べる予定も。

船とアニマル~はペットOKです。
前回天気が悪くて使わなかったホテルのドッグランも、今回は遊ばせてあげたい。

あとはお天気だけが気がかり!
今のところ初日・2日目は晴れ&曇り、3日目は曇り&雨マーク。
なんとか持ってちょーだい!!!
コメント (4)

ちょっと理不尽(グチ?)

2011-10-17 13:24:37 | 日記
2年間、同じ仕事を交代で行ってきた同業者さんがその仕事を辞めました。
旦那さんに扶養されておらず、私よりも他に多くの仕事を抱えて多忙なので
少し前から「そろそろ辞めようかなぁ」と言っていたのでした。

私が仕事に対して真面目過ぎるのかもしれませんが、割と彼女はアバウトで、
そこがいいところなんですけれど、仕事の面では危ないことが多々あり
私もそんなときお互いさまなことがあるかもと、できる限りサポート&ヘルプしてきました。

これまであった危険な出来事は

・彼女担当記事で、先方と連絡がとれないまま掲載予定日が近づき、
掲載前日になって私に、その代替えに私が担当する記事を
明日差し込んでくれないかと電話があったことが。

毎日1本記事更新するのが使命のその仕事、私が早く仕事を進めていたので
急な連絡でも埋め合わせができたのですが、万が一私に連絡が綱つかなかったり、
明日掲載できる記事がなかったら、どうするつもりだったのか(どうなっていたのか)
かなりキケンな出来事でした。


・とある高尚な場所でのイベントで、入手した情報の開催日の日にちと曜日が
合致していなかった。それをきちんと確認しないまま掲載してしまったようで、
「開催日が違う」と先方から激怒の電話があった。
違っていたら、当たり前ですが先方に正しい情報を確認しないとマズイですよね。。


・彼女が持ってきた新店オープンの情報を私が担当したら、
規定で定められたオープン月よりも古いオープンであることがわかり、
取材したにも拘らずこちらから掲載をお断りせざるをなくなった。


・準備進行中のとあるイベントの取り組みについての記事で
開催できるかまだわからないところ、開催が決まったような書き方で
掲載してしまい先方が大慌て、記事を書き換え。
開催が決まっていないことはそれまでのやりとりで分かるはずなのですが
どうも気づかず進んでしまったようです。



この他にも、自分で気を付けていれば防げるキケンがこまこまあったなぁと記憶しています。

そこで理不尽に感じるのは、
明らかに注意力が足りない、こちらが気を付けていれば未然に防げた出来事ばかりなのですが、
採用元がそれらについて正しく注意をしない点。
変に気を遣いすぎている、といいましょうか、逆に言い分に賛同しかばうような物言いなのですよねぇ。。

ちゃんとやらなくても評価が下がらないなら、まじめにやってる方は
なんかバカらしくなってテンション下がります・・・。

実は先日の記事で「たまに仕事のテンションが下がる」と書いたのはこのことでした。

それが彼女の運、才能なのかもしれませんが、
真面目にやるしかない私としては、なんだかやっぱり理不尽だなーって感じちゃうんですよねぇ。。









コメント (2)