ときどき植木屋

ときどき植木屋、ときたま畑仕事、社会のことが気になる。

人気 キンモクセイの剪定枝

2018-10-08 07:55:20 | 日記

 先日、まだ蕾のキンモクセイを、花の咲く前に剪定していると、施主さんのお知り合いが、「もったいない。貰ってよいか。友達に配りたい。」と言ってたくさんの剪定枝を持って帰られた。

 少しして、そのお知り合いから施主さんに電話。「もっとたくさんいただきたい。みんな大喜びなのよ。」と。

 しばらくすると、お知り合いが4人友達を連れて、剪定風景を見に来られた。「庭も観たいし、剪定の様子も見てみたいから押しかけてきたの・・・。」

 そして、それぞれ沢山に剪定枝を持ち帰られた。

 多くのご家庭で、芳香を放っていると思うと植木屋も楽しくなる。

コメント

クリ拾い

2018-10-06 19:58:58 | 日記

 今日、顧客の剪定くずを処理センターに運んだ。処理場近くの路上に栗が落ちていた。

 しめしめ。帰路、栗の木の下に車を停め栗を探す。

 あるある。剥き身の栗。殻付きの栗。

 拾っていると、ポコンと音。近くに栗が落下して大粒の栗がコロコロ。ラッキーの極み。

 短時間に、大小織り交ぜ60個。

 家内が大喜びなのだが、大粒の栗は冷凍室へ。「孫が来た時に食べさせる」と。

 中学生になり、ほとんど爺婆宅へ寄り付かなくなったのに・・・・・・である。

 孫よ来てくれ。

 

コメント

グッバイ「甲州」

2018-09-15 18:08:18 | 日記

 狭い庭に7種のブドウを育てているが、昨年伐採したネオマスカットに続いて、今年甲州もやめることにした。

 甲州を選んだのは熟期が遅いこと、見た目の美しさ等が理由だったが、病気にかかりやすく小粒なので大粒種に切り替える。

 2013年に植栽したが、うまく育てることが出来ず、グッバイ甲州である。

 

最後の収穫前の甲州 病気で痛々しい。

篭いっぱいの甲州 約4Kgあった。ブドウジャムにしょう。

伐採前の幹と主枝

掘り起こした根っこ

コメント

今年の新顧客

2018-09-15 08:11:11 | 日記

 毎年、何人か新しく剪定を依頼してくださる方がいる。昨日は、夫を亡くされてから3年間放置されていた庭を剪定した。

 伸び放題で鬱蒼としていた庭が明るくなったと喜ばれた。一人住まいには大きすぎるお家と庭で、手が回りかねると・・・・。

 「来年もよろしく」と言っていただいたが、こちらも「元気なら」とお答えした。

 叶うものなら、「歳はとっても・・・」でありたもの。

コメント

やっと鳴き始めた

2018-07-17 06:54:04 | 日記

 梅雨明けから猛烈な暑さが続いているのに、クマゼミが鳴かないなと思っていたら、今朝やっと鳴き声を聴いた。

 うるさ過ぎて困る鳴き声だが、この声を聴かないと真夏の感じがしない。

 ミカンの葉っぱにしがみつくセミの抜け殻。

 

コメント