毘沙門天王立像(八尺割)窟毘沙門堂へ~搬入と組み立て~

2013-10-30 14:15:02 | 季節のお知らせ

毘沙門天王立像現る  ~搬入と組立~

Img_1750
Img_1751
Img_1752
Img_1753
Img_1754
Img_1755
Img_1756
Img_1758
Img_1760
Img_1761
Img_1763
Img_1764
Img_1767
Img_1775
Img_1777

コメント

平成25年達谷窟 秋の境内~紅葉はじめ~

2013-10-29 13:46:48 | 季節のお知らせ

Img_1671
Img_1674
Img_1682
Img_1685
Img_1684
Img_1693
Img_1692
Img_1695
Img_1696
Img_1697
Img_1698
Img_1700
Img_1702
Img_1699
Img_1704
Img_1706
Img_1709
Img_1713
Img_1714
Img_1716
Img_1719

コメント

「御使い」10/16~/31までの法話

2013-10-16 15:21:57 | 法話

 「御使い」<o:p></o:p>

  真鏡山の天辺に目通り四寸ばかりの、枯れて倒れた松があった。今にも毘沙門堂の屋根に落ち掛からんばかりである。そこで、辯天堂の建方の合間を縫って、達谷西光寺番匠識佐藤時男棟梁と菅原東一大工が伐採に向かったのだが、折れた松の根元に、今まで見たことのない変わった色の蛇が絡み付いているのを見つけて、二人は仰天した。どかそうとしたが、逃げる気配は微塵もない。そこで、松が落ちないように縄で縛ってから、菅原大工が蛇を解いて、山へ放してやったという。上棟式の三日前のことである。「蛇が巻き付いていなければ、松は落ちていただろう」、と菅原大工はいう。棟梁は「あれは辯天様の御使いの蛇だ。落ちないように押さえていたに違いない」と真顔で語った。<o:p></o:p>

 九月二十八日に目出度く辯天堂の上棟式が終わったので、先ず屋根を掛け、雨掛りしないようにしてから、回廊、床工事に進むのだが、職人の作業を見守るように、二匹のヤマカガシが蝦蟆ヶ池を泳ぎ回り、剰え普請中の材料の上に乗って動かない。材木を使うため追い払うと素直に従うのだが、のちに戻ってきて、じっと見ているという。菅原大工は「現場監督のようだ」と笑う。<o:p></o:p>

 そのヤマカガシだが数匹はいるらしく、三つの鳥居に沿って蝦蟆ヶ池の前を流れる照井堰を上り下りしているのである。黒門付近では参拝客が大騒ぎで、職員が追い払うものの、達谷西光寺では蛇こそ辯天様の御使いとされ、酷い目に遭うことはないと知っているらしく、泳ぐ姿はのんびりしたものである。<o:p></o:p>

 それだけではない。十月三日にはアオダイショウが毘沙門堂内陣の戸棚の後ろに隠れるのを職員が見つけた。すぐに追いかけて探したのだが、どこにもいない。職人達は、「右陣に遷座まします辯天様に、工事の進み具合を御報告に行ったのだろう」と口を揃えるのだが、水辺に暮らすヤマカガシはあの高い毘沙門堂に登れないから、連係プレーである。<o:p></o:p>

 辯天様の御使いの蛇の現場監督のもと、職人達は、度重なる奇瑞に恐れ戦きながらも、真剣な眼差しで手練の技を振ってくれたのである。かくして、工事の進捗は著しく、初期の遅れを取り戻し、師走二十日の御年越祭を新しい辯天堂で迎えられる目途がついた十月も半ばになって、漸く蛇を目にすることが稀になったのは、御使いの報告を受けて、辯天様も安心されたからであろうか。<o:p></o:p>

 

コメント

蝦蟆ヶ池辯天堂御修覆~建築工事の様子と上棟式~

2013-10-01 12:34:44 | 季節のお知らせ

蝦蟆ヶ池辯天堂御修覆 アルバム「建築工事の様子と上棟式」~その2~

Img_1601
Img_1602
Img_1603
Img_1604
Img_1608
Img_1614
Img_1613
Img_1617
Img_1618
Img_1619
Img_1620
Img_1623
Img_1624
Img_1626
Img_1627
Img_1631
Img_1632
Img_1633

コメント