広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

9月のテレホン法話「最強」 (9/16~9/31)

2018-09-24 21:09:14 | 法話
9月のテレホン法話「最強」 (9/16~9/31)
コメント

觀櫻會(かんおうえ)のお知らせ

2018-04-09 11:44:13 | 季節のお知らせ
  平成30年 達谷窟鎮守白山社 

    春季大祭 觀櫻會(かんおうえ)のおしらせ
 
 今年も恒例の 達谷窟鎮守白山社 春季大祭 觀櫻會を
四月廿九日(昭和の日)に 下記の通り執行申し上げます
 つきましては 御札御神酒など差し上げたく存じますので
何卒御來山下さいますよう 御願い申し上げます
 
                   記
 一 御 茶 会  献茶の儀 終って 十時より三時まで
御供所にて執行
           添釜 斎藤宗恵社中 千葉宗裕社中

 一 筝曲奏上   法要終って午後二時より 
毘沙門堂にて執行
 
 一 白山神事   午後四時より 金堂にて執行 
 
 一 夜神楽奉納  午後五時より御供所前庭にて奉納
            
       達谷窟毘沙門神楽 演目〔御神楽 岩戸入り 
岩戸開き 月見坂の危難〕




   
コメント

12月のテレホン法話「案内(あんない)」 (12/16~/31)

2017-12-16 12:51:21 | 法話
「案 内 (あんない)   平成29年師走16日~大晦日  我 達谷西光寺では 師走二日に御年越の神事が執行されると   平成30年戊戌に目出度く改まるのである  早速 謹賀新年の立看板を立てた譯だが   一足早く毘沙門樣に元朝詣りを済ませた常連の信者さんの心は  もう正月八日の修正會結願にあるらしい  新しい牛玉寶印を待ち侘びている信者さんから   有り難い結願の牛玉法の神事について    法話で案内してほしいといわれたので   斯く陳べることにする  「延暦廿年 征夷大将軍 坂上田村麿公の創建を伝える   達谷窟毘沙門堂の修正會の結願の法要である「牛玉法」が  正月八日午後二時から執り行われます  法要の結びには 寶印授与の神事かあります   参拝の皆様には一年間の「無病息災」「除災招福」を祈念する  目出度い御判(判子)を額と掌に御押し致しますので  是非御来山下さいますよう御勧め申し上げます  こののち 御神酒を頂戴し  いよいよ最強の御札「牛玉寶印」の頒布となります  なお「牛玉法」に参集された方はもちろんですが   14日の枩焚祭(どんと祭)まで「牛玉寶印」が入用の信者に限り  拝観料は無料となりますので   この旨を黒門入口の寺務所までお申し出ください云々」  じつは 無事結願を待ち侘びておられるのは  なにより毘沙門様なのであるが    御仕えする達谷西光寺の寺僧も同じなのである  因みに 今度の修正會では     今年目出度く四度加行を終え  権別當職に任ぜられた弟子の豪侑が   結願まで出仕することがうれしいのである       私事も述べ 拙い案内を終えることにする       合掌
コメント

12月のテレホン法話 「閼伽堂(あかどう)」(12/16~/31)

2015-12-18 09:33:47 | 法話
「閼伽堂(あかどう)」 
毘沙門堂から不動堂に向かうと、坂の途中で御修復なった朱(しゅ)塗りの鐘楼が左に、小さな切妻(きりづま)の朱(あか)い御堂が右に見える。閼伽堂(あかどう)である。朱(あか)い御堂(おどう)だから閼伽堂だと、勘違(かんちが)いしている御仁(ごじん)も多いようだが、然(さ)にあらず。閼伽(あか)とは神仏に御供(ごそな)えする水のことで、梵語(ぼんご)のアルガの音(おん)写語(しゃご)なのである。だから閼伽(あか)井(い)、すなわち閼伽(あか)水(すい)の湧(わ)き出(いず)る井戸を護(まも)るための覆屋(おおいや)なのであり、関西(かんさい)では閼伽(あか)井屋(いや)と呼ばれることが多いらしい。
嘗(かつ)ては杉皮(すぎかわ)葺(ぶ)きの屋根であったが、草や木が生えて痛みが酷(ひど)くなったので、平成20年5月に、銅板に葺き替えられた。本義(ほんぎ)ならば、杉皮で葺き替えるべきなのだが、材料の調達が難しいので断念(だんねん)したことが、今でも忘れられないのである。
昔から、達(たっ)谷窟(こくのいわや)の御神域(ごしんいき)に座(おわ)します神仏(しんぶつ)の修法(しゅほう)に用いる水は、この井戸から汲(く)むべきとされている。来(きた)る修正會(しゅしょうえ)では、一七日(いちしちにち)の間、後(ご)夜座(やざ)の前に御水(おみず)をいただいて、先(ま)ず毘沙門堂の閼伽(あか)棚(だな)に納(おさ)め置くのである。ちなみに、年頭(ねんとう)に汲(く)まれた若水(わかみず)だけ、香水(こうずい)壺(つぼ)に注(つ)ぎ足(た)すことが許されている。これに香を入れて御神(ごじん)水(ずい)を作るのだが、牛玉寶印を摺(す)るための墨は、この壺(つぼ)に古(いにしえ)より伝(つた)わって来(き)た御神(ごじん)水(ずい)を以(も)って磨(す)られるのである。また、寛政(かんせい)元年(がんねん)に不動堂が現地に移されてからは、眼(め)の神様である姫待(ひめまち)不動(ふどう)尊(そん)の信仰と結びついて、目薬(めぐすり)として御水(おみず)を求める信者が引きも切らなかったという。
早いもので、今年もあと半月で暮れようとしている。大晦日(おおみそか)といえば除夜(じょや)の鐘(かね)で、主役は鐘楼(しょうろう)なのだが、閼伽堂(あかどう)も正月行事の一方(いっぽう)の主役であるから、紹介することにした。水位が高い井戸にも拘(かか)わらず、真冬でも滅多(めった)に凍らない。ここ30年で凍った記憶は、二三度しかないのである。しかも、薄氷(うすごおり)であることは、寒中(かんちゅう)の修行(しゅぎょう)においては、じつに有難い。閼伽堂(あかどう)の神様の成(な)せる業(わざ)であろうか。
コメント

12月のテレホン法話「絵馬(えま)」(12/1~/15)

2015-12-18 09:30:17 | 法話
「絵馬」
 様々な願いが叶(かな)うように神佛(かみほとけ)に奉納されるもの、といえば、絵馬(えま)に止(とど)めを刺すのではないか。今は小さな板ばかりになってしまったが、かつては本物の馬が奉納されていたという。いわゆる、神馬(しんめ)である。
ちなみに、下達谷の日光(にっこう)権現社(ごんげんしゃ)の参道には、ほぼ等身大の石の馬が鎮(ちん)座している。生きている馬よりも高価であろうが、未来(みらい)永劫(えいごう)の奉納にしたかったに違いない。
余談(よだん)ながら、御引き物、引き出物も、もともとは宴(うたげ)の結びに、寝殿造(しんでんづくり)の庭先で馬の手綱を引いた故事(こじ)に由来(ゆらい)するという。現代なら自動車といったところだろうから、将に最高の贈り物だったのだろう。
高価な馬が適(かな)わなくなったのちも、暫(しばら)くは大きな馬(うま)絵(え)が奉納されていたが、近年は、図柄(ずがら)も係(かかわ)りのない、多くは社寺の縁起物(えんぎもの)に因(ちな)んだ絵馬が奉納されている。また、これを御守りとして求める御仁も、じつに多いそうだ。
我(わが)達(たっ)谷(こく)西光(せいこう)寺では、窟の毘沙門様には七曜(しちよう)の星の絵馬、姫待の御不動様には剣の絵馬が、それぞれの願いを込めて御宝前に奉納されているのであるが、平成26年に蝦蟇ヶ池辯天堂が御修復なったのちに、辯天様に絵馬を奉納したいと申し出る参拝者が引きも切らないのである。
そんなわけで、秋口から奉納(ほうのう)絵馬を作る算段を始めることにした。あれこれ図案に悩んだ末、表(おもて)には辯天様の御使いの白蛇と、佛説即身貧轉(ぶつせつそくしんびんでん)福徳(ふくとく)円満(えんまん)宇賀神将(うがじんしょう)菩薩(ぼさつ)白(はく)蛇(じゃ)示現(じげん)三日(さんじつ)成就(じょうじゅ)経(きょう)に説く転貧雨宝、すなわち「貧しきを転じて宝を雨(ふ)らす」との目出度い文言(もんごん)を朱(しゅ)書(が)きすることにした。
11月に待望の絵馬が完成したので、去る23日に祈禱を行った。併(あわ)せて、願い事を記すための、赤い御机(おつくえ)も一緒に新調したから、是非御参りに来てほしいと希(ねが)うのである。
秋も深まり、当地を訪れる参拝客もめっきり少なくなったが、参道を進み、三之(さんの)鳥居(とりい)から辯天堂を望むたびに、祷(いの)りを込めて奉納された絵馬が、一枚二枚と増えていくのが嬉(うれ)しいのである。辯天様もきっと御歓びであるに、違いない。
コメント