映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~

リアリティ映画でシミュレーションしておけば何処かで役立つはず

サッドヒルを掘り返せ

2019年05月19日 03時00分06秒 | 映画 さ行
評価★★★★【4点】


サッドヒルとは『続・夕陽のガンマン』に出てきた墓地の名前。
マカロニ・ウエスタンファンの神聖なロケ地だそうで。



“サッドヒル”とは、1966年のセルジオ・レオーネ監督による
傑作マカロニ・ウエスタン「続・夕陽のガンマン」の
クライマックス・シーンに登場した墓地の名前。
それは映画のためにスペイン北部ブルゴス郊外の
ミランディージャ渓谷に作られた巨大なオープンセットだったが、
撮影から50年近くが経ち、すっかり荒れ果てていた。

2014年、同作を愛する地元の映画ファン4人が立ち上がり、
サッドヒルの復元に乗り出す。
やがてその活動はインターネットを通じて多くの人に知れ渡り、
ヨーロッパ中から映画ファンがスキやクワを手に駆けつけ、
一大プロジェクトへと発展していく。
本作はそんな復元プロジェクトの行方と同地で行われた
「続・夕陽のガンマン」撮影50周年記念イベントの全貌を、
作曲家エンニオ・モリコーネや主演のクリント・イーストウッドら
関係者が語る貴重な撮影秘話や、
“メタリカ”のジェイムズ・ヘットフィールド、
アレックス・デ・ラ・イグレシア監督はじめ
著名なファンたちのインタビューを織り交ぜ描き出した
感動の映画愛ドキュメンタリー。
監督は本作が長編デビューとなるギレルモ・デ・オリベイラ。
<allcinema>



ということで上の解説読んでいただければ分かる通り
こんなドキュメンタリー映画が地元弐番館にやってきた。

マカロニファンが世界中にまだまだいるんだという事実が
このドキュメンタリー映画を通じてビシバシ伝わってくる。
そんなマカロニファンのなかで、特に思い入れある作品と言えば
迷うことなく本作絡みの『続・夕陽のガンマン』であるはずだ。

こうして、サッドヒル墓地の復元計画が始動し
世界中から集まった映画ファンによりみごと蘇ってしまう。

そして50年の時を経てあのシーンが脳裏に浮かび上がったとき
準備万端のワタシは序奏のピアノでキタキタキターーーーー!!!

そう!この絶妙なタイミングでエンニオ・モリコーネ最高傑作
“エクスタシー・オブ・ゴールド”である。

ピアノの序奏からオーボエ演奏、次の鐘の音で鳥肌感涙なのだ!

広大な墓地に隠された黄金を探すイーライ・ウォラック
楽曲3分23秒もの間ず~っと
走って走って、また走って、お釜ちゃん走りが延々と。。。




【今週のツッコミ】

・2001年以降、エンニオ・モリコーネのライブコンサートで
 ソプラノ・ソリストとして常に同行するスザンナ・リガッチ。
 彼女の透明感ある声は他のソプラノ歌手と比べレベルが違う。
 2011年ベニス・コンサート:スザンナ・リガッチ

・一方、1966年当時、若干21歳でエンニオ・モリコーネの歌姫となる
 エッダ・デルオルソの柔らかい高音はワタシの中で神声なのだ。
 劇中シーン:エッダ・デルオルソ

・エンニオ・モリコーネ本人の弁、この曲は世界ナンバー2の出来と
 自画自賛してるが、ナンバー1がなんなのか気になった。

・『続・夕陽のガンマン』撮影裏話がなかなか興味深かった。
 危険なシーンが2か所ほど、橋爆破のシーンで本物の岩の欠片が
 クリントとイーライの真横をかすめる。
 (ちなみに二人の後ろ姿はスタントマンだったそうで、なにより)
 
 もうひとつはクライマックスの決闘直前の墓堀りシーン。
 リー・ヴァンが投げたスコップがイーライの顔面をかすめる(危ね!)

・ちなみにサッドヒル墓地は映画撮影用に作られたセットであり
 当然ながら地中には誰も埋葬されてはいない^^;

・当時の美術監督が円形墓地をデザインしセルジオ・レオーネは
 この図面を見て大絶賛したそうです。
--------------------------------------------------------------------
監督:ギレルモ・デ・オリベイラ
脚本:ギレルモ・デ・オリベイラ
音楽:セルティア・モンテス
出演:エンニオ・モリコーネ/クリント・イーストウッド/ジョー・ダンテ

『サッドヒルを掘り返せ』


コメント (7)   この記事についてブログを書く
« コレット | トップ | アメリカン・アニマルズ »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
あの頃のクリントは (笛吹働爺)
2019-05-20 05:50:51
かっこ良かったなぁ。
その数年前はTVの「ロ―ハイド」を見てた。いつもクリントの登場を心待ちにして。
もうおおよそ50年前だ・・・・。
笛吹働爺さんへ (ituka)
2019-05-20 19:37:04
今から30年ほど前に会社の体育館で『続・夕陽のガンマン』を上映するイベントがありました。
こんな粋な催しをするなんて、あの頃は本当によかったです(笑)
同じく、若いクリントは本当にカッコよかったですね。
ローハイドは見てなかったです^^;
Unknown (mobilis-in-mobili)
2019-05-23 21:25:26
【凄まじいハンサムぶり】無精ヒゲに汚いポンチョ‼フツーのヒトがやると、浮浪者にしか見えない格好が決まる。凄まじいハンサムぶりです‼ 
youtubeに (笛吹働爺)
2019-05-24 00:11:23
ロ―ハイドの一シーンが
https://www.youtube.com/watch?v=UE3mmtU2_aA
めっちゃ若いクリント。
まだまだ (笛吹働爺)
2019-05-24 00:16:28
youtubeで「クリントイーストウッド ローハイド」
と検索したらまだまだ出てきた。
歌ってるのも多い。なかなかいい声。
mobileさんへ (ituka)
2019-05-24 19:04:23
こういったスタイルが当時のマカロニ・ウエスタンのヒーロー像でした。
その後に出てきたフランコ・ネロやジュリアーニ・ジェンマと合わせ
マカロニ御三家と言われてたそうです。
にしても、35歳と思えぬ渋さはさすがです。
笛吹働爺さんへ (ituka)
2019-05-24 19:13:20
あ~、本当に若いですね!(笑)
しかも、歌まで披露しちゃってて、このころから
音楽の道が開かれたのかもしれませんね。
マカロニの寡黙なヒーローと違いハリウッドでは饒舌でした。

コメントを投稿

映画 さ行」カテゴリの最新記事