映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~

リアリティ映画でシミュレーションしておけば何処かで役立つはず

トロン:レガシー (3D吹替え)

2010年12月19日 22時57分08秒 | 映画 た行
評価:★★★☆【3,5点】


『アバター』より、さらに進化した3Dと案内役のジェム見たさで
観に行く気になったようなもの。

どうなんでしょう?
どの辺りが『アバター』より進化していたのかよく判りませんでした。
ただ、3Dであることを忘れてしまうくらいコンピューター・システムの
世界感が綺麗であったと思ったのは確か。
コンピューター内に入り込んだ主人公を最初に案内する4人の女性の
そのアンドロイド風な動作とルックスに目が奪われっぱなしだった。
特に、唯一役名のあった案内役のジェムに!(笑)

これって、前作の続編という位置付け作品だったのですね。
てっきりリメイクとばかり思ってましたから^^;



デジタル業界のカリスマとして名を馳せたエンコム社CEO、ケヴィン・フリンが
忽然と姿を消してから20年。
ある日、27歳となった息子サムのもとに、ケヴィンから謎のメッセージが届く。
その導きで父の営んでいたゲームセンターへとやって来たサムは、
地下で見つけた秘密の部屋からコンピュータ・システムの世界に迷い込んでしまう。

息つく間もなく命をかけた危険なゲームを強制されるサム。
やがて窮地に陥った彼は謎の女性クオラに助けられ、
彼女の手引きによって父との再会を果たすのだが…。
<allcinema>



レビューを書きだす前に、若かったころのケヴィン・フリンを演じた
あのそっくりさんはいったい誰なのか!?
若いころのジェフ・ブリッジズにとても似ていて、これだけで
この作品のオファーが舞い込んだラッキー・ボーイはいったい誰なんだと
必死であちこち検索して、遂にその俳優さんが判明したのでした。

そうなんです!彼こそCG俳優だったのですよ!
最初からウィキを見ておけばよかったわ(爆)
そこによると『ベンジャミン・バトン』のブラピの若年フェイスと
同じコンツアーシステムであるとのことだった。

まぁ言われてみれば、それは驚きですよ!
ぜったいにそっくりさんが演じてたと思って最後まで観ていたもの。

ということで、本レビューに関しては、まったく内容に触れておらず
映像を観に行っただけの本作なので、レビューもそんなところに焦点を当て
案内役のサイレン・ジェム(ボー・ギャレット)に目が奪われたことと
実はCG映像だった若いころのケヴィン・フリンの2点に尽きる本作でした。



ブロンド髪にメイクとこのルックスに目を奪われっぱなし。
歩き方もこれまた良いんだ!(頭の揺れ具合もどこかモデル風でグッド!)
ただ、普段のボー・ギャレットを見るとまるで別人で、J・ギレンホールの姉のよう。



これがCG処理のものだったとは、まさに驚きだ!


追記)
・サム・フリンを演じたギャレット・ヘドランドの身長が189センチ。
 その彼とほぼ同じ身長に見えた案内役のサイレン4人女は皆長身。
 ジェムが178センチ+ハイヒール10センチってことで納得。
 他の3人もそれと同じくらいの女優さんってことですね。
 ということで、せっかくのヒロイン役のクオラ(オリヴィア・ワイルド)が
 少々霞んでしまったと思うんですよね~

・メカニックでいえば、あのバイクを見たときに『ダークナイト』の
 バットポッドの進化版に見えて仕方なかった。
---------------------------------------------------------
監督:ジョセフ・コシンスキー
脚本:エディ・キッツィス/アダム・ホロウィッツ
撮影:クラウディオ・ミランダ
音楽:ダフト・パンク


出演:ギャレット・ヘドランド/ジェフ・ブリッジス/オリヴィア・ワイルド/
    マイケル・シーン/ボー・ギャレット/


『トロン:レガシー』 

コメント (13)   トラックバック (29)   この記事についてブログを書く
« バーレスク | トップ | きみがくれた未来 »
最近の画像もっと見る

13 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
☆おかんの名は・・☆ (TiM3)
2010-12-20 00:19:58
やっぱし、ララ・フリンなのでしょうか(=^_^=)

本作、最大の期待ポイントは楽曲群なんですよ。

ダフト・パンクってな、おフランスのテクノユニットが
手がけてますもんで。

サウンド面は、如何でしたか?
お~、よく思いつきますね (ituka)
2010-12-20 19:43:33
TiM3さん、こんばんは。

>本作、最大の期待ポイントは楽曲群なんですよ。

そうなんですね!まったく気にせず観てました^^;

>ダフト・パンクってな、おフランスのテクノユニットが
>手がけてますもんで。

お詳しいですね。ワタクシ、まるで知らなかったですよ。
言われてみれば、確かにスピード感あるシーンに
良くマッチしてましたよ。
割と評価の良いこの映画、そういうところの影響もありますね^^

☆観て来ますた~☆ (TiM3)
2010-12-22 02:17:30
確かに・・何処となく「年末のハリウッド大作」としては、かなり弱い部分がありましたねぇ。。

ちょっと他人にもススメにくいような・・

もっと「ハッとさせられる」演出群、映像群が欲しかったです。

CG技術(特にあのジェフ顔!)以外に、余り特筆すべきトコはなかったです。

※あの顔面形成技術(?)を駆使すれば、偉人(故人)の伝記映画なんぞ、作り放題かも知れませんねぇ(・ω・)
お~!観てきましたね^^ (ituka)
2010-12-22 10:58:52
TiM3さん、おはようございます。

やっぱり、一応これってハリウッド大作なんですよね^^;
そうそう!映像、演出など今年を締めるにはチョット物足りませんですたよ。

>※あの顔面形成技術(?)を駆使すれば、偉人(故人)の伝記映画なんぞ、
>作り放題かも知れませんねぇ(・ω・)

これによってクリント・イーストウッドの伝記映画に出演するはずの
ヒューが浮かばれません。
また、トミー・リー・ジョーンズの伝記映画への『パールハーバー』二股かけられ男(名前、一瞬ド忘れ)とかね~
(↑いや、そんな話はありませんが)^^;

それより、こういうのって女優陣なんか興味津々なのかもしれませんね^^
算盤侍 (笛吹働爺)
2010-12-22 19:51:14
昔の映画の時からトロンの世界観がイマイチ好きになれないので、たぶんパスでしょう。
今日は「武士の家計簿」を見ました。幕末の加賀藩の算盤侍が主人公のファミリードラマといったところ。唯一気に入らなかったところは、主人公の登城する場面での歩き方です。現代人と同じ歩き方。当時は「なんば歩き(同じほうの手と足が出る)」のはずです。
なんば歩き (ituka)
2010-12-23 12:03:03
笛吹働爺さん、こんにちは。

言われてみれば明治以前はなんば歩きのはずですよね。
でも時代劇でそのような歩き方はあまり見かけないです。
腕を振らないで歩くというのもなんばになるのかもしれませんね^^
これもやっぱり、着物への配慮からくる日本人の知恵なんでしょうかね^^
あと、なんばは重心が低くなって安定するという意味では武術なんかで有効なんでしょう。
日本インターネット映画大賞募集中 (日本インターネット映画大賞)
2010-12-23 17:35:04
突然で申しわけありません。

現在,2010年の映画ベストテンを選ぶ企画
「日本インターネット映画大賞」を開催中です。
投票締切は1/20(木)。
ふるってご参加いただくようよろしくお願いいたします。

なお、twitterも開設しましたのでフォロー頂ければ最新情報等配信する予定です
☆どもですー☆ (TiM3)
2010-12-26 09:40:20
今年も、もう終わりかけですね。
俺自身も、もう終わりかけですが・・っておいおい(=^_^=)>

年末に大した公開作が出て来ず、退屈です。
どうした? かつてのウ※ル“年末ハリウッド男”ス※スよ(=^_^=)

>これによってクリント・イーストウッドの伝記映画に
>出演するはずの
>ヒューが浮かばれません。

タイトルだけは『マルパソ』に決まってますね(=^_^=)
でも、主演じゃないのね。。

>また、トミー・リー・ジョーンズの伝記映画への
>『パールハーバー』二股かけられ男(名前、一瞬ド忘れ)
>とかね~
>(↑いや、そんな話はありませんが)^^;

助手ハートネット君でしかね。
『シン・シティ』以来、ちょっと遠ざかってるような、、
マット・デイモン君との繋がり、には至ってないんかな?(詳しくない、、)

>それより、こういうのって女優陣なんか興味津々
>なのかもしれませんね^^

CG女優! スゴそうですね!
未見なんですが『シモーヌ』ってな作品があったようですね。面白いらしいですが・・

ランキング作成、どうされます?
何だか、取り組むにも、ワクワクしないなぁ・・(・ω・)
今年は締めの映画がないじゃん (ituka)
2010-12-26 19:50:16
TiM3さん、こんばんは。

今週は県内で上映される新作はザック・エフロンのシリアス系と
ウッディおじさんの『人生万歳』くらいです。
たぶん、この2本で年内鑑賞は終了となりますよ^^;

にしても、今年は秋以降の目玉作品がなかったように思います。
一昨年の『ウォーリー』昨年の『アバター』というような映画があったら
年末も盛り上がれたのにって感じです。

>未見なんですが『シモーヌ』ってな作品があったようですね。面白いらしいですが・・

これ劇場で観ました。時期的に劇場通いを本格的に始めたころですよ^^
作品中でCG女優というキャラでしたが、実際は・・・ってところです(笑)

>ランキング作成、どうされます?

1年の締めという意味から取り敢えずはこれをやっておかないといけません^^
上半期のベストに食い込むような作品が後半少なかったのが残念でなりませんよ^^;
とりあえず (笛吹働爺)
2010-12-27 01:32:01
年内に何か見ようと思ってます。

さて、26日晩は女子フィギュアスケートを堪能。上位4人すべて名古屋勢というのはスゴイ。
しかし、毎度思うのだが、中継のフジTV塩原恒夫アナ、うるさい・ウザイ。かっこつけて(古館のまねか?)余計なことをしゃべらないで欲しい。

コメントを投稿

映画 た行」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

29 トラックバック

トロン:レガシー (LOVE Cinemas 調布)
1982年にジェフ・ブリッジス主演で世界で始めてCGを本格的に使った作品として知られている『トロン』の続編。20年前に失踪した父の後を追い、電脳世界へと入り込んだ息子サムが、父と協力してプログラムたちと戦う姿を描き出したSFムービーだ。前作同様ジェフ・...
トロン:レガシー (Akira's VOICE)
没頭は,ほどほどに。
トロン:レガシー (映画鑑賞★日記・・・)
【TRON:LEGACY】 2010/12/17公開 アメリカ 125分監督:ジョセフ・コシンスキー出演:ギャレット・ヘドランド、ジェフ・ブリッジス、オリヴィア・ワイルド、マイケル・シーン、ボー・ガレッ ...
[映画『トロン:レガシー(3D)』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆う~ん、なかなか面白かったですね。  ポイントは五つ。  最新の技術で二昔前の電脳内世界(一種のモノクロ)を描いていて、新しいのにノスタルジックな雰囲気を持つ(レトロ・フューチャー)。  斬新な異世界造型(舞台・各種メカニック...
トロン:レガシー (Memoirs_of_dai)
ブルー&オレンジ&ブラック 【Story】 デジタル業界のカリスマ、ケヴィン・フリン(ジェフ・ブリッジス)が謎の失踪を遂げてから20年たったある日、27歳に成長した息子サム(ギャレット・ヘドランド)...
コンピューターの世界というよりは・・・。『トロン:レガシー』 (水曜日のシネマ日記)
20年前に失踪した父親が創造したコンピューターの世界へ挑む青年の物語です。
映画「トロン:レガシー(3D版)」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「トロン:レガシー(3D版)」観に行ってきました。 アメリカ・台湾合作による1982年公開映画「トロン」の続編。 前作「トロン」で主人公だったケヴィン・フリンと、その息子で今作の主人公となるサム・フリンが活躍する作品となります。 ストーリーは、一言...
映画「トロン:レガシー」の感想です。 (MOVIE レビュー)
IMAX3Dで3D初体験をしてきました。私がいつも行くシネコンのユナイテッドシネマが今年の12月からIMAX3Dを導入しまして...
トロン:レガシー (ハクナマタタ)
前作トロンをみたのは20年以上前 あやふやな記憶のまま、臨もう そんなどうでもいい決意をして観にいった わたしの嗜好 win95、98や2000 よくパソコンのデフラグをしました 規則正しく並んだ配列が赤になり緑になり薄水色に変わってゆく そ...
トロン・レガシーのプロモーションがなかなかカッコいい。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
今日 通りがかったのが、コレ(写真:クリックすると大きくなります。小さくするにはブログタイトルをクリック) なんと28年ぶりの続編が待機中の「トロン・レガシー」のプロモーション。 なかなかカッコいい! (映画にはぜんぜん負けるけど)
「トロン:レガシー」3D吹替え版 (映画鑑賞日記)
評価:★★★ ストーリー(Yahoo!映画より) デジタル業界のカリスマ、ケヴィン・フリン(ジェフ・ブリッジス)が謎の失踪(しっそう)を遂げてから 20年たったある日、27歳に成長した息子サム(ギャレット・ヘドランド)に父ケヴィンからのメッセージが
映画「トロン:レガシー」 (FREE TIME)
映画「トロン:レガシー」を鑑賞しました。
トロン:レガシー (だらだら無気力ブログ)
世界で初めてCGを本格導入した革新的映像で話題となった1982年のジェフ・ ブリッジス主演作『トロン』の続編となるSFアクション。 失踪した父が創り上げたコンピュータ・システムの内部世界に入り込んだ 青年が、人類の存亡を脅かす敵と死闘を繰り広げる姿を驚異の...
これぞ、3Dの醍醐味 (笑う学生の生活)
23 日のことですが、映画「トロン:レガシー」を鑑賞しました。 3D作品 初めて IMAXにて鑑賞しました いやー、すごい まさに映像体験とはこのことで 正直
トロン:レガシー/TRON LEGACY (いい加減社長の日記)
最初、予告編を観たときは、「どうしようかなぁ」と迷ったんだけど。 ディズニーだし、はずれはないかな、と思って、「トロン:レガシー 」を、公開日に鑑賞。 「UCとしまえん 」は、平日にしては、ちょっと多めかな。 「トロン:レガシー 」は、大きめのスク...
トロン・レガシーのプロモーションがなかなかカッコいい。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
今日 通りがかったのが、コレ(写真:クリックすると大きくなります。小さくするにはブログタイトルをクリック) なんと28年ぶりの続編が待機中の「トロン・レガシー」のプロモーション。 なかなかカッコいい! (映画にはぜんぜん負けるけど)
『トロン:レガシー』の既視感たっぷりっぷ... (じょん・どー PhDをMSUで!? の道のり)
「TRONLegacy」を観てきたのだけど、トロン:レガシー(公式)-http://www.disney.co.jp/tron/Yahoo!映画「トロン:レガシー」-http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tymv/id336755/びっくりするほど「パスしても良...
トロン:レガシー 3D リメイクでなかったのだ・・・(゜_゜i)タラー・・・ (労組書記長社労士のブログ)
【=1 -0-】 1月1日元旦は映画の日、ファースト・ディ割引の日、初詣に行きがてら今年最初の映画を観に行く。 初詣に関しては失敗だった、梅田で映画を見終わって大阪天満宮までプラプラ歩いていったんだけど、8時半で閉門していた。 神社って24時間オ...
トロン:レガシー (単館系)
1982年にジェフ・ブリッジス主演で世界で始めてCGを本格的に使った作品として知られている 『トロン』の続編。 ということなのですが当初見る予定をいれていなかった作品。 なんで見ることにしたか...
トロン:レガシー IMAX 3D【吹替版】 (小部屋日記)
Tron: Legacy(2010/アメリカ)【劇場鑑賞】 ...
トロン:レガシー 3D (C'est joli~ここちいい毎日を~)
トロン:レガシー 3D'10:米◆原題:TRON: LEGACY◆監督:ジョセフ・コジンスキー◆主演:ギャレット・ヘドランド、ジェフ・ブリッジス、オリヴィア・ワイルド◆STORY◆デジタル業界のカリス ...
トロン:レガシー (Movies 1-800)
TRON: Legacy (2010年) 監督:ジョセフ・コシンスキー 出演:ギャレット・ヘドランド、オリヴィア・ワイルド、マイケル・シーン、ジェフ・ブリッジス 1982年作「トロン」の続編で、コンピューター内部の世界に取り込まれた青年が、25年前に失踪した父と出会い、共に現実...
さよならさよなら3D?~『トロン:レガシー』 【3D・字幕版】 (真紅のthinkingdays)
 TRON: LEGACY  映画を観終わって・・・。  息子 「ねえ、「衝撃の3D映像」って、今までの3Dと何か変わったとこあった?      同じやんな」  私  「ほんまやな~。ストーリーは...
映画『トロン:レガシー、3D字幕版』を観て (KINTYRE’SDIARY)
10-81.トロン:レガシー■原題:Tron:Legacy■製作年・国:2010年、アメリカ■上映時間:126分■字幕:戸田奈津子■鑑賞日:12月19日、吉祥寺スカラ座(吉祥寺)■料金:1,...
「トロン:レガシー」3Dの魔力 (ノルウェー暮らし・イン・London)
昨年末、せっかく劇場で観たのにそのほとんどを寝てしまっていた私。 お葬式のあとだったしね~ 今回リベンジ・・・・・・・・・・そして判ったこと。 最初の15分以外は、ラストに5分ほどしか起きていられなかったんだなぁと。(爆)
トロン:レガシー (銀幕大帝α)
TRON: LEGACY/10年/米/125分/SFアクション/劇場公開 監督:ジョセフ・コシンスキー 音楽:ダフト・パンク 出演:ギャレット・ヘドランド、ジェフ・ブリッジス、オリヴィア・ワイルド、マイケル・シーン <ストーリー> 父親が創造した“トロン”と呼ばれる...
トロン:レガシー (RISING STEEL)
トロン:レガシー / TRON:LEGACY 2010年 アメリカ映画 ウォルト・ディズニー製作 監督:ジョセフ・コシンスキー 製作:ショーン・ベイリー ジェフリー・シルヴァー スティーヴン・リズバーガー ...
トロン:レガシー (TRON: Legacy) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ジョセフ・コシンスキー 主演 ギャレット・ヘドランド 2010年 アメリカ映画 125分 SF 採点★★ “映像革命”とか“全く新しい映像体験”とか言った宣伝文句をよく耳にしますが、稀に斬新な映像表現を用いた作品こそあれど、ほとんどはエフェクト率が高くな...
トロン:レガシー (FG映画批評 100点満点 記憶で採点)
トロン:レガシー ☆☆☆☆★ 79点