映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~

リアリティ映画でシミュレーションしておけば何処かで役立つはず

ドラゴン・タトゥーの女

2012年02月11日 20時13分44秒 | 映画 た行
評価:★★★★【4点】



エスカレーターを使った一連のアクションに「おぉ~!」

貴重な情報が詰まったバッグをひったくられるシーンは
もしや、ヴァンゲル社からのまわし者?
知られてはいけない情報を奪還するために
リスベットを襲ったわけではなかったのね。

そうではなかったとしても、あのシーンのリスベットは
まったく無駄のない動きから右フック一発で相手を怯ませ
女版パルクールかと思わせるような、エスカレーターの構造を
上手く利用した脱出法に思わず拍手したくなった。

このままエスカレーター・アクション史に残っていったりして。。。



スウェーデンの社会派雑誌『ミレニアム』を発行する
ジャーナリストのミカエルは、大物実業家の不正告発記事が原因の
名誉毀損裁判で敗訴し窮地に陥っていた。
そんな時、国内有数の企業グループの元会長ヘンリック・ヴァンゲルから
ある依頼が舞い込む。
それは、40年前に彼が我が子のようにかわいがっていた一族の
少女ハリエットが忽然と姿を消した迷宮入り事件の再調査というもの。
やがて、調査が暗礁に乗り上げたミカエルは、
ヘンリックの弁護士から社会性はないものの驚異的な情報収集能力を持つ
小柄な女リサーチャー、リスベットを紹介されるのだが…。
<allcinema>



ま、なんといってもオリジナル版を観てないので比較できないのが辛い。
これって、『ぼくのエリ/200歳の少女』と『モールス』くらい違うのかな。
ハリウッドリメイクすると、全体的にカラッとした雰囲気になる?
それでも、今回はデヴィッド・フィンチャー監督ということで
ワタシ的には、この監督の演出方法がお気に入りなので
監督独自の演出方法を駆使したのかな~と想像してます。

作品全体的に効果音を上手く利用してるし
リスベットが行動を起こす時には背後カメラで映す巧みさに
奇怪な人物を撮る時はこういう方法が効果ありますよ的な感じでした。

物語自体は特に目新しいものではなかったけれど
カメラ構図やら間の取り方、編集効果などで
割と長尺な作品ではありますが、それを感じさせないのが良かったかな。

終盤のちょっとお金を貸りて簡単な投資をするところは
リスベットの底知れぬ魅力を感じてしまった。


おまけ)
・ここでいう天才ハッカーとは、どのくらいのレベルなのかが気になるところ。
 過去に国家さえ揺るがす凶悪ハッカーなどB級映画に多くみられたが
 今回のリスベットは『ソーシャル・ネットワーク』の
 マーク・ザッカーバーグと同等くらいなのでしょうか^^;

・前髪を極端に短くすると異様さが漂うのは万国共通でしたね。
 リスベットのメイクは『ブレードランナー』のアンドロイドか
 『シザーハンズ』のエドワードくん?^^;

・軸となるハリエット失踪事件が、案外薄くなってしまったのは残念。

・怪しい人物がそのまま怪しかったのは、裏の裏をかいて元に戻ったってことか。

・ラストは、あ~なることは分かっていたのに、なぜあのタイミングで
 リスベットは持って行ったのか。スッキリしたいので続編希望します。
---------------------------------------------------------------------
監督:デヴィッド・フィンチャー
脚本:スティーヴン・ザイリアン
撮影:ジェフ・クローネンウェス
音楽:トレント・レズナー/アッティカス・ロス


出演:ダニエル・クレイグ/ルーニー・マーラ/クリストファー・プラマー/


『ドラゴン・タトゥーの女』

コメント (22)   トラックバック (46)   この記事についてブログを書く
« J・エドガー | トップ | TIME/タイム  »
最近の画像もっと見る

22 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (リバー)
2012-02-12 08:44:03
TB ありがとうございます。

たしかに ストーリーは割と普通で
とはいえ クールなOPは良かったですね

やはり 続編が見たいです。
リバーさんへ (ituka)
2012-02-12 10:29:15
ストーリーは見慣れた感もありますが
見せ方が巧いので惹きこまれました。

あのOPは、あれだけでひとつの作品として完結してて見とれました。
続編観たいですよね~
そう言えば… (オリーブリー)
2012-02-13 11:07:09
「ぼくのエリ/200歳の少女」もストックホルムが舞台でしたね。
「モールス」ほど出来の違いはないと思いますよ~少なくとも役者のヴィジュアルはハリウッドの方が断然良いし(笑)、たとえ英語であっても現地で撮影してるから舞台設定だけでも違和感ないですよね。
監督も言われてたけど、リメイクではなく、原作の映画化なんだと思いました。
全体的に田舎臭い感じが、フィンチャーのセンスで鮮麗された都会的な感じになって、私もオリジナルよいこちらの方が好きです♪
オープニングから上手いですよね~「ファイトクラブ」「セブン」でもそこから引き込まれたもの!

ただ、itukaさんも思われてるように、リスベットに関してはスウェーデン版の方が良かったです。
女優の芝居や雰囲気がどうのこうのではなく、人物像の彫り下げが少し物足りなかったし、正直、恋する乙女チックな女じゃないですもん。
ここは言葉で説明できないので、是非スウェーデン版を観てください。
1がイマイチだった私でも、2,3は一気に観れますよ(笑)
と言うか、全然別物!
だからあのラストは頂けないのよね…。
原作は知らないけど、悪徳実業家の隠し資産を全額引き出して、どこだったかな(?)別の国へ行くトコで終るので小気味良いの。
ミカエルと二人だけに共通する友情みたいなものを感じました。

itukaさん、夜勤って生活のリズムが大変そう。
長く続くのですか?
頑張ってくださいね。
こんばんは☆彡 (ひろちゃん)
2012-02-13 23:44:53
そうなんですよね~
物語自体は、考えたらそんな目新しいものでは
なかったですよね(^^ゞ
この作品は、きっとリスベットの魅力があってこその作品のような気がします。

フィンチャー監督の映像と音楽のセンスが好きです♪2時間半以上の長い上映時間がアッと言う間(オーバーかも?笑)でした!
面白かったです^^

>リスベットのメイクは『ブレードランナー』のアンドロイドか

あ~~そう言えば~(笑)ブレードランナーも好きな作品です^^

> 『シザーハンズ』のエドワードくん?^^;

ここで、マイジョニー(笑)が出て来るとは
思いませんでした(笑)
オリーブリーさんへ (ituka)
2012-02-14 00:37:16
こんばんは。
役者のビジュアルはハリウッドのほうが上でしたか^^
ミカエルもオリジナル版の方はイーサン・ハントから逃げまくってた、あのオッサンらしいですね(笑)
まあ、ダニエルと比較されたらかわいそうな面もありますしね^^;
ただ、リスベットのパンクファッションはどうにも引きまくってしまって。。。
これだったら、まだ『トランスポーター3』の“安”女の方がよかったかも(爆)
これも、今回のリスベットの人物像の描き込み不足から、そう感じたのかもしれませんね。

はい、是非ともスウェーデン版を観たいです。
そこで描かれるリスベットやラストの粋な終わり方なんか味わってみたいな^^

夜勤の辛いところは土曜日の使い方なんですよ~
朝帰ってきて、寝ずに映画に行くか、行かずに寝るかしかないですからね。
昼間寝てしまったら、夜また寝て、寝てばっかりよ(爆)
今週は昼勤務なので普通の人間生活できてます^^
土曜は『メランコリア』か『TIME/タイム
』のどちらかに~。
ひろちゃんへ (ituka)
2012-02-14 00:54:03
こんばんは。
そうそう、物語自体は横溝正史の犬神家の一族みたいでしたよね。
リスベットがなぜドラゴンのタトゥを選んだのかというところなんか知りたかったです。
これってスウェーデン版で判明してるのかな。

フィンチャー監督は独特のセンス持ってますよね!
『エイリアン3』なんかシリーズの雰囲気を一気に変えちゃいましたもんね。
その後の映画もフィンチャー節炸裂ですし(笑)
長い映画でしたけど、それを感じさせないのは作品に惹きこまれたってことでしょうね。

>ここで、マイジョニー(笑)が出て来るとは
>思いませんでした(笑)

キョンシーも入れようかと思ってたんですが、さすがにやめました^^;
同じなのに別の映画 (mariyon)
2012-02-16 10:59:11
原作は未読なんでなんともですが、割と同じなんです、元映画と(原作と同じってことでしょうが)。
なのに、印象がすごく違う。スウェーデンのほうがRシーンがどきつい気がするのは、単にキャラの違い?向こうの主役はぜったい、リスベットですから。こっちダニエルですよね。
ラストのリスベッとはちょっと・・・(-_-;)ですが。
もともと、あのフィンチャーも予告が流れた時点で、たまらなくなって元映画をレンタルしたくちなんで、フィンチャー映像には今回もがっつりやられました。
場所をアメリカに移さなかったのも大正解だと思います。
mariyonさんへ (ituka)
2012-02-17 23:53:38
こんばんは。

オリジナルのリスベットはやっぱりキャラが強烈な印象があるんですね。
フィンチャー作品のこちらは、言われるようにダニエルが前面に出てましたもんね^^
お~!元映画をご覧になって予習されたのね。
ワタシも比較がてらに、いちど観たいんですよ(笑)

フィンチャー作品って毎回オープニングタイトルからこだわりありますよね!
今回のは過去の集大成かと思わせる出来だと感じましたよ。
やっと (笛吹働爺)
2012-02-29 20:11:12
☆4ですね。3時間が長いとは思いませんでしたが、プロローグはだれました。
サスペンスは基本的には見ないんですがこれは見て良かったです。
笛吹働爺さんへ (ituka)
2012-02-29 23:56:15
こんばんは。

高評価でしたね^^
そう、序盤は少し睡魔が来たりしてヤバかったです^^
でも、リスベットが登場してからはストーリーが加速していく感じで惹き込まれましたよ。
スウェーデン版もいずれ観たいです。

コメントを投稿

映画 た行」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

46 トラックバック

『ドラゴン・タトゥーの女』 (こねたみっくす)
リスベットが恋する乙女になっちゃった~! パンクな服装はどこへ行った!?モヒカンヘアはどうした!?女性らしさを前面に押し出すことなく、冷静さに温かな人間味を隠しながらも自分 ...
『ドラゴン・タトゥーの女』 2012年1月30日 東京国際ホールA (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『ドラゴン・タトゥーの女』を試写会で鑑賞です。 言わずと知れたハリウッドのリメイク版です。 originalはミレニアムの3部作があるのですが、今回も3部作でリメイクされます。 私はoriginalも原作も未読です。これは、少し原作を読んだ方が面白みが増すと思...
劇場鑑賞「ドラゴン・タトゥーの女」 (日々“是”精進! ver.A)
ハリエットの、“真相”… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201202100004/ Girl With the Dragon Tattoo Soundtrack The Null Corporation 2011-12-27 売り上げランキング : 426 Amazonで詳し...
ドラゴン・タトゥーの女 (新・映画鑑賞★日記・・・)
【THE GIRL WITH THE DRAGON TATTOO】 2012/02/10公開 アメリカ R15+ 158分監督:デヴィッド・フィンチャー出演:ダニエル・クレイグ、ルーニー・マーラ、クリストファー・プラマー、スティーヴン・バーコフ、ステラン・スカルスガルド、ロビン・ライト 月刊誌「ミレニ...
ドラゴン・タトゥーの女 the girl with dragon tatto (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
スウェーデンの作家スティーヴン・ラーソンの世界的ベストセラー「ミレニアム」シリーズ三部作の1作目「ミレニアム1ドラゴン・タトゥーの女」を、デヴィッド・フィンチャー監督が再映画化した。北欧の巨大財閥を舞台にして、正義感の強いジャーナリスト・ミカエル(ダニエ...
ドラゴン・タトゥーの女/ダニエル・クレイグ (カノンな日々)
世界的なベストセラーとなったスウェーデンのスティーグ・ラーソンによる原作小説を映画化した『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』をデヴィッド・フィンチャー監督がハリウッ ...
ドラゴン・タトゥーの女 (あーうぃ だにぇっと)
ドラゴン・タトゥーの女@東京国際フォーラム
ドラゴン・タトゥーの女 (だらだら無気力ブログ!)
オープニングの歌が頭にこびりついて離れないや・・・。
ドラゴン・タトゥーの女 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
2009年に映画化されたスティーグ・ラーソンのベストセラー小説をデヴィッド・フィンチャー監督が再映画化。40年前の少女失踪事件の謎を、敏腕ジャーナリストと高い資料収集能力を持 ...
ドラゴン・タトゥーの女 (心のままに映画の風景)
スウェーデンの社会派雑誌『ミレニアム』を発行するジャーナリストのミカエル(ダニエル・クレイグ)は、大物実業家の不正告発記事を暴き、名誉毀損裁判で敗訴し窮地に陥っていた。 そんな時、国内有数の...
「ドラゴン・タトゥーの女」ダークで重い…、見応え感ズッシリ。 (シネマ親父の“日々是妄言”)
[ドラゴン・タトゥーの女] ブログ村キーワード  スウェーデン発、大ベストセラー・ミステリー「ミレニアム」シリーズ三部作のハリウッド・リメイク第1弾。「ドラゴン・タトゥーの女」(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)。“鬼才”デヴィッド・フィンチャー...
『ドラゴン・タトゥーの女』 スウェーデン版との違いはココだ! (映画のブログ)
 2009年制作の『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』との違いの数々に、ニヤリとする方もいるだろう。  同じ原作に基づくので、デヴィッド・フィンチャー監督が2011年に放った『ドラゴン・タトゥーの女...
「ドラゴン・タトゥーの女」 偏執狂な人々 (はらやんの映画徒然草)
スウェーデンの映画「ミレニアム」(こちらは未見。原作も未読)を鬼才でデヴィッド・
ドラゴンタトゥーの女/The Girl with the Dragon Tattoo (LOVE Cinemas 調布)
スティーグ・ラーソンの世界的ベストセラー・ミステリー小説「ミレニアム」シリーズ。既にスウェーデンで映画化されているが、それをハリウッドの人気監督『ソーシャル・ネットワーク』のデヴィッド・フィンチャーがリメイクした第1作目。主演を「007」シリーズのダ...
久々の猟奇殺人モノ (笑う学生の生活)
30日のこと、映画「ドラゴン・タトゥーの女」を鑑賞しました。 試写会にて デビッド・フィンチャー監督 最近のドラマ系も良いけど 久々のサスペンス、ミステリ、猟奇殺人モノ! 「セブン」「ゾディアック」など傑作があるわけで 期待は高まるわけですが・・・ いやー ....
面白い!『ドラゴン・タトゥーの女』 (水曜日のシネマ日記)
40年前に起きた少女の失踪の謎を解き明かす物語です。
[映画『ドラゴン・タトゥーの女』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆スウェーデン映画のリメイク作だそうだが、それらの作品は都内でしかやっていなかったので、多摩地区で保護観察下にあり、後見人に虐待されている私には観に行くことが出来なかった(←こういうこと書くと本気にするバカがいるんだよなぁ^^;)。  ・・・のだが、こ...
ドラゴン・タトゥーの女 (ハリウッド映画 LOVE)
原題:The Girl with the Dragon Tattoo監督:デヴィッド・フィンチャー出演:ダニエル・クレイグ、ルーニー・マーラetc...身も心も寂しい~。
「ドラゴン・タトゥーの女」The Girl With The Dragon Tatoo (2011 SONY) (事務職員へのこの1冊)
ナレーションなしの予告編にもぶっ飛んだが、本篇のオープニングもすごい。ツェッペリ
ドラゴン・タトゥーの女 (A Day In The Life)
公開週にて観賞 解説 『ミレニアム』3部作として映画にもなったスウェーデンのベストセラー小説 をハリウッドで映画化。 『ソーシャル・ネットワーク』のデヴィッド・フィンチャーが監督を務め、 白夜のスウェーデンを舞台に、数十年に及ぶ血族の因縁と猟奇的...
ドラゴン・タトゥーの女 (悠雅的生活)
押し花。封鎖された橋。室内禁煙。
ドラゴン・タトゥーの女 (風に吹かれて)
心に闇を抱える孤独な刺青女公式サイト http://www.dragontattoo.jp原作: ミレニアム 1 ドラゴン・タトゥーの女 (スティーグ・ラーソン著/ハヤカワ・ミステリ文庫)監督: デヴ
「ドラゴン・タトゥーの女」 (或る日の出来事)
フィンチャー節、堪能しました!
★ドラゴン・タトゥーの女(2011)★ (Cinema Collection 2)
THE GIRL WITH THE DRAGON TATTOO 誰がハリエットを殺した?   上映時間 158分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント) 初公開年月 2012/02/10 ジャンル ミステリー/サスペンス 映倫 R15+  【解説】  スティーグ・ラ...
ドラゴン・タトゥーの女/THE GIRL WITH THE DRAGON TATTOO (いい加減社長の映画日記)
かなり前に予告編が流れたときは、おどろおどろしい感じで、やめようかと思ってたんだけど、ストーリーがわかってくると、なかなか面白そうな気がして・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 雑誌「ミレニアム」の発行責任者ミカエルは実業家の不正を暴くが、逆....
白い闇~『ドラゴン・タトゥーの女』 (真紅のthinkingdays)
 THE GIRL WITH THE DRAGON TATTOO  北欧・スウェーデン。雑誌『ミレニアム』記者のミカエル(ダニエル・クレイグ) は、執筆した記事を巡る裁判で敗訴。全財産を失い、会社も存続の危機...
【映画】ドラゴンタトゥーの女【TOHOシネマズ高知】 (マサオブザデッドのかゆうまシネマ powered by Studio puzzle box)
★★★★ 良かった!オープニングからエンドロールまでただならぬオシャレ!オリジナルのスウェーデン版が長い上にもったりしているのに比べ、良い方向に洗練されてました。R-15という中途半端なレーティングが原因だろう、途中でっかくモザイク入るシーンがあるけど、...
映像かっこよすぎ!「ドラゴンタトゥーの女」 (茅kaya日記)
 フィンチャーの予告が流れ始めてあの「移民の歌」を聞いたらもういけません。気になってスゥエーデン映画3部作をレンタル。がっつりはまった‼リスベットかっこよすぎ。 って、ことで期待して観てきた。
ドラゴン・タトゥーの女 ルーニー・マーラの演技に尽きるでしょ! (労組書記長社労士のブログ)
【=9 -0-】 初めて予告編を観たときに「こりゃ絶対に面白い!絶対にハズレはない!」と確信したので、封切りを今か今かと心待ちにしていた、期待は裏切られなかった~!v(≧∇≦)v イェェ~イ♪  雑誌「ミレニアム」の発行責任者ミカエルは実業家の不正を暴くが、逆に...
ドラゴンタトゥーの女 / The Girl with the Dragon Tattoo デヴィッド・フィンチャー版 (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click カッコイイ ツェッペリンの「移民の歌」のカバーに合わせたオープニングの疾走感 質感の異なる黒くメタリックでクール、フィンチャーの昔のpvがさらに進化したような映像 2年前日本でも公開、スウェーデン....
『ドラゴン・タトゥーの女』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ドラゴン・タトゥーの女」□監督 デヴィッド・フィンチャー □脚本 スティーヴン・ザイリアン □原作 スティーグ・ラーソン □キャスト ダニエル・クレイグ、ルーニー・マーラ、ロビン・ライト、ステラン・スカルスガルド、ジュリア...
ドラゴン・タトゥーの女  監督/デヴィッド・フィンチャー (西京極 紫の館)
【出演】  ダニエル・クレイグ  ルーニー・マーラ  クリストファー・プラマー 【ストーリー】 雑誌「ミレニアム」の発行責任者ミカエルは実業家の不正を暴くが、逆に名誉毀損で有罪判決を受ける。そんな中、かつての経済界の大物一族の長ヘンリックがある依頼をする。...
デヴィッド・フィンチャー監督 「ドラゴン・タトゥーの女」 (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが……禁煙しました。)
劇場で↓の予告を初めて観たとき… 【映画『ドラゴン・タトゥーの女』オンライン特報】 何この強烈なインパクト? いやぁ~、もう絶対観たい! そう思って、公開前には原作本も読みました。 (原作本のレビューはこちら⇒http://blog.goo.ne.jp/hi-lite2974/e/892821d...
「ドラゴンタトゥーの女」予習せよ (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
オリジナル「ミレニアム ドラゴンタトゥーの女」を見ている人ならともかく、原作も未読な人は、公式サイトでしっかり人物相関図を頭に入れて観ることをオススメ。 できれば家系図も書いてみよう~
映画「ドラゴン・タトゥーの女(字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレあります (ディレクターの目線blog@FC2)
映画『ドラゴン・タトゥーの女(字幕版)』(公式)を昨日レイトショーで劇場鑑賞。キャパ221名に9名。評判は良いが、公開から10日経って落ち着いたのかな? 採点は、★★★☆☆(5点満点で3点)。100...
ドラゴン・タトゥーの女 (The Girl with the Dragon Tattoo) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 デヴィッド・フィンチャー 主演 ダニエル・クレイグ 2011年 アメリカ/スウェーデン/イギリス/ドイツ映画 158分 サスペンス 採点★★★ 非常に当たり前の事なんですが、どんな国だって暗部ってのはあるんですよねぇ。もう、福祉大国だろうが安全・清潔を売...
ドラゴン・タトゥーの女 The Girl with the Dragon Tatto (映画!That' s Entertainment)
●「ドラゴン・タトゥーの女 The Girl with the Dragon Tatto」 2011 アメリカ Sony Pictures,Columbia Pictures,MGM Pictures,158min. 監督:デヴッド・フィンチャー 出演:ダニエル・クレイグ、ルーニー・マーラー、クリストファー・プラマー、スティーヴン・バー...
ドラゴン・タトゥーの女 (こんな映画見ました~)
『ドラゴン・タトゥーの女』---THE GIRL WITH THE DRAGON TATTOO---2011年(アメリカ)監督:デヴィッド・フィンチャー 出演:ダニエル・クレイグ、ルーニー・マーラ 、クリストファー・プラマー、スティーヴン・バーコフ、ステラン・スカルスガルド、ヨリック...
モザイクw 【映画】ドラゴン・タトゥーの女 (B級生活 ゲームやら映画やらD-POPやら)
【映画】ドラゴン・タトゥーの女 『ミレニアム』3部作として映画にもなった スウェーデンのベストセラー小説を映画化。 【あらすじ】 月刊誌「ミレニアム」で大物実業家の不正行為を暴いたジャーナリストのミカエル(ダニエル・クレイグ)。そんな彼のもとに、...
「ドラゴン・タトゥーの女」感想 (★ Shaberiba )
40年前の事件無事解決--!とはいえ私にはスッキリしない作品でした~.
ドラゴン・タトゥーの女 (映画とライトノベルな日常自販機)
★★★★★“陰鬱でショッキングなストーリーとダークなヒロインの魅力にどんどん惹かれます” この映画は2時間40分とこのごろの映画としては長めですが、途切れない緊張の連続であっという間に終わった感じです。 オープニングはレッドツェッペリンの“移民の歌”のカヴ...
ドラゴン・タトゥーの女 (我が頭に巣くう映画達)
52点 2011年のアメリカ映画で、 監督は「セブン」、「ソーシャル・ネットワーク 」のデヴィッド・フィンチャー、 主演は「007 カジノ・ロワイヤル」のダニエル・クレイグです。 優れた調査能力を持...
映画『ドラゴン・タトゥーの女』を観て (kintyre's Diary 新館)
12-13.ドラゴン・タトゥーの女■原題:The Girl With The Dragon Tattoo■製作年・国:2011年、アメリカ・スウェーデン・イギリス・ドイツ■上映時間:158分■字幕:松浦美奈■観賞日:2月14日、TOHOシネマズ渋谷(渋谷)□監督:デヴィッド・フィンチャー◆ダ...
ドラゴン・タトゥーの女 (銀幕大帝α)
THE GIRL WITH THE DRAGON TATTOO/11年/米/158分/ミステリー・サスペンス/R15+/劇場公開(2012/02/10) -監督- デヴィッド・フィンチャー 過去監督作:『ソーシャル・ネットワーク』 -出演- *ダニエル・クレイグ…ミカエル・ブルムクヴィスト 過去出演作...
「ドラゴン・タトゥーの女 」 リメイクの方が良い( ^ω^ ) (ジョニー・タピア Cinemas ~たぴあの映画レビューと子育て)
『ミレニアム』3部作として映画にもなったスウェーデンの ベストセラー小説をハリウ
ドラゴン・タトゥーの女 (いやいやえん)
「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」のリメイク。 話の顛末は面白いことも含めてわかっているので割愛。OPから音楽と映像が非常にクール。 ミカエル役にはダニエル・クレイグ 、リスベット役にルーニー・マーラ